アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
杵と臼、レンタルできると便利ですね!

住まいと自然素材

  • 25
  • 12月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

時代が移ろうと、伝統のあり方も変わるようです。

杵と臼、レンタルできると便利ですね!

先日、町内のお餅つき大会がありました。

朝から約5時間、
ひたすらお餅のパック詰め作業をしましたが、
小さい頃から筋金入りのお餅狂の私には、
とっても楽しい時間でした!

そこで伺ったのですが、
その日、お餅つき大会で使っていた臼や杵、かまどは

すべてレンタルだったそう。

臼や杵がレンタルできるなんて初めて聞きましたが、
便利なサービスですね!

年に一度しか使わないのに、
置き場所はとるし、メンテナンスをしなければならない。

場所だってメンテナンスだって、手間と時間と、
お金だってかかります。

レンタルなら、それらをすべて解決してくれます。

伝統行事も、これで効率よく維持することができますね!

ところで、
昔は、年末になると各家庭でお餅をついていたそうですね。

今でもちゃんとやっている方もいらっしゃるようですが、
中には餅つき機にお願いしている家庭や、
お餅は買うだけ、という家庭のほうが多いように思います。

30代の私の両親が子どもだった頃は、
年末に家でお餅をつくのが当たり前だったそうですが、
私にとっては、まったく馴染みがありません。

お餅つき=地域や幼稚園のイベント、という認識です。

世代が変われば、常識も変わる。

これは、家づくりにとっても同じです。

私には明治生まれの祖父母がいました。
彼らが結婚して最初に建てた家は、
新建材なんて世に出回っていない時代のもの。

そして、私の両親が建てた家は、
ビニールクロスや合板フローリングがメイン。

家を建てた当時は、
ちょうど新建材が主流になり始めた頃で、

工務店の人にも
「無垢は良くないよ」とか「布クロスは、シミになるよ」とか
今でいう「自然素材」についてマイナスの説明ばかりされたそうです。

当時、施工する側にとっては、
新建材は画期的な商品だったのでしょうね。

最後に、孫の私たち家族が購入した家は、
アトピッコハウスの自然素材の内装材でリフォームしたもの。

このように辿ってみると、
自然素材→新建材→自然素材、と移ろっていますね。

ものにあふれ、選択肢が限りなくある現代で、
改めて自然素材の良さが見直されているからこその変化です。

しかし同じ自然素材といえど、

現代で、
戦前と同じように、100%自然素材の家を建てるのは、
予算的にも、技術的にも、ライフスタイル的にも、

なかなか実現できないと思います。

それは、スピード・効率重視の現代では、致し方ないこと。

自然素材は、材料を作るのも工事するのも
時間と手間がかかるからです。
質の良いものや値段が高いものには、その理由があるのです。

ならば、自然素材の取り入れ方を工夫すればいいのです。

つきつめたら、一棟丸ごと自然素材がいいのかもしれませんが、
全部は難しいから、一部だけ。

だから、アトピッコハウスでは、
「せめて肌に触れる壁や床だけでも、やさしい素材であってほしい」
という考え方で、自然素材の内装材を販売しています。

「やさしい」というのは、
もちろん安心な素材でできているということもありますが、

自然素材ならではの、
まあるい雰囲気の素材である、という意味でもあります。

昔から馴染みのある素材だから、心あたたまり、
自然のものだから、安らぐ。

内装だけならば、
今どきの家づくりに取り入れやすく、
無理なく自然素材を楽しめるはず。

私は、アトピッコハウスのそんな「ほど良い」考え方が
大好きです。

臼や杵がレンタルできることによって、
お餅つき大会が無理なく開催できるように、

工夫次第で、
古き良きものを、現代でも無理なく楽しめるのです。

家から一歩外に出れば、時間に追われる現代。

家の中だけでも、ゆったり寛げる
やさしい素材で、お部屋を豊かに演出してみませんか?

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら