はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
お気に入り 床

お気に入りの床で暮らす

投稿日:2015年06月12日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、手島 ふみ子です。

湿気で不快な季節も、無垢の床はさらりとしています!

アトピッコハウスの無垢の床

梅雨真っ只中ですね。

仕事から帰ると、家の中がムッとしませんか?

疲れて靴下を脱いでも、
床がべたべたで不快。

拭き掃除をしても、すぐにべたつく。

こんな経験がある方もいらっしゃると思います。

そのベタつきの原因は、
お手入れが悪いせいではありません。

気密性の高い現代の住宅で、
室内の湿気はこもり、

ウレタン加工されたフローリングや、
ビニールでできた内装材のせいで、

皮脂や湿気が、肌に触れる部分(表面)に
浮いてしまうせいなのです。

ウレタン加工とは、
フローリングの表面が、ツヤっとしていますよね。
この表面の加工のことを言います。

水をこぼしてもしみ込まないメリットはありますが、
全てをはじいてしまうので、

今のような湿気や汗が不快な季節には、
あまりいい気分にはさせてくれません。

対して、無垢のフローリングはと言うと、

それ自体が呼吸をしますから、
部屋の湿度が高くても、
その湿度を含んでくれるので、

肌に触れる部分に浮くことなく、さらりとしています。

その代わり、例えば水分をこぼしっ放しにしたら、
シミになってしまいます。

一度できたシミは時間とともに馴染みますし、
気にならなくなるものですが、

無垢を経験したことがない人にとっては
ちょっと構えてしまうところですよね。

いずれにしても、
メリットとデメリットは表裏一体。

どちらを選ぶかは、
どちらのメリットを重んじるか、なのです。

合板フローリングのメリットは、

今あるほとんどの住宅のフローリングが
合板フローリングですので、
馴染みがあり、抵抗がないところ。

また、表面の木目はプリントなので、
均一な仕上がりで思い通りにデザインしやすいところ。

デメリットは、

10年も経てば、
はげたり、表面のウレタン加工が白っぽいシミができたりと、
すぐに汚い印象になること。

先に挙げたとおり、
無垢とは違い呼吸をしないので、ベタつきますし、
プリントが均一な分、表情に乏しい。

一方

無垢フローリングのメリットはと言うと、

まず、見た目が豪華。
均一ではない自然な美しさが様々な表情を見せます。

キズが付こうが、シミができようが、
だんだんと周りと馴染むので、
何十年経っても美しい。

ベタつかないから、裸足で歩いて気持ちがいい。

デメリットは、

無垢で過ごしたことがないから、
お手入れやしみ、キズが不安。
値段が高い。
自然なものなので、
「この色がいい」といった明確な希望には添えられない。

どちらのメリットを好み、
デメリットと付き合っていくかは、

お好み次第ですね。

ところで、話は変わりますが、

名古屋のはなまる工務店サイトウホームさんから、
ごろ寝フローリングのご注文をたくさん頂いています。

先日、斎藤さんが来社された際に、
次のように仰って頂きました。

斎藤さんはこんな人♪

ごろ寝フローリングは、
他社の無垢フローリングと比べて、

加工(木をフローリングの形にしていること)が安定していて、
反りや暴れ(無垢の施工では、これが大敵)がないので、

合板フローリングみたいな施工のしやすさなんです。

———————————————————————-

・・・誠にありがとうございますm(_ _)m
そうなんです。
合板フローリングはとっても施工しやすいのです。
(これが今もっとも普及している要因の一つなのですが。)

合板フローリングのカットサンプル

完成した状態だと分かりづらいのですが、

合板フローリングは、一枚の幅が広く、
(一見継ぎ目のように見えるところは、
実は表面に溝を入れてあるだけなんです)

反りも暴れもないので、

接着剤でどんどんはめ込んでいけます。

対して、無垢フローリングは、
一枚一枚丁寧に長さを調整しながら、
接着剤と釘で施工します。

釘を打ちこんでいます

写真は、鎌倉のはなまる工務店
システムショップはぎわらの大工さん。

表情豊かなウォルナットが、
美しい組み合わせでどんどん貼られてゆきます。

無垢材は、木目も表情も様々ですので、
大工さんのセンスが生かされるのです!

本来のフローリングとは、かくあるべきなのですが、

やはり、今の時代、
このように「手間」をかければ費用も嵩みますし、

そこまで本格的じゃなくてもいいという考え方もあります。

スピードと安さ、便利さを追求した結果、
「無垢フローリングに見えるフローリング」として
作られたのが合板フローリングなんですね。

どんな床材を選んでも、すべてが正解なんだと思いますが、
最近は、どうやら無垢フローリングを選ぶ方が増えているようです。

インテリア雑誌でも、
無垢の床を取り入れている写真を良く見かけますし、
無垢材について述べているサイトも数多くあります。

他社製品もたくさんあるかと思いますが、

寡黙な方の多い大工さんや工務店の方が
「このフローリング、質がいいね」
わざわざ褒めてくれることが多い、
ごろ寝フローリング。

私たちは、ぜひともこの気持ちの良さを
多くの皆様に味わって頂きたいのです!

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: お気に入り 床 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | お気に入りの床で暮らす はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー