はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
家づくり どこに頼む

家づくりはどこに頼めばいいの?

投稿日:2018年01月10日 作成者:


家づくりが具体的になってくると、皆さんはどこに行きますか?

住宅展示場、設計事務所、2択あたりが大半でしょうか。
あとは、工務店だけど、おしゃれな横文字を使っている
「〇〇HOME」というようなビルダーさんでしょうか。

工務店というと、イメージが湧かなかったり、
どちらかというと修繕してくれる便利屋さんという
イメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

現に、私も家づくりの際、「〇〇工務店」というところには
目もくれず、「〇〇HOME」という雑誌にも出ているような
素敵なビルダーさんで家づくりをお願いしました。

いまさらながらに要は「工務店」に分類される
ビルダーさんだったんだ…という事は否めませんが。

アトピッコハウスへのお問合せの中でも、最近増えてきた事は、

「使いたい建材を使わせてもらえない」というお問合せです。

それは建主さんにとっては、思ってもみなかった事かと
思いますが、契約先を誤ると現実的に起こりうるのです。

家づくりは進め方も大切ですが、「どこで建てるのか」という事が
家づくりの満足度を上げるためにも大切なのです。

今回はそんな家づくりはどこにお願いをしたら良いのかを、
お話してみます。

大手ハウスメーカーの家づくり

家づくりはどこに頼めばいいの?

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの小倉です

大手ならではの販売計画で利益を追求する
全国展開の企業がハウスメーカー。

各社、テーマ性をもった暮らし方を追求しおり、
その暮らし方のノウハウからなる住宅商品が中心です。

自社のルートで採用している内装材から選ぶ事が基本。

建てた後のアフターフォローはリフォーム部門の管轄となる場合が
多いので、ここで担当者は変更になる場合が多いですね。。

工務店の家づくり

デザイン性より構造体のこだわりなど、各社によって個性がある。
昔から木の家の職人として技を受け継いでいる大工さんと
設計士・プランナーが一環となって、家づくりを形にする。

比較的、かゆい所に手が届くようなオーダーメイドができる
のではないでしょうか。

デザイン、間取りの提案、構造体、性能(断熱など)など
自社で独自に良いものを追及している会社も多い。

設計事務所の家づくり

設計が主体で、施工は設計した内容を実現できる施工会社や
下請けの大工に仕事を依頼する。

機能性よりも秀逸なデザイン性のある家づくりなど、
作品的な家づくりが多い。

なので、その設計士に惚れ込んでいるならば、
お願いする価値はある。

大手ハウスメーカーで家を建てるメリットとデメリット

ハウスメーカーの特徴は、なんと言っても規模の大きさですね。

住宅展示場がエリアごとにあり実際に体感でき、また
カタログ等も豊富でどのような家が建つのかイメージが
持ちやすい。

設計から施工まで一貫して行い、自社工場で部材を加工して
現場に搬入したり、住設機器を大量に仕入れることで、
原価コストを抑えています。

また、工場で大量に生産される建材や製品を使用することで、
工期の短縮や品質の安定化も実現しています。

その反面、仕様が規格化されている事が多く、
設計や採用できる内装材の自由度が制限されるという
デメリットもあります。

規格の中でおさまれば、コストを抑えて
建てることができますが、規格を外れる部分が増えると、
金額が大きく跳ね上がってしまうこともあります。

またメーカーによっては、規格外の仕様や設計に
対応していないケースもあります。

工務店で家を建てるメリットとデメリット

工務店とひと口にいっても、その規模はさまざま。

棟梁のほか少数でコツコツと施工のみを行う会社から、
設計から施工まで自社で行う会社もあれば、外部の建築士と
提携してデザイン性に優れた住まいを提供する会社もあります。

いずれの会社も、規格商品を持つハウスメーカーとは違い、
仕様やプランの制限がないことが多いので、敷地の条件や
施主のこだわりにあわせた家づくりに対応しやすいという柔軟性があります。

柔軟性がある分、手仕事の部分が多く残っているので、
その分、ハウスメーカーに比べて工期が長くなることもあります。

また工務店は、地域に密着している会社が多いため、
気候風土やその土地の慣習、交通状況などにも詳しく、
きめ細かな対応も期待できます。

最近では、各工務店が独自の特徴を打ち出そうと、
自然素材や高気密・高断熱、独自の工法などを積極的に採り入れた
家づくりを提案する会社も増えています。

但し、施工がメインであるための設計力の
提案力不などの不安要素もあります。

住宅展示場を持つハウスメーカーと違って、
実際にイメージが付くような宣伝営業を行わない工務店が
多いので、自身で情報収集が必要となる場合があります。

地元での経験や実績、近所での評判のほか、
ホームページや見学会などで実例を見ながら、
その会社の得意な工法やデザインの傾向なども確認して
見るとよいですね。

設計事務所で建てるメリットとデメリット

設計に特化している設計事務所に依頼するメリットは、提案力。
また、設計士の作品ともいえるような家づくりが特徴です。

狭小地や変形地での建築を検討している人や
住まいに個性を求める人など、デザイン性や住み心地に
こだわった住まいを提案してくれる家づくりを希望される方には
ぴったりですね。

施工は、建築士が描いたプランを実現できる工務店に
依頼するので、工法や仕様に対する制限はあまり無い事が
多く、建て主の立場に近い目線でプラン提案を行うことができます。

コストの面では、工務店に支払う施工費用とは別に、
設計料・監理料を設計事務所に支払うため、工務店に依頼する
ケースと比べると金額は高くなります。

また、一棟一棟こだわったデザインをかなえるために、
特注品やこだわりの部材を使用したり、手間のかかる仕上げや
形状を採用するなど、施工コストが高くなることも。

同じ理由で、工期が比較的長くなりますので、
その分、仮住まい費用も余分にかかるといった
デメリットも発生する場合があります。

いかがでしたか

家づくりを進めると「暮らし方」を考えることに
突き当たります。「こうしたい、ああしたい」という要望が
みなさんそれぞれあって、内容もさまざまだということ。

その要望を満たす、工務店・住宅会社からの
かゆい所に手が届くような提案にみなさんは
グッと惹かれるのではないでしょうか。

大手ハウスメーカーで満足された方もいらっしゃいます。

そのハウスメーカーの提案するテーマや家が
理想と重なり満足を得られればそれがいいのです。

こうしたことをしたい、取り入れたいという
要望があるならば、契約をする前に目的を明確にし
依頼会社の違いを理解した上で、その要望を取り入れてもらえる
ビルダーさんを探す事が大切ですね。

アトピッコハウスでは家づくりを失敗しない為のものさしを
「メールセミナー」としてご案内しいます。
まだまだ家づくりはこれから!という方、ぜひ契約前に
勉強してみてくださいね。

メールセミナーは、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 家づくり どこに頼む | タグ: , | 家づくりはどこに頼めばいいの? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー