はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
珪藻土 価格

珪藻土の価格は、高いか安いか

投稿日:2017年05月09日 作成者:


珪藻土の塗り壁にしたいという希望を持ちながら、
価格で断念しましたという方もいると思います。

しかし、考え方次第では、あきらめる必要は
ありません。

では、珪藻土の価格は、高いのか、安いのか?
どうやれば、珪藻土の塗り壁を実現できるのか、

書いてみたいと思います。

価格そのものは、クロスの3倍

珪藻土の価格は高いの?

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
まず、珪藻土は、塗り壁ですから、
クロスを貼るような訳には行きません。

材料代も高いし、なによりも、工事に手間暇がかかります。
価格でいうと、珪藻土の塗り壁は、

クロスの3倍はすると思います。
ひょっとしたら、もっと高くなるかも知れません。

最低3倍と考えるが、妥当なのかも知れません。

しかし、価格と価値という問題がありますので、
3倍の費用を払ってでも、珪藻土にする価値を感じられる
とするならば、単純に「高い」とは、言えなくなる訳です。

塗り壁比較なら、漆喰よりも安い

珪藻土の価格は、クロスと比較すると、最低3倍という話を
しましたが、漆喰風の塗り壁と比較すると、

同じ金額か、多少、珪藻土の方が安いと思います。

では、なぜ、漆喰よりも、珪藻土の価格の方が、
安くなるかというと、「下地の処理」の問題があるからです。

珪藻土系の塗り壁は、下塗りを必要としない製品が、
比較的多くありますが、

漆喰系の塗り壁は、下塗り必須となっているケースが
多いのです。

つまり、下塗りの材料代と、手間暇というのが、
仕上げ材とは別にかかってくるので、

漆喰の方が、高くなるという訳です。

何に価値を感じ、何を求めるか

内装の壁を珪藻土にしたいといった場合、
なぜ、珪藻土にしたいのかによって、

選択肢も変わるし、費用も変わります。

もし、珪藻土風のテクスチャーが気に入っていて、
見た目が「珪藻土ふう」であればいいと言うのであれば、

珪藻土クロスを貼るという選択肢でもいいかも知れません。

しかし、珪藻土クロスは、しょせんクロスなので、
90cmごとに、ジョイントと呼ばれる継ぎ目が現れますし、

調湿性能などは、ほとんど期待できません。

もし、調湿性能や消臭性能といった機能を求めて、
珪藻土の塗り壁にしたいということであれば、

費用を捻出して、本物の珪藻土塗り壁にした方がいいと思います。

DIYという選択肢もあるけど、仕上がりはそれなり

費用を抑えるために、珪藻土をDIY施工するという
選択肢もあると思います。

しかし、準備も、後片付けも、想像以上に大変です。

しかも、仕上がりは、どう頑張っても、
それなりにしかなりません。

家族の想い出づくりのために、DIYに挑戦したいという場合は、
職人さんに準備も、片づけも全部やってもらって、

コテを動かして、塗る作業だけやらせてもらえばいいと思います。

それでも、仕上がりは、それなりにしかなりません。

「味があっていい」とか「家族の想い出」と考えられる
場合は、問題ありませんが、

お客様の眼に触れる場所は、それなりに
気を使いたいものです。

ただ、あとは、価値観次第です。

予算確保が、先決

珪藻土の塗り壁は、最低クロスの3倍の価格ですから、
まずは、予算を捻出しないとなりません。

価格が高いのは、仕方ありません。

そこは、調整できません。
いいものは、高いのです。

しかし、それだけの価値はあります。

もし、高いのを承知の上で、珪藻土にしたいということであれば、
どこか他の予算を削って、珪藻土に廻すことです。

キッチンやお風呂やトイレといったものは、
ちょっと型が古くなったら、

格段に値段が安くなりますし、

メーカーを変えるだけで、50万、100万といった費用は、
捻出できます。

あるいは、家を1坪小さく作るということでも、
費用を捻出できます。

無限の予算を持っているという方は居ない訳ですから、
どこに「予算」を使いたいかを考えて、

もし、珪藻土にしたいということであれば、そこに
費用を掛ければ、良いのです。

いかがでしょうか?

珪藻土の価格は、最低でもクロスの3倍はします。
決して安くないです。

もし、クロスの予算しかないのなら、
他を削って、予算を確保して頂くか、

珪藻土は、諦めた方がいいです。

珪藻土の価格が高いのは、材料代のほかに、
手間暇が、クロス仕上げの何倍も面倒だからです。

もし、珪藻土塗り壁の価値が、価格以上であれば、
まずは、予算を捻出するところから、

準備を始めたらいいと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 珪藻土 価格 | タグ: , | 珪藻土の価格は、高いか安いか はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー