はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 2017 » 4月のブログ記事

珪藻土クロスに、何を期待しますか?

投稿日:2017年04月24日 作成者:


珪藻土クロスは、珪藻土の塗り壁ではありません。
ひょっとしたら珪藻土は、全く使っていない
可能性さえあります。

では、珪藻土クロスは、どうやって作るのか、
どんなものなのか?

私の会社でも、「塗り壁風」のクロスを作っていた時期が
ありましたが、今は、やっていません。

その経験も踏まえて解説してみたいと思います。

調湿性能を期待すると、ガッカリする

珪藻土の塗り壁

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。

珪藻土クロスというのは、珪藻土バインダーを
裏紙となる「紙」に塗りつけたものです。

珪藻土にしろ、土壁にしろ、
そのままでは、「紙」の上には付着しないので、

糊とか接着剤を混ぜて、珪藻土入りの糊、
土入りの糊を作る訳です。

糊のことを「バインダー」と呼びますので、
この糊に珪藻土を混ぜたものが、

珪藻土クロスの原料である
珪藻土バインダーになるのです。

確かに、珪藻土には調湿性があります。
しかし、それは、珪藻土に空いている無数の微細な穴が、

水蒸気を吸ったり吐いたりするからであって、
糊や接着剤によって、珪藻土の穴を塞がれてしまっては、

調湿性能を発揮することは出来ません。

しかも、「紙」の上に、数ミクロン単位で、
珪藻土バインダーを塗りつけても、

完成した珪藻土クロスに調湿性能は、あまり期待できません。
もし、珪藻土クロスに調湿性能を期待するのであれば、

JIS規格に基づき、どの程度の「吸放湿能力」があるかを
確認した方がいいと思います。

消臭性能も期待できない

珪藻土は、もともと消臭性能に優れた素材ではありません。

あえて言うと、「水溶性」の臭いは、
珪藻土の「穴」の働きによって、吸収分解する力はあります。

しかし、珪藻土クロスは、紙に、珪藻土バインダーを
塗ったものですから、

珪藻土の穴は塞がれているし、しょせんは、
紙の上に、数ミクロン単位で塗られた

珪藻土バインダーに、大きな消臭効果を期待するという方が、
無理があります。

ジョイントは必ず分かる

また、珪藻土クロスは、しょせん「壁紙」です。
壁紙は、有効巾90cmで作られますので、

どうしても、90cmごとにジョイントと言う、
つなぎ目が現れます。

ジョイントが目立つ、目立たないというのは、
職人さんの腕にもよるし、施工の丁寧さにもよりますが、

いずれにしても、クロスはクロスです。
過大な期待をすると、ガッカリすることになります。

何を期待して、珪藻土クロスにしたいのか?
それを明確にしておく必要があると思います。

塗り壁風のテイストにはなる

しかし、しょせん珪藻土クロスと言えども、
ビニールクロスと比較すると、

圧倒的な存在感だし、ジョイントが分かるとは言っても、
本当の珪藻土塗り壁にするよりも、

圧倒的に「お値打ち」で、珪藻土風の壁にはなります。
つまり、それで満足できるのなら、

それでいい訳です。

ただ、過剰な期待をしないこと、
そして、施工業者の方にも、過剰な要求をしないことが、

重要だと思います。

優先順位と、予算が重要

予算を気にせず、家作りが出来るという人は、多くないと思います。
多かれ少なかれ、ある程度の制約がある中で、

優先順位を設定して、取捨選択するのが、
普通の家作りだと思います。

もし、どうしても、珪藻土風の仕上がりにしたくて、
珪藻土クロスを選択するのであれば、

珪藻土クロスの決定を理解した上で、
雰囲気を楽しまれたらいいと思うのです。

いかがでしょうか?

珪藻土クロスは、珪藻土ではありませんし、塗り壁でもありません。
雰囲気は、珪藻土の塗り壁風にはなりますが、

調湿性能とか、消臭性能といったことに、
過剰な期待をすると、ガッカリしますし、

業者さんとトラブルになる元です。

もし、調湿性能や、消臭性能を期待しているのなら、
予算を確保されて、本物の珪藻土にされては、
いかがでしょうか?

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁「はいから小町」の詳細は、
こちらをご覧ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の詳細

カテゴリー: 珪藻土クロス | タグ: | 珪藻土クロスに、何を期待しますか? はコメントを受け付けていません。

無垢の家と、新建材の家の違い

投稿日:2017年04月03日 作成者:


無垢の家に興味のない人は、
無垢の家と、自然素材の家の違いと言われても、
意味が分からないと思います。

しかし、「自然素材」が好きな人にとっては、
無垢か、新建材かといったことが、

とても、気になる。

週末、近所で開催していた「住宅現場見学会」に
行ってきました。

そこでの感想も踏まえて、無垢の家と、自然素材の家
について、解説してみたいと思います。

今でも、シックハウス?

無垢の家は、気持ちいい

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
シックハウス問題は、2003年に法律で規制されたので、
大方の人にとっては、解決済みの問題だと思います。

しかし、あれから15年近くたっているのに、
この週末は、とても、驚きました。

見学させて頂いた住宅は、古い家を
フルリフォームしたもので、

外観も、内装も、設備も、全部真新しくなっていました。
しかし、玄関を開けた瞬間、

「うっ」となってしまいました。

「今時、こんなに臭うんだぁ~」と思いました。

シックハウス問題は、住宅の気密性が上がったことと、
建材に使われる「化学物質」が揮発することで、

発生しました。

そして、換気設備の設置が義務付けられ、
1部の化学物質の使用が禁止されたり、

制限されたりしました。

しかし、それで問題が解決するとは、到底思えませんでしたが、
あれから15年経っても、

新建材の家は、「まだ、こんなに」臭いんだと、
ショックを受けた訳です。

貼りものに魅力を感じない

その家を設計された方にとっては、
どんなところにこだわったという話はしてくださいましたが、
話の中心は、「耐震」とか「気密」といったことが多く、

内装材に関しては、あまり話が出ませんでした。

壁も天井もビニールクロス貼り、
家具類も、全て、シート貼りの製品。

表面が、ピカッ、テカッとして、
見るからに「貼り物」。

まったく魅力を感じませんでした。
でも、無垢の家に関心がない人であれば、

内装材に自然素材を採用するという選択肢は、
ないのでしょう。

なんといっても、本物がいい

無垢の家が好きな人も、新建材の家でいい人も、
どちらもいらっしゃると思います。

しかし、「無垢の家」が好きな人は、
無垢フローリングとか、塗り壁といった

自然素材のことを知っていて、
「新建材の家」でいい人は、

そもそも内装材に関心はなくて、
設備とか間取りとか、色柄に関心があるように思う。

週末、見学に行ったお宅でも、
自然素材と呼ばれる内装材は、

一切使われておらず、私にとっては、
魅力のない家でした。

「化学物質臭」で、臭いというのは別にしても、
床も壁も天井も、パリバリの新建材で、

家具もシート貼りだと、
3年、5年で、みすぼらしくなると思うのです。

それに反して、無垢の家は、経年変化で、
味わい深くなります。

価値を感じない人には意味がない

とはいえ、無垢の家に価値を感じない人にとっては、
無垢フローリングや塗り壁といった

自然素材の内装材と言われても、
魅力も関心も持たれないと思うし、

「新建材」の何が、悪いんだと思うと思います。

新建材が「普通」だと思っていて、
無垢の魅力や価値を知らない人であれば、

一生そのままがいいと思います。

建てた後で後悔しても、そんなに簡単に
建替えられる訳でもありません。

知らなければ、一生、それでいいと思うのです。

どこにお金を使うか?

キッチンやお風呂といった設備に価値を感じて、
そこにお金を使いたいという人にとっては、

豪華なお風呂やキッチンが自慢ということになるのだと思います。

しかし、私は、無垢フローリングとか、
塗り壁といった自然素材の内装材に関心があります。

もちろん、家の断熱性は高くするべきだし、
気密性も高い方が、暑さ、寒さをしのぎやすいし、

冷房も暖房も効きやすい。

耐震性が高いのも当然に必要な性能だと思う。

しかし、私は、設備に、100万、200万といった
費用をかける位なら、

無垢フローリングや塗り壁にしたりといった
自然素材の内装材にお金を使いたい。

いかがでしょうか?

無垢の家に興味も関心もない人は、
内装材よりも、豪華なキッチンとか、お風呂に

魅力を感じるかも知れません。

しかし、お風呂やキッチンを普通のものにすれば、
同じ予算で、内装材を自然素材に出来ます。
新建材の家ではなく、無垢の家を検討してみては、

いかがでしょうか?

アトピッコハウスでは、自然素材の家「べっぴんハウス」を商品化しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢の家 新建材の家 違い | タグ: , , | 無垢の家と、新建材の家の違い はコメントを受け付けていません。

アトピッコハウス、海外へ行きます!

投稿日:2017年04月01日 作成者:


なんとなく海外で生きていくと思っていた。

だから海外と繋がりそうな貿易事務をしていた。
航空便ではなく、船便を選んだのは、
小さい頃から、横浜のコンテナ船を眺めていたからだと思う。

なんとなくだからだろうか、
いまだに実現していないのけれど、
貿易事務をしていたことが、
ここにきて役立っている。

今年、アトピッコハウスが海外へ旅立つことになった。
念願だった輸出がスタートする。

国内市場に行き詰まりを感じてのことでは、ない。
市場から考えれば、
アトピッコハウスなんて、ニッチもニッチ。
アリンコ程度のシェアだ。

ただ、チャンスは活かしたい。
たくさんのオファーはあった。
日本製への信頼は、
まだまだある、と実感する。

今回は日本の商社が
手を上げてくれたからスムースだった。

海外で受け入れられるのか、
あと何を準備するべきなのか、
課題は残されているが、

満を持しての海外展開に、
ワクワクが止まりません。

場は整いました!

今日は冷え冷えとしたエイプリールフールでした。
雨降って地固まる、
ですね。

カテゴリー: アトピッコハウス 海外 | タグ: , , , | アトピッコハウス、海外へ行きます! はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー