はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする

頑張って!は禁句なんですって

投稿日:2005年10月19日 作成者:


秋はイベントが多いですねー。横浜の野村皮膚科医院からも届きました。

万が一定員の場合でも、アトピッコハウスからの紹介、と言っていただければ調整していただけるとのことです。有り難いです。

日時:2005年11月6日(日)14-16時
場所:横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
http://www.yokohama-akarenga.jp/

テーマ:「肌のトラブルを克服して美肌を取り戻そう」

横浜労災病院 向井秀樹先生
聖マリアンナ医科大学皮膚科名誉教授 溝口昌子先生
タレント:宇江佐りえさん

主 催:日本臨床皮膚科医会南関東山静支部、日本皮膚科学会、神奈川県皮膚医会
事務局:野村皮膚科医院 野村有子先生

アトピッコハウスのはいからさん実演イベントがその前週に同じ場所で開催します。同日だったら良かったのですが‥。

と、こちらの詳細をお知らせするのを忘れていました。

日時:2005年10月29-30日 10-17時 はいからさん実演は1日4回を予定しています。場所:横浜赤レンガ倉庫(多分真中の広場だと思う)中鉢建設さんのブースを間借りしてやらせていただきます。

いつも、皆さんにご協力をいただいているアトピッコハウスなんです。ありがとうございます。

11月6日は「皮膚の日」なんですって。私は、この日、親戚の結婚式の為、参加できません(泣) ご報告お待ちしております!

赤レンガ倉庫って、今はとても綺麗になりましたが、私が遊びまくっていた頃、立入り禁止の崩れかかったような倉庫だったんです。

続きを読む

カテゴリー: ロハスな毎日etc | 3件のコメント

鎌倉に美味しい紅茶のお店ができました

投稿日:2005年10月14日 作成者:


今日も晴れたそれなら夕べ洗濯したのになー。

昨日の夜から雨だ、っていうからしなかったのに。めざましTVで愛ちゃんは、「女心と秋の空。今日の予報が変わりました。」とケロっと言っていたが‥。それなら週末も変わってくれー。


21b901c9.JPG鎌倉の若宮大路に藤沢ディンブラの姉妹店が9月にオープンしました。その名は「ミミロータス」。ディンブラで10年だったかな、店長をしていた吉池ちゃんが目出度く独立をしました。自宅から歩いて7-8分のところなので、オープン前から散歩途中に遊びに行って、試作品のスコーンを貰って帰ったりしていたふとどき者の私。紅茶はディンブラ同様スリランカのフレッシュティー。フードはスコーンを中心としたラインナップになっています。

1fb0af53.JPG写真は「パセリ」のスコーン(ちとボケてる)。クリームチーズと一緒に食べると美味。甘くないから、朝食用としてもgood!

この他、かぼちゃ、金時シナモン、ブルーベリーなど、季節のスコーンを常時作っていくそうです。

ところで、スコーンってご存知ですか?

イギリスのティータイムに欠かせない茶菓子のようなもの。定番は、イチゴジャムとクローテッドクリームで戴くのですが、ま、決まりはありません。普通は丸い形をしています。

紅茶ブームがありましたが、本物のスコーンとミルクティを日本で食べられるお店は残念ながら多くはありません。未経験者の方は、是非、ミミロータスでの初体験をオススメしたいです。

紅茶がもっと美味しくなるように、紅茶があるからスコーンが美味しいと思えるような、二つは切り離せない間柄で、サックリ(悪くいえばパサパサ、ポロポロ)したスコーンを口にほおばると、モソモソするので、ミルクティーを飲んで、サッパリさせる。

サッパリするから、もっとスコーンが食べられるし、モソモソするから紅茶が飲みたくなる、そんな関係なのです。

このパサパサ感が日本人には印象が悪いようで、もっとしっとりとしたスコーンが売られています。時にはパンのようにフッととしているものありますが、それは本当は違うんです。でもま、嗜好品ですから美味しければ良いんですが、せっかくなら本物を味わっていただきたい。

イギリスに造詣の深いという阿川康子氏は、ディンブラのご贔屓さんで、このスコーンを絶賛された、と、磯淵先生が先週おしゃっていました。

吉池ちゃん、良かったね

新しいオープンの温度調節に苦労しているようですが、それもまたオープン当初の良い思い出になると思うわー。

「mi mi Lotus(ミミロータス)」
鎌倉市御成町4-40 松田ビル2F tel&fax:0467-61-3001

鎌倉駅から5分程度。下馬の交差点のちょっと手前。螺旋階段を上がった2階です。

今週、新茶が入荷しているハズ。週末、紅茶会に行こうっと。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: Tea Time | 7件のコメント

ナチュラル感を大事にしたい

投稿日:2005年10月13日 作成者:


アトピー治療の一つに「脱ステ」ということばがあります。ステロイドから卒業する、ということなのですが、簡単なことではなく、かなり辛い時期なのです。

すごく辛いのに「脱ステ」に挑戦している人は少なくなく、その辛さをどう乗り切りか、その時をどう支援していくべきか、などなどが議論されています。

ステロイド=怖い、という構図が、患者に浸透した結果、荒治療を試みている人が多い。もちろん、どんな薬でも、体にとっては異物なので、使わないほうが良いに決まっていますが、ステロイドの卒業の仕方が強引だと、日々の生活にさえも支障をきたします。

私は、その人の苦しい症状が改善されれば、どんな治療もOK!という考え方で、脱ステを批判するとか、逆に依存症が悪いということではなく、あんまり強引なことは避けたいなー、と思っているだけなのです。

上代さんがブログで「美味しいから水を飲んでいる」と言っていました。スタートは不妊治療だったようですが、赤ちゃんが授かった後も続けているのは、美味しいから。

それってナチュラルでいい感じ。

食べ物って、薬じゃないし、あれを食べると元気になって、とかばっかり考えてたら、楽しくない。美味しいものが、たまたま体にいいから続ける、という無理のないスタンスがいい。

毎日、楽しいことがあると、体は元気になると思う。元気になったら、自然と薬とお別れできるんじゃないかなー。そうなったら、冷え性や肩凝りなど、病気じゃないけど辛い症状、みたいなものも一緒にさよならしていると思う。

というか、そう期待したい。

昨日のブログのコメントで「一生の付き合い」とノリダーが応援してくれていたけれど、一生戦うことは無理だから、やっぱり共存していくしかないんだよなー、と改めて、重く受け止めた次第です。ふー

私の今回の脱ステは3年計画。10年ぶりに悪化したということは、10年かけて徐々に体調が悪くなったということ。それじゃ、そんな簡単には治らんでしょう、と思ってる。

今1年経過、あと2年、短くはないなー。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: Mrs.アンのアトピー日記 | 4件のコメント

今日のほうが気分が良い、ちょっぴりでもいいよね。

投稿日:2005年10月12日 作成者:


先週、素敵な出会いがありました

自分の経験が仕事に活かされてやりがいがあるでしょう

と、言っていただけました。

こんな風に私を表現してくださる方が時々いらっしゃいます。が、実は、この表現を素直に受け止められる時と、そうでない時があるのです

どんな仕事でも、自分のキャリアを活かすことは当たり前だし、普通なのですが、所謂「アトピービジネス」と呼ばれるもの中には、この表現が誉め言葉として利用されないことがあります。

だから、言ってくださた方が、どんな風な気持ちを私に送ってくださったのか、によって受け止め方が違ってくるのだと思います。

会社にストーリーがあっていい

とも、言っていただけることが多いです。なんとなく設立した訳でなく、信念をもって仕事をしている、という意味のことが多いようなのですが、これも宗教団体の広告塔と紙一重で、嬉しくないことがあります。(嬉しいことも、いっぱいありますが‥)

私がいじけた精神の持ち主なのかもしれないのですが‥。言うことは簡単です。でも、赤い顔や、角質層がボロボロ落ちて、痒くて夜眠れない等々は、ウソではなく事実。そしてそれは経験者しかわからない←絶対にわからない!私も他人に苦しみは共感はできるかもしれないけれど、理解はできないもん。

そんな苦労を知った上で、「ストーリーがあっていい」と言っているのだろうかこの人は、と腹の立つことがある。ストーリーってフィクションみたいな感じだし‥。

実際、起業した私の友人で、他の会社と差別化ができず、コピーライターに大金を支払い(よく、そんなお金があるもんだ)、会社設立までの過程を物語にしてもらった方がいました。

そういうのと一緒にされたくないなー。

「アトピッコ」という単語も差別用語として、患者の憤りをかっていた時代ありました。でも、どういう風にその「アトピッコ」という単語を使うかじゃないかなーと。

例えば「病気がうつるから、あのアトピッコと遊んじゃダメよ。」と使ったら、蔑称となるけれど、「アトピッコちゃん、良くなるといいね。」と優しく言われれば気にならない。

 

先週出会った方は、私が伝えたいと思うことをブログやHPから、かなり的確に理解をしていただいていました。プロの表現者ではないので、未熟な部分もあり、また、自分の中で全てが解決した上で、ブログとかを書いているわけではないので、あいまいな部分があるにもかかわらず、私が思っていることを的確に表現してもらった感じです。

そうか、そんな風に表現すれば、もっと理解してもらえるのかと、勉強になりました。

ま、ビジネスに利用してもらえるのも、アトピーが市民権を得た結果かもしれないですね。難病、奇病と表現される症状で苦しんでいる方は少なくなく、でも、少数派に対するケアがあまり得意でない日本の医療と保障の前に、厳しい現実を突きつけられている。

苦しさを比較することはできないけれど、いじけ根性丸出しでも発展はないんだから、頑張ろう!と思えた、瞬間に感謝です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: Mrs.アンのアトピー日記 | 7件のコメント

「目がチカチカ」細田長官 公邸もシックハウス?

投稿日:2005年10月07日 作成者:


 

民主党の桜井充氏が、アスベストやシックハウス症候群などへの対応をただしたのに対し、細田氏は「私もシックハウス気味で、首相公邸ができたときに、これはどうも目がチカチカしておかしいぞ、と思った。」と自身の経験を披露。「(職員が)早速窓を開けてくれて、直りました、と言ってたが、私は直ったとは思わない。(今も)入ると目がチカチカする」と改善がみられないことを嘆いた。首相公邸は旧首相官邸を大改修したもので、首相は今年4月に引っ越した。<東京新聞2005106日朝刊>

首相公邸の工事なのだろうから、現在の建築の最高の技術と素材を使っているはず。そこがシックハウスということは、一般に流通している素材ではシックハウスは解消しない、ということではないだろうか。公共施設はシックハウスのところが多い。入札をして工事業者を決定すると、健康配慮は二の次、三の次になるのでしょう。横浜市には地区センターという、昔でいうところの公民館のような施設が各区にあります。ほとんどがデーサービスの施設との併設なのですが、ここがかなり臭い。

また、雑菌などから病気になっては困るという理由からでしょうけれど、すごく強力な殺菌処理を定期的に行っている為、その直後だと、消毒剤の汚染も加わり、大変な状況になっています。

職員の方からのクレームはないのかな。

ケアマネをしている私の友達は、消毒液は辛い、と言っていた。戦後の不衛生だった時代とは違うのだから、もう少し緩やかな対応で充分ではないだろうか。ウイルスや雑菌は、科学の進歩より早く、薬剤に適応していく。いたちごっこはどこまでも続くだろうし、多分、私たち人間のほうが先にやられてしまう。

全ての生き物との可能な限りの『共存』を模索する方向になったらいいな、と思う。

そしてこういう経験を、公人がどんどん発言してくれると嬉しい。シックハウス解消への近道です。一般人が困ることより、公人が困ったほうが対策は絶対に早いはずだから。

それにしてもTVからの印象だと細田氏がシックハウスに悩まれているタイプの人には見えませんが、プライベートはもっと違う雰囲気の方なのかしら。ヘビースモーカーっぽいんですよね。タバコの吸いすぎで太れない?みたいな。偏見‥かな。

明日からの3連休は天気に恵まれそうもないですね。

今週もありがとうございます。来週もいっぱい楽しいことがありますように。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: シックハウスと健康住宅 | 1件のコメント

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー