はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする

LOHASに学ぶもの

投稿日:2005年09月06日 作成者:


アイエスティーアーキテクツ坂本です。
大変ご無沙汰しています。
先日地方へ行き、設備会社の社長さんとお会いする機会がありました。
雨水をためてフィルターを通して浄化し、庭の散水や、洗車に使ったり、と言うシステムや太陽電池、風力発電でサイン灯をつけたり等のシステムを見学させてもらいました。今流行りのLOHAS(Lifestyles of Health and Sustainability :健康で持続可能な生活様式)の一環でもあるわけですが、シックハウスを生むような住宅というのは、健康でもなければ、「持続可能」でもないわけです。そこで、すこしLOHASにもにているかなと思いました。
設計をしてクライアントに会う度に、シックハウスのお話は出てくるのですが、結局コストの話になってしまったりで、なかなか良い材料を使う機会に恵まれません。そんな思いをしているところにLOHASの広がりを思い出したのです。
一般に「LOHASっておしゃれ!」と言うイメージが浸透しつつあるようですが、その大本になる考え方は深刻な環境問題に対する真摯な危機感があります。それをヴィジュアル的にも、スタイルとしても格好良く、おしゃれに見えるように演出してきた側面があるように思います。「冷房は28度まで、暖房は・・・・」と言われるよりは、「夏の暑さを肌で感じて、風の中に身を任せよう!」なんて言われたら、家に帰って冷房やめてちょっと窓開けてみようかな?なんて思う人も現れると思うのです。
それと同じで私たち建築家、デザイナーが、シックハウスに対しても魅力的な生活スタイルを提案できるかどうかと言うことが、とても重要な気がしています。
建築を設計すると言うことは、決してハードだけの提案ではなくて、そこで暮らす生活を提案することだと思うからです。
具体的にどんな方法がいいのか、これから考えるところなんですけれどもね。

カテゴリー: ロハスな毎日etc | LOHASに学ぶもの はコメントを受け付けていません。

ケミカルフリータウン共同研究に参加

投稿日:2005年09月04日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

千葉大学の森千里先生からお誘いを受けて、化学物質の少ない家造り、
デリケートな人が安心して暮らせる住まいの実現のお手伝いをさせて戴く
ブロジェクトに加わっています。

8/31正式に事業発表されたので公表できる段階になりましたが、
8/24に開業した「つくばエキスプレス」柏の葉キャンパス駅周辺地区を
シックハウスの心配が無い「ケミカルフリータウン」にするという構想です。

ケミカルフリータウンとは:(環境goo)
シックハウス、シックスクールなどの化学物質過敏症で困っている人などを対象にして、化学物質を極力避けた住宅、更に広げた街づくりの構想を提案したもの。政府の2005年度都市再生本部が選定した街づくりの中に、千葉大学とNPO次世代環境健康学センターによる構想が採択された。2005年8月末に開業するつくばエキスプレスの新駅「柏の葉キャンパス」周辺を舞台に構想が打ち出されているもので、環境、医療、健康、園芸療法、東洋医学などをキーワードにした新しい街づくりの概念として注目される。

アトピッコハウスは、創業以来一貫して、シックハウス対策住宅の研究開発をしてきました。
その間、アレルギーフリー住宅やゼロホルム建材を開発し、ノウハウを蓄積してきました。
今回、当社の事業姿勢と、ノウハウを評価頂けたことに誇りを感じます。

当社は「研究者」や「評論家」ではなく、「実務者」です。
建材を開発し、実際に「シックハウス」に困っていらっしゃる方の対応を長年にわたってしてきました。
対策に関して実務的ノウハウを持っています。
この経験やノウハウを活かせることに、大いなる意義を感じます。

森千里教授は、環境ホルモン研究の第一人者です。
私のブレーンの一人と仰ぐ方です。
森鴎外の曾孫に当る方です。(それをいうとご本人嫌がりますが・・・)
環境ホルモンがへその尾を通過して、胎児に影響を与えていることを証明された方と言えば、ご存知の方も多いのではないですか?

シックハウスの問題は解決していません。
ホルムアルデヒドが低濃度になっただけです。
規制されていない化学物質は依然として使われていて、今尚シックハウスは増えつづけています。
千葉大が「シックハウス対策住宅」の研究と開発を志すのは、そうした背景があるからです。
来年秋には千葉大学の敷地内に、「宿泊体験型のシックハウス対策住宅」が建設される予定です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです
11

カテゴリー: シックハウスと健康住宅 | 3件のコメント

エルシィホームさんのアレルギーフリー住宅 第2段

投稿日:2005年08月31日 作成者:


b667e7a1.bmpアトピッコハウス後藤です。
久しぶりの投稿になってしまいました。

エルシィホームさんからmailと画像が届きました。
今回のアレルギーフリー住宅もオシャレに造っています。
これはハウスメーカー時代に鍛えられたのでしょうか?
上手だな~と、関心させられます。
健康配慮だけではなく、「格好よさ」も大切ですから参考になります。
菊地社長、いつもありがとうございます。

========================

お世話になっております。
先日27日(土)28日(日)と完成見学会を開催した写真を添付します。
今回のフローリングは完成後気が付いたのですが
ハイカラさんとの組み合わせでハワイやバリのリゾート風の内装
にまとめるコンセプトで設計段階から
計画するともっとカッコいい家になったかも知れませんが、
まずまずの評判でした、

これから他の工務店でリフォームのお客様が
お子さんが喘息持ちで IgEが1000以上の方が来場しまして、
「内装だけでもアレルギーフリー使用に
しないと大変だ」と言う事で話が進んだ方もいます、徐々に地元に存在感
をアピール出来ていると実感しております。

カテゴリー: シックハウスと健康住宅 | 1件のコメント

夏休みの思い出に「はいからさん」

投稿日:2005年08月29日 作成者:


4cfe6649.jpg週末、鎌倉の八幡様で行われていた骨董市に出かけてきました。 骨董市は、敷居の高い骨董屋さんでも自由に見れるところが楽しいです。

今回の最大の目的は、鉄瓶と醤油入れ。
鉄瓶は、なんとなく可愛かった大正時代の薬ビン(調味料とか入れようと思ってる)とセットで3000円にしてもらいました。

醤油入れは2000円。安いんだか、高いんだかは不明ですが、ロゴが入ってないと1500円、少し大きめの青いビンは3000円でした。

しかし、骨董屋とは適当なもので、青いビン、ほかの叔父さんには4000円と回答していた‥。 顔をみて判断するというから、私の顔は貧乏そうだったということになるなー。

このカタチ、私は記憶にないのですが、夫は子供の頃使っていたとか。ガラス製だから洗いやすいだろうし、「ヒゲタ」の文字がすごく可愛い。とりあえず、満足しています。

犬の散歩ついでに出かけてきたのですが、色々と見るものがあって4時間近くウロウロしてしまいました。日曜日は曇りでそれほど気温も高くなかったのですが、さすがに1時過ぎには、ハーハー言っていました。可哀想なことしちゃったなー。


ノリダーの現場で、先週末、はいからさんが施工されました。今回は、ノリダー兄(似てた!!)のご自宅ということで、DIYで作業をされていました。材料が少し固めに練っていらっしゃったことと、当日がとても天気が良く、はいからさんがぐんぐん乾燥していたこともあって、姪御さんが鎖骨ローラーで仕上る頃には、かなり乾燥していた感じです。

本当はもう少し柔らかいのが標準なのですが、素人さんは固めでないと塗れないのです。固めに仕上た材料だとワレやすくなるのですが、その辺は了解をいただきました。

そんなことより、夏休みの思い出として楽しんでいただいたらいいですよね。お子さんのそれぞれのお部屋には手形をつける予定だとか。きっと良い記念になりますよね。

それは、そうとノリダーの会社は、勝どき橋を渡ってすぐのところにあって、自社ビルも超味のある雰囲気が築地っぽくていい感じでした。築地場外市場のすぐ側で、これぞ江戸っ子!みたいな地域です。

立ち食いラーメン屋さんがすごい賑わいで、道路の上で食べてる人もいました。すごい活気でした。ここが数年後には移転でなくなってしまうなんて、ちょっと寂しいですね。ビルの中じゃ、路上でラーメンも食べることもなくなるだろうし、あの感じが良いように思いますが、安全性を考えると仕方ないことなのでしょうか。

今回は、時間がなくてもトンボ帰りでしたが、次回はゆっくりお邪魔したいものです。夕方になると、もんじゃ焼きのニオイがする事務所ってすごいなー。でもアトピッコハウスだってイカ焼のニオイがしますよ、野毛だから。

ノリダーの姪っ子の好きなもんじゃは「明太チーズ」。今、一番人気ですよね。チーズは最後にかけたほうがピザみたいで美味しいハズ。私は納豆入りが結構好み。あのゲロみたいな食べ物の中に、さらにドロドロの納豆が入る、うーん。多分関西人には理解できないでしょう、ハハ。

ノリダー同様「はいからさん」がまかり通るも応援よろしくお願いします

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: はいから小町(珪藻土) | 1件のコメント

はいからさんの色ムラについて2

投稿日:2005年08月24日 作成者:


昨日、今日と東京へお出掛けをしてきました。地下鉄の種類が増えてからというもの、毎回迷ってる私って、かなりヤバイ!?

前の席に座っている男性がアトピーちゃんで、昔のことを一つ思い出しました。バイト先の神戸出身の社員さんが「アトピーの人と結婚すれば遺伝子がクロスして、綺麗な子が生まれるんじゃない?」と地方言葉で言われたことがありました。

関東と関西の言葉のニュアンスの違いがあるので、真意の程はわかりませんが、ヒドイことを言う人だなー、と乙女心がそれなりに傷ついたことがありました。

軽い会話だったので深く考えてはいらっしゃらなかったのでしょうけれど、吉本興業のお笑いがトント理解できない私には、通用しなかったみたいです。

地域によって時候の挨拶も違うので、驚きます。

先日も、「お世話になっています」とかいうところを、関東的には意表をつく単語が出てきて(忘れちゃったのが残念)、次をどう返して良いのか戸惑ったこともありました。

なので意地悪なら今でも覚えてるくらいだから、十分成功したことになりますね。


30dbf13c.jpgはいからさんの色ムラは西鎌倉でも大変なことになってしまいました。但し、こちらは下地のアクによるものだったのですが、本当に想定外の状況が起こり、結局お盆休み中、バタバタし、ようやく綺麗になりました。築年数の古いお宅の京壁を始めとする塗壁は、中にどんなものを吸い込んでいるのか、検討もつかないため、超プロの左官職人さんも苦労することがある、と教えてもらいました。

そうなんだー‥。

と、言っていて落ち込んでも暇もなく、下地材やシーラーを工夫して、何とか乗り切った現場で、ここでの実験があったので上代さんの現場は比較的安心して作業ができました。

でも、塗壁を甘くみちゃいかん!と十二分に緊張して作業させていただきましたよもちろん。

鎌倉の現場は、塗壁の他、古い合板や、下地のオンパレードだったことも今後のはいからさんにとって、とてもプラスとなる事例となりました。

ここでの教訓は、下地材は均一に塗ること。

当たり前のことですが、仕上材で調整すればいいや、は左官材、とくにはいからさんのようにナチュラル素材は無理です。塗壁のボコボコやボードの繋ぎ部分のパテ処理が甘いと、ワレや色ムラの原因になります。

色ムラは

1)1mm~5mmぐらいの厚みの違いにより乾燥速度が一定でない

2)光のあたり方が違うので、ムラのように見えてしまう

の2種類があります。

ワレは、

1)1mm~5mmぐらいの厚みの違いにより乾燥速度が一定でない

2)薄くなっていたところを、強引に補修しようとする

3)厚い部分を、強引に薄くしようとする

というようなことがわかりました。

重要なことは仕上材の厚みを、より均一に仕上るには、はいからさんを塗る前の作業がとても大切だということを、再確認できました。

こういっては何ですが、プロ級の左官屋さんだと、初めての素材でも触れて、2-3注意事項を説明すれば体で塗っていけるのですが、若干、腕に難有りの方に施工していただくと、問題点が浮かび上がり、「フム、こういう風に説明してあげたほうがいいんだ。」とわかってきました。

はいからさんは日々進化しております。上代さんにも優しく言っていただけて感謝感激です。ありがとうございます。

今日はノリダーの現場に行ってきました!そのご報告はまた来週(ノリダーに先を越されるかもしれないけれどー)

では、楽しい週末を、そして今週最後に応援よろしくお願いします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: はいから小町(珪藻土) | 1件のコメント

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー