はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» ごとうひろ美のブログ記事

アトピッコハウス、海外へ行きます!

投稿日:2017年04月01日 作成者:


なんとなく海外で生きていくと思っていた。

だから海外と繋がりそうな貿易事務をしていた。
航空便ではなく、船便を選んだのは、
小さい頃から、横浜のコンテナ船を眺めていたからだと思う。

なんとなくだからだろうか、
いまだに実現していないのけれど、
貿易事務をしていたことが、
ここにきて役立っている。

今年、アトピッコハウスが海外へ旅立つことになった。
念願だった輸出がスタートする。

国内市場に行き詰まりを感じてのことでは、ない。
市場から考えれば、
アトピッコハウスなんて、ニッチもニッチ。
アリンコ程度のシェアだ。

ただ、チャンスは活かしたい。
たくさんのオファーはあった。
日本製への信頼は、
まだまだある、と実感する。

今回は日本の商社が
手を上げてくれたからスムースだった。

海外で受け入れられるのか、
あと何を準備するべきなのか、
課題は残されているが、

満を持しての海外展開に、
ワクワクが止まりません。

場は整いました!

今日は冷え冷えとしたエイプリールフールでした。
雨降って地固まる、
ですね。

カテゴリー: アトピッコハウス 海外 | タグ: , , , | アトピッコハウス、海外へ行きます! はコメントを受け付けていません。

新築も地産地消が理想です

投稿日:2016年10月28日 作成者:


食材の地産地消が声高に言われていますが、
新築も、同じです。

地元で育った木材を使って建築することができれば、
樹木への負担も小さく、
建築後、安定しやすいと言われています。

さらには南側には、南斜面で育った木材を使う。

なんて贅沢!と今なら思いますが、
森林に囲まれた国だからこそ、
それが理想の地産地消なのですよね。

地産される資源がなければ地消もできない

アイスランドを旅してきました。

4848c1ac5624c6916fa88b556b134378_s

建築会社をカッコよく変身させる
アトピッコハウス ごとうひろ美です。

アイルランドではなく、アイスランドです。
北極ではないので白熊はいません。
「アイス」「ランド」ですが、氷の国ではなく、

夏は涼しいですが、
冬はベルリンやニューヨークの方が寒い、らしいです。

というような程度の予備知識のアイスランド。
聞いてはいましたが、
岩ばっかりで「木」がありません。

b59304989818ef0a03f5ccd2165b27a6_s

北海道の広がる大地、とも違います。

だって岩なんですもの、岩。
土と岩って違うんです。
やっぱり岩は、硬いっていうか
アイスランドは荒野に近いような印象でした。

だから建物はコンクリートが中心。
昔は岩や石で作っていたようです。
それがアイスランドの地産地消とういことになります。

日本の地産は木材だけど‥。

樹木もなくて、草も少ない。
当然、花も少ないという景色は、新鮮でした。

でも、あまり長く荒野を見続けていると、
飽きるというか、
ちょっと脳が疲れてくる、ような気がしました。

それはトランジットでロンドンに立ち寄って、確信に変わりました。

ロンドンの空は曇っていますが、
中心部には公園がたくさんあって、
大きな木がたくさんあります。
レンガや石の建物が続く景色の向こうに、

樹木が見える。
公園の中を歩いてみる。

ea5851ef8abaff2d4c682d6e4d4f0718_s

なんか、ほっとしました。

多くの日本人が好きなハワイにも、
樹木がたくさんあります。
だから日本人はハワイが好きなのかもしれません。

森林国ニッポン、ですよね。
でも輸入材よりも国産材の方が高いことも多く、
なかなか地産地消とはいきません。

最近は、地域の建築会社と、
製材屋さんが協力して使いやすく工夫したり、
国としても国産材を使用することでポイント割引を適用させたり、

様々な取り組みが始まり、
以前よりは地産地消を選べるチャンスが増えてきました。

地産地消のメリット・デメリット

木材は20年、30年の期間をかけて成長します。
場所を移動する訳ではないので、
その土地の気候風土に、当然馴染んでいます。

自然素材は生きています。

生きやすいようにサポートしてあげれば、
安定しやすく、長持ちします。

また、配送距離が短いので、
エネルギー消費が少なくなります。
地球全体の環境で考えれ、ものすごいメリットです。

そしてデメリットとしては
樹種が選べないことが、一番大きいかもしれません。

日本の植林は針葉樹が中心です。
フローリングとして伐採できる樹種も限られるため、
どうしても杉、檜が中心となり、

家のイメージと合わない、というケースも出てきてしまいます。

輸入品は、遠い国から輸送されているわけですから、
エネルギーの消費量は大きいですが、
必ずしも全体コストを考えると安いわけでもありません。

これが、国産木材の地産地消が進みにくい理由かな、と考えています。

建築会社も地産がいい

新築を考えた時、
住宅展示場に足を運びます。

住宅展示場に出展しているのは、
ほとんどが東京に本社のある会社。
都内在住の方であれば地産と考えることもできますが、

アトピッコハウスのある神奈川から考えれば、
それは違う土地の会社です。

地産の建築会社のメリットは、
土地の気候風土をよく理解していること。
代々、その土地で営んできた建築会社であれば、
過去の実績から、
色んな知識を持っています。

このエリアは湿度が高いんだよね。
高台で風が強いから、こういう建て方がいい。

そういう経験があるから、

地元の木で家を建てようと考えたり、
逆に、ここは輸入品を使う方がいいかもしれない。
そんな発想が生まれてきます。

それは都内の本社から指令を出し、

工場で材料を生産している
量産ハウスメーカーにはできないことです。

食事は毎日のことだから地産地消がいい。
そう考えるのであれば、
毎日暮らす、大切な睡眠場所である家こそ、

地産地消で考えてもいい。

日本には木の家づくりが似合っています。
そして、日本人は樹木が大好き。
それはDNAに刻まれていること。

バイキング出身のアイスランド人とは、やっぱり違うようです。

アトピッコハウスは「ハウス」とついていますが、
新築工事はしていませんが、地産地消の家づくりが得意な会社はご紹介ができます。
11

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 新築 地産地消 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , | 新築も地産地消が理想です はコメントを受け付けていません。

塗り壁とペンキは違います

投稿日:2016年01月19日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス(株)、ごろうひろ美です。

お正月の集まりで、
「ペンキメーカーでしたよね」と尋ねられました。

587d14897dd4ca44f7c87116e22a0235_s

社名から家を建てていると思われる方は多いのですが、

ペンキは作っていないから、
ちょっと不思議でした。

そんな時は、得意の逆質問しまくりです。
そこから見えてきたのは、
塗り壁とペンキは同じ、という認識でした。

そういえば、
漆喰美人の問合せの時にも「その塗料は…」とおっしゃる方が増えてきています。
ペンキと塗り壁は、まったく別の商品です。

言い間違いかな~、
勘違いかな~と気になりながらも、
話しの流れを重視して、確認しないことも少なくありません。

でも、本当は確認した方がいいのかもしれません。
施工方法も違うし、道具も違う。

そして工事する職人も違うのですから。

でも今、最近はペンキ職人が塗り壁の工事をすることもあり、
区別し難くなっているという現実があります。

その最大の理由は、
ペンキメーカーが塗り壁を販売し始めたこと。
そのためペンキ職人が塗り壁を工事することが増えてきました。

塗り壁職人は昔から、
大工と並ぶ、家づくりの要でした。

大工を右官(ウカン)、塗り壁職人を左官(サカン)と呼び、
重要な役職として、尊敬される人たちでした。

それだけ大工も左官も仕事が難しく、
片手間でできる作業ではありませんでした。
長く、辛い修業の後、やっと仕事を任される…。

そして腕の良い職人が仕事をすれば、
工事費用が高くなるし、
丁寧に仕事をすればするほど、工事期間が長くなります。

だから塗り壁は、かなり特別な素材だったんです。

その特別な存在である塗り壁を、
身近にしてくれたのがペンキメーカーでした。

何年も、何年も修業しなくても、

何種類もの下地を、何日もかけて仕上げる必要のない、
塗り壁を開発しました。

作業日数が少なくなればコストが抑えられます。

ビニールクロスって嫌だな~。
でも塗り壁は値段が合わないな~、と思っていた人たちには朗報でした。

手の届く金額の塗り壁の台頭は、
日本の家づくりを大きく変えていきました。
昔ながらの塗り壁とは違いますが、

ペンキメーカーが発売した塗り壁のお蔭で、

ビニールクロスばかりだった日本の家づくりが、
変わったことは事実です。

普通の家にも、塗り壁という選択肢が
現実的になったんです。

商品には、なんでもメリットとデメリットがあります。
ビニールクロスが悪いとか、
そういうことではなく、

適材適所に使えた方が、いい。

昔ながらの商品もいいけど、
扱いにコツが必要という部分もある。
そのコツを嫌がられて、

自然素材が広がらないのは、残念です。

昔ながらを意識している
アトピッコハウスの商品にも「コツ」が必要です。

布クロスである「すっぴんクロス」は、腕の良い職人でないと仕上げられません。
「ごろ寝フローリング」は、無垢材の工事経験のある大工さんであれば、
その精度の良さを理解していただけます

豚に真珠はもったいない、と思いつつも、
良さを理解できる方がいなければ、宝の持ち腐れ。

そのバランスをどうとっていくのか、
2016年、アトピッコハウスにとっても課題の1つです。
申年も、どうぞよろしくお願いいたします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 ペンキ | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 塗り壁とペンキは違います はコメントを受け付けていません。

建築会社は見た目で選ぶと失敗しない

投稿日:2015年12月25日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス(株)、ごろうひろ美です。

建築会社を、見た目で選ぶとは、どういうことでしょう?

贈り物のシーズンです。
クロネコヤマトさんも、たくさんの荷物を積んで、
鎌倉の街を走り回っています。

年末の贈り物

アトピッコハウスのあるエリアは高級住宅街のため、
お歳暮の数が半端ないのだそう。
個人宅は不在も多く、
なかなか大変そうです。

季節の挨拶は形骸化している側面もありますが、
恩返しをする手段としては有効です。

贈り物に気持ちをのせて価値観

というのは簡単だけど、
見えない気持ちをのせたり、
伝えるって、すごく難しい。

物が豊富な時代、
欲しい物も人それぞれ。

何かを手に入れたからといって、
生活が飛躍的に改善することもありませんし、
価値観も多様化しています。

三越や虎屋の商品を嬉しいと思うためには、
その価値を相手が知らなければ豚に真珠です。
高い物が良いとも限らないし、
でも、高額商品を喜ぶ人もいる。

だから、本気で何かを贈ろうとすると悩みます。

そして、いくら悩んだとしても、
その課程は、相手には見えないし、
見せても意味がないから、見せてはいけない。

たかが贈り物、
されど贈り物、

奥が深いです。

そう考えると、
同じ時期に、同じ物をどーんと複数に贈ることって、
どういう意味があるんだろう、と思うこともありますが、

素敵な贈り物が届くと、
やっぱり嬉しい気持ちになるのも事実。

先日スタッフ平野が、
「相手をどれだけ大切にしているのか贈り物でわかる」
と言っていました。

身だしなみと一緒。
オシャレは自分のため、身だしなみは人のため。

相手を思う気持ちを表現するから、
正装になるし、
清潔感ある服装を選ぶ。

大切な人に、やっと会える時、
ボロボロの薄汚れた服装では出掛けません。

マナーや昔からのしきたりは、
面倒臭いし、窮屈に感じることもあります。

悲しみの時、
黒でなくても悲しい気持ちであればいいという意見もありますが、
それが相手をリスペクトしていることの1つの証しになります。

その他の方法で表現できたとしても、

その違う表現を、
受け取る相手が喜んでくれるかどうか、今一度考えたいな、と思います。

アトピッコハウスが、
工務店のブランディングをお手伝いする時、

ロゴマークや会社案内だけでなく、
服装や考え方までアドバイスするのも、
同様の理由から、なんです。

家は一生に一度の、
一番高い買い物です。

それだけ高い買い物を
ボロボロの服装の人からは買いたくない。
職人だからといって、

初めて会う方に作業着で行くなんて、

私の常識とは違うのです。
先日読んだ本の中に

感謝とは気持ち、
その気持ちを行動に移すと恩になる。

恩を返すとは、
行動すること。だから恩返しを必死にやろうとすると、
それだけで人生に目標ができる。

とありました。
思っていることは行動に移さなければ伝わりません。

阿吽の呼吸は理想だけれど、
それを相手に期待するのは本末転倒。

家づくりは、
もっとオシャレに、
もっとわかりやすく、
もっと自然素材に!

を達成するために、
気持ちをクリアに表現できるように工夫していきたい。

そんなことを想う2015年最終日。
今年もお世話になりました。

2016年申年も、飛躍の年にしていきますね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 建築会社 見た目 選ぶ | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 建築会社は見た目で選ぶと失敗しない はコメントを受け付けていません。

自然素材のメリット、デメリット

投稿日:2015年12月16日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス(株)、ごろうひろ美です。

知らないとビックリする

ごろ寝フローリングにカビが発生しているというご連絡がありました。
在庫処分のお値打ち価格で販売させていただいた商品です。

ウォルナット無垢フローリング

カビはどこでも発生します。

中途半端な数が残り、長期在庫をしていた商品だったので、
まったくのゼロとは言い切れないと思いました。

ただ製造過程や、
倉庫の管理体制、商品の特性を考えると
その確率は1%程度。

大工さんが写真撮影してくれたということなので、
画像をメールで送ってもらったところ、

明らかにカビではなく安心しました。

黒いウォルナットの裏面一部が、
大きく白くなっていたので、
カビだと勘違いされたようなのです。

元々持っている樹木の柄、
輸送途中のユレなどによりUV塗装部分が傷付き、
白くなってしまったんですね。

クリアのUV塗装が白く見えるなんて不思議ですが、

接着剤の付きを良くするために、
裏面はザラザラした仕上げにしているので、
傷が付きやすいんです。

でも黒いウォルナットが白くなっていれば、
ビックリしますよね。
裏面の白さに気付いたのは工務店でした。

届いた商品を、
施工前に検品するのは丁寧な工務店です。

不良品を使えば、
いくら腕が良くても納得のいく仕上がりにはならないからです。
それに工業製品である合板フローリングは、
裏面であっても均一になっています。

合板フローリングに慣れている工務店は、
均一でない無垢フローリングに戸惑う方が多いのも事実。

慣れていない商品だからこそ、
事前にしっかりと確認する。
いい工務店です。

でも質問の内容によって、
無垢材に慣れていないんだな~ということもわかります。

だからといって、
アトピッコハウスが、
それをユーザー(施主)に伝えることは、しません。

自分の家を建ててくれる工務店が、
無垢材の扱いに慣れていないことを嬉しく思う人はいないし、

不安を煽るだけ、だからです。
でも、不安を煽るプロが後を絶たないことを悲しく思っています。

無垢材を使いたいと伝えると反ったり暴れたりすると
プロはユーザーに伝えます。

でもね、
無垢材が反るか反らないかは、
様々な要因が絡んで発生します。

無垢材の品質、施工者の技術、施工した時の湿度、暮らし方などの複合要因です。
品質は素材を見ればわかります。
だから今回の工務店も、工事前に細かいチェックをしてくれたんです。

自然素材の壁紙にしたいというと、
カビが生えやすいと教えてくれます。

でもね、
リビングテーブルの椅子にカビが発生することがあるように、
カビは、どんな場所、素材にも発生します。

自然素材だけ、なんでデメリットだけ伝えるのか
不思議です。

ビニールクロスや
合板フローリングの耐久年数は15年が目安。
30年ローンを組んでいるとなると、

劣化した床の上で、残りの15年を生活することになります。

ビニールクロスは拭き掃除が出来たりするけど、
自然素材の塗り壁にすれば、
拭き掃除そのものが不要。

拭き掃除をしなくていい塗り壁の方が、
嬉しいに決まっています。

もちろん珈琲をこぼしたりしたらシミになるけれど、
突発的な汚れよりも、
日常的に、だんだんと付着する汚れが、
住まいを古臭い物に見せる。

ビニールクロスや合板フローリングは経年変化が劣化と直結し、

無垢フローリングやエコクロスは、
重厚感になる。

デメリットしかない商品はありません。

もちろんメリットだけの商品もありませんが、
自分が使いたくない商品の、
デメリットだけを敢えて伝えることが、

誰の、どういう得になるのか考えてみると、
色々なことが見えてきます。

今回のフローリングのカビ騒動でも、

ユーザー(施主)に伝えるのではなく、
当社に直接確認していただくこともできました。

そうすることで、
施工者自身の無知をユーザーに露呈することもなかったし、
ユーザーが自ら選んで気に入って選んだ無垢フローリングに対して、

ナンセンスなクレームを伝えて、
水を差す必要もなかった、ハズ。

家づくりは一生に一度。

せっかくの晴れ舞台を穢れないようにしてあげるのも、
プロ中のプロとして、
必要な技量だと感じています。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 メリットデメリット | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材のメリット、デメリット はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー