はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» ウレタン塗装のブログ記事

塗装で考える、床の選び方

投稿日:2016年01月15日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

フローリングの塗装、違いは分かりますか?

すべりにくい床なら、ペットも喜びますね

無垢フローリングの選び方、
色々あるかと思いますが、

大きく分けると、木の種類、塗装の種類だと思います。

木の種類は、
硬さ、やわらかさの好みや、
風合いの好みで選びます。

そして、塗装の種類は、
ライフスタイルに見合っているかどうかで選びます。

アトピッコハウスの無垢フローリング
「ごろ寝フローリング」の塗装の種類は3つ、

無塗装、自然塗装、ペット用UV塗装です。

無塗装は、そのままの意味です。
木の肌がむき出しの状態ですので、
木の持つ本来の温もりを感じられます。

ただ、触り心地は非常に良いのですが、
イメージとしては、保湿をしていないお肌と同じ状態。

大切に使っていくために、
施工後必ずワックスがけをして、表面を守ってあげます。

次に、自然塗装
いわゆるオイル塗装です。

すでに表面が保護されていますので、
施工後のワックス掛けは必要ありません。

オイルですから、強い膜をはることなく、
木の本来の肌触りをしっかりと味わえます。

無垢フローリングの触り心地を好まれる方は、
とても多いですので、

ごろ寝フローリングの樹種のラインナップのほとんどに
自然塗装品のご用意があります。

そして、今回ぜひともお伝えしたいのが、
ペット用UV塗装

UV塗装とは、ウレタン塗装のこと。

ウレタン塗装とは、
一般的な合板フローリングの表面を覆っている、
ペタッとしたコーティングの事です。

無垢の豊かな表情を味わいたいけど、
何かこぼしてシミを作ったり、ペットが粗相をしないか心配…
という方にオススメです。

そして何と言っても、
ごろ寝フローリングのペット用UV塗装は、

わんちゃんが駆け回っても、すべりにくい!

この、「すべりにくい」という特徴をもつ無垢フローリングは
なかなか無いようで、

たくさんの飼い主さんから、お問い合わせを頂いています。

ちなみに、我が社の看板犬くるみちゃんは、
よくずっこけます。

ずっこけ担当くるみちゃん

事務所の床は、年代ものの無垢フローリングです。
長年の摩耗で、表面はツヤツヤしています。

表面に引っかかりがないので、
元気でおてんばなくるみちゃんは、すべってしまうのです。

室内で犬や猫を飼うのが当たり前になっていますが、
お掃除しやすい滑らかな床は、

動物たちの足腰には、負担がかかってしまいます。

家族同然のペットたちが、健やかに過ごせ、
なおかつ、飼い主は無垢の美しい風合いを楽しめるのが
このフローリングなのです。

ちなみに、よくある合板フローリングと比べると、
表面は比較的マットな仕上がりですので、

安っぽいフローリングように
テカッとしたものとはまったく別物です。

現在のバリエーションは5種類。
ホワイトオーク・メープル・ホワイトアッシュ・チェリー・ウォルナットです。

こちらから写真をご覧いただけますが、
色味や風合いは様々ですので、

お好みの樹種がきっとあるはず。

無垢のフローリングにハードルを感じている方も
まだまだ多いようですが、

ライフスタイルに合わせて塗装を選べば、
無理なく取り入れることができるのではないでしょうか?

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗装 床 選び方 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 塗装で考える、床の選び方 はコメントを受け付けていません。

自然素材の家 を定義する

投稿日:2013年10月21日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、ごとひろ美です。

何を基準に自然素材の家と考えるのか。
真柄工務店施工画像
アトピッコハウスが創業した頃、
健康住宅や病気が治る家という広告がたくさんありました。

健康的な住宅って何よ、
家で病気が治ったら、おかしいでしょ!と、
突っ込みをしていた私ですが、

ここ数年は、そういう広告も見ないなーと感じていました。

ところが、また増えつつあります。
不景気だからでしょうねー。
ビニールクロスと合板の家では差別化ができなくて、

今更ながら、
自然素材の家をつくろうという建築会社からの問合せが続いています。

自然素材の家を担ってくれる工務店が増えることは歓迎します。
しかし、すべての会社をアトピッコハウスが応援することはできません。
自然素材の家の定義が違うからです。

アトピッコハウスが考える自然素材の家は、適材適所。

日本で作られている家で、
目を覆うほど劣悪な家はありません。

それはシックハウス的に考えても、随分と改善されてきています。

合板フローリングや接着剤で固めた塗り壁にもメリットがあります。
100%デメリットしかない商品や、
広く、大きく人々に害を及ぼす商品が、
長く、日本で販売はされ続けることはありません。

つまり建てられている家や建材が悪いのではなく、
使い方に問題があると考えています。

普通の家で、十分満足できる人が無理に自然素材にする必要はありません。

ごく少量の化粧品や、殺虫剤で倒れてしまう人には、
接着剤や合板を一切使わない社寺建築に近いような家でなければなりません。
そして社寺建築的な家づくりが、
相当な金額になることは誰もがイメージできます。

アトピッコハウスが考える自然素材の家は、
この両者の中間にあたります。

普通の家で問題はないけれど、
自分が好きだから、自然素材の家で暮らしたい。

接着剤は可能な限り少量にし、
健康被害が少なく、しかも施工性も悪くなく大幅に価格アップしない商品を使う。

許容出来る予算の中で、合板を使う範囲と質を決めていく。

キッチンなどの水回りは、
耐久性と使い勝手を考えて、新建材も上手に活用していく。

使用面積の広い床や壁は、
可能な限り自然素材にした方が、気持ちよく暮らせる。
つまりは優先順位を決めて
自然素材を使っていくということなんです。

今までビニールクロスと合板フローリングの家しか、
作ってきていない会社は、
重箱の隅をつつくように自然素材の家を考えていきます。

そうすると社寺建築のようになり、
殆どの人にとって、手の届かない家になってしまうのです。

それを私は机上の空論家づくりと呼んでいます。

絵に描いた餅では暮らせません。
当たり前過ぎて気付きませんが、
今の日本で、定住する家がなければ社会生活が送れません

水や空気と同じように、
私達にとって、必要不可欠な存在なのです。

今までと変わらず、
いえ、今まで以上に快適な暮らしのため自然素材の家に
夢を託したハズだったのに、
素地選びが目的の家になっているケースが多いんです。

家づくり初心者のユーザーがそうなってしまうのは仕方がありません。
でも、それを修正するのがプロ。

キッチンを自然素材でつくることもできる。
だけど、その耐久性は一般品と比較して劣らないか、
使い勝手は悪くないのか、総合的に判断したい。

無垢材で作った階段の方が、
足触りが暖かくて気持ちがいい。だけど、その費用出せる人は何人いる?

無垢フローリングは、無塗装や自然塗装がいい。
だけどライフスタイルや、
使い場所によってはウレタン塗装の方が便利なケースもある。

だから、ごろ寝フローリングにはUV塗装をご用意しているのです。

珪藻土塗り壁はいから小町は、自然素材です。
でも、珪藻土塗り壁はいから小町を塗る下地は自然素材ではないケースが多い。

自然素材じゃないところに、
自然素材を塗るためには、両者を中和させる材料が必要です。
昔は自然素材だけで下地を作った上に、
漆喰を塗ることができました。

でも、今は違います。

ビニールクロスを剥がして漆喰美人を施工することもできるけれど、
ビニールクロスの廃棄費用も、施工の手間も増えるから割高になることは、
知った上で判断したい。

それに、ビニールクロスの下も自然素材ではありません。
たった数mmのビニールクロスに一喜一憂するのは、どうなんだろう。

賃貸でもなく、
建売住宅でもなく注文住宅を選ぶ人は、

自分自身が理想とするライフスタイルを手に入れるために、
少し高いお金を捻出します。
けっして、家を買っているのではなく暮らしのためにプラスアルファの費用を用意している。
アトピッコハウスは、そう考えています。

私は、一般の人以上に化学物質には敏感です。
その私が、18年の中で定義した自然素材の家づくりのために用意した商品が、
はなまるエコ建材です。

自然素材の家を特殊と位置づけることなく、
希望すれば誰でもが手に入れることができる家。

この定義に納得し、共感してくれた人たちの施工集団をつくりたくて、
はなまる工務店をチーム化しました。

はなまる工務店になるための厳しい審査はありません。

それは、自然素材の家づくりをしたい、
と思ってくれる気持ちがあるのなら、そこから努力するだけ。
その努力をアトピッコハウスが応援すればいい、
と考えているからです。

はなまる工務店の数が少ないということは、
共感してもらうための努力が不足しているということ。

はなまる工務店の意識が低いならば、
アトピッコハウスがもっと頑張ればいい。
自然素材の家の定義を共有できる会社200社に、

別の未来をみせられるまで。
14

カテゴリー: 自然素材の家 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材の家 を定義する はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー