はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» ハウスメーカーのブログ記事

ハウスメーカーで塗り壁や無垢床材の話が進まず困っています

投稿日:2017年11月27日 作成者:


他人は自分の思い通りには動かない。

精神本や、
自己啓発本で見かけるフレーズですが、
深く理解し、日常に取り入れるのは簡単ではないですよね。

一番難しいのが、身近な家族。

言わなくてもわかるだろう
と、ついつい思いがちですが、
親しいからこそ甘えを封印すると、

コミュニケーションが
スムーズなことが多いように思います。

でもそれは、
親しい間柄でなくても、同じかもしれません。

なぜ思い通りに話が進まないのか

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

数々の書籍も出版されている美輪明宏さんは、
人間関係は腹六分目を推奨されています。

何でも思い通りになると育てられた
戦後生まれは、
人間関係のイロハを学んでいない、
という厳しいご意見も‥。

人付きいあのイロハを学んでいない弊害は
色んなところで目に留まります。

アトピッコハウスに多く届く
「塗り壁や無垢材の話が進まず困っています」

というご相談も、
根本はこのあたりにあると感じています。

でも親しい間柄と違い、
家づくりは、
もっとドライな解決方法もあるんです。

塗り壁や無垢床材の予算、ありますか?

希望に沿った塗り壁や無垢床材が使えない理由は、
種々想像ができますが、

家づくり 失敗しない進め方

現状を打破する一番簡単な方法は、お金です。

どんなに塗り壁にしたくても、
無垢床材にしたくても、
予算が不足していたら買えません。

お金がないのに欲しい欲しいと言っているのは、

お店の前で、
買って、買ってとダダをこねている3歳児と同じ。

どんなに無垢床材に不慣れでも、
塗り壁を一度も使ったことがないハウスメーカーでも、
お金を用意してくれれば、何でもやります。

だって契約金額が増えるのは、
営業マンだって嬉しいこと。

断る理由はありません。

それでも塗り壁や無垢床材を断る理由

契約金額が増えるのに、断るのは、
それは、予算が不足しているからです。

建て主様が、充分な予算が用意できるとわかっていれば、
何でも、どんなことでも対応をしてくれます。

でもビニールクロスや合板フローリングが
標準仕様のハウスメーカーは、
塗り壁や、無垢床材を使うことは、面倒だな、とまず考えます。

いつもとは違うクレームがあって、
そのためには利益を十二分に用意しておかないと、
経費倒れになる。

そういう思考が働きます。
だから、どうしても割高になります。

もう一つ、見積もり金額が高くなる理由は、
ビニールクロスや合板フローリングと

塗り壁や無垢床材は仕入れルートが違うんです。

ハウスメーカーは、その企業パワーを利用し、
大量に、安く仕入れるルートを開発しています。

いつもの仕入ルートには入っていない商品は、
その大量に、安く仕入れるという技を使えません。
逆に、いつも使わないハウスメーカーは、

高い金額で仕入れればならないこともあります。

つまり材料費が高くなるというのが、
塗り壁や無垢床材が高くなる理由の1つ。

塗り壁は職人が違うというのが、2つ目の理由。

ビニールクロスの職人と、
塗り壁の職人は違います。

これも仕入原理と同じですが、
時々しか工事の依頼をしてくれない会社には、
高い金額を見積もるのが、職人の普通のルール。

3つ目の理由は、無垢床材は工事期間が長い。

合板フローリングが1日で工事できる面積と、
無垢床材の1日で完成する面積は違います。

無垢床材の方が、手間暇がかかるので、
何日か多く工事期間が必要です。

工事日数が増えれば、
それだけ費用が高くなるのは、
想像しやすい、ですよね。

ハウスメーカーが悪いのではありません

ハウスメーカーでリフォームの話を進めておりますが、
なかなか塗り壁や無垢床材の件で話が進まず困っています。

このようなご相談には、
ハウスメーカーに問題があるようなイメージが含まれていますが、
それは、まったく違います。

塗り壁や無垢床材の実績が少ないのがハウスメーカーではありますが、
それでも予算が潤沢であれば、
必ず対応してくます。

契約金額が高くなることを嫌がる営業マンはいません。

つまり話が前に進まないのは、
予算が不足しているのか、

ハウスメーカーに、
予算があることを明確に伝えていないかの
どちらかなのです。

でも契約前なら、違います。

予算の立て方はもちろん、
塗り壁と無垢床材にすることが絶対条件ならば、
ハウスメーカーも工事する内容を見直してくれていたかもしれません。

そして契約前にアトピッコハウスに相談をしていただけたら、

塗り壁や無垢床材が得意な会社を
ご紹介することもできたかもしれません。

契約後にできることは、
予算を増やすか、他を削るのか、
という話に終始してしまうもの。

塗り壁と無垢床材が絶対条件ならば、
どういう会社と契約をするべきなのか。

しっかりと見極めていく必要があります。
べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: ハウスメーカー 塗り壁 無垢床材 | タグ: , , | ハウスメーカーで塗り壁や無垢床材の話が進まず困っています はコメントを受け付けていません。

どこで家を建てるのが正解? ハウスメーカー編

投稿日:2017年06月09日 作成者:


モデルルームをまわったけど、
結局、どこがいいのかわからない‥。
そういうお悩みを持つ方は少なくありません。

ただ、万人が正解と思える家づくりは、ないんです。

だから、迷います。
お友達は最高って言ってたけど、
私はピンとこないと感じることもあります。

それは、自分にとっての正解と違うからなんですよね。

そのためには、まず各社の特徴を、
自分たちが理解することが第一歩になります。

ハウスメーカーで建てるのは正解か?

ハウスメーカーの家づくり

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

ここでいうハウスメーカーとは、
TVコマーシャルをしている全国展開の会社と定義します。

ハウスメーカーといっても、
各社それぞれ特徴があるので十把一絡げにはし難いのですが、
まずは共通点をピックアップしていきます。

その共通点から、
自分はハウスメーカー向きだな、とか
興味があると思った方は、
各社の特徴を、ご自身で調べてみてください。

自然素材の家を建てる時、ハウスメーカーは正解か?

結論から言うと、間違っています。

自然素材といっても色々ありますし、
ハウスメーカーも
オプションで自然素材を用意しています。

だから、そのハウスメーカーが用意している自然素材と
自分が期待している自然素材が合致していればOKですが、
往々にして、

私が欲しい自然素材は、コレじゃない!

ということになってしまいます。
自然素材という単語の定義は法律で決まっていないので、
そのハウスメーカーが
自然素材として用意しているオプションを、

契約前に、確認しておく必要があります。

ハウスメーカーはフルオーダーの家づくり?

ハウスメーカーは注文住宅をつくっていますから、
間取りも自由、色柄も選べます。

はい、そのハウスメーカーの「規格の範囲」で
フルオーダーです。

軽量鉄骨を売りにしている会社は
木造は建てません。
もしも建てるといったら、よほど今月の営業成績が悪いんです。

キッチンも、その量産ハウスメーカーが用意している中から、
選び放題!です。

ハウスメーカーは自然素材が得意ではない

どこのメーカーさんともお付き合いはありますが、

通常仕入ていないメーカーさんは高くなったりするなど
想定外のことが出てくるのが普通です。

ハウスメーカーは、施工実績が多いから安心

一理あります。
規格通りの家であったとしても、
大きさや、間取りなど、
まったく同じ家、はありませんから、

施工実績が多い方が、経験値が上がっていくのは当然です。

しかも、社員研修も実施していますし、
下請けの施工会社にも研修制度を設けているので、
教育システムは、完成されています。

そこに安心感を見いだせる方が、
ハウスメーカーで家を建てると正解になる方、とも言えます。

アフターフォローの仕組みがあるから安心か?

ハウスメーカーのアフターフォローは整っています。
専門部署や子会社が担当するシステムができています

「連絡が遅い」「たらい回しにされる」というのは
大きな会社の勲章、と思っていた方が無難です。

ハウスメーカーは廃業しません

不景気な時代、
引き継ぐ社員がいない会社は廃業を選択するところも増えてきました。

その点、全国規模の会社となると
後継者がいないから廃業するということはありません。

ただ絶対倒産しない、というのは、
今の時代、ないんです。

コンビニスイーツと、パティシエのケーキ。

コンビニスイーツのクオリティって、高くなっています。
しかも1つから気軽に買えるところも
嬉しいですよね。

それでも特別な日は、
パティシエ自ら生クリームを絞ってくれるケーキがいい。

特別な物は、本物がいい

私は、そう思います。

量産されているから味が落ちるということは
今の日本では考え難い。

でも家って、特別な物。

その特別な物を、
工場で大量生産した家でいいのか…。

しかも大量生産されているコンビニスイーツは
パティシエケーキよりも安いのに、

大量生産されている
全国展開のハウスメーカーの家は、
1つ1つ丁寧につくっている家よりも、高い‥。

もちろん工場生産だから安心という考え方もあります。
工場で大量生産された部材でつくる家に、
価値を見いだせるのであれば、

ハウスメーカーで量産された家を選ぶのは正解。

でもパティシエのケーキみたいなのがいい!
と思うのであれば、
違う選択肢を、考えてみてはどうでしょうか。

アトピッコハウスでは、自然素材をたっぷりと使った
規格型注文住宅「べっぴんハウス」を商品化しています。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: どこで家を建てる ハウスメーカー | タグ: , | どこで家を建てるのが正解? ハウスメーカー編 はコメントを受け付けていません。

ハウスメーカーのクレームで多いと感じる内容

投稿日:2016年07月28日 作成者:


リフォームで困ったことがあると知人の女性が話し出しました。
私が住宅関係の仕事をしていると耳に挟み、
相談したかったようなのです。

工事したのは量産ハウスメーカー系のリフォーム会社。

1000万円を超えた
マンションスケルトンリフォーム。

中古マンション購入金額と合わせれば、
けっしてローコストではない、それなりの注文住宅の金額です。
すでに工事は終了したものの、

希望内容と違うため、
施工会社と打ち合わせを続けているが前に進まない、という状態です。

役に立てるかどうかは別として、
時間をつくり、じっくりとお話を伺ってみました。

なぜ、そのハウスメーカーに頼んだのか

華子と、くるみ

建築会社をカッコよく変身させる
アトピッコハウス ごとうひろ美です。

どういう理由で、その会社と契約したのか?

相談を持ちかけられた時に、
一番最初に、私が確認することです。

ここが意外とあやふやな方が多いのですが、
今回の理由は明確でした。
「ペット用フローリングがあったから」

にも関わらず、
今回のクレームの最大の争点は、床がペット用になっていない。

実際はペット用フローリングで工事が完了したものの、
その後のハウスクリーニングで、
ごく一般的なワックスをかけてしまったため、
愛犬がツルツルとすべるフローリングになってしまった…。

ということ。
お粗末なお話ですが、

せっかく愛犬のために考えた新居で、
ワンちゃんが滑りまくっていると嘆いていました。

クレームの大部分は「言った」「言わない」

「言った通りになっていない」「打ち合わせ内容が伝わっていない」

これは新築やリフォームのクレームの大部分を占めているように感じます。
特に量産ハウスメーカーのように、
営業、設計、現場(工事担当)と細かく分かれていると、
伝言ゲームに失敗しやすくなるのは、当たり前。

家づくりは、一人では担えない仕事です。

どこの会社と契約しても、
必ず複数の職種が絡みます。

小さい会社であれば、
部署も同じ、声の届く範囲での担当ですが、
量産ハウスメーカーともなれば、

部屋が違う、
または階が違う、

いえいえ、ビルが違うことも少なくありません。

小さい会社でも伝わらないことは、あります。

専門職が力を合わせる家づくり。
地域密着工務店のように、
小さな会社でも、色んな職種の人が関わります。

そのため、伝わらないことだってゼロではありません。

無垢の床

ただ地域密着工務店の場合、
部署がないので、
部署間で責任を擦り付け合うことはないし、

最終的には「社長」が責任を取ることになります。
そうじゃない会社もありますが、
そういう建築会社は、
例え地域密着であっても、私とは相性が悪いんですよね~。

なので、そういう建築会社は
量産ハウスメーカー扱いにしています。

だって責任者が明確な会社に家づくりを頼むって、
基本中の基本だし、
「伝わっていない」という事態になっても、

問題解決でこじれることって、少ないと思うんです。

量産ハウスメーカーの仕組を知ろう!

量産ハウスメーカーで契約した方は、
営業担当が良い人だったので、
信頼して契約した、という声を多く伺います。

だけど量産ハウスメーカーは
担当者がガラリと変わります。

誰が担当になるのかは、
その時の工事状況や、エリアなどによって変わります。
お願いすれば工事担当者に会わせてくれることも、
あるかもしれませんが、

ちょっと会ったぐらいでは、
仕事できる人かどうか見極めるのは難しい、ですよね。

地域密着工務店のデメリットも知ろう!

部署間の責任の擦り付けがない地域密着工務店ですが、
美しいパンフレットはないし、
営業のプロも少ないから、

説明が、ちょっと下手。

地域密着の工務店

量産ハウスメーカーのように
スマートな営業マンが登場することは、
まず、ありません。

だからこそ、

どんな家づくりにしたいのか、
どんな暮らしを、そこでしていきたいのか、

しっかりとした未来が描けてないと、
地域密着工務店とは、出会えません。
家を「つくる」時代から、

「買う」時代になりました。

できあがった「家」を買うのと違い、
リフォームや注文住宅は、
ゼロから、形があるものに作り上げていく作業。

具体的にイメージできるように
誘導していけるのがプロの仕事ですが、

そもそも「家で暮らす」ということが描けていなければ、
誘導も難しい。

寝に帰るだけの場所、
週末はシッピングモールに出掛けて家にはいない。

そういう暮らしであれば、
家は、安全を確保できる箱であれば充分、ということになり、
「暮らし」とは程遠いものになります。

家は、一生に一度の大きな買い物です。

せっかく高い物を買うのだから、
日常で使い倒して欲しい。

家でマッタリしたり、
友達招いてホームパーティもよし、
もちろん家でゲーム三昧でもOK。

とにかく家が大好きという方ならば、
量産ハウスメーカーと契約するのは勿体ないと思うのです。

ベットに優しい家

家を大切にするプロと出会えるように

1つ1つ丁寧に建てた家に住んでもらいたい。

家を大切にするプロを知ってもらえるように、
アトピッコハウスができることは、
まだまだあるな、と感じています。

家にいるのが大好きだから、
その時間を快適にしたい!という方は、

アトピッコハウス認定店に、ご相談くださいね。

11

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: ハウスメーカー クレーム 内容 | タグ: , , | ハウスメーカーのクレームで多いと感じる内容 はコメントを受け付けていません。

ハウスメーカーと契約後、自然素材への仕様変更は可能か

投稿日:2016年07月04日 作成者:


家づくりを考え始めた方が取っ掛かりとして情報を集めるのは
テレビCMや広告チラシなどでよく目にする
大手のいわゆるハウスメーカーが多いです。

無事にハウスメーカーと契約し、打ち合わせを重ね
色々なことが決まっていく中で、ハウスメーカー側から提示された内装ではなく
「自然素材」の内装材を使いたい、と思う方が増えています。

けれど、その思いをハウスメーカーに打ち明けたところ
「それはできない」「内装はうちが指定したものだけ」
と言われ、あきらめざるを得ない方もまた多いのです。

ハウスメーカーがなぜ契約後に自然素材を入れるのを嫌がるのか。
契約後に自然素材に変更する手立てはあるのか、その方法を
ご紹介していきます。

契約後の仕様変更をハウスメーカーが嫌がるのはなぜか?

契約後だと嫌がられる仕様変更、どうやったら受け入れてもらえる?

アトピッコハウス㈱、名古屋出身・スタッフの平野 亜矢子です。

一般的なハウスメーカーやリフォーム会社は
「いつもの材料をいつものところから買う」ことで
コストの削減と、安定した失敗の少ない工事を実現しています。

そこへいきなり、聞いたことも使ったこともないような材料に変更してほしい
と言われてしまうとどんなことが起こるでしょうか?
しかもそれは、ビニールクロスやクッションフロアなどと違って
施工にテクニックが必要で、季節によって施工に気を配る必要のある
「自然素材」だったなら…

(1)まず、使ったことのない材料は「どこから買えるか」を調べなくてはいけません。
建材の流通ルートは独特で、商社や問屋を通じて買うケースが多く
しかも指定された建材が、いつも使っている商社や問屋から買えない場合もあります。

(2)指定された建材で施工するための下準備はどのようになるのか調べる必要があります。
下準備のために使う物も、専用のものを用意しなくてはいけないのか
下準備のためにかかる時間はどのくらいなのか?
それによって、予算や工期の計画が大きく変わってくる可能性があります。

(3)特別な職人さんを手配しなくてはいけなくなるケースもあります。
例えば、ビニールクロスを予定していたところを、漆喰の塗り壁に変更すると
クロス職人さんではなく、左官職人さんに替えなくてはいけないし
塗り壁工事のほうが手間が増えるので、職人さんへの依頼日数も増えます。

準備だけでもこんなに大変なのですから、施工となるとさらに大変です。
これだけでもう、契約後の仕様変更がなぜ嫌がられるか
分かっていただけると思います。

契約後の仕様変更のコツは「種類を絞ること」

では、ハウスメーカーやリフォーム会社と契約後に
自然素材の内装に仕様変更することは絶対ムリかといえば
そういうわけでもありません。

ハウスメーカーとの上手な話の進め方を知り、
考え方を変えるだけで自然素材の家を手に入れることも
遠い夢ではありません。

例えば、「材料はなるべく種類や色を絞る」ということ。
つまり、複数の商品や色を使わないことです。

例えば塗り壁にしたいにしても、部屋ごとに「こちらは珪藻土、あちらは漆喰」
と塗り分けをしたり、部屋ごとに色を変えたりしたとします。
塗り壁の種類によって、下地処理の方法が違う場合もありますし、
複数の種類や色を使うことでムダに余りが出てしまい、割高にもなります。

ハウスメーカーが仕様変更を受け入れやすい方法を選ぶ

今のハウスメーカーの壁の標準仕様は、
ほぼビニールクロスと言って間違いないと思います。

だから、自然素材の壁にしたいと思っても
塗り壁を選ぶよりも、紙クロスや布クロスのほうが
契約後の仕様変更をお願いしやすいのです。

ハウスメーカーにとってただでさえ不慣れな塗り壁で、
さらに新しい材料にするのは嫌がられます。
クロスと塗り壁は職人も違います。
やっぱり違う職人さんに頼むのは、嫌だなと思ったりするんです。

紙クロスや布クロスなら、施工の難易度は高くはなりますが
いつものクロス職人さんにお願いできるから、
仕様変更できる可能性が高くなるのです。

無垢フローリングへの仕様変更はどのように切り出すか

壁だけでなく、床も自然素材にしたいという場合
無垢フローリングという選択があるわけですが、
無垢フローリングへの仕様変更を希望する場合、

12mm厚の製品を選べば
採用してもらえる可能性が高くなります。

一般的なハウスメーカーで採用している合板フローリングと、
厚みが同じ12mm厚の無垢フローリングであれば、
工事手順の変更が小さく済むので採用に前向きになってくれます。

また、無垢フローリングへの変更は建築費用が上がります。
「追加で〇〇円出せるのですが、リビングを無垢フローリングに変更できますか?」
と尋ねてみると、ハウスメーカー側も具体的な話をしやすくなり
採用の可能性も高くなります。

施主支給という方法も模索してみる

ハウスメーカーは通常、自然素材を購入するルートを
確立していないケースが多いです。

そのため材料を入手する段階ですでに
金額が高くなってしまう場合があります。

そこで、「施主支給」といって施主様自らが材料を購入して
ハウスメーカーへ提供することで価格を抑えることが出来ます。

ただしこの方法の場合、注文から入金、受け取り・確認まで
施主様自らが責任をもって行わなければならず、
万一トラブルがあった場合にも、
ご自身で対応を主導される必要が出てきます。

アトピッコハウスでは、珪藻土漆喰などの塗り壁、布クロス
無垢フローリングなど自然素材の内装材を販売しています。
施主様への直接販売も行っているので施主支給も可能です。

また、ハウスメーカーへの仕様変更の依頼のために必要な
パンフレットや施工方法を解説した「施工要領書」、
色見本やカットサンプルもご用意していますので
まずはそれを活用して、上手に話し合いを進めることができます。

ハウスメーカーとの契約後の仕様変更は確かに一筋縄ではいきませんが
最後まであきらめず、素敵な自然素材の家を手に入れて下さいね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: ハウスメーカー 契約後 | タグ: , | ハウスメーカーと契約後、自然素材への仕様変更は可能か はコメントを受け付けていません。

工務店とハウスメーカーの違いと選び方

投稿日:2016年04月21日 作成者:


注文住宅を建てるとき、いろいろな悩みが出てきます。
予算内に収まるのか、どこに頼めばいいのか、
どんな間取りがいいのか・・。
理想の家づくりの実現のためには、誰に頼むのかが重要となります。

工務店とハウスメーカーと迷う方もいらっしゃいますが、
どちらが良い悪いということはありません。
どのような家を建てたいかで、ベストな業者が変わってきます。
ハウスメーカーと工務店の特徴を比較しながらご紹介します。

工務店とハウスメーカーの家づくりはどう違う?

工務店とハウスメーカーの家はどう違う?

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

家を建てる予定が決まったら
誰に家造りを依頼するのか、業者探しがスタートします。

業者を探すとき、
ハウスメーカーの展示場巡りから始める方も多いのではないでしょうか。

ハウスメーカーは有名タレントも使ってたくさんの広告宣伝をしています。

初めての家造り、名前をよく知っている
規模も大きなハウスメーカーに安心感
得る人もいます。

一方の工務店のイメージは描き難いかもしれません。
ハウスメーカーと違い大々的な広告も出せませんし
展示場や営業マンもいません。

地域密着型が工務店の大きな売りともいえます。

地元での施工事例も多く、見学会に行くことも出来ます。

最初の家づくりの相談からアフターフォローまで
同じ担当者が対応してくれます。

工務店とハウスメーカーの価格の違い

業者選びの決め手ともなるのが、
希望の予算内に収められるかということ。

工務店とハウスメーカーでは価格にどのような違いがあるのでしょうか。

ハウスメーカーは材料も自社の設備で作るものなので、
大量生産が出来て工期も短く済み、本来は価格を抑えることができます。

しかし、広告費や展示場の経費、
営業マンの人件費が上乗せされます。

ハウスメーカーの家造りには欠かせない経費ですが、
その経費は材料費を安く抑えた分でまかなえるとは限りません。

一方で工務店はハウスメーカーと違って
立派な展示場も派手な広告も出せませんが
その分、家造り以外に余計なお金を使っていません。

例えば、工務店とハウスメーカーが同じ仕様の家を建てれば、
工務店の方が安く抑えられると思います。

工務店とハウスメーカー、品質はどう違う?

工務店によってバラつきがあるのも事実ですが、
多くが地域密着型のため
地元での評判を大切にしています。

同じ金額を出すなら工務店に頼む方が
家造りそのもの以外に余計な経費を使っていない分
金額と品質のバランスがとれた家になります。

ハウスメーカーの場合は工務店と違い
品質の管理も徹底してマニュアル化されているので
一定の水準以上の品質は得られるといえます。

また、日々新しい技術開発に取り組んでいるので
最新の技術が詰まった家を建てることが出来ます。

工務店とハウスメーカー、プランの違いは?

ハウスメーカーは決められた間取りやデザイン
プランから選びます。

建材も自社の設備で作られた商品や
いつも使っているメーカーの新建材を使うことになります。

無垢のフローリングを使いたい、
塗り壁にしたい、
などの要望がある場合は仕様変更が必要となりますが、

単純にいつもと違う商品を扱いたくなかったり、
流通経路が確保できずに断られるケースが多々あります。

比べて工務店の方が比較的自由が効きますが、

一概に工務店といっても
デザインに特化している
工法に力を入れている
自然素材にこだわったているなど、工務店によっても特色は違ってきます。

いかがでしたか?

ハウスメーカーと工務店では
売りにしているものが違います。

大手の安心感が欲しい、工期を短くしたい、
決まったプランから選びたいという方には
ハウスメーカーの方が向いています。

地元密着であり、自由も効きやすい工務店は、
家造りにこだわりを持っている方
担当者のきめ細かなアフターフォローを求める方に向いています。

自然素材の家を理想とする方には、工務店をおすすめします。

アトピッコハウスは自然素材の注文住宅
べっぴんハウス」を商品化しました。

家中丸ごと自然素材を使えるヒミツが詰まっています。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 工務店 ハウスメーカー 違い | タグ: , , | 工務店とハウスメーカーの違いと選び方 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー