はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» フローリングのブログ記事

フローリングとの暮らし

投稿日:2017年10月05日 作成者:


今や、賃貸のワンルームマンションでも一軒家でも
フローリングを使ったお部屋が主流となっています。

フローリングはオシャレなイメージで
清潔感があるように感じます。

インターネットで賃貸のお部屋を見てみると
元畳だったのだろうなという間取りのお部屋が
リノベーションをされてフローリングの部屋に
なっているのを多く見かけます。

もともと日本人が過ごしやすかった畳から
フローリングへの移行が増えているのは
なぜなのでしょうか。

無垢フローリングとは

温かみのある無垢フローリング

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

そもそも無垢フローリングとは何のことを指すのか
ご存知でしょうか。

無垢フローリングとは無垢の木材で作られたフローリング(床材)を言い、
無垢の木材の定義としては、貼りあわせをしていない天然木100%の
板を使ったものになります。

無垢フローリングの特徴

無垢フローリングの特徴はたくさんありますが、
まずは天然木ならではの見た目の優しさ、肌触りの良さが
あると思います。

自然の温かみがありますので冬は暖かく、夏場は
さらっと過ごせます。

調湿性能を持っていることも無垢フローリングの特徴の
一つです。
湿気を吸収したり、放出したりして室内を快適に
調整してくれるのです。

無垢フローリングのお手入れ

無垢フローリングは天然の木を伐り出したものです。
もちろん塗装をされている物もありますが、
日常生活でキズは付きものです。

家具の移動や、物を落としたり。
引っ掛けてささくれ立ったりすることもまれにあります。

そんな時も慌てずに。

周りを軽くサンドペーパーで削ってならし、
軽いキズならそこにミツバチワックスを塗ってあげれば
元通りです。

大きな傷の場合はサンドペーパーで削った後、
水を垂らし、少しおきます。
木を膨らませるのです。

濡れタオルをキズの上に置き、アイロンを当てて
その後はミツバチワックスの出番です。

削ったフローリングは色が変わりますが、ワックスを
塗ってあげることで馴染んできます。

ひどいキズは専門家にご相談くださいね。

合板フローリングとは

変わって合板フローリングとは、ベニア(合板)の表面のみに
薄い天然の木を貼って仕上げた床材のことです。

接着剤を使って貼り付けられています。
表面以外合板なので合板フローリングと呼ばれています。

特徴としてはキズや汚れに強いなどの機能性があるため
水回りなど幅広い範囲に使えます。

無垢フローリングが『天然』なのに対し、
合板フローリングは『作り物』となりますので、

無垢のように季節によって隙間が空いたり
反ったりということはありませんが、
無垢に比べ踏み心地が硬く、風合いが増すような経年変化は
出にくいです。

畳からフローリングへの移行

昔はポピュラーだった畳のお部屋。
最近ではファミリー向けのお家で一部屋あるかないか
だと思います。

欧米文化が広まったことにより、ちゃぶ台よりテーブル、
布団よりベッド、ということが一般的になってきました。

また、フローリングの方が見た目がオシャレで
掃除が簡単という点も挙げられると思います。

お店で見かける家具も、畳よりフローリングに
合わせやすいものが多く見られます。

ちょっと寂しく思いますが、やはり現代の
日本人の生活には畳よりフローリングが合わせやすいのかも
しれませんね。

いかがでしたか

自然素材である畳に代わって身近になってきたのが無垢フローリング。
見た目の良さだけでなく、人や空間にも優しい材質です。

人との生活と共にアンティークのように味わい深く、
時を重ねるごとになじんで美しくなっていきます。

ぜひ無垢フローリングとの生活を検討してみて下さいね。

アトピッコハウスでは足の裏が喜ぶ、ごろ寝フローリングを
取り揃えています。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: フローリング 暮らし | タグ: , | フローリングとの暮らし はコメントを受け付けていません。

無垢のフローリングのお手入れ

投稿日:2017年10月05日 作成者:


先日、古民家へ滞在する機会がありました。

その古民家は、キッチンからお手洗い、お風呂場の脱衣所まで全て、
杉の無塗装フローリングで床をリフォームされていました。

古民家を一棟貸しで民泊できるように提供しているので、
お客様の人数も面子も様々。

なのに、どこも黒ずんでいたり?朽ちていたり?
シミになっているというところが無い!!

気になります・・・どんなお手入れをしているのだろうか・・・

もちろん!オーナーさんにお手入れのお話を伺いました。

オーナさんによると、水廻りに無垢材を使用する事は、
リフォーム会社さんからお勧めしてもらったようです。

お手入れについても、日々のお掃除と変わりません、と。
ただ、風通しだけは良くしているんですよ、と。

リフォームして何年も経っていませんが、
お客さんにお貸ししている以上、汚れて当たり前。

それより、無垢材の上を素足で歩くことの気持ちよさを
知ってもらいたい、とおっしゃっておりました。

我が家も滞在中は出来る事はさせて頂きました。

お風呂場にも珪藻土マットが敷いてありましたが、
その周りはお風呂から上がればビチャビチャ・・・

もちろん色が変わり、染み込んでいるなと、見ればわかります。
なので、さっと乾拭きをして窓を開けて夜を過ごしました。

そして翌朝、そこは綺麗に乾いているんです。
何事もなかったかのように・・・

無垢のフローリングのお手入れって大変そう、
なんてイメージがありますよね。

日々のお掃除を担う主婦としては、面倒くさいのはイヤだし、
掃除は毎日の事ですから、気になりますね。

無垢のフローリングって特別なお手入れが必要なの?

無垢のフローリングのお手入れ

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

無垢のフローリングだからといって、
特別なお手入れの方法というわけではありません。

掃除機も雑巾かけもできます。

ワックスもかけても良いし、そのままでも大丈夫。

無垢のフローリングの掃除やお手入れは、
木や、自然素材の大らかさを受入れ楽しみながら、
大らかに向き合う事が何より大切です。

無垢のフローリングで掃除機は使えるの?

掃除機はかけることができます。
特別な掃除機も必要ありません。ダイソンでも日立でも、
なんでも大丈夫!

我が家では、マキタを家の隅に置いて置き、
朝などはそれでささっと掃除機をかけてから出勤します。

いつもやっている掃除の仕方で大丈夫。

掃除機がメインの掃除方法ならどんどんかけてしまって問題なし!

無垢のフローリングに雑巾がけ

無垢のフローリングのお手入れでも、雑巾がけができます。

掃除機やフローリングワイパーだけの
掃除では物足りない時や、少し汚れが気になる時、
雑巾がけもできます。

キレイな雑巾を固く絞って
拭きましょう。

子どもがいたりすると、ジュースをこぼしたり、食べこぼしたり。
そんな事は日常茶飯事ですね。

無垢のフローリングなのにー‼

となる必要はありません。
なるべく早く拭き取ればよいのです。

でも早めに拭き取った方がいいと言っても
シミになってしまったらしまったで、時間がたつにつれて、
馴染んでしまいます。

それは、経年変化とともに馴染むという事で
大らかに捉えるのが一番です。

無垢のフローリングでなくても、
こぼしてしまったらまずは拭きます。

無垢のフローリングだからといって
特別な掃除が必要ということではありません。
いつも通りで良いのです。

無垢のフローリングで洗剤は使えるのか?

雑巾がけをしても、
汚れが気になる場合があります。

洗剤を使って、キレイにしたい時もあります。

せっかくの無垢のフローリングですから、
相性が良い自然素材のクリーナーを使って
掃除すると良いですね。

自然素材のクリーナーなら安心して使えますし、
汚れを落とすだけでなく自然なツヤを出してくれる
クリーナーもあります。

使い方が難しいことはなく、
気難しさは、必要ありません。

無垢のフローリングのワックスがけ

無垢の床はこまめにワックスをかけて
お手入れしないといけないことはありません。

これは好みの問題ですが、

ワックスをかけないで、無垢の木のそのものの肌触りを
楽しむのもいいですし、時々ワックスをかけて、
ツヤのある飴色への変化を楽しむのもいいですね。

ワックスをかけなくても裸足で歩いてい暮しているうちに、
まるでワックスをかけたかのように艶を増してきます。

我が家は無塗装ですが、施工して約8年。

毎日生活する動線は、まるでUV塗装でもしているかのように
艶があり、でも触れると無垢材の無塗装です。

そんな変化を楽しんでも良いかもしれませんね。

ワックスをかける場合は、やはり無垢の床と相性が良い
自然素材のワックスを使う事をお勧めします。

ワックスをかけるのは、家具を配置した後やるのは、
重労働で、なかなか気が重い作業ですが、

実際にやってみると、色の変化に気付いたり、
あーそういえば、あの時物を落としたから傷がついて
いるなと思いだしたりと、思いがけず楽しい時間に
なったりもしますね。

お手入れを楽しめるのも無垢の家の良さですね。

自然素材のワックスは、肌にも優しいので、
ゴム手袋をはめる必要もありませんし、
逆に、手が潤うくらいのものなのですよ。

無垢のフローリング、キズやヘコミの補修

無垢のフローリングは、キズやヘコミが
できやすいのは確かです。

こちらも大らかに捉えるのが
何よりですが、ちょっとしたヘコミなら
簡単に直す事ができます。

その補修方法はとても面白いものです。

ヘコミの部分に水をちょっと垂らして、
あて布の上から低温(ここ大事です)アイロンを
当てるんです。

そうすると不思議なことに、水を含んだ無垢材が膨らみ、
アイロンの熱をあてることで元に戻るんです。

これは、我が家の補修に来てくれた大工さんが、
その場でささっと補修しているのを見て、
目からうろこ?でした。

無垢材を熟知した職人さんの知恵だなぁと
感心したのを覚えています。

いかがでしたか?

無垢の家の掃除やお手入れは、
特別な方法が必要という事ではありません。

一番は、どんな傷も汚れもおおらかに受け入れる。

無垢のフローリングは施工当初は何も傷がなく、それはそれは
美しいです。

だから、施工後1年以内はどうしてもキズや汚れが気になります。

でも時の流れで気にならなくなる、気にしていたら生活が窮屈に
なってしまい、大概の方は、何も言わなくなります。

無垢材フローリングが経年変化によって、
私たちが美しいなと感じるのは、5年ほど経ってからでしょうか。

大らかかにその時を待ってみるのはいかがでしょうか。

アトピッコハウスにはそんな経年変化を楽しめる
無垢のフローリング、「ごろ寝フローリング」があります。
どうぞご検討ください。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢 フローリング お手入れ | タグ: , , | 無垢のフローリングのお手入れ はコメントを受け付けていません。

ヒノキと杉(パイン)、フローリングのおすすめは

投稿日:2016年10月27日 作成者:


杉もヒノキも身近な木で
フローリングの中でも人気のある樹種です。
登山道などでも見かけますが
どちらも針葉樹で、一見よく似ています。

ですが、フローリング用に切り出すと、
色味や強度などに違いがあります。
杉とヒノキのフローリングの特徴をご紹介します。

ヒノキと杉のフローリング、価格はどう違う?

軟らかくて温もりのあるヒノキ

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

ヒノキと杉のフローリングで価格が安いのは杉です。

国産か輸入品か、品質によってもちろん
価格は変わりますが、一般的に安いのは杉です。

杉材の板はホームセンターなどで
安く売られていますし、
価格の安い家具も
パイン材が使われていることが多いです。

一方のヒノキは、ヒノキ風呂など高級なイメージがあります。
ヒノキ舞台に立つ、という言葉もありますが
多くの日本人が憧れを抱く木のように思えます。

なぜ杉が安くヒノキが高いのか

杉とヒノキのフローリング
価格の違いは木の生長の速さにあります。

ヒノキに比べて杉の方が成長が早く
植えられている数も多いので安く出回ります。

しかし、同じ杉でも屋久島の杉のように
樹齢が何百年と何千年(!)となる木だと
高級品となりますし、

ヒノキも、暖かい地方で育った木より
寒い地方で時間をかけて成長した木の方が高くなり
同じ樹種でも価格に開きがあります。

強度が強いのはヒノキ

成長が遅く、流通の量が少ないために高価なヒノキですが

長く時間をかけて育った分
強度は杉に比べると高くなります。

それでもナラやメープルなどの
広葉樹に比べると強度は落ちるので
フローリングのキズを気にする方にはヒノキよりも
広葉樹の木の方が向いています。

ヒノキと杉の見た目と経年変化

木材は心材と呼ばれる木の中心部と
辺材と呼ばれる木の皮に近い外周部分とに分けられ
1本の木でも特徴が異なります。

ヒノキの心材はピンク色をしており、
辺材は白っぽくピンク味をおびています。

杉の木の辺材は白く
心材は赤っぽく濃く黒味がかっています。

無垢のフローリングは
時が経つごとに変化する様子を楽しめるのも魅力です。

樹種によって、濃く暗く変化するもの
薄く明るく変化していくもの
比較的変化の少ないものがありますが、

ヒノキも杉も徐々に濃い色に経年変化をしていきます。

効用としては、ヒノキも杉も軟らかく足触りが暖かですが
ヒノキは抗菌・防虫効果があり、
また油分が多く水回りにも適しているフローリングといえます。

いかがでしたか?

杉もヒノキもどちらも針葉樹の仲間で
軟らかく、暖かみがあるなど
特徴は比較的似ています。

価格重視であれば、杉が向いています。
より丈夫なものを求めるのであれば
ヒノキがおすすめです。

アトピッコハウスでは
無垢のフローリングを販売しています。

ヒノキは銘木として知られる尾鷲ヒノキで
樹齢50年程度の原木を使用しています。
尾鷲は温暖多雨な地域で
その気候が年輪の緻密な、粘りと強さのあるヒノキを育みます。

切り出した後も、乾燥に丁寧に時間と手間をかけているので
割れや反りが起こりにくいフローリングです。

杉(パイン)はロシア産のものを扱っています。
生成り色をしていて
優しい温かみのある雰囲気のお部屋に仕上がります。

加工の状態は安定していますが、
キズや抜け節が含まれ当社の他の樹種のフローリングと比べると
製品ロスが多くなります。

上手に使うことで無垢フローリングながら
コストパフォーマンスの
改善に活躍する商品です。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 杉 ヒノキ フローリング | タグ: , , | ヒノキと杉(パイン)、フローリングのおすすめは はコメントを受け付けていません。

フローリング用遮音材の種類と選び方

投稿日:2016年09月28日 作成者:


絨毯や畳からフローリングへリフォームする方が増えています。
マンションなどの集合住宅の場合は
下の階に音が響かないか気になりますよね。

遮音性能はL値、デルタL等級などで表され、
マンションによって求められる数値が異なります。
フローリング用遮音材は多く販売されていますが、
それぞれのマンションの条件に合った商品を選ぶ必要があります。

集合住宅のフローリングには遮音材が必要

フローリングのマンション

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

先日、マンションの管理組合さんから
遮音材に関するお問合せを受けました。

都内にある200世帯のマンションで
騒音の問題が起きているとのことでした。

もともと絨毯だった部屋を
フローリングにする世帯が増え、
それにともなって騒音の苦情も増えてきたそうです。

フローリングは人気がありますが
絨毯や畳などに比べると硬い素材のため、
どうしても音が響きやすくなります。

軟らかい素材は床そのものがクッションとなって
音を吸収してくれますが

硬い素材はクッションが無い分、
音が響きやすいのです。

マンションで求められる遮性能、L値とΔL等級

マンションなどで使われている遮音性能を表す表記に
L値があります。

上の階で衝撃音を起こしたときに
その遮音材を使うことで
どれだけ下の階への音を緩和できるかを数値化したものです。

L値は衝撃音の種類によって
重量床衝撃音(LH)
軽量床衝撃音(LL)に分けられます。

LH値は人が飛び跳ねたときなどに出る低音域の重く鈍い音で
LL値はスプーンを落としたときなどに出る軽い高音域の音です。

L値は部屋の空間の遮音性能を表すものですが、
床材そのものの遮音性能を表すΔL(デルタエル)等級
という表示も使われるようになりました。

同じ遮音材でもマンションによって性能は異なる

L値はLL40、LL45など後ろに数字がつき
その数字が少ないほど遮音性能が良いことを表します。

フローリング用の遮音材は各メーカーから販売され
遮音性能の数値がそれぞれ謳われています。

しかし、遮音材の商品選びで注意をしておきたいのは
商品の謳っている遮音性能が
どのマンションでも発揮できるとは限らないということです。

音の響き方はコンクリートの厚みや
マンションの構造などの
環境条件によって左右されます。

たとえばLL40と謳っている商品でも
自分のマンションに使用したときに
LL45の性能に下がってしまうこともあれば
LL35に上がることも考えられるのです。

ではいったい、遮音材はどのように選べばいいのでしょうか。

フローリング用遮音材の選び方

マンションで求められる
遮音性能の数値を満たす商品を選ぶのはもちろんですが、

コンクリートの厚みなど
遮音材の試験を行った環境条件が
実際に使用するマンションに近いかどうかを
確認することも大切です。

しかし、実際は実験室の環境とマンションとでは
全く同じ条件下というのはあまりありません。

まずは地元で多くフローリングのリフォームを手掛けている業者さんに
相談することをおすすめします。

また、床の踏み心地も商品選びのポイントになります。

遮音材によっては歩くたびにフカフカとした違和感を感じるものがあります。
衝撃音を抑えるためにクッション性を重視したためですが

今はフローリングのしっかりとした踏み心地をキープしながらも
遮音性能を確保できる遮音材も販売されています。

いかがでしたか

せっかくフローリングへリフォームするのであれば、
下の階への音を心配し過ぎることなく
安心して生活できる遮音材を選びたいですね。

アトピッコハウスの遮音材
わんぱく応援マットはLL40の遮音性能で
フカフカしない踏み心地も好評をいただいている商品です。
(200mmスラブの結果)

リフォームをするときに必要な
マンションの管理組合への提出書類もご用意しています。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: フローリング 遮音材 | タグ: , | フローリング用遮音材の種類と選び方 はコメントを受け付けていません。

フローリングは無垢か合板か

投稿日:2016年09月16日 作成者:


一般的な合板フローリングと
こだわりの無垢フローリング。
どちらが良いのか悪いのかは、人それぞれです。
両方のメリットとデメリットを知っておけば
選択しやすいと思います。

なぜ合板フローリングが圧倒的なシェアを占めているのか、
無垢フローリングにはどんな問題があるのか。
詳しくお伝えします。

合板フローリングが主流です

65102512e25c6a959c10f6c7bd89a2dc_s
自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスのスタッフ尾崎です。

一般的な住居に使われているフローリングは
ほとんどが合板フローリングです。
複合フローリングとも呼ばれますが、
薄くスライスした木の板を何枚も重ねあわせて作ったものです。

表面に綺麗な木の薄板を貼ったもの(天然木化粧)、
合成樹脂類で被膜した合板を貼ったもの(オーバーレイ)、
塗装やプリントなどの加工を施したもの(特殊加工化粧)があり

ハウスメーカーや工務店の標準施工の床材として
多く用いられているのが、
この合板フローリングというものです。

合板フローリングのメリット・デメリット

これだけ流通しているのだから、もちろんメリットはあります。

合板フローリングのメリットは、

・季節などによる収縮がないので施工が楽
・表面加工の種類が多いので、好みのものが見つかりやすい
・大量生産されているので、安価
・表面コーティングされているので、汚れにくい

等があげられます。
一般的なハウスメーカーが合板を勧めるのには、
施工が楽という大きな長所があるのですね。

水を吸わないようなコーティングがされているので、
食べこぼしなどが気になるご家庭では
合板フローリングのほうがお手入れが楽かもしれません。

反対に、どんなデメリットがあるのでしょう。

・塗装が剥がれてきたら一気に劣化する
・耐久年数が短いので、結果的に割高になる
・調湿性がないので、湿気でべたべたする
・大量の接着剤が使われている

表面のコーティングは、時間と共に剥がれてきます。
特に、固いものを落としたりするとすぐに剥がれ、
表面がえぐれて、下の部分が見えてしまいます。

我が家の合板フローリングもそうなのですが、
表面とその下では木の材質も色も違うので
えぐれた部分がとても目立つのです。

表面の色と似た色のマジックを塗ってごまかしたり
ラグを敷いてごまかしたりしていますが、
一旦劣化し始めると、一気にみすぼらしくなってしまうのが
合板フローリングの欠点です。

単価が安くても、結局何年後かに全面張替えることになるので
結局高くついてしまう…ということもあります。

無垢フローリングのメリット・デメリット

では無垢フローリングのメリットを挙げてみます。

・見た目の高級感がある
・木の香りが楽しめる
・木独特のぬくもりがあるので冬場でもヒヤっとしない
・調湿機能により、いつでもサラサラ
・耐久性が抜群に良い
・古くなっても味が出て美しいまま

無垢フローリングは、1枚の木から削り出しているので
単層フローリングとも呼ばれます。

様々な長所がありますが、
なんといっても、その心地よさが一番の長所でしょう。
夏も冬も常に裸足で歩きたくなる足触りなのが
無垢フローリングです。

表面と中の部分が同じ材質なので、
多少傷ついても目立ちません。
ひっかかる場合は、やすりをかければ
ほぼ元の状態に戻ります。

世界遺産である法隆寺は、1300年経った今でも現存しています。
法隆寺に使われているのは、無垢の代表、ヒノキです。

ヒノキは無垢材の中では柔らかく、傷がつきやすい樹種ですが
法隆寺が今でも立派に現存していることが
その丈夫さを充分に立証していると思います。

しかし、デメリットもあります。

・木の収縮作用により、隙間ができたり膨張する可能性がある
・節や木目が目立つものが多い
・経年によって色味が変わってくる
・汚れを吸いやすい
・施工に手間がかかる
・合板フローリングに比べて単価が高い

しかし、節や木目は無垢フローリングの良さでもあるので
唯一無二の部屋作りにはお勧めです。
経年による色の変化も、決して劣化ではなく
ツヤを増して飴色に変化していく様はむしろ美しいです。

隙間や膨張の問題は、施工する時の工夫で解消されます。

普段、無垢フローリングを扱っていない業者は
施工後のクレームなどを恐れて合板を勧めてきます。

無垢フローリングのデメリットというのは、
ほとんどが、住み手にとってのデメリットではなく、
施工業者にとってのデメリットと言っても過言ではありません。

無垢フローリングは扱い慣れた工務店に頼む

ですから、無垢フローリングを採用するにあたって
一番大事なことは、
無垢フローリングを扱える技術を持った
本物の大工さんがいる業者を探すことです。

アトピッコハウスの「ごろ寝フローリング」は
一般的な無垢材の中でも、反りやゆがみが少なく
施工しやすいものではありますが、

それでも、無垢の扱いに慣れた業者さんに施工してもらったほうが
安心だと考えています。

また、天然の木の特性上、
絶対に「収縮しない」「反らない」とは言い切れないので、
そのあたりがとても気になる方や
信頼できる施工業者さんが見つからない場合は
合板フローリングのほうがよいのかもしれません。

無垢材を使いたい!と強い希望がある方は、
契約前に、その業者が無垢フローリングを扱えるかどうか、
まず確認しておくといいですね。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: フローリング 無垢 合板 | タグ: , , | フローリングは無垢か合板か はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー