はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 乾燥のブログ記事

塗り壁の調湿性能、乾燥も防ぐ製品選び

投稿日:2016年11月17日 作成者:


塗り壁は調湿性能が備わった壁材として人気があります。

日本は梅雨や秋雨などもともと雨が多い気候ですし
また、ここ数年は猛暑の夏が続いています。
じめじめ、ベタベタ、湿度が高くて不快な時期は
特に塗り壁のお問合せが増えます。

ですが塗り壁の力が発揮されるのは、湿気が高い時だけではありません。
冬場、特に暖房を使って乾燥しがちな時期も、
本物の調湿建材の塗り壁なら、加湿器のような働きをしてくれるのです。

石油ストーブ禁止の集合住宅

冬場の暖房による乾燥を防ぐには

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

冬になると欠かせない暖房
石油ストーブ、ガスストーブ、電気ストーブなど
暖房器具はバラエティに富んでいます。

昔は石油ストーブの上にヤカンを置いたり
鍋を置いて煮炊きしたり
暖房を使いながらも同時に加湿していましたが

いまの集合住宅では
火災の危険が高い
一酸化炭素中毒になる危険がある等の理由で

石油ストーブが禁止
されているところもあります。

ガスストーブも
専用のコンセントが部屋に備わっていない場合も多く

工事をするのに管理組合の許可が必要だったり
もともと、工事が禁止されているところもあります。

最近ではオール電化のマンションも増えていますので
エアコンに頼らざる終えない
ご家庭も多いのではないでしょうか。

エアコンは他の暖房器具と違って冬も夏も使えて便利ですが
気になるのは乾燥です。

乾燥対策も出来る調湿性能のある塗り壁

乾燥するなら加湿器を付ければいいのですが、

加湿器に頼らず
調湿性能のある塗り壁を使って
部屋の空気を快適に保つ、という選択肢もあります。

塗り壁というと除湿のイメージがあるかもしれませんが
加湿の働きも同時に備わっているのが‘調湿建材’です。

では、塗り壁の調湿はどのような仕組で
行われているのでしょうか。

塗り壁の調湿は夏に吸った湿気を
冬に吐き出すわけではない

夏は湿気をめいっぱい吸って、
冬は溜め込んだ湿気をとにかく吐き出す、
このように思われがちですが、

塗り壁の調湿は季節を超えてではなく
日ごと行われるもの。

調湿性能のある建材かどうかを測る試験も一日単位です。

24時間にどれだけの水分を
吸湿・放湿したかを測定します。

湿度の高い時期も、低い時期も
それなりに、湿度を吸って吐きだすのです。

ですが塗り壁が吸い込める水分量には限界があるので
人が塗り壁の調湿性能を手助けしてやることが必要になります。

夏場は適度に換気をしてやります。

冬場は、お風呂や洗面、煮炊きなどで湿気が放出さるので
わたし達の生活自体が
塗り壁による加湿を補うことになります。

塗り壁には放湿性能が無く、過乾燥する商品もある

塗り壁の中には、吸湿性能はあっても
放湿性能が無い、
あるいは放湿性能があっても低い製品も売られています。

塗り壁を調湿性能で比較するには
性能を客観的に表したJIS規格の数値が有効です。

試験は測定する塗り壁を1平米に塗って、
24時間で何グラムの水分を吸収するか
そして、次の24時間で何グラムの水分を吐き出すかを測ります。

JIS規格では70g/㎡/24h以上を
調湿建材と認めています。

塗り壁に調湿性能を求める場合
このJIS規格の数値を判断基準にすることができるのです。

いかがでしたか?

塗り壁の調湿性能は家電製品のように
劇的な成果を期待できません。

ですが、自然素材の内装材による調湿は
穏やかに部屋の環境を快適にしてくれます。

調湿や乾燥を防ぐことが第一目的であれば、
除湿器や加湿器の方が希望を叶えられる場合もあります。

塗り壁の質感が好き、
自然素材で部屋を快適にしたい方に、
調湿性能の高い塗り壁はお勧めです。

アトピッコハウスでは
珪藻土のはいから小町
漆喰調の漆喰美人
ローコスト塗り壁のパーフェクトウォール
3種の塗り壁を扱っています。

どれも吸湿と放湿の両方の性能を備えた商品です。

なかでも最も調湿性能の高いはいから小町は
JIS規格の3倍、業界最高水準の調湿性能をもつ塗り壁です。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・塗り壁・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 調湿性能 乾燥 | タグ: , , | 塗り壁の調湿性能、乾燥も防ぐ製品選び はコメントを受け付けていません。

自然素材、安いと高いその差は?

投稿日:2016年01月28日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

安すぎるものにはご用心

安いものは「なぜ安いのか?」を考えてみる必要がありそうです

冷凍食材の横流し事件がいま
大きな問題になっています。

大手外食チェーンが廃棄を依頼した
冷凍食材が横流しされ、
弁当店の弁当やスーパーの惣菜として
利用されていたというのが、事件の概要。

消費期限が過ぎているとか、異物が混入している可能性があって
本来廃棄されるべきものが「消費者の知らぬ間に」
流通していたなんて、あってはならないことです。

ある友人は、以前からご主人に
「安い弁当は絶対に買うな。
その安さには理由があるはずだから」
と言われていたそうですが、
今回の事件で、そのことに合点がいった
と話してくれました。

安い物には必ず理由があります。

安く提供するために、どこかで必ず
コストを削っているはずだからです。

テレビなんかでよく「赤字覚悟ですよ~」
と言っている飲食店なんかを見ますが
商売はボランティアでやっている訳ではないので
どこかで必ず採算が取れるようになっているはずです。

今回の横流し食材の事件では、
仕入れたお弁当屋さんや惣菜屋さんは
材料の仕入れの価格を削ることで
安い弁当や総菜を作っていたということになる。

正直なところ、お弁当屋さんやお惣菜屋さんも
「安いものがほしい」という消費者の過剰なニーズがあって
こういう商品に手を出さざるを得ないという背景が
あるようです。

建材も例外ではありません。
もちろん自然素材の内装材もです。

自然素材に粗悪品なんてあるのだろうか?
という疑問もあると思います。

例えば、珪藻土の塗り壁

珪藻土はそれ自身だけでは固まらないので、
多くの商品は石灰や接着剤が混ぜられています。
珪藻土自体を数%しか混ぜていない
粗悪品も売られているようです。

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁はいから小町
100%自然素材でできていて、
珪藻土含有率は体積比で40%もの量です。

固めるために使っているのは、
お豆腐を固めるのにも使われる「にがり」。
安心の材料であると同時に、調湿性のカギである
「珪藻土の穴」を潰すことなく固められるので、
高い調湿性を発揮できるのです。

資料請求は、こちら

の場合はどうでしょうか。

今流通している畳の約8割は中国産イグサを使っています。
大量の農薬もですが、畳表を青く見せるために
化学染料で染められているものがほとんど。
粗悪品も化学染料によって「上級品」に
化けているものも多いのです。

アトピッコハウスのほんものたたみ
熊本産天然イグサ100%の畳表を
昔ながらの「天然泥染め」にしています。
ワラ床に使う稲わらは、100%国産のものを
丸1年もかけて「自然乾燥」させており
それによって程よいコシと弾力が生まれています。

資料請求は、こちら

また、無垢フローリングも同様です。

「無垢であれば、全部一緒」と
思っている方もいらっしゃいますが、
産地、樹齢、乾燥、加工、塗装、そして等級などによって
品質が全く違います。

粗悪なものは反りや割れがそこかしこに
発生するものがあります。

アトピッコハウスのごろ寝フローリング
完全乾燥させた上で加工しているので、
施工後に酷く収縮するということがありません。

使えない部分がほぼないので、
ロスがほとんど発生しません。

資料請求は、こちら

「粗悪品」と言われるものは
原材料、時間、手間のどれか、
あるいは全てを、必ず切り詰めています。

アトピッコハウスへのお問合せでも
「できるだけ安いものを」
「安くて良い商品を」
と、価格に関するご要望が多いのは事実です。

私も、一消費者としてよく理解できる心情です。

けれど、予算ばかりを重視するあまり
価格一辺倒になってしまうと、
粗悪品を掴まされてしまうかもしれないという
リスクをはらんでいることも
頭の片隅に置いておいて下さい。

本当に品質の良い「本物」は、
良い材料を時間と手間を掛けて加工しています。

アトピッコハウスの商品は
どれも決して安いとはいえません。
けれど品質には絶対の自信があります。

良い原材料を厳選し、時間と手間を掛けて
精度の高い加工を行っています。

豪華さ、耐久性、飽きのこないラインナップで
長い目で見て価値の高い製品といえます。

アトピッコハウスでは、高い品質を保ったままで
適正な価格でご提供できるように
インターネットを最大限に活用したり、
無駄な資料の発送を抑えたりなどの工夫をしているのです。

アトピッコハウスのホームページや
メールセミナーをご覧いただければ
法外な金額を出さなくても
アトピッコハウスの「自然素材」を使った
家づくりができることがお分かりいただけるはずです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 安い | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材、安いと高いその差は? はコメントを受け付けていません。

自然素材の塗り壁、メリットとデメリット

投稿日:2016年01月26日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

自然素材ならではのメリットがあります。

自然素材ならではのメリットがあります

塗り壁のメリットは何ですか?
こんなお問い合わせをいただきました。

塗り壁、最近よく聞きますよね。

塗り壁にどんなイメージを持ちますか?
いいイメージでしょうか。
悪いイメージでしょうか。

わたしが子供の頃に住んでいた家は
和室が塗り壁でした。

緑と灰色を混ぜたような色の砂壁で
落ち着いた感じの雰囲気

当時は“落ち着いた”ものの良さがわからず
古臭いなあと思っていました。
他の部屋のビニールクロスの壁の方が
かっこいいとすら思っていたのです。

あれから20年

レトロという言葉を知ったり
伝統的なものに惹かれたり

今や、塗り壁=おしゃれ、かっこいい、高級感がある、
と、プラスのイメージを持つようになりました。

塗り壁とは、
ずばりそのまま
塗り壁の材料で仕上げた壁です。

砂や土や泥などの自然素材を用いて
古くから日本の住宅によく使われてきました。

聚楽漆喰などの歴史があるものから、
セメントに水と砂を混ぜたセメントモルタル
粉末の鉱物で作るプラスター
植物の化石を主原料とした珪藻土など

様々な種類が出ており
見た目や強度、性能、予算に合わせて選ぶことが出来ます。

塗り壁のメリット
まずは見た目の良さでしょうか。

塗り壁は左官職人がコテを使って塗る伝統的な工法です。

職人が塗りながら仕上げていくので
いわば、手作りの1点ものの壁です。

工場で作られたものを貼るクロスの壁とちがい

左官職人の技によって
継ぎ目のない一体感のある壁面を作ることができます。

部屋の壁一面に統一感が生まれ
それはまるで一枚の作品のようでもあります。

見た目だけではありません。
機能面でも
塗り壁を選ぶメリットは沢山あります。

まず、塗り壁には耐火性があります。

天然の土や砂、泥などを主な原料とするために燃えにくいのです。
漆喰は武家屋敷に広く使われましたが
その優れた耐火性が武士に好まれた理由の一つだったのです。

そして、調湿性能が優れています。

自然素材を使った塗り壁ならではの特徴です。
湿度が高くジメジメとしているときは
塗り壁が湿気を吸い

反対に
湿度が低く乾燥したときは
湿気を吐き出し

部屋の湿度を快適に保つよう
コントロールしてくれるのです。

寒い今の季節は暖房による結露が気になりますが
調湿性能のある塗り壁を使えば
結露対策にもなります。

湿度をコントロールすることは
カビやダニの発生条件を減らすことにもつながります。

四季があって、湿度も高い日本の家に
身近な自然素材を用いた塗り壁は
ピッタリなのです。

そして、わたしが塗り壁の一番のメリットだと思うことは

なんとなく気持ちがいい、なんとなく空気がおいしい
ということ。

具体的な言葉にも数値にも出来ないのですが

自然素材の壁に囲まれていると
ビニールクロスの部屋にはない
心地よさを感じるのです。

天然の成分を浴びられるからか

昔から人間が付き合ってきた
自然の素材に感じる安心感からかもしれません。

見た目よし、中身の機能面もよし!の塗り壁

しかし、メリットがあればデメリットもあります。

塗り壁に関するお問い合わせで多いのが、
ボロボロ崩れませんか?
メンテナンスは大変ですか?
というもの。

長い歴史がある塗り壁
今はボロボロと崩れにくいものも出ていますし、
メンテナンスは驚くほど簡単です。

塗り壁は拭き掃除が出来ませんが、
静電気が発生しません。
そのため、ホコリや油などの汚れを、そもそも寄せ付けにくいのです。

最近人気の塗り壁、価格帯もピンキリですが

自分が重視するメリットを叶えられる
塗り壁を選びたいですね。

アトピッコハウスの
はいから小町漆喰美人
ボロボロと崩れにくいように開発した塗り壁です。

資料請求は、こちら

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 メリット | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材の塗り壁、メリットとデメリット はコメントを受け付けていません。

調湿性能は珪藻土が一番

投稿日:2016年01月15日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

加湿器や除湿器よりも、珪藻土

湿気をコントロールする方法は、加湿器・除湿器だけではありません

年末の大掃除では、部屋や窓、水周りのみならず
カーテンや食器、ケトルなどの小物まで
徹底的に大掃除するのが私流。

もちろん、除湿器や加湿器も
例外ではありません。

とても便利な除湿器、加湿器ですが、
一体どのくらいの方が、マメにお手入れを
されているでしょうか。

除湿器も加湿器も、その性質上、
水分が切っても切れない製品です。

除湿器は空気中の水分を集めて
溜めておくタンクがあり、
加湿器は逆にタンクから水分を放出します。

どちらも水分が溜まっているので
そのまま放置してしまうと
ホコリや水垢が溜まり、ひどい場合は
カビや雑菌が発生することもあります。

せっかく健康のためにと使っている
加湿器や除湿器が、
かえって健康を害している
可能性もあるんです。

しかも除湿器も加湿器も
意外と構造が複雑で手入れが大変です。

フィルターにはホコリが溜まるし
タンクや吹き出し口には水垢などの
ヌメリがあったり…

加湿器や除湿器を手入れするたびに
その面倒さと同時に、汚れ具合にうんざりし

「果たしてこれらの機械は私たちに
どれほどのメリットをもたらしてくれているのか」
と疑問がわいてくるのもまた事実です。

最近のマンションは、24時間換気システムの導入や
ペアガラスの採用で、湿度管理は
昔のマンションより優れているはずです。

けれど実は、気密性の高い今時のマンションは
冬の寒さやすきま風には強いものの、
部屋に湿気がこもりがちになり、
湿度が高めになってしまうそうなんです。

部屋の中は、部屋干しの水分や
お風呂や台所から出る蒸気、
人のかく汗などの水分、排水口からの水分など
多くの湿気に溢れています。

その逃げ場がピッタリと閉じられていることを考えると
湿度の高さもうなずけます。

つまり、気密性の高いマンションも
実際の体感湿度は必ずしも
いつも快適とは言えないのです。

だから私も、今のマンションの住みはじめこそ
除湿器は使っていませんでしたが
ものの1年後には、除湿器を導入しました。

梅雨時期の部屋干しにはとても重宝していますが
使用時の放熱の暑さと、お手入れの手間を考えると
完璧なアイテムとは言い難いのが、正直なところです。

それに、この気密性の高いマンション、
部屋の湿度が高めになりがちとはいっても
冬にはやっぱり乾燥してしまう

部屋の湿度計を見ると、快適湿度からははるかに下回り、
着替えのときには静電気がパチパチと発生する状況を見ても
その乾燥度合いは明らかです。

物はあまり持ちたくない主義に反し、
冬の乾燥に耐えられずに加湿器までも
導入する羽目になりました。

でも珪藻土の塗り壁なら、
こんな面倒な思いをしなくても
ノーメンテナンスで快適な湿度で生活を
手に入れることができるんです。

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁
はいから小町」の調湿性能は、
1m²当たり241gです。

これは、JIS規格(日本工業規格)の3倍以上の
調湿性能になります。

はいから小町の調湿性能

この数字が何を示すかというと、
24時間で、1㎡の塗り壁部分が、
241gの水分を吸放出する能力を
持っているということです。

もっとイメージしやすく説明すると
6畳間(一般的なサイズで天井10㎡、壁30㎡)の
壁と天井に「はいから小町」を塗ると

1Lのペットボトル約10本分の水分を
吸ったり吐いたりする能力がある、
というイメージです。

これはあくまでも数字の上でのイメージですが
私たちはこの気持ちよさを、
毎日アトピッコハウスの事務所で体感しています。

冬の乾燥する時期でも、静電気が発生しにくいし
変にのどが渇いたり、カサカサすることもありません。

逆に湿気の多い梅雨時期も
モワッとまとわりつくような不快感も
感じたことがありません。

「塗り壁」というとメンテナンスを
気にされる方も多いようですが、
はいから小町は掃除機をかける必要も
拭き掃除の必要もありません。

アトピッコハウスの事務所も
塗ってから約7年、ノーメンテナンスでも
今だにとっても綺麗です。

季節によって入れ替えたり
細かいパーツを色んな道具で
洗ったりする必要もありません。

珪藻土は、マンションの壁にも塗ることができます。
加湿器や除湿器に頼る面倒な生活から
そろそろ脱却してみませんか?

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 調湿性能 珪藻土 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 調湿性能は珪藻土が一番 はコメントを受け付けていません。

自然素材は個性を楽しむのが吉

投稿日:2015年12月17日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

手作りのものと自然素材は似ている

手作りのワイングラスは一つ一つ形や大きさが微妙に違う

最近、毎日の晩酌が楽しみに加わりました。
お気に入りのワインを見つけたからです。

日本酒好きの夫の影響で、これまでは
たまにする晩酌といえばほぼ日本酒だったので
ずいぶん前に買ってあった
ワイングラスの出番がようやくやってきました。

とても繊細なグラスで、恐る恐る扱っているのですが
ふとグラス同士が当たってしまったときの
「ホワ~ン」という何とも言えない上品な音にも
ついウットリしてしまいます。

グラスを洗う時はもっと気を遣うのですが、
二つのグラスを洗っている時に、
気付いたことがあります。

二つのワイングラスの飲み口の直径が微妙に違う。

一つは手がするりと入る広さで
もう一つは手を握ってすぼめて
やっと入るくらいの広さ。

そうなんです。このワイングラスは、
ドイツのメーカーでハンドメイドのもの。

ワイングラスの入っていたボックスにも
「ハンドメイドのため一つ一つ微妙に
形や大きさが違います」との注意書きがありました。

その違いに気付いた瞬間に、ワクワクすると同時に
このワイングラスへの愛着がより一層湧いてきました。

一つ一つが違う個性を持った世界にただ一つのもの。
今私の手の中にあるグラスは、世界に二つとない
「私だけのもの」という愛おしさです。

ハンドメイドの工芸品は自然素材に似ています。

無垢フローリングは、同じ樹種であっても
色や木目や節の出方、性質は1枚1枚違います。

それら木々の個性を大工さんが見極めて、
ベストなポジションに配置して施工していきます。

さらに、施工される場所の
日光の当たり具合、湿度、気温、人の通る頻度
などによって、摩耗や変化の具合が変わってくる。

無垢フローリングを施工した部屋は、
大自然と、施工する大工さんと、
使う施主さんが三位一体となって描き出す、
世界に一つだけの絵画のようなものです。

日に焼けたところと、そうでないところ
すり減ったところと、少し盛り上がったところ
波打った木目のところと、丸い節のところ
湿度の高い夏には膨らみ、乾燥した冬は収縮して隙間が広がる。

などなど、ご家庭の数だけ、
全く違った景色が作り出されていきます。

そしてそれは、季節によっても違う表情を見せます。

資料請求は、こちら

今はビニールクロスや合板フローリングなど
色も木目も性質も、均一なものが一般的なため

経年変化がどうなるのか、
木目はバラバラになってしまうのか
色はばらつきがあるのかなど

非常に心配されるお問合せが増えています。

自然素材は、むしろそのバラつきや
季節ごとや、経年の変化を
楽しむくらいの気概で取り入れてほしい。

その一つ一つの表情の違いは、
その家だけで味わえる特権であり、
長い時間で見れば、その瞬間しか味わえないものです。

塗り壁も、同じ素材でもパターンの付け方で
全く表情が違って見えたり
布クロスは糸の微妙な撚り具合でも変わってきます。

それこそが、自然素材の醍醐味です。

今は、“皆と一緒”ではなく“皆と違う”ことが
受け入れられやすい時代になりました。

皆さんもぜひ、「我が家だけ」で楽しめる
「世界に一つだけ」の個性的な自然素材を使って
「世界に一つだけ」の家を育ててみてくださいね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 個性 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材は個性を楽しむのが吉 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー