はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 価格のブログ記事

珪藻土の価格は、高いか安いか

投稿日:2017年05月09日 作成者:


珪藻土の塗り壁にしたいという希望を持ちながら、
価格で断念しましたという方もいると思います。

しかし、考え方次第では、あきらめる必要は
ありません。

では、珪藻土の価格は、高いのか、安いのか?
どうやれば、珪藻土の塗り壁を実現できるのか、

書いてみたいと思います。

価格そのものは、クロスの3倍

珪藻土の価格は高いの?

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
まず、珪藻土は、塗り壁ですから、
クロスを貼るような訳には行きません。

材料代も高いし、なによりも、工事に手間暇がかかります。
価格でいうと、珪藻土の塗り壁は、

クロスの3倍はすると思います。
ひょっとしたら、もっと高くなるかも知れません。

最低3倍と考えるが、妥当なのかも知れません。

しかし、価格と価値という問題がありますので、
3倍の費用を払ってでも、珪藻土にする価値を感じられる
とするならば、単純に「高い」とは、言えなくなる訳です。

塗り壁比較なら、漆喰よりも安い

珪藻土の価格は、クロスと比較すると、最低3倍という話を
しましたが、漆喰風の塗り壁と比較すると、

同じ金額か、多少、珪藻土の方が安いと思います。

では、なぜ、漆喰よりも、珪藻土の価格の方が、
安くなるかというと、「下地の処理」の問題があるからです。

珪藻土系の塗り壁は、下塗りを必要としない製品が、
比較的多くありますが、

漆喰系の塗り壁は、下塗り必須となっているケースが
多いのです。

つまり、下塗りの材料代と、手間暇というのが、
仕上げ材とは別にかかってくるので、

漆喰の方が、高くなるという訳です。

何に価値を感じ、何を求めるか

内装の壁を珪藻土にしたいといった場合、
なぜ、珪藻土にしたいのかによって、

選択肢も変わるし、費用も変わります。

もし、珪藻土風のテクスチャーが気に入っていて、
見た目が「珪藻土ふう」であればいいと言うのであれば、

珪藻土クロスを貼るという選択肢でもいいかも知れません。

しかし、珪藻土クロスは、しょせんクロスなので、
90cmごとに、ジョイントと呼ばれる継ぎ目が現れますし、

調湿性能などは、ほとんど期待できません。

もし、調湿性能や消臭性能といった機能を求めて、
珪藻土の塗り壁にしたいということであれば、

費用を捻出して、本物の珪藻土塗り壁にした方がいいと思います。

DIYという選択肢もあるけど、仕上がりはそれなり

費用を抑えるために、珪藻土をDIY施工するという
選択肢もあると思います。

しかし、準備も、後片付けも、想像以上に大変です。

しかも、仕上がりは、どう頑張っても、
それなりにしかなりません。

家族の想い出づくりのために、DIYに挑戦したいという場合は、
職人さんに準備も、片づけも全部やってもらって、

コテを動かして、塗る作業だけやらせてもらえばいいと思います。

それでも、仕上がりは、それなりにしかなりません。

「味があっていい」とか「家族の想い出」と考えられる
場合は、問題ありませんが、

お客様の眼に触れる場所は、それなりに
気を使いたいものです。

ただ、あとは、価値観次第です。

予算確保が、先決

珪藻土の塗り壁は、最低クロスの3倍の価格ですから、
まずは、予算を捻出しないとなりません。

価格が高いのは、仕方ありません。

そこは、調整できません。
いいものは、高いのです。

しかし、それだけの価値はあります。

もし、高いのを承知の上で、珪藻土にしたいということであれば、
どこか他の予算を削って、珪藻土に廻すことです。

キッチンやお風呂やトイレといったものは、
ちょっと型が古くなったら、

格段に値段が安くなりますし、

メーカーを変えるだけで、50万、100万といった費用は、
捻出できます。

あるいは、家を1坪小さく作るということでも、
費用を捻出できます。

無限の予算を持っているという方は居ない訳ですから、
どこに「予算」を使いたいかを考えて、

もし、珪藻土にしたいということであれば、そこに
費用を掛ければ、良いのです。

いかがでしょうか?

珪藻土の価格は、最低でもクロスの3倍はします。
決して安くないです。

もし、クロスの予算しかないのなら、
他を削って、予算を確保して頂くか、

珪藻土は、諦めた方がいいです。

珪藻土の価格が高いのは、材料代のほかに、
手間暇が、クロス仕上げの何倍も面倒だからです。

もし、珪藻土塗り壁の価値が、価格以上であれば、
まずは、予算を捻出するところから、

準備を始めたらいいと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 珪藻土 価格 | タグ: , | 珪藻土の価格は、高いか安いか はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングの価格はどれくらい?

投稿日:2016年06月10日 作成者:


無垢のフローリングは気持ちがいいです。
天然の木をそのまま切り出したものなので
足触りはサラサラとして気持ちがよく
思わず手でも撫でたくなるほどです。

いいものだとは分かっているけど、自然素材=高級
とても手が出ないと、最初から諦めている方もいます。
でも、無垢フローリングってそんなに高いのでしょうか?

天然の木である無垢材、いいものだから価格も高い?

無垢フローリングの部屋は気持ちがいい

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

無垢材は自然素材ならではの肌触りが魅力です。

そういえば、木登りをした頃の記憶をたどると
樹皮がゴツゴツしていて痛い木こそありましたが、
みな、サラサラの肌触りで、
ベタベタする木はありませんでした。

天然の木は呼吸をするので
湿気をコントロールします。

湿度が高い時は湿気を吸い、
反対に湿度が低い時は湿気を吐き出すのです。

無垢のフローリングは生きているともいわれますが、
自然界から切り出して、
フローリングとなった後も呼吸を続けているのですね。

合板フローリングだとこうはいきません。
夏は拭き掃除をしてもベタベタが気になります。

工業製品なので、
呼吸をすることが出来ず
湿気が気になる季節はベタベタになってしまうのです。

無垢は気持ちよさそう。

でも、自然素材って高いのでは?
と、最初から諦めてしまう人もいます。

合板と無垢のフローリングでは
価格はどれだけ違うのでしょうか?

合板フローリングと無垢フローリングの価格の違い

無垢でも樹種の種類や等級によって
安いも商品もあれば高い商品もあります。

同じように合板のフローリングにも等級が存在します。

そのため、値段も様々ですが、
合板のフローリングは
1平米4,000円~9,000円位のものが多く販売されています。

耐傷性、遮音性の機能付きのものなどは
平米1万円を超えるものもあります。

対して無垢材は、
1平米5,000円~15,000円位のものが販売されています。

合板フローリングよりも安い無垢材もあるのです。

価格が安いのはどんな樹種?

木はざっくりと2種類に分けられます。
針葉樹と広葉樹です。

そして、価格が安いのはどちらかというと針葉樹。

針葉樹の方が成長が早いので、
大量に作ることができます。
そして広く普及するので、商品の価格が安くなるんですね。

杉(パイン)は、針葉樹の中でも特に安い樹種です。

アトピッコハウスにも
「杉は扱っていませんか?」
というお問合せが以前は多く、

なぜ杉をお探しなのかを訊ねると、
「価格が安いから」といった理由がほとんどでした。

杉は、柔らかい樹種なので傷が付き易くはなります。
ですが、空気を多く含むことが出来るので、
それが断熱材となって温もりを感じられます。

等級や塗装によっても価格は変わる

無垢フローリングは節の数が少ない、

そして辺材と呼ばれる
木の幹の外側に近い部分の割合が少ないものほど
グレードが高いとされています。

木の幹の中心部は心材と呼ばれ、
辺材に比べて色味が濃く腐りにくいとされています。

更に塗装によっても価格は変わります。

無塗装品は塗装品に比べて安いですが、
そのままの状態だとシミや汚れが付きやすく、
ワックス等で仕上げてから住まわれる方がほとんどです。

汚れが付き難い、
掃除がしやすいということに特化したもの、

お子さんやお年寄り、
大切なペットが滑りにくいことに特化したもの、

自然の風合いを生かしたものなど
様々な用途に合わせた塗装が開発されています。

無垢材を価格だけで選ぶのは危険

無垢フローリングを選ぶ前に、
予算を決めておくことはとても大切です。

予算をしっかり把握していれば選択肢が絞れ、
無駄に迷う時間が無くなりますし、
施工業者にも提案してもらいやすくなります。

ですが、安かろう悪かろうという言葉があるように
価格だけで決めてしまうと後悔することもあります。

実際に、安い製品は
最初から床材として使えないロス分が多く含まれていたりするのです。

まとめとして

商品を選ぶ上で価格は抜きには考えられませんが、
無垢材ならではの特徴を理解しておくことが
とても大切です。

無垢材が向いている人もいれば、
合板フローリングが向いている人もいます。

どちらの場合も、信頼のおける製品を選ぶことが大切だと思います。

アトピッコハウスは
無垢のフローリングを販売しています。

施工した後も、反りや割れが起きにくいよう
長い時間をかけて乾燥し、丁寧に製品加工をしている商品です。

パンフレットや実物サンプルもご用意しています。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢 価格 | タグ: , | 無垢フローリングの価格はどれくらい? はコメントを受け付けていません。

自然素材の塗り壁の価格、クロスと比べてどれだけ高いの?

投稿日:2016年05月27日 作成者:


漆喰、砂壁、聚楽など、かつては当たり前に使われていた塗り壁
今や、日本の建物の9割ともいわれるビニールクロスに
取って代わられてしまいましたが、

昔から使われてきた自然素材の塗り壁は
湿気の多い日本の風土に合ったものでした。
自然素材の方がいいとはよく聞くけど、
いったい、どれだけのの差額で自然素材の塗り壁が実現するのでしょうか?

自然素材の塗り壁の価格はどれくらい高いの?

近隣挨拶を大切にする工務店に家づくりを頼みたい

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

自然素材や塗り壁がいいものだとは分かっていても、
価格がネックで踏み出せない人がいます。

自然素材、昔は当たり前にあったものですが、
今ではすっかり高級路線で
自然素材100%の衣料品や食品は高価だったりします。

数が限られた自然のものとは逆に
人工的に作られる工業製品は安価でどんどん普及しています。

ビニールクロスがここまで広く普及した理由は、
値段の安さ、施工のしやすさにあります。

ビニールクロスの価格は塗り壁に比べてどれくらい安い?

では、広く普及しているビニールクロスの相場は
どれくらいなのでしょうか。

ビニールクロスといっても、価格に開きがあります。
材料の価格帯は、おおきく分けて二つ。
普及品とよばれる平米単価500円ほどのクロスと。
中級品とよばれる平米単価1000円ほどのクロスです。

普及品は賃貸のアパートやマンションなどで使われていて
ほとんどが無地です。

中級品は色も柄も山のように種類があり
分厚い見本帳を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
一般的には中級品の中から選びます。

そして、材料費に加えて
施工の費用がかかるわけですが、
平米単価600円のところもあれば、900円のところもあるなど
その費用は地域や依頼する面積によっても様々です。

自然素材の塗り壁は、ビニールクロスの何倍高い?

ビニールクロスの材料費や施工費用に開きがあるように
塗り壁の価格も、その質によって価格にバラつきがあります。

「ビニールクロスの何倍の価格だったら、
塗り壁にしたいですか?」

以前アトピッコハウスで行ったアンケートでは
ビニールクロスと比較をして
1.5倍から2倍くらいの金額で塗り壁にしたいという回答を頂きました。

ですが正直なところ
2倍程度の価格差で塗り壁にするのはとても難しいのです。

コストパフォーマンスを考えれば、
自然素材の塗り壁は高くない。

探せば安価な塗り壁もありますが、
商品を選ぶ際は
ぜひ塗り壁にしたい動機を整理してみて下さい。

塗り壁なら何でもいい!という方は別ですが、
塗り壁を望む人の多くは
自然素材の心地良さ、調湿機能、消臭効果
塗り壁ならではのパターン(塗り模様)、陰影の美しさなど、

それぞれ期待している部分があると思います。

耐久性もビニールクロスのように
5年で破れて薄汚くなることはなく、

経年変化の味わいが楽しめるのも塗り壁の魅力です。

価格だけを比べてしまうと
高くて手が出ないと思われるかもしれません。

ですが、多くの時間を過ごす部屋の内装材
家電やキッチンをワンランク上のものにするのなら、
お部屋全体の壁をワンランク上のものにしてみませんか?

そんな選択肢もあっていいと思います。

アトピッコハウスでは3種類の塗り壁を扱っています。

機能や見た目、予算に合わせてお選びいただけます。

資料請求は、こちら

資料請求は、こちら

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 塗り壁 価格 | タグ: , , | 自然素材の塗り壁の価格、クロスと比べてどれだけ高いの? はコメントを受け付けていません。

自然素材、安いと高いその差は?

投稿日:2016年01月28日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

安すぎるものにはご用心

安いものは「なぜ安いのか?」を考えてみる必要がありそうです

冷凍食材の横流し事件がいま
大きな問題になっています。

大手外食チェーンが廃棄を依頼した
冷凍食材が横流しされ、
弁当店の弁当やスーパーの惣菜として
利用されていたというのが、事件の概要。

消費期限が過ぎているとか、異物が混入している可能性があって
本来廃棄されるべきものが「消費者の知らぬ間に」
流通していたなんて、あってはならないことです。

ある友人は、以前からご主人に
「安い弁当は絶対に買うな。
その安さには理由があるはずだから」
と言われていたそうですが、
今回の事件で、そのことに合点がいった
と話してくれました。

安い物には必ず理由があります。

安く提供するために、どこかで必ず
コストを削っているはずだからです。

テレビなんかでよく「赤字覚悟ですよ~」
と言っている飲食店なんかを見ますが
商売はボランティアでやっている訳ではないので
どこかで必ず採算が取れるようになっているはずです。

今回の横流し食材の事件では、
仕入れたお弁当屋さんや惣菜屋さんは
材料の仕入れの価格を削ることで
安い弁当や総菜を作っていたということになる。

正直なところ、お弁当屋さんやお惣菜屋さんも
「安いものがほしい」という消費者の過剰なニーズがあって
こういう商品に手を出さざるを得ないという背景が
あるようです。

建材も例外ではありません。
もちろん自然素材の内装材もです。

自然素材に粗悪品なんてあるのだろうか?
という疑問もあると思います。

例えば、珪藻土の塗り壁

珪藻土はそれ自身だけでは固まらないので、
多くの商品は石灰や接着剤が混ぜられています。
珪藻土自体を数%しか混ぜていない
粗悪品も売られているようです。

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁はいから小町
100%自然素材でできていて、
珪藻土含有率は体積比で40%もの量です。

固めるために使っているのは、
お豆腐を固めるのにも使われる「にがり」。
安心の材料であると同時に、調湿性のカギである
「珪藻土の穴」を潰すことなく固められるので、
高い調湿性を発揮できるのです。

資料請求は、こちら

の場合はどうでしょうか。

今流通している畳の約8割は中国産イグサを使っています。
大量の農薬もですが、畳表を青く見せるために
化学染料で染められているものがほとんど。
粗悪品も化学染料によって「上級品」に
化けているものも多いのです。

アトピッコハウスのほんものたたみ
熊本産天然イグサ100%の畳表を
昔ながらの「天然泥染め」にしています。
ワラ床に使う稲わらは、100%国産のものを
丸1年もかけて「自然乾燥」させており
それによって程よいコシと弾力が生まれています。

資料請求は、こちら

また、無垢フローリングも同様です。

「無垢であれば、全部一緒」と
思っている方もいらっしゃいますが、
産地、樹齢、乾燥、加工、塗装、そして等級などによって
品質が全く違います。

粗悪なものは反りや割れがそこかしこに
発生するものがあります。

アトピッコハウスのごろ寝フローリング
完全乾燥させた上で加工しているので、
施工後に酷く収縮するということがありません。

使えない部分がほぼないので、
ロスがほとんど発生しません。

資料請求は、こちら

「粗悪品」と言われるものは
原材料、時間、手間のどれか、
あるいは全てを、必ず切り詰めています。

アトピッコハウスへのお問合せでも
「できるだけ安いものを」
「安くて良い商品を」
と、価格に関するご要望が多いのは事実です。

私も、一消費者としてよく理解できる心情です。

けれど、予算ばかりを重視するあまり
価格一辺倒になってしまうと、
粗悪品を掴まされてしまうかもしれないという
リスクをはらんでいることも
頭の片隅に置いておいて下さい。

本当に品質の良い「本物」は、
良い材料を時間と手間を掛けて加工しています。

アトピッコハウスの商品は
どれも決して安いとはいえません。
けれど品質には絶対の自信があります。

良い原材料を厳選し、時間と手間を掛けて
精度の高い加工を行っています。

豪華さ、耐久性、飽きのこないラインナップで
長い目で見て価値の高い製品といえます。

アトピッコハウスでは、高い品質を保ったままで
適正な価格でご提供できるように
インターネットを最大限に活用したり、
無駄な資料の発送を抑えたりなどの工夫をしているのです。

アトピッコハウスのホームページや
メールセミナーをご覧いただければ
法外な金額を出さなくても
アトピッコハウスの「自然素材」を使った
家づくりができることがお分かりいただけるはずです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 安い | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材、安いと高いその差は? はコメントを受け付けていません。

劣化する新建材より、変化する自然素材を

投稿日:2015年12月24日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

劣化するビニール、変化する自然素材

自然素材のものはビニール製のものより経年変化に味わいが。

暖冬とはいえ、コートと手袋が
恋しい気候になってきました。

特に手袋にこだわりがあるわけではないので
3年程前に、たまたま通りがかった店で売っていた
安くてシンプルな手袋を購入して使っています。

クローゼットにしまってあったものを
久しぶりに出してみてビックリ。

去年まで何ともなく使えていた手袋が、
手のひらから指先の部分がボロボロと醜く
剥がれているではありませんか!

ボロボロと剥がれ落ちる手袋の表面

この醜く劣化した部分は、「合成皮革」。

合成皮革というのは、布地に合成樹脂を塗布したもので、
人工的・化学的な素材です。

これらの樹脂製品は大量生産が可能で、
加工など取扱いが容易なこともあり
爆発的に普及し、私たちの身の回りに
あふれかえっています。

例えば私たちの最も身近なものでいうと、
ポリ塩化ビニルでできた
ビニールクロスやクッションフロアも
大きなくくりでいえば同じような樹脂製品です。

ビニールクロスやクッションフロアも
色や柄の加工が容易で、施工も簡単。

価格も安いことも手伝って、
今では「ふつうの家」といえば
ビニールクロスにクッションフロアが
標準となっています。

確かに、施工者にとっても施主様にとっても
メリットの多い建材ですが、
見過ごせないウィークポイントがあります。

それは、劣化しやすく
劣化の仕方が醜いということ。

ビニールクロスは一般的に寿命が10年~15年と
言われています。
しかし実際には、5年も経つと生活の中でついた
傷や汚れが目立ち始めます。

ビニールクロスの我が家は
ちょうど5年が経過していますが、
そそっかしい私は爪や物をしょっちゅうぶつけていて
あちこちにその傷や剥がれが痛々しく残っています

また、10年も経過すると、クロスを貼った接着剤が分解し、
壁紙自体が剥がれやすくなってきて
ジョイント部分(クロスとクロスの接続部分)が剥がれ
目立ち始めます。

それだけでなく、紫外線や湿気、熱の影響で
樹脂が固くなって、ポロポロと崩れるところも現れ始めます。

これが、冒頭にお話した
合成皮革の手袋と同じような現象です。

そんな状態になってしまったなら、
さっさとリフォームしてしまえばいいのでは?
と考える方も多いと思いますが、

リフォームにかかる費用、
部屋の家具や荷物をどかして準備する時間、
リフォーム屋さんを探してやり取りする労力、
などなどの負担を考えて、

実際には10年~15年で
リフォームをされる方は

多くはありません。

醜く劣化したままの部屋で
過ごしていらっしゃる方が大多数です。

ビニール製品は、買ったその時、
施工したその時が最も美しく、
その後はただひたすら、劣化していくのが運命。

けれど、自然素材は違います。
施工したその時ももちろん美しいけれど
年を経れば経るほどに、
美しく味わいのある変化を見せます。

劣化ではなく、変化。

アトピッコハウスの壁紙は
糸を織って作った布でできた「すっぴんクロス」。

爪を立てたらすぐにピリッと剥がれてしまう
ビニールクロスとは違って、
少し角がぶつかったくらいでは
ビクともしない丈夫さがアピールポイント。

それどころか、カットサンプルを
千切ろうとしても全然破れないという
タフさを備えています。

確かに拭き掃除はできませんが、多少のシミなら、
時間とともに馴染んで味になっていきます。
ビニール製品特有の醜い劣化と違い、
「歴史を重ねる」というイメージです。

それに、歴史を重ねるのにふさわしいだけの
重厚感と豪華さが、自然素材にはあります。

年を経るごとに、温かくまろやかさを帯び、
味わい深く優しく変化していきます。

資料請求は、こちら

いずれにしても長年貼り替えをしないのなら
ビニール製を選ぶのか自然素材を選ぶのか、
どちらが経済的で気持ちが良いかは
言うまでもありません。

目先の価格だけでなく、長い目で見て
本当にいいと思えるものを選んでくださいね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 劣化 新建材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 劣化する新建材より、変化する自然素材を はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー