はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 取り入れるのブログ記事

自然素材を取り入れる方法

投稿日:2016年09月08日 作成者:


「自然素材」と聞くだけで、何やら良い商品に聞こえますよね。
食品でも洗剤でも、ちまたでは「自然素材」の商品を多く見かけます。

食品や洗剤なら気軽に買えますが、
これが「家」となると、ほいほい気軽に買えませんよね。

自然素材の商品は、大体のものがイメージ通り高いです。
安さを追求した工業製品と比べると、
材料や製造や取扱いに手間がかかることが多いので、仕方がないです。

まるごと自然素材にする方法もあるかもしれませんが、
それが予算的、ライフスタイル的に難しいのも事実。

ただし、取り入れる方法を工夫すれば
自然素材と工業製品の良いところどりで、
気持ちの良い家づくりが出来るはず。

そもそも、自然素材の家って何でしょう?

まずは自然素材にかけられる予算を考えます。

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスのスタッフ手島です。

短く言うと、「新建材を使っていない家」でしょうか。

新建材というと、
ビニールクロスや合板フローリング、集積材や石膏ボード、
あとは、接着剤などでしょうか。

新建材は、
価格、工法、量産などが重視する
現代の社会の流れに沿った材料ですから、

これらすべてを除外して家づくりをするのは、
予算的、技術的に、かなりハードルが高いですよね。

だから、もっと気軽に自然素材を取り入れる方法として、

アトピッコハウスは、
実際に肌で触れる床や壁を自然素材にしてみてはいかがでしょうか?
という気持ちの元、自然素材の内装材を開発販売しています。

自然素材を取り入れる方法は様々です。

床は無垢フローリングに、
壁はエコクロスや塗り壁にできたら、とっても素敵です。
ただ、自然素材を取り入れるための一番のハードルは、予算です。

どんな取り入れ方をするにしても、
まずは、自然素材のために、
プラスαの予算をどれだけ確保できるか?
そこをハッキリさせてからスタートすると、とってもスムーズです。

部分的に取り入れるとしても、
壁だけ自然素材にする方法、床だけ自然素材にする方法、
一部屋だけなど、部分的に自然素材にする方法などが考えられます。

まず最初に言えるのは、
ここで挙げた方法の中で、
一部屋だけ壁も床も自然素材にする方法というのは、
なかなか手間で、

床だけ、壁だけ、という取り入れ方の方が、
コストパフォーマンスを上げることができます。

理由は、
●床の工事と、壁の工事は、職人さんが違うから。
●この両方の工事を同時進行できないから。
●面積が小さいと割高になるから。

私たちは、ざっくり「工事」と考えがちですが、
実は、工事の内容によって、現場に出入りしている職人さんは異なります。

いくら面積を小さくしても、
別々の職人さんを手配して、工事期間を延ばしていたら、
当然、人件費や手配料がかかります。

また、一般的に工事面積が小さいと、
よく聞く「坪単価」「㎡単価」というのは、上がってしまいます。

建築資材というのは、
材料の販売単位も大きいですから、
どんなに工事を小さくしても、材料のロスが出てきます。

これも、費用に上乗せされます。

自然素材にかけられる予算が限られているなら、
床か壁か、どちらかを選んで、
予算が許す限りの面積で工事してもらった方が、お得です。

壁だけタイプ?

最近は、合板フローリングでも、一見無垢のようなデザインのものがありますね。
クッションフロアなどでも、とってもおしゃれな商品を見かけます。

だから、壁を自然素材にするだけでも、
お部屋はかなりグレードアップすると思います。

塗り壁にすれば、さらに調湿性能もプラスされますので、
見た目も機能も満足な仕上がりになりそうです。

アトピッコハウスでは、3種類の塗り壁を販売しています。
このうち、珪藻土塗り壁「はいから小町」と、
漆喰調の塗り「壁漆喰美人」は、自然素材100%です!

壁だけ自然素材を取り入れる方法を取られる方、
とっても多いですよ。

床だけタイプ?

床だけ自然素材!という方のほとんどは、
無垢フローリングに憧れていらっしゃる方だと思います。

他に、あえて床だけに取り入れるメリットとしては、

ひとつに、床の工事は大変なこと。

入居する前に無垢フローリングにしておけば、
数十年ともちますから、
その後の床のリフォームがいらなくなります。
これは、思っている以上に助かります。

もうひとつ、塗り壁にするより気軽

アトピッコハウスの塗り壁は、硬く仕上がるのでとっても丈夫なのですが、

塗り壁の宿命、
クラックや欠け、拭き掃除が出来ないという点、
これはどうしてもありますので、クロスとは大きく異なる部分です。

壁を汚すってそんなにない事ですから、
そこまで心配することもありませんが、
普通のクロス(ビニールクロス)での生活とは、
少し意識が違ってきます。

これに対して、無垢フローリングは、
普通のフローリング(合板フローリング)と
普段のお手入れという部分で、大差ないと言えます。

新建材での生活に慣れている方がほとんどかと思いますので、
お手入れ、というのは気になる部分ですよね。

床に自然素材をと入れると言う方法、
気持ち的にも、自然に受け入れやすいかと思いますよ。

いかがでしたでしょうか?

どういった取り入れ方が一番いいのか、お分かりいただけましたでしょうか?

考え方のコツは、お金と人の注目することです。

材料を買うお金、工事する人を雇うお金、
仮住まいするお金。

床を工事する人、壁を工事する人は違います。
小さい面積だと、効率が悪くなることもあります。

こういった部分を、ざっくりと理解できていれば、
自然素材を取り入れたいという希望も、
契約している工事業者さんに相談しやすい思いませんか?

どんな方法がご自身にあっているでしょうか。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 取り入れる 方法 | タグ: , , | 自然素材を取り入れる方法 はコメントを受け付けていません。

塗装で考える、床の選び方

投稿日:2016年01月15日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

フローリングの塗装、違いは分かりますか?

すべりにくい床なら、ペットも喜びますね

無垢フローリングの選び方、
色々あるかと思いますが、

大きく分けると、木の種類、塗装の種類だと思います。

木の種類は、
硬さ、やわらかさの好みや、
風合いの好みで選びます。

そして、塗装の種類は、
ライフスタイルに見合っているかどうかで選びます。

アトピッコハウスの無垢フローリング
「ごろ寝フローリング」の塗装の種類は3つ、

無塗装、自然塗装、ペット用UV塗装です。

無塗装は、そのままの意味です。
木の肌がむき出しの状態ですので、
木の持つ本来の温もりを感じられます。

ただ、触り心地は非常に良いのですが、
イメージとしては、保湿をしていないお肌と同じ状態。

大切に使っていくために、
施工後必ずワックスがけをして、表面を守ってあげます。

次に、自然塗装
いわゆるオイル塗装です。

すでに表面が保護されていますので、
施工後のワックス掛けは必要ありません。

オイルですから、強い膜をはることなく、
木の本来の肌触りをしっかりと味わえます。

無垢フローリングの触り心地を好まれる方は、
とても多いですので、

ごろ寝フローリングの樹種のラインナップのほとんどに
自然塗装品のご用意があります。

そして、今回ぜひともお伝えしたいのが、
ペット用UV塗装

UV塗装とは、ウレタン塗装のこと。

ウレタン塗装とは、
一般的な合板フローリングの表面を覆っている、
ペタッとしたコーティングの事です。

無垢の豊かな表情を味わいたいけど、
何かこぼしてシミを作ったり、ペットが粗相をしないか心配…
という方にオススメです。

そして何と言っても、
ごろ寝フローリングのペット用UV塗装は、

わんちゃんが駆け回っても、すべりにくい!

この、「すべりにくい」という特徴をもつ無垢フローリングは
なかなか無いようで、

たくさんの飼い主さんから、お問い合わせを頂いています。

ちなみに、我が社の看板犬くるみちゃんは、
よくずっこけます。

ずっこけ担当くるみちゃん

事務所の床は、年代ものの無垢フローリングです。
長年の摩耗で、表面はツヤツヤしています。

表面に引っかかりがないので、
元気でおてんばなくるみちゃんは、すべってしまうのです。

室内で犬や猫を飼うのが当たり前になっていますが、
お掃除しやすい滑らかな床は、

動物たちの足腰には、負担がかかってしまいます。

家族同然のペットたちが、健やかに過ごせ、
なおかつ、飼い主は無垢の美しい風合いを楽しめるのが
このフローリングなのです。

ちなみに、よくある合板フローリングと比べると、
表面は比較的マットな仕上がりですので、

安っぽいフローリングように
テカッとしたものとはまったく別物です。

現在のバリエーションは5種類。
ホワイトオーク・メープル・ホワイトアッシュ・チェリー・ウォルナットです。

こちらから写真をご覧いただけますが、
色味や風合いは様々ですので、

お好みの樹種がきっとあるはず。

無垢のフローリングにハードルを感じている方も
まだまだ多いようですが、

ライフスタイルに合わせて塗装を選べば、
無理なく取り入れることができるのではないでしょうか?

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗装 床 選び方 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 塗装で考える、床の選び方 はコメントを受け付けていません。

自然な家、選択肢にありますか?

投稿日:2014年06月27日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

「古い家って、何年くらいの家だと思いますか?」

これは私が大学1年生のある日、
ドイツ人の先生が、授業が始まる時にした質問です。

私はそのとき、特に考えずに、
「30年くらい?」と答えました。

でも実はこれは、住文化が国・地域によって
いかに違うかを、端的に表した質問でした。

ヨーロッパなどでは、
200年、300年前に建てられた住宅に住むなんて
珍しくないんですよね。

お恥ずかしながら、ボケっとしておりました。

私がこんな質問を思い出したのは、
先日テレビで洋画を見ていた父の言った、

「西洋の映画って、ぱっと見ただけじゃ
古い映画なのか、新しい映画なのかさっぱりわからないんだよな。
街並みとか建物が、昔も今も変わりないからさ。」

という言葉に、なるほど~と思ったからなのです。

もう一つ、当時この質問で印象に残ったのが、
「古い」という言葉のニュアンスの違いです。

当時、私は「古い」と聞くと、
あちらこちらにガタがきた古い自分の実家を思い浮かべ、
よその新しくてきれいな家を羨ましく思った記憶があり、
マイナスのイメージを持っていました。

ですが、先生は「古い」をプラスと考えているようでした。
歴史的建造物に住むことは、その建物の歴史に自分の歴史を残せるという
誇りのようなものを感じるそうです。

そんな質問のやりとりがあったずっと後に行ったヨーロッパを旅行では、
実際に古い市庁舎で劇を見たり、
中世の城壁を改造したユースホステルに泊まったり等々、
歴史的建造物が、現在も活用されているところを多く見ました。

日本は高温多湿で、木造建築。
どうしても家は傷みますし、
どんなに素晴らしい建築物も何百年ももつようなものではないので、
修復が必要です。

一方、石造りの家は、建築にとても時間がかかるけど、
何世代にも渡って使い続けることが出来ます。

日本のように湿気で劣化することもないので
建てかえるよりも、中味だけ自分仕様にリフォームした方が
全然効率いいですものね。

素材も気候もが違うのだから、
家に対する考え方が違って当然です。

それぞれの考え方、文化のあり方は、自然な流れによるものなのです。

確かに、住文化はそれぞれの気候風土に根付いたものです。

アフリカの雨が降らない地域では、泥土で作った家。
チチカカ湖の上に住む民族は、葦で作った家。
モンゴルの遊牧民は、ゲル。

そして日本は、森に恵まれていたから、木の家。

まさに気候風土、生活スタイルからくる「自然」な流れなのですね。

では今、私たちが家を建てるのに、
この「自然」な家が高くつくのは何故なのでしょう?

戦後の急激な人口増加、資源の減少、
効率化・スピード化を求める便利な社会・・・
理由は他にも沢山あるように思います。

現在の家づくりで提示される選択肢が、
「自然」ではなくなってしまったのは、
現代の、不自然なほどの急激な社会の変化のせいなのかもしれません。

沢山の人がいますから、価値観もそれぞれです。

安くて、住むのに問題がないならそれでいい。
そう考えるなら、業者やハウスメーカーが提示した選択肢で
十分かと思います。

できるなら「自然」でいたい。
そう考えるなら、提示された選択肢からしか選べないのは
悲しいことです。

まるごと自然素材を取り入れたい。
可能な範囲の差額で、一部でも取り入れることができないか。

そんなふうに考える方に、自然な選択肢があってほしい。

こんな考えを礎に、アトピッコハウスで日々働いています。
だから、伝えたいのです。

「自然」のやさしさ、ここにあります!

一人でも多くの方に
アトピッコハウスの考え方、共感してただけたら嬉しいです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然な家 選択肢 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然な家、選択肢にありますか? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー