はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 和室のブログ記事

日本人と和室の関係

投稿日:2017年08月03日 作成者:


今年は酷暑という事でしたが、
どうやらお日様がカンカンな夏ではなく、
湿度と戦う酷暑のようですね。

我が家は数年前、マンションから木造建築の古い家へ
引っ越しました。
引っ越して初めての夏、8月入っても冷房が必要ない…

何故かは不明でしたが、それから毎年夏は冷房を
使用することが少なくなり、冬は極寒のごとく寒い。

しかし、寒い中でストーブにやかんをかけて使用することで
部屋は適度に温まり、乾燥を防いでくれています。

マンション暮らしの時の結露とは無縁の生活です。

何故でしょうか。

その答えは日本の風土に合った木造建築というところに
答えがあるように思えます。

今回は木造建築づくりと和室の関係について考えてみたいと
思います。

日本風土に合った日本建築

日本建築と和室

自然素材の内装メーカー、 アトピッコハウスの小倉です。

欧米では、築100年、300年といった石造りの建物に、
一般家庭が普通に生活をしていたりしますね。

でも日本では、築100年越えしている建築ならば、古民家とされ、
重要文化財に指定されているのも少なくないですね。

では、なぜ耐久年数が違うのかというと、日本の建築物は基本、木造です。
さらに、日本には四季もあり、木造建築は気候の影響を受けやすい。
となると欧米のようにとはいきません。

しかし、欧米と比べて、耐久年数が短い日本の家が悪いというわけではなく、
木と土でできた家は通気性が良く、気温も湿度も高い日本の夏を快適に
過ごすには最適です。

高温多湿という日本の風土は、部屋のしつらえにも影響してると思います。
日本の伝統的な和室にはどんな特徴があるのだろうか。
和室の特徴にこめられた意味とはいったいどんな事なのでしょうか。

和室に見られる日本建築の思い

和室の最大の特徴は、なんと言っても畳ですね。
芯部分はワラを圧縮したものが使われ、表面にはイ草と呼ばれる
植物を編み込んで作られる畳表で作られている物です。

ワラやイグサは湿度の高い季節には水分を吸収し、
乾燥した季節は湿気を放出するため、部屋の湿度を調節する働きがあります。

イ草の香りは日本人にとってはいつの時代も、癒し効果を感じられる、
そんな存在ではないでしょうか。

また、日本建築のもう一つの特徴として柱があります。

日本建築はまず柱を建ててから壁を作る。
欧米のように石を積み重ねて築き上げ、壁で支える家の構造ではなく、
柱を中心に築き上げるのが、日本建築ですね。

特に大切とされるのは、建物の中央で家全体を支える大黒柱。
一家の家長を「大黒柱」とも呼ぶのは、こういったところから
言われています。

また、日本人の身近にある「木材」を建材だけではなく、
装飾的な役割を持たせていることも日本建築の特徴ではないでしょうか。

和室の襖や障子は「木材」を基本に作り、内側を紙で作る。
吸湿性の高さはもちろん、軽量なので隣の部屋との仕切りの取り外しが簡単で、
空間の広さを変えるのが容易なのも特長です。

そうした合理性も考えてつくられているのが日本建築であり、
故人のへこめられた思いではないでしょうか。

床の間のしつらえの意味

和室には欠かせないのが床の間。

和室の特徴は寝室でもどこでも同じだが、昔から意匠が凝らされてきた
のは客間ですね。客間は居間や寝室から遠く、生活から切り離された位置に
設けられる場合が多いです。

特別な空間という位置付の和室には様々な工夫がなされていました。

床の間もその一つですね。

その昔は身分の高い人が座る場所を示すためのものでした。
よく、時代劇の中で「殿」は一段高く座っていますよね。
床の間にせを向けることは、身分の高い人という意味でした。

時代の変化とともに床の間を設ける事は、自分の大切なお客様を
迎えるためのしつらえとして、一般家庭にも普及してきましたが、
ここ最近の家には床の間は少なくなってしまいましたね。

和室のタイプ

「和室」と言っても、タイプによって「真」「行」「草」と区別されています。

「真」の和室とは、「書院造」が基本。
これは、厳格な決まりにのっとって建てられた、格調高い和室です。
主に武家の客間として使用されていたようです。

「草」の和室には遊び心が盛り込まれており、床柱の意匠が面白かったり、
天井に竹が使われていたりする。
これは最近の和室のしつらえにも見られますね。

詫び寂びなどの趣を大切にする茶の席では、
こちらが好まれていたようです。

そして、「行」は「真」と「草」の真ん中でしょうか。

両者の良いとこ取りというところではありますが、昭和の家などは、
「真」の決まりを入れつつ床柱に模様を入れてみたり、
丸柱を使用したりといった床の間を見ることが出来ました。

現代の生活スタイルに合うデザインの畳

現代の生活スタイルでは和室というものは本当に必要か
どうか?考えてしまいがちですが、ちょっとした和室の要素を
取り入れる事は可能です。

本格的な和室客間を設けるには
十分な広さが無いけれども、生活空間のところどころに
和室の利点を取り入れられるよう、様々な工夫がなされています。

最近では洋間に合うようなフチなしの畳や、色を付けた畳なども
ありますので、選び方で取り入れる事は出来ますね。

家づくりをするときに、「和室どうしよう?」と頭をよぎる事は
皆さんあるはずです。

畳には調湿効果もあれば癒し効果もあります。

日本人の家づくり。
せっかくだから、日本人のエッセンスは忘れたくないですよね。

いかがでしたか

日本建築は日本の風土に合わせて作られてきました。
和室も私たちのご先祖様の知恵が生み出したものです。

これからも受け継いでいきたい日本の宝ですね。

当社にもイ草の香り豊かな「ほんものたたみ」があります。
国産の「ほんものたたみ」は仕上がりも香も異なります。
家づくりの際はぜひお試しくださいね。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 日本 和室 | タグ: , | 日本人と和室の関係 はコメントを受け付けていません。

和室の魅力、畳の良さ

投稿日:2016年08月29日 作成者:


家を新築するときやマンションを購入するとき、
「畳の部屋を作るか」「和室のあるマンションにするか」
ということを考える機会があるかと思います。

ここ20年で畳表の国内需要は3分の1まで減少し、
い生産農家は10年前から約半分にまで減り
畳店の数も同様に、約半分になってしまったといいます。

これほど畳離れが進んでいるのは、
住まいの洋風化が定着したことで
物心ついたころには和室がなかった世代が
家づくりの中心となり、畳の部屋の魅力を
感じにくくなっているせいもあるのかもしれません。

そこで、今回は和室がどんなシーンで活躍するのか
どんな「魅力」があるのかをご紹介します。

畳の部屋の最大の魅力は柔軟性

畳の部屋はあらゆるシーンに柔軟に使える

アトピッコハウス㈱、名古屋出身・スタッフの平野 亜矢子です。

お盆に実家に帰省してきました。
実家には畳敷きの和室があるのですが
私が帰るときはそこに布団を敷いて寝室になります。

でも、私が帰省するときは必ずと言っていいほど
姉一家も実家に来ます。

すると、人数が一気に増えるので、
普段両親二人の食卓では当然足らないので
折り畳みのちゃぶ台が登場し、
食卓からあぶれた人はそちらで食事をとります

そして食事がすむとちゃぶ台はササっと片付けられ、
子供たちのプレイルームに変身。

子供たちが遊んでいる横では
洗濯物を畳んだり、アイロンをかける女性陣。
父は碁盤を前に、一人囲碁に興じる
遊び疲れた子供たちはゴロゴロとごろ寝

これは、家の中では靴を脱いで過ごす
日本人ならではの感性かなと思うのですが

スリッパで過ごすことの多いフローリングの上では
洗濯物を畳んだり、ゴロゴロしたり、子供をじかに
床の上で遊ばせたりするのはどこか躊躇してしまったり
しっくりこないことが多いですが、

畳敷きの和室なら気兼ねなくできるのが魅力です。

どんな使用用途にも柔軟に対応できるということは
1部屋分で、2部屋、3部屋あるのと同じだけの価値と言えますね。

和室は大人数の来客に大活躍

特に、来客時の食事のときには、
和室は大活躍します。

フローリングの部屋でダイニングテーブルの生活だと
大人数の来客のときに椅子の数を考えなければいけません。

先日我が家に大勢の来客があったときも
ダイニングの椅子が一つ足りず、
仕方なく私は「苦肉の策」で
折り畳みの踏み台を椅子代わりにしました。

来客のことを考えて
椅子をたくさん用意しておくのも
あまり現実的とはいえません。

その点、畳の部屋で床に座って
食事をいただくスタイルなら
人数が増えたら詰めて座ってもらえばよく、
お鍋やすき焼きなど、皆で囲んで食すスタイルにも
容易に対応できるのも、大きな魅力の1つです。

ダイニングテーブルより、大人数に柔軟に対応できる!

少しギュウギュウしながら食卓を囲むのも
距離が縮まって楽しいものですよね!

畳は夏涼しく、冬暖かいからゴロゴロできる

フローリングの部屋ではやりづらく、
畳の部屋では心置きなくできることといえば
何も敷かないでゴロ~ンとできること。

畳表に使われるいぐさの良い香りがある事ももちろん、
稲わらを重ねて作る畳床のクッション性のおかげで
布団がなくてもフカフカしているから
ゴロゴロとできてしまうんですね。

それに畳は稲わらで編んだムシロを
何層にも重ねて作るので、空気をたくさん含みます。
熱を伝えにくい空気がたくさんあることで、

断熱性・保温性がはたらき、
外気温に左右されず、

冬は暖かく、夏は涼しく
過ごすことができます。

調湿性もあるので、空気中の湿気を調整することで
体感温度を快適に保つ働きもあるので、
どの季節でも気持ちよく過ごせるのはとても魅力的です。

赤ちゃんや高齢者にも優しい和室

だから、小さなお子さんや赤ちゃんのいるご家庭や
ご高齢の親御さんとの同居を考えている方には
畳敷きの和室はお勧めです。

フローリングやクッションフロアのように
冬ヒヤッとすることもないし、
たとえ転んだりしてしまっても、
クッション性のおかげでダメージを
最小限に抑えることができます。

赤ちゃんにも高齢者にも優しい畳

遊び疲れた赤ちゃんがそのまま寝入ってしまっても
フローリングやクッションフロアの上で寝てしまうより
よっぽど気持ちが良いと思います。

高齢者の方にも、馴染みのある和室なら
快適に過ごしてもらえるはずです。

畳の部屋は和のお稽古事もどんとこい!

鎌倉に住んでいると、寺社仏閣が多いからか
普通に歩いていても、和の雰囲気を感じます。

そんな中でも、数年前から若い女性たちが
思い思いの着物を身に付けて歩いているのを
とてもよく見かけるようになったと思います。

花火大会といえば浴衣を着たカップルや
女性たちも増えているように思います。

世の中まだまだ「和ブーム」が続いているようです。

和室があれば、着付けも書道も茶道もお稽古し放題。

着物だけでなく、書道、生け花、茶道、和楽器、
囲碁に将棋、日本舞踊など
和のお稽古事も以前よりも身近になっているようです。

和室が一つあれば、自宅でも和のお稽古の
おさらいや練習が思う存分できてしまうという
魅力的な環境が整います。

和室の良さを最大限楽しむために「本物の畳」を

いかがでしたか?

和室の魅力をお分かりいただけだでしょうか。

けれど、畳の香りやクッション性、
保温性や断熱性を最大限に楽しもうと思ったら、
本物の畳を選ぶ必要があります。

現在出回っている畳のほとんどは、
発泡スチロールでできた畳床に、
青い着色料で染めた、中国産いぐさの畳表で
できたものです。

それでは安心してゴロゴロするのもためらうし、
何しろ良さを最大限に味わえません。

アトピッコハウスの「ほんものたたみ」は
国産のいぐさを「天然泥染」した畳表に、
国産の稲わら100%でできた畳床、純綿のヘリ。

殺虫剤や防カビ剤を使わない代わりに
抗菌性の高い天然の麻シートがその役割を
になっています。

その魅力は全て本物、ということ。

それがアトピッコハウスの自信作、
ほんものたたみです。

資料請求は、こちら

せっかく貴重な和室を作るなら
そこに敷く畳も、ぜひ本物で仕上げて下さいね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 和室 魅力 | タグ: , | 和室の魅力、畳の良さ はコメントを受け付けていません。

自然素材の塗り壁、メリットとデメリット

投稿日:2016年01月26日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

自然素材ならではのメリットがあります。

自然素材ならではのメリットがあります

塗り壁のメリットは何ですか?
こんなお問い合わせをいただきました。

塗り壁、最近よく聞きますよね。

塗り壁にどんなイメージを持ちますか?
いいイメージでしょうか。
悪いイメージでしょうか。

わたしが子供の頃に住んでいた家は
和室が塗り壁でした。

緑と灰色を混ぜたような色の砂壁で
落ち着いた感じの雰囲気

当時は“落ち着いた”ものの良さがわからず
古臭いなあと思っていました。
他の部屋のビニールクロスの壁の方が
かっこいいとすら思っていたのです。

あれから20年

レトロという言葉を知ったり
伝統的なものに惹かれたり

今や、塗り壁=おしゃれ、かっこいい、高級感がある、
と、プラスのイメージを持つようになりました。

塗り壁とは、
ずばりそのまま
塗り壁の材料で仕上げた壁です。

砂や土や泥などの自然素材を用いて
古くから日本の住宅によく使われてきました。

聚楽漆喰などの歴史があるものから、
セメントに水と砂を混ぜたセメントモルタル
粉末の鉱物で作るプラスター
植物の化石を主原料とした珪藻土など

様々な種類が出ており
見た目や強度、性能、予算に合わせて選ぶことが出来ます。

塗り壁のメリット
まずは見た目の良さでしょうか。

塗り壁は左官職人がコテを使って塗る伝統的な工法です。

職人が塗りながら仕上げていくので
いわば、手作りの1点ものの壁です。

工場で作られたものを貼るクロスの壁とちがい

左官職人の技によって
継ぎ目のない一体感のある壁面を作ることができます。

部屋の壁一面に統一感が生まれ
それはまるで一枚の作品のようでもあります。

見た目だけではありません。
機能面でも
塗り壁を選ぶメリットは沢山あります。

まず、塗り壁には耐火性があります。

天然の土や砂、泥などを主な原料とするために燃えにくいのです。
漆喰は武家屋敷に広く使われましたが
その優れた耐火性が武士に好まれた理由の一つだったのです。

そして、調湿性能が優れています。

自然素材を使った塗り壁ならではの特徴です。
湿度が高くジメジメとしているときは
塗り壁が湿気を吸い

反対に
湿度が低く乾燥したときは
湿気を吐き出し

部屋の湿度を快適に保つよう
コントロールしてくれるのです。

寒い今の季節は暖房による結露が気になりますが
調湿性能のある塗り壁を使えば
結露対策にもなります。

湿度をコントロールすることは
カビやダニの発生条件を減らすことにもつながります。

四季があって、湿度も高い日本の家に
身近な自然素材を用いた塗り壁は
ピッタリなのです。

そして、わたしが塗り壁の一番のメリットだと思うことは

なんとなく気持ちがいい、なんとなく空気がおいしい
ということ。

具体的な言葉にも数値にも出来ないのですが

自然素材の壁に囲まれていると
ビニールクロスの部屋にはない
心地よさを感じるのです。

天然の成分を浴びられるからか

昔から人間が付き合ってきた
自然の素材に感じる安心感からかもしれません。

見た目よし、中身の機能面もよし!の塗り壁

しかし、メリットがあればデメリットもあります。

塗り壁に関するお問い合わせで多いのが、
ボロボロ崩れませんか?
メンテナンスは大変ですか?
というもの。

長い歴史がある塗り壁
今はボロボロと崩れにくいものも出ていますし、
メンテナンスは驚くほど簡単です。

塗り壁は拭き掃除が出来ませんが、
静電気が発生しません。
そのため、ホコリや油などの汚れを、そもそも寄せ付けにくいのです。

最近人気の塗り壁、価格帯もピンキリですが

自分が重視するメリットを叶えられる
塗り壁を選びたいですね。

アトピッコハウスの
はいから小町漆喰美人
ボロボロと崩れにくいように開発した塗り壁です。

資料請求は、こちら

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 メリット | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材の塗り壁、メリットとデメリット はコメントを受け付けていません。

塗り壁のリフォーム

投稿日:2015年11月17日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの尾崎奈苗です。

砂壁からのリフォームは大変です

世界に一つの塗り壁

アトピッコハウスには、毎日たくさんのご質問が届きます。
その中でも最近よくあるのが、

「砂壁の上に珪藻土や漆喰を塗れますか?」

というものです。

ご自分で塗り壁を施工したいけれども
どうやって施工すればいいのでしょう、という内容です。

砂壁は、日本古来の代表的な壁であり、
昔の家にはよく使われていました。

断熱性、調湿性にもわりと優れているので昔は重宝されましたが、
砂壁は、触るとザラザラしていて痛いし

こするとボロボロと止めどなく砂が落ちてきて掃除も大変なので、
最近の新しい家ではほとんど見られなくなりました。

私が小さいころに住んでいた家の和室も砂壁で、
あのザラザラ感はよく覚えています。

よく手の甲をこすってかすり傷を作ったり、
ハンガーにかけていたコートに砂がついてしまったりと、

あまり良い思い出がありません。

最近は、家のリフォームのついでに
砂壁をクロスや他の塗り壁に変えたい…と考える人が多いようです。

近頃のDIYブームに乗り、
砂壁の上にも直接自分で塗れるような塗料は
ホームセンターなどで手に入ります。

実際、サイトなどで調べてみても、
ご自分で砂壁をリフォームした!
という方のブログが多く見つかります。

ただ、アトピッコハウスの商品は、
DIYの観点から見ると、難易度は高いです。

砂壁も基本的に
削り落としてからの施工をお勧めしています。

当社の塗り壁は粉と水を合わせて施工するのですが、
塗ったあとに水分が蒸発すると、
粉が砂と一緒に
ボロボロ崩れてくる可能性があるのです。

砂壁を削り落とす費用を削減しても、
せっかく塗ったはいから小町漆喰美人がはがれてきてしまっては
逆に余計な出費となってしまいます。

ご自分で砂壁を削り落とす作業は、
とても大変です。

うまく削れない部分もありますし、
部屋中、いや家中が砂埃だらけになりますし、

削り落とすだけでなく、
メッシュテープを貼ったり、
下塗りの作業もあります。

ご希望の塗り壁を施工する前の段階で
嫌気がさしてしまっては、
せっかくの夢のリフォームが台無しです。

どうしてもご自分で塗りたい!という方は、
せめて、
下地処理の段階までは
プロにお任せすることをお勧めします。

難しいところはプロに依頼したほうが
理想的なリフォームが望めるし、
最終的に気持ちの良い結果が得られると思います。

既存の壁の状態によって
下処理の方法も異なってきますので、

リフォームをお考えの方は、
一度施工要領書をお読みの上、
業者さんとご相談してみてくださいね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 リフォーム | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 塗り壁のリフォーム はコメントを受け付けていません。

自然素材は、じぶんのために。

投稿日:2015年10月20日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの尾崎奈苗です。

褒めてもらうための自然素材?

自然素材はきもちい

突然ですが、
周りの評価をもらうだけのために、何かをすることってありますよね。
本当はあまり良くないことなのですが。

自分のためというより、
誰かに「すごい!」と言ってもらおうとすることで、
嫌なことも頑張れたりします。

先日、釣りに出かけた子供が、
アジ5匹と、
それだけで充分なのに、
ついでにサメも釣ってきました((+_+))

トチザメは目が怖い

そもそも魚自体さばくのがあまり得意でない私は、
なぜサメなんて持って帰ってくるの…と完全にブルー。

でも、当日中に捌かないと
サメ特有のアンモニア臭で大変なことになると言われるし、
帰ってきたのがすでに夜の9時近くだし、

誰にも助けてもらえそうにないので、
仕方なく自力で捌くことにしました。

もしかしてSNSがなかったら、
そのまま諦めていたかもしれません。

でも、SNSにサメの写真をあげることによって
友人からも励まされ、
大騒ぎしながらも捌いた写真をあげると
また褒めてもらえて、

誰かからの評価を得ることで、
頑張って捌いてよかった、と思えたのです。

サメさばきました

捌いているときの状況はだいぶグロテスクでしたので割愛しますが、
無事、煮付けに変身させることができ、
しかも、思っていたよりもずっと美味しくて、

子供たちは、アジフライには目もくれずに
サメの煮付けをつついておりました。

美味しそうですが、サメです。

さて、何が言いたいかといいますと、
私はサメを食べたかったのではなく
まわりに評価してもらうために捌いたといっても過言ではないのです。

ところで、家づくりに置き換えるとどうでしょう

新築の家が完成し、
あるいはリフォームが完成し、
友人を招くことがあると思います。

その時に、「広い!」とか、
「きれい!」とか、
「かっこいい!」とか、
そんなような褒め言葉を言われることが多いでしょう。

でも、あまり建築に興味がない人は、
床の材質とか、壁のクロスにまでは
目がいかないと思います

もし、少し値が張るけれど頑張って無垢フローリングにしたとして、
それに気づいてもらえなかったら、ちょっと寂しいですか?

「和室があるんだね、いいねー」だけではなく、
「この畳、もしかして本物のイグサで作ってるんじゃない?」って
言ってほしいと思っていますか?

多分、答えはYes、だと思います。

だけど、もしお客さんに気づいてもらえなくても、
住んでいるのは、貴方です。

毎日、その自然素材の気持ちよさを独占しているのは、
住んでいる人。
住んでいる人が気持ちいいと思えるだけで、
充分、自然素材を取り入れた価値はあるのです。

今の新建材は技術が発達しているので
ぱっと見には、自然素材と見紛うことがあります。

でも、使う人にとっては絶対、違いが手に取るように分かるし、
10年、20年経ったときに、
味のある「経年変化」なのか、
ただの「劣化」
なのかは一目瞭然。

ごろ寝フローリングは上面がめくれたりしないし
冬でもヒヤッとせず、温かみがあります。
すっぴんクロスは多少の衝撃では破けませんし
ビニールとは全く違う、布本来の柔らかみがあります。
ほんものたたみは、何ともいえないイグサの香りを楽しめます。

自分にしか分からなくてもいい。
自然素材にしか持ちようのない、温もりや快適さ。
これは、新建材の家では手に入れることができません。

自然素材で作った家は、
一生分の宝物になることと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 じぶんのため | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材は、じぶんのために。 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー