はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 塗り方のブログ記事

珪藻土の塗り方で、注意すべき点

投稿日:2017年08月21日 作成者:


珪藻土塗り壁は、比較的簡単な塗り壁材の
部類に入ると思います。

しかし、最近はDIY向きに開発された商品も多いので、
性能重視なのか、施工性重視なのかによって、

製品の選択肢も変わります。

また、かける予算によっても、選択肢が変わると思います。
ここでは、標準的な塗り方の手順に関して、解説してみたいと思います。

仕上げパターンは、比較的自由

珪藻土の塗り方

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
珪藻土の塗り壁材は、比較的、自由に
仕上げパターンを付けることが出来ます。

逆に、フラットかと平滑といったペタッとした仕上げは
得意としていません。

コテやハケといった塗り壁工事に使われる
普通の道具で、色々な「模様」が付けられる訳です。

塗り壁工事において、仕上げ塗りは、一番のハイライトですが、
ここは技術とセンスが要求されますし、

好みに大きく左右されますので、DIYをやる場合で、
ある程度技術力もあるのなら、

好みの仕上げパターンを付けられると思います。

また、プロに依頼する場合は、施工日に現場に立ち会い、
テスト塗りしてもらい、パターンを確認することと間違いないと思います。

まずは、下準備が大変

塗り壁工事というと、仕上げパターンを付ける部分を
想像しがちですが、

実は、下準備と、後片付けといった地味な作業が
結構大切です。

また、別の職種の工事業者の方が入っていると、
塗り壁の工事ができないので、工程管理も重要です。

養生、マスキング、下塗り

まずは、床とか、柱とか、扉とか、
珪藻土を塗る場所以外を汚さないよう、

カバーします。
このことを「養生」といいます。

そして、次に、壁の周辺部とか、建具廻りといった
見切り箇所にマスキングをして行きます。

この時、仕上げ材の「塗り厚」分だけ、
下地から離して、マスキングテープを貼っていきます。

このマスキングテープは、仕上げ材を塗ったら、
直ぐに剥がしますが、周辺部を綺麗に仕上げようと
思うと、欠かせない作業です。

追っかけ2度塗りがお勧め

いよいよ、珪藻土の塗り方の話ですが、
珪藻土を一発で塗って仕上げようと考えるのではなく、

1壁ごとに、まずは、全体に薄く塗っておいて、
その後、既定の厚みに塗り重ねながら、

パターンを付けて行くというのが、良いように思います。
これを「追っかけ2度塗り」といいますが、

プロの塗り壁職人さんなら、普通にやっている
作業です。

この方が、確実に、綺麗に仕上がります。

マスキングの除去、清掃

珪藻土の塗り方の最終段階が、不要になった
マスキングテープを除去し、

周辺部を整えることです。

コテで押さえて行く場合もありますし、ハケに水を含ませて、
整えていく場合もあります。

そこまでが、珪藻土を塗る手順です。

その後は、珪藻土が乾いたら、床とか、建具といった、
汚れ防止のために「養生」したものを

撤去して、清掃すれば、珪藻土塗り壁の完成です。

いかがでしょうか?

珪藻土の塗り方がご理解頂けたでしょうか?
これは、珪藻土の塗り方に限らず、

塗り壁材全般に共通することです。

ただし、珪藻土に限らず、塗り壁材の種類によっては、
仕上げパターンが付けられない製品というのもあるので、

どんな仕上げが出来るか確認した上で、製品選びをされる
ことをお勧め致します。

また、調湿性能等の性能を重視して、
珪藻土を選択されるとしたら、

プロ用の製品を選んで、プロに工事を依頼した方が、
間違いがないと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 珪藻土 塗り方 | タグ: , | 珪藻土の塗り方で、注意すべき点 はコメントを受け付けていません。

漆喰の塗り方を学んでも塗れない

投稿日:2017年03月15日 作成者:


漆喰をDIYしたいということで、
塗り方のお問い合わせを頂くこともありますが、

本物の漆喰の塗り方を学んでも、
素人の方が、簡単にDIY施工できるようなものでは
ありません。

では、漆喰の塗り方とは、どんなものでしょうか?

本物の漆喰は、素人には塗れない

漆喰は、施工が難しい

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
原料の意味で言うと、本物の漆喰は、
消石灰に糊などを加えたものです。

下地を含めて、漆喰と考えている人も
多いと思いますが、

漆喰とは、土壁の上に塗られた
白い「仕上げ材」です。

大した厚みは、ありません。

しかも、平滑な下地を作らないと、
平滑に仕上がらないし、

漆喰調と呼ばれる平滑(フラット)な仕上がりに
しようと思うと、

ちょっと塗り方を学んだ程度では、
上手く仕上がりません。

問題は塗り方ではなく、施工の技術の問題なのです。

塗れないのは、技術的な問題

素人には、この平滑に仕上げるというのが
とても難しいので、

もし、平滑に仕上げたいなら、
塗り方を学ぶよりも、

プロに工事を依頼した方がいいと思います。

本物の漆喰は、DIYで施工できるほど、
簡単な素材ではありません。

もし、仕上がりの品質は兎も角、
本物の漆喰が塗りたいという場合は、

大らかに取り組めば、多少ヘタクソに
仕上がっても、「味」だと思えるし、「思い出」だと
思えると思います。

しかし、もし、それなりの仕上がりを期待するのであれば、
素人では、無理だと思います。

と言うのも、いくら塗り方を学んでも、
平滑とかフラットと呼ばれるレベルにしようと思うと、
技術力が必要だし、腕がよくないと、

無理だからです。

養生や下準備は解説出来ても、
コテの動かし方などは、

実際にコツを掴まない限りは、
右利きの人は、左の上隅から塗り始めてください
といった程度のことしか言えないし、

さっと全体に軽く塗って、その後仕上げてください
といった程度のことしか言えません。

漆喰を塗りたいなら、漆喰風

もし、DIY施工で、漆喰を塗りたいのであれば、
本漆喰の塗り方を学ぶのではなく、

漆喰調の塗り壁を塗ればいいと思います。

漆喰調に仕上がる塗り壁の方が、
本物の漆喰よりも、施工が簡単です。

漆喰の扱い難さが解消されていますから、
施工も簡単で、それなりの仕上がりにも
なると思います。

そして、漆喰調の塗り壁を施工する場合でも、
本漆喰を仕上げる時のように、

平滑とかフラットという仕上げを希望しない方が
いいと思います。

多少「コテ跡」は残ってもいいとか、
はっきりとした仕上げパターンをつけると、
決めておいた方が、

工事が簡単です。

そもそも漆喰に何を求めるか

漆喰の塗り方を学ぶ前に、
そもそも漆喰に何を求めているのかを
考えた方がいいと思います。

本物の漆喰であることが重要なのか、
漆喰風の壁に仕上がることが重要なのか?

そして、漆喰の塗り方を学んで、
自分で塗ることに、意味があるのか?

等といった問題です。

もし、消石灰を原料とした「本物の漆喰」である必要がない
のであれば、

もっとお手軽に、漆喰風に仕上がる塗り壁にされた
方が、いいように思います。

昔の漆喰と今の漆喰は違う

本物の漆喰は、消石灰を原料とした「白い壁」ですが、
表面に塗られている部分は、1mm、2mm程度の
厚さしかありません。

現代の漆喰調塗り壁も、表面の仕上げという意味では、
やはり本物の漆喰同様に、

1mm、2mmの塗り厚です。

しかし、昔の漆喰と、今の漆喰は、
根本的に下地が違います。

昔の漆喰の下地は、厚みが15cmも、20cmもある
土壁でした。

しかし、今の漆喰は、下地が石膏ボードです。
つまり、調湿性能がないので、

本物の漆喰を塗る場合でも、
現代は、下地が石膏ボードになるので、
調湿性能は期待できないのです。

もし、調湿性能を期待して、漆喰を塗りたいというのなら、
現代の漆喰調塗り壁の方がいいと思います。

いかがでしょうか?

漆喰の塗り方を学ぶといっても、
本物の漆喰を塗りたいのか、漆喰調の塗り壁でいいのか、
それによって選択肢が変わると
ご理解頂けたでしょうか?

本物の漆喰の施工は難しいです。

目的にもよりますが、漆喰の塗り方を
学ぶよりも、プロに工事を依頼した方が
いいと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 漆喰 塗り方 | タグ: , | 漆喰の塗り方を学んでも塗れない はコメントを受け付けていません。

塗り壁は下地処理が命です!

投稿日:2014年08月01日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

塗り壁もお化粧も、下地が大事!!

塗り壁のDIY、綺麗に仕上がると嬉しいですね!

女性の皆様。
夏のお化粧崩れ、嫌になっちゃいますね。

私は、毎朝のお化粧タイムがとっても大好きなのですが、
こんな工夫で夏を乗り切っています。

●夏のトラブル、その1
暑い朝、化粧をしているそばから、汗をかいて浮いてしまう。

⇒化粧前に冷たい水で何度も洗顔して、一時的に汗を止める!

●夏のトラブル、その2
日中、汗や皮脂でファンデーションの崩れが気になる。

⇒基礎化粧、化粧下地、ファンデーション…etc.の各工程の間に時間を置き、
それぞれがよく肌になじんでから、次を塗ると、
もちがとっても良くなります!

●夏のトラブル、その3
せっかく描いた眉が汗で消えてしまう。
アイラインが汗でにじんで、目の下が黒ずんでしまう。
(これ、困りますよね~)

⇒眉を描いた上から、お粉をはたく!
アイラインを描いた上から、アイシャドウをのせる!

などなど、汗っかきの私にはつらい夏、
自分なりに雑誌やテレビ、友人の口コミや
デパートの販売員さんのお話を参考に編み出した工夫で、
なんとかやりすごしている次第でございます。

※素人の個人的な解決法なので、効果は保証しかねてしまいます!!
どうか、ご参考程度に・・・。

ここで何を一番お伝えしたかったと申しますと、
お化粧は下地がとっても大事!ということです。

化粧崩れは、汗や皮脂が主な原因。

基礎化粧でお肌の調子を整えることで、皮脂のバランスが改善されます。

その次から続く下地、ファンデーション等の間に時間を置くのは、
それぞれがなじむことが大事だからだそうです。
なじむ前に上から塗ってしまうと、成分が混ざったりして
それぞれのもつ効果が薄れてしまうと聞いたことがあります。

最初に、ひとつひとつの工程を丁寧にやれば、
簡単な化粧直しで一日快適に過ごせるものだなあ、と実感しております。

下地が大事。

壁のDIYをご希望の皆様、
塗り壁も下地処理がとっても大事なのです。

アトピッコハウスの塗り壁材でDIYができる商品は、
はいから小町漆喰美人です。

どちらも調湿性能にすぐれた、自慢の商品です。

施工要領書にのっとって、丁寧に仕上げていただければ、
どなたにもDIYできる商品です。
作業手順も他社の塗り壁材と大きく違うことはありません。

仕上りについては技術的なことなので、もし塗り方に思うところがあっても、
ご自身の手仕事の成果、という納得の仕方がございます。
個人的には、その手仕事感が逆に素敵だと思います。

ですが、「色ムラ」が発生した場合は、
何故?原因は何?と驚かれれてしまうことが多いようです。

それは、ひとえに下地処理の重要性が
周知されていないことにあるように思います。

そのような事態にならないために、ご説明させていただきます。

不十分な下地処理、アク、撹拌不足などによって発生する「色ムラ」。
アトピッコハウスの商品に限らず、どの塗り壁材にも言えることなのですが、
前述の原因によることが多いようです。

●不十分な下地処理
均一な仕上りは、均一な下地あってこそ。
凹凸や段差がある上に塗ると、塗り厚が変わってしまい、乾燥時間にムラができます。
均一な乾燥の仕方ができなかった場合、色ムラとなることがあります。

⇒かならず下地は平坦にしましょう!

●アク
古いプラスターボードやビニールクロス、ベニヤ板などは、
水分を与えると汚れやアクが出てきます。
塗り壁を施工する時の水分でアクがにじみ出てきて、色ムラの原因となります。

⇒下塗革命をしっかり塗りましょう!
ハッピーシーラーの場合は、バッシャバシャと大量に塗ってください!
アクの戻りが無いかを確認できて初めて、下地処理ができているのです。

●撹拌不足
下地処理の他に、塗り壁材の撹拌不足も挙げられます。

⇒はいから小町も漆喰美人も、かならず2度練ってください!
一度撹拌し、よく馴染ませてから再度撹拌することで、
軟度が安定し、均一な仕上りとなります。

これらの処理を、必ずしっかり行いましょう!!

詳しい施工方法は、こちらで紹介しています。

また、下地材を同社製品のものにすることも大事です。
同じ目的を持って、相性を確かめて開発された商品ですので、
どうかセットとお考えください。

塗り壁のDIYと聞くと、コテ処理、上手く出来るかな~と心配します。
コテ処理なら、やっていけば慣れていくものです!

大事なのは、下地処理です!

せっかく上手にできたコテ処理も、下地処理次第では台無しになります!

しつこいですがもう一度、
下地処理、とっても大事なのですよ~!!

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 下地処理 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 塗り壁は下地処理が命です! はコメントを受け付けていません。

珪藻土の塗り方体験やってます

投稿日:2013年05月28日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス(株)、スタッフの山口です。

珪藻土の塗り壁を自分たちで塗ってみたいけど、塗り方がわからない。

そんな声を聞いて、定期的に開催してきた珪藻土の塗り方体験が
バージョンアップしましたよ~。

塗り壁 DIY
(*注 写真は、以前の珪藻土塗り方体験の様子です)

珪藻土塗り壁「はいから小町」はもちろん、漆喰調の塗り壁「漆喰美人」の基礎知識、
下地から仕上げの塗り方まで、楽しく、しっかり学べる3回シリーズになりました。

・既に仕事をリタイアされたご主人が、本格的にDIYに挑戦したいと
思っている!
・家族みんなで珪藻土を塗ってみたい!

参加理由は、なんでもOKです。(笑)

なんといっても、塗り方体験のタイトルが
「ぶきっちょさんの塗り壁教室」ですから、
どなたでも、安心してご参加くださいね。

詳しい内容や日程、お申し込みは、
こちらからお願いします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

資料のご請求は、こちらです

カテゴリー: 珪藻土 塗り方 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 珪藻土の塗り方体験やってます はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー