はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 天然のブログ記事

自然素材、安いと高いその差は?

投稿日:2016年01月28日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

安すぎるものにはご用心

安いものは「なぜ安いのか?」を考えてみる必要がありそうです

冷凍食材の横流し事件がいま
大きな問題になっています。

大手外食チェーンが廃棄を依頼した
冷凍食材が横流しされ、
弁当店の弁当やスーパーの惣菜として
利用されていたというのが、事件の概要。

消費期限が過ぎているとか、異物が混入している可能性があって
本来廃棄されるべきものが「消費者の知らぬ間に」
流通していたなんて、あってはならないことです。

ある友人は、以前からご主人に
「安い弁当は絶対に買うな。
その安さには理由があるはずだから」
と言われていたそうですが、
今回の事件で、そのことに合点がいった
と話してくれました。

安い物には必ず理由があります。

安く提供するために、どこかで必ず
コストを削っているはずだからです。

テレビなんかでよく「赤字覚悟ですよ~」
と言っている飲食店なんかを見ますが
商売はボランティアでやっている訳ではないので
どこかで必ず採算が取れるようになっているはずです。

今回の横流し食材の事件では、
仕入れたお弁当屋さんや惣菜屋さんは
材料の仕入れの価格を削ることで
安い弁当や総菜を作っていたということになる。

正直なところ、お弁当屋さんやお惣菜屋さんも
「安いものがほしい」という消費者の過剰なニーズがあって
こういう商品に手を出さざるを得ないという背景が
あるようです。

建材も例外ではありません。
もちろん自然素材の内装材もです。

自然素材に粗悪品なんてあるのだろうか?
という疑問もあると思います。

例えば、珪藻土の塗り壁

珪藻土はそれ自身だけでは固まらないので、
多くの商品は石灰や接着剤が混ぜられています。
珪藻土自体を数%しか混ぜていない
粗悪品も売られているようです。

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁はいから小町
100%自然素材でできていて、
珪藻土含有率は体積比で40%もの量です。

固めるために使っているのは、
お豆腐を固めるのにも使われる「にがり」。
安心の材料であると同時に、調湿性のカギである
「珪藻土の穴」を潰すことなく固められるので、
高い調湿性を発揮できるのです。

資料請求は、こちら

の場合はどうでしょうか。

今流通している畳の約8割は中国産イグサを使っています。
大量の農薬もですが、畳表を青く見せるために
化学染料で染められているものがほとんど。
粗悪品も化学染料によって「上級品」に
化けているものも多いのです。

アトピッコハウスのほんものたたみ
熊本産天然イグサ100%の畳表を
昔ながらの「天然泥染め」にしています。
ワラ床に使う稲わらは、100%国産のものを
丸1年もかけて「自然乾燥」させており
それによって程よいコシと弾力が生まれています。

資料請求は、こちら

また、無垢フローリングも同様です。

「無垢であれば、全部一緒」と
思っている方もいらっしゃいますが、
産地、樹齢、乾燥、加工、塗装、そして等級などによって
品質が全く違います。

粗悪なものは反りや割れがそこかしこに
発生するものがあります。

アトピッコハウスのごろ寝フローリング
完全乾燥させた上で加工しているので、
施工後に酷く収縮するということがありません。

使えない部分がほぼないので、
ロスがほとんど発生しません。

資料請求は、こちら

「粗悪品」と言われるものは
原材料、時間、手間のどれか、
あるいは全てを、必ず切り詰めています。

アトピッコハウスへのお問合せでも
「できるだけ安いものを」
「安くて良い商品を」
と、価格に関するご要望が多いのは事実です。

私も、一消費者としてよく理解できる心情です。

けれど、予算ばかりを重視するあまり
価格一辺倒になってしまうと、
粗悪品を掴まされてしまうかもしれないという
リスクをはらんでいることも
頭の片隅に置いておいて下さい。

本当に品質の良い「本物」は、
良い材料を時間と手間を掛けて加工しています。

アトピッコハウスの商品は
どれも決して安いとはいえません。
けれど品質には絶対の自信があります。

良い原材料を厳選し、時間と手間を掛けて
精度の高い加工を行っています。

豪華さ、耐久性、飽きのこないラインナップで
長い目で見て価値の高い製品といえます。

アトピッコハウスでは、高い品質を保ったままで
適正な価格でご提供できるように
インターネットを最大限に活用したり、
無駄な資料の発送を抑えたりなどの工夫をしているのです。

アトピッコハウスのホームページや
メールセミナーをご覧いただければ
法外な金額を出さなくても
アトピッコハウスの「自然素材」を使った
家づくりができることがお分かりいただけるはずです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 安い | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材、安いと高いその差は? はコメントを受け付けていません。

自然素材の塗り壁、メリットとデメリット

投稿日:2016年01月26日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

自然素材ならではのメリットがあります。

自然素材ならではのメリットがあります

塗り壁のメリットは何ですか?
こんなお問い合わせをいただきました。

塗り壁、最近よく聞きますよね。

塗り壁にどんなイメージを持ちますか?
いいイメージでしょうか。
悪いイメージでしょうか。

わたしが子供の頃に住んでいた家は
和室が塗り壁でした。

緑と灰色を混ぜたような色の砂壁で
落ち着いた感じの雰囲気

当時は“落ち着いた”ものの良さがわからず
古臭いなあと思っていました。
他の部屋のビニールクロスの壁の方が
かっこいいとすら思っていたのです。

あれから20年

レトロという言葉を知ったり
伝統的なものに惹かれたり

今や、塗り壁=おしゃれ、かっこいい、高級感がある、
と、プラスのイメージを持つようになりました。

塗り壁とは、
ずばりそのまま
塗り壁の材料で仕上げた壁です。

砂や土や泥などの自然素材を用いて
古くから日本の住宅によく使われてきました。

聚楽漆喰などの歴史があるものから、
セメントに水と砂を混ぜたセメントモルタル
粉末の鉱物で作るプラスター
植物の化石を主原料とした珪藻土など

様々な種類が出ており
見た目や強度、性能、予算に合わせて選ぶことが出来ます。

塗り壁のメリット
まずは見た目の良さでしょうか。

塗り壁は左官職人がコテを使って塗る伝統的な工法です。

職人が塗りながら仕上げていくので
いわば、手作りの1点ものの壁です。

工場で作られたものを貼るクロスの壁とちがい

左官職人の技によって
継ぎ目のない一体感のある壁面を作ることができます。

部屋の壁一面に統一感が生まれ
それはまるで一枚の作品のようでもあります。

見た目だけではありません。
機能面でも
塗り壁を選ぶメリットは沢山あります。

まず、塗り壁には耐火性があります。

天然の土や砂、泥などを主な原料とするために燃えにくいのです。
漆喰は武家屋敷に広く使われましたが
その優れた耐火性が武士に好まれた理由の一つだったのです。

そして、調湿性能が優れています。

自然素材を使った塗り壁ならではの特徴です。
湿度が高くジメジメとしているときは
塗り壁が湿気を吸い

反対に
湿度が低く乾燥したときは
湿気を吐き出し

部屋の湿度を快適に保つよう
コントロールしてくれるのです。

寒い今の季節は暖房による結露が気になりますが
調湿性能のある塗り壁を使えば
結露対策にもなります。

湿度をコントロールすることは
カビやダニの発生条件を減らすことにもつながります。

四季があって、湿度も高い日本の家に
身近な自然素材を用いた塗り壁は
ピッタリなのです。

そして、わたしが塗り壁の一番のメリットだと思うことは

なんとなく気持ちがいい、なんとなく空気がおいしい
ということ。

具体的な言葉にも数値にも出来ないのですが

自然素材の壁に囲まれていると
ビニールクロスの部屋にはない
心地よさを感じるのです。

天然の成分を浴びられるからか

昔から人間が付き合ってきた
自然の素材に感じる安心感からかもしれません。

見た目よし、中身の機能面もよし!の塗り壁

しかし、メリットがあればデメリットもあります。

塗り壁に関するお問い合わせで多いのが、
ボロボロ崩れませんか?
メンテナンスは大変ですか?
というもの。

長い歴史がある塗り壁
今はボロボロと崩れにくいものも出ていますし、
メンテナンスは驚くほど簡単です。

塗り壁は拭き掃除が出来ませんが、
静電気が発生しません。
そのため、ホコリや油などの汚れを、そもそも寄せ付けにくいのです。

最近人気の塗り壁、価格帯もピンキリですが

自分が重視するメリットを叶えられる
塗り壁を選びたいですね。

アトピッコハウスの
はいから小町漆喰美人
ボロボロと崩れにくいように開発した塗り壁です。

資料請求は、こちら

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 メリット | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材の塗り壁、メリットとデメリット はコメントを受け付けていません。

漆喰の定番の色の魅力と、新しい色の魅力

投稿日:2015年09月25日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

赤、白、黄色の彼岸花を見付けました。

定番の赤い彼岸花

秋の祝日、
皆様はどのように過ごされましたか?

今年は日取りが良く、
5連休だったという方も多いと思います。

シルバーウィークという言葉も
今年はよく聞きました。

ですがこう連休が続くと、
いつが何の日だかわからなくなります。

乾布摩擦や社交ダンスをするなど
お年寄りの元気な姿をニュースでやっていると、

ああ、今日は敬老の日なのだなといった具合に、
テレビのニュースで気付くこともあります。

9月23日は秋分の日でした。

秋分の日と、その前後3日は秋のお彼岸です。

暑さ寒さも彼岸までといいますが、
本当に、暑さも落ち着いて
爽やかな風が吹いていました。

そんな気持ちの良い日、
神社を散策していたら、彼岸花を見付けました。

ひょろ長い茎に真っ赤な花が妖艶で、
その怪しい魅力に思わず吸い寄せられてしまいました。

近くには、白い彼岸花も咲いていました。

あまり白い彼岸花は見かけなかったので、
何だか嬉しくなって散歩を続けたのですが、

なんと、その日は別の場所で、
黄色い彼岸花も見つけました!

黄色い彼岸花

実際には、鐘馗水仙(しょうきずいせん)と
呼ばれている花だったのですが、

長い茎、くるりとカーブする花びらの形も
彼岸花にとてもよく似ていて、
黄色い彼岸花としても親しまれているようです。

彼岸花は秋のお彼岸の頃に咲きます。

3色の彼岸花を楽しんだその日の休日は、
まるで彼岸花に秋分の日であることを
教えられたようでした。

赤色の花は妖艶で、
彼岸花らしい魅力を放っていましたが、

白や黄色の彼岸花も
明るい印象で、
赤色とは違った魅力を感じました。

調べてみると、
他にもピンク色の花を咲かせる彼岸花もあるようです。

定番の色もいいけれど、
他の色もそれぞれの良さがあります。

定番以外の魅力、
これはお花以外でも当てはまりそうです。

アトピッコハウスでは塗り壁材を扱っていますが、

塗り壁の定番の色って何色でしょうか。

みなさん、どんな色を思い浮かべますか?

わたしは、子供の頃過ごした部屋の砂壁の
ねずみ色や茶色っぽい色、

そして、旅先のお城や、神社仏閣、
古い家屋で使われているような真っ白な色を
思い浮かべます。

塗り壁は伝統的な壁ですが、

中でも漆喰の壁は
古くから白い意匠性が好まれて
武家から庶民へと広がりました。

漆喰の白さの秘密は
主原料に石灰を使用していることにあります。

最近の塗り壁ブームでも
取り上げられるようになった漆喰ですが、

今は石灰を主原料としない
新しいタイプの漆喰も出てきています。

石灰を使わないことによって、
高い調湿性能を実現した商品もあります。

「漆喰にはもともと調湿性能がある」

というイメージをお持ちの方もいると思いますが、

実は昔からある石灰の漆喰自体には
調湿性能はほとんどありません。

昔の日本の建築は、
木や土、竹や草などすべてが自然素材です。
調湿性能が得られたのは、漆喰だけの力ではなく、
建物全体が呼吸をする自然素材であることが大きいのです。

対して、今の日本の建築は殆どがコンクリートです。

気密性が高いので、
現代の住宅には
素材自体に調湿性能のある漆喰が適しています。

また、色のバリエーションが豊富な漆喰も出てきました。

昔は白しか無かったのですが、
今はピンクや水色の漆喰もあります。

定番の白もいいですが、
それぞれの好みに合わせて
色が選べるようになったのです。

アトピッコハウスの漆喰美人は
天然の土を主原料とした
調湿性能が高い塗り壁材です。

カラーバリエーションは全部で20色。

色選びで迷われる方には、
家具やカーテンに合わせやすい、
定番の白色がお勧めです。

漆喰美人

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 漆喰 色 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 漆喰の定番の色の魅力と、新しい色の魅力 はコメントを受け付けていません。

自然素材で湿度をちょっとコントロール

投稿日:2015年08月28日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

猛暑の夏を、自然素材で乗り越えました。

ヨシズで暑さをしのいでいます

八月も終わりに近づき、やっと暑さが落ち着いてきました。

知人から届く暑中見舞いの便りは、
かつてないほどに実感がこもっていた気がします。

猛暑という言葉がありますが、
ほんとうに今年の夏は猛烈に暑かったです。

そんな猛暑の夏を
エアコンなしのオフィスで過ごしました。

アトピッコハウスにはエアコンが無いのです。

人に「エアコンが無い職場なんだよ~。」
と話すと、ビックリ仰天されます。

それは気の毒だ とか、
熱中症は大丈夫なのか 
と心配もされますが、

実は、わたしとしては
自慢話のつもりで話しているのです。

エアコンが無い職場って、すごくないですか??
(賛同は、なかなか得られないかもしれませんが・・)

もちろん、汗をだらだらかいて、
顔は茹ダコ状態で
フラフラになっているようであれば、

わたしもエアコンが恋しくなります。

エアコン無しでも
快適に過ごせるような環境が
きちんと整えられているから、

それを自慢してしまいたくなるのです。

アトピッコハウスの事務所は
鎌倉の築70年の古民家です。

扇風機はアンティークの物から、
リモコン付きの最新のものまでフル稼働

窓は全開で
強い日差しを防ぎつつ風を通してくれるヨシズを設置

庭は緑で溢れています。
水を撒いて涼を得ることも出来ます。

午後には海から風が流れ込みます。

じゃあ、エアコンが無くて
いったい何℃なのかと言われると、

一番暑かった週の
オフィスの温度は33.5℃でした。

エアコンの効いた部屋のような涼しさはありません。

ですが、わたしの住むマンションでの33.5℃とは
明らかに空気が違うのです。

我が家の場合は蒸し風呂で空気が動かない状態ですが、
アトピッコハウスでは、さらりとした空気が
流れているのです。

ジメジメしているか、カラッとしているか

同じ暑さでも、
湿気の高い低いで
快適さはだいぶ変わりますよね。

アトピッコハウスでは
扇風機、ヨシズ等、暑さをしのぐ工夫を
いろいろとしていますが

エアコン無しでも快適に過ごせる
一番の理由は、
内装材が自然素材であることだと思います。

床も、壁も、天井も
自然素材で囲まれています。

無垢のフローリング
天然の木をそのまま切りだしたものです。

珪藻土は、珪藻という藻が
長い年月を経て土になったものです。

自然素材である木や土は、
わたしたち人間の皮膚が呼吸をするように
呼吸をします。

自然素材というと「調湿性能」という
言葉をよく聞きますが、

呼吸をすることで、湿気を吸って
気温が高い夏の日も、
過ごしやすい環境づくりの手助けをしてくれるのです。

調湿性能がうれしいのは、
暑い夏だけではありません。

これから迎える秋、
女心と秋の空といいますが
秋晴れもあれば、秋の長雨もあります。

自然素材は湿気を吸うだけではなく、
乾燥した状態のときは
湿気を放ってくれます。

冬の寒い時期は、
この放湿の機能が活躍します。

暑い夏、カラッと湿度が低ければ
快適に感じるのと逆で、

寒い冬は、同じ寒さでも乾燥した状態よりも
ある程度湿気がある状態の方が
あたたかく快適に感じるのです。

自然素材がいわば加湿器の役割となります。

加湿機能も除湿機能も備わったエアコンもありますが、

自然素材はさらに、見た目や手触りの良さだったり
温もりだったり、
エアコンにはない、言葉には出来ぬ魅力も兼ね備えているのです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 湿度 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材で湿度をちょっとコントロール はコメントを受け付けていません。

内装材の値段は品質の証になるのか

投稿日:2015年07月08日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

製品の良し悪しは値段でもある程度目星がつく

アトピッコハウスの豪華な無垢の床

先日、女性ばかりでいつもの
にぎやかなおしゃべりの華を
咲かせていたところ、
「健康に良い食材」の話題になりました。

『最近、サラダオイルよりも、
亜麻仁油とかエゴマ油とかの方が
体に良いって注目されてるんだよ』

『へ~そうなんだ。そういえば
ココナッツオイルっていうのも
流行ってるよね。』

『そうだね、あちこちで見かけるね。
でも、値段もピンからきりまであって
どれを選んだらいいのか分からないわ。』

『そうよね。安いものって
どことなく心配よね。』

食材選びも、高い・安いというのは
重要な要素ですが、
口に入れるものだけに、あまり変なものは
選びたくないというのが正直なところ。

その話を夫にすると
こんな話をしてくれました。

「そりゃそうだよ、豆腐だって
めちゃくちゃ安いのと、高いの
差が大きいでしょ?
安いのは理由があるんだから、
できることならあまり安いのは
選ばない方がいいよ」

その理由というのは、豆腐は作り方によって
幾らでも薄くできてしまうということなんです。

天然の凝固剤である「にがり」ではなく、
人工的な凝固剤を使えば
水でとことん薄めた
シャビシャビの豆乳を使っても
見た目は普通の豆腐が出来上がってしまう。

それを聞いてしまったら、
もうスーパーで1丁29円!!
…などと大安売りしている豆腐にも
飛びつく気が失せてしまいました。

安い物には理由がある。
同様に、高い物にも理由があります。

アトピッコハウスの内装材は
決して安価な商品ではありません。
けれど、長い目で見れば決して高い商品ではなく
むしろお買い得な商品と言えるのです。

アトピッコハウスの内装材の価格は
高い品質の自信の証でもあるのです。

例えば、ごろ寝フローリング
樹齢の高い「じっくり」育った原木を
しっかりと「完全乾燥」させています。
だから、施工後にひどく収縮する
ということがありません。

使えない部分がほぼ出ないため、
材料代が無駄になる
ということがありません。

資料請求は、こちら

ほんものたたみは、
今では貴重な国産のワラを
1年かけてじっくりと自然乾燥させて
作りあげた床(とこ)と

同じく国産のイグサを使って
化学染料ではなく天然泥染めで作った
畳表でてきています。

資料請求は、こちら

貴重な自然の恵みを
ぜいたくに使った材料と、
お金では買えない時間をかけて
高い技術の職人さん、農家さんたちによって
作り上げられた逸品なのです。

これだけの高い品質のものなので
「一生モノ」として使ってもらえるのです。

簡単に破れたり剥がれるビニールクロスや
塗装が剥げて醜く劣化する合板フローリング、
クッションフロアなどと違い

日に日に美しく味わいを増す
自然素材の内装材。

結果的に見れば、決して高い買い物とは
ならないはずです。

目先の金額にとらわれることなく
長い目で見て選ぶのが得策です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 内装材 値段 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 内装材の値段は品質の証になるのか はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー