はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 家づくりのブログ記事

土地から探す家づくり

投稿日:2017年08月10日 作成者:


我が家の近くでは、新築の工事が行われています。
土地の形は一緒で、坪数も一緒。
ですが、建てられる家の形はそれぞれです。

元々は、ご年配のご婦人がおひとりで住んでいらっしゃいましたが、
自分ひとりには大きすぎるという事で、手放した土地でした。

この仕事をしていると、ついつい気になって、いろいろと確認してしまいます。

その土地は土地に条件は無く、見ているとそれぞれのお施主様が
好きなメーカーに依頼して建てているようです。

土地は不動産屋が販売していましたが、「条件」は無かったという事ですね。

今回はこの土地に付く「条件」についてお話してみようと思います。

家づくりのタイプ

「買う」なら楽ちん、「建てる」なら楽しい♪家づくり

自然素材の内装メーカー、 アトピッコハウスの小倉です。

家づくりのタイプは様々ですね。
建売、建替え、リフォーム、そして新築、大きく分けてこの4つ
でしょうか。この4つのタイプはそれぞれですが、
この中でも予算があるなら誰しもが憧れる土地から探す家づくり。

土地から探す家づくりを行う時、
誰かの紹介などが無い場合は、ほとんどの方はまず不動産屋の
ネット広告や店舗前に貼られているチラシなど、情報から集めますね。

情報をもとに不動産屋さんの案内のもと、土地探しをスタートします。
しかしほとんどの方が家づくりと同様に、この“不動産を買う”
事についても、わからないまま経験することになることになるでしょう。

土地を読取る力をつける

土地購入については、不動産屋さんが主体となることがほとんどです。
不動産屋さんは土地を売りたいです。それがお仕事ですから。

でも、私たちにとっても家づくりは大きな買い物です。
いつものみそや米を購入するような感覚では出来ない。

ましてや、不動産屋さんは土地を売ったらお仕事は終わりますが、
私たちはそこから生活が始まります。
なので、私たちお施主自身にも土地を読取る力が無ければなりません。

土地は一つとして同じものはない為、制約条件も様々です。
方位、周辺の建物、環境の様子。道路との関係、車は停めやすいのか、
高低差は無いのか、風の通り道、光の入り方などなど。

条件によっては、ローンのおり方も異なります。
そこはしっかりとお施主様自身で力をつけたいところです。

建築条件付きとは

ここ最近当社へのお問合を頂く中でも、
これは厳しいな…と頭を抱えるのが、この「建築条件付土地」です。

「建築条件付き土地」とは土地に関する規制や制約条件ではなく、
指定された施工会社(ハウスメーカーなど)によって建物を建てることを
条件として売買される土地のことです。

土地の売主がその指定された施工会社である場合もあれば、
土地の売主が別の場合もあり、通常3か月程度の期間内に建物の
建築請負契約を締結するとことを条件として土地の売買契約が結ばれます。

ではなぜこうした土地売買の方法が存在するのでしょうか。
一つは、建売住宅の場合売れ残ってしまう可能性があるということ
です。建売は最初から売主が決めたプランや
設備の建物を作ってから売ることになります。

こうすると注文住宅のようにお施主様の好みで建物を建てることが
できないため、売れ残るリスクがあります。

建物の建設費も発生しているのに、売れ残るというのは痛手ですね

施工会社は指定するもののある程度の好みの建物が建てられるという
お施主様のメリットを生かして、その痛手を回避しようという事が
建築条件付き土地というものがある理由の一つです。

建築条件付き土地は割安で魅力的?

建築条件付きの反対用語としてよく目にするのが、「建築条件なし」
という表現の仕方ですね。

建築条件の付かない土地は建築条件付き土地より割高に価格設定されています。
それは、土地売買だけで、利益を得るためですね。

家づくりの利益は「土地」と「上物」の総額で得るので、条件なしの
土地は、土地だけで利益を得ようとします。

反対に条件付きの土地は、上物の建設でも利益がでるため、
土地代にのせる利益は最小限にする。というのが一般的です。

お施主様にとっては、家づくりにおいて高額なイメージは、
「土地」の方ですよね。そのため、建築条件付き土地というものを
理解していないと、割安で魅力的に見えてしまいがちです。

上物の制限がある

建築条件付きの土地に建てる上物には制限があります。

建築条件付きの土地を買った場合、家を建てる会社や
工務店も必然的に決まります。

そして同じように、家の仕様もほぼ決まってきます。

もちろん、設備のオプションなどの細かい所は選ぶ事が出来ますが、、
住宅会社や工務店がこれまで使ったことが無い仕様は、
まず使うことはできません。

当社でも建築条件付土地を購入して、このタイミングになると
自分の好きな建材を使ってもらえないという問合が少なく
ありません。

例えば、フローリングには当社の無垢材を使いたいと思っていたけども、
採用してもらえない。

無垢材を使ったことがなかったり、メンテンスフォローを
嫌がる会社もありますが、大体が採用する仕様が決まっているという
事が、ほとんどです。

それが、建築条件付土地を購入するという事です。

いかがでしたか

土地探しは人任せでは出来ません。活用できる知識を持ち
自分たちがどういう家づくりをしたいのかというイメージと
合った土地選びがが必要です。

建築条件付土地を選ぶのであれば、その会社がどういった家を建てて
いるのかは、しっかりと確認して、自分好みの家が出来上がるイメージを
持てる会社から購入することが大切です。

自分の家だけ特別仕様という事は無いので、HMの家の作り、しつらえの
イメージに納得した上でそのHMが売る建築条件付土地を買うのが重要となります。

アトピッコハウスでは土地のご案内は出来きませんが、せっかく手に入れた
土地に、自分好みの家が建つ事は誰しもが思い描く夢です。
そんな自由設計の家づくりを手に入れたいときは、本物の自然素材を採用した
「べっぴんハウス」をご検討ください。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 家づくり 土地 条件 | タグ: , , | 土地から探す家づくり はコメントを受け付けていません。

日本の家づくりと木の関係

投稿日:2017年07月27日 作成者:


最近、家づくりを依頼するなら、こんなところが良いなあ。
そんな工務店様にお会いしました。

気持ちよく生活するために、内装材にこだわることはもちろんだけど
それだけではなく、家の基礎にもこだわり、受継ぐことの
出来る家を一緒に考える、そんな工務店様でした。

家づくりは目に見て選択出来る、家の設計、内装材、
エクステリアだけではないですね。

基礎や骨組みといったところは、家が出来上がったら外からは
見えません。手には取れないし、目にも見えない。
けどその先何十年も家を支え続ける土台となる。

その土台から考える家づくりについて、ご案内します。

日本の家づくり

日本の家づくりと木の関係

自然素材の内装メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

日本の家づくりと言ったら、木造建てですね。
世界では石造りや土の家がある中で、なぜ日本は木造建てが
中心だったのでしょうか?

それは、風土、文化、歴史が大きく関係していると言われています。

日本には昔から木材が豊富に存在しており、
私たち日本人の生活に身近な存在でした。

文明、文化の発展とともに寺社仏閣の建立から始まり、
造船や私たちの身の廻りで使用するようなものまでもが、
木材を使用するようになりましたね。

運搬や加工の技術が未熟な古代では、身近に豊富にあるものを
自分たちの生活に取り入れたといわれています。

そして、今なお私たち日本人の生活には木材が切っても切れない
存在であり、木造建ての家づくりもその歴史の現れですね。

人の手で守られている木材

日本に住む私たちの家づくりの基本は木造建。
木造建てには様々なところで、木材が使われています。

フローリングや家具。その中でも家づくりの基礎になる
骨組に使われているのが、日本を代表する檜や杉。

檜や杉は1年や2年で伐採できる物ではありません。
一度植林をしたら、50年~60年を経て、伐採され、
建材へ加工されます。

それは、決して自然に放置して育まれるものではなく、
人の手で大切に大切に守られ、どの苗木を残して、
どの苗木を次へ受け継ぐのか。

全てが人の手によって守られてきたものです。

適材適所に使う

一本のヒノキから一体何枚の骨組み材が何本取れるか
ご存知ですか?

答えは1本です。

50年、60年かけて、たった1本の材料しか取れない。
骨組に使用する材料を1本取ったらそれ以外はその他の
木工品へ加工される。

決して無駄にはせず、適材適所へ余すことなく使われ
ているという事です。日本人らしいですね。

骨組に使われる木材

シロアリに食われてしまった。

なんていう家をテレビなどで拝見します。
実はシロアリって高湿度の国にしかいないんです。

シロアリに食われる原因の一つとして、この骨組に使われる
材料が、国産ではなく、湿度の少ない土地で育った木材
という事が考えられるそうです。

檜や杉は日本の風土に合わせるように育まれています。
それは、檜や杉自身が日本に存在するものに対応すべく
自らの防御方法を心得ているという事です。

檜や杉に脂がでて、独特の匂いを発するのは、その為とも
言われています。

そういう事が考えられるのであれば、やはり基本のところから
こだわり、家づくりをしたいですよね。

こだわるのであれば、家づくりそのものを

それでも、家を建てますという話になった時、
骨組材をお施主様自身で選択するという事は無いですね。

お施主様が関わるのは設計あたりからでしょうか。

骨組にどの建材を使用するかは、ほとんど業者が決めます。
ならば、その家づくりのパートナーを選ぶ時の判断として、
プロがどういったモノを選び、
家づくりを行っているのか、そこに着目するのも大切ですね。

工法ではなく、素材そのものへのこだわりです。

素材そのものの作り手と担い手、人と人との
関係を大切に向き合っている、そんな家づくりのプロへ
お願いできたら、どんなに素晴らしい家づくりになるでしょうか。

いかがでしたか

家づくりとなると、ついつい内装材に使うものに目が行きがち
ですが、家づくりはもっともっとこだわってよいモノが
あるかと思います。

例えこだわることが出来なくても、「知る」という事は出来ます。

私たちの家づくりには間違いなく守り継がれてきた
「木」があります。そして今なお大切に大切に次世代へ残そうと
頑張っている人達がいます。

そんな人と人が作り出す家づくりが出来たら、
どんなに幸せでしょうか。

アトピッコハウスの一つ一つ丁寧に仕上げられた内装材
で作り出す「べっぴんハウス」。
職人の技と自然素材が生み出す素晴らしい家づくりを
選んでみませんか。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 家づくり 日本 木 | タグ: , , | 日本の家づくりと木の関係 はコメントを受け付けていません。

家づくりのこだわりと知識

投稿日:2017年07月20日 作成者:


家づくりのきっかけやこだわりは人それぞれですね。
予算にこだわる方、設計にこだわる方、建材にこだわる方、
どれも家づくりには外すことのできないキーワードです。

こだわることはとても素晴らしい事だと、思います。
こだわりがないと家づくりの主導権は握れません。

でも知識は違います。正しい知識を持たないと、
家づくりも迷宮入りしてしまします。

今回は家づくりに関わるキーワードから、こだわる点と
正しい知識を持つことの大切さをご案内してみたいと思います。

自然素材の建材とは

家づくりのこだわりと知識

自然素材の内装メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

自然素材とは、
① 自然界に存在するものが原料
② 素材自体に手を加えず、切ったり削ったりのみの加工
③ 石油系の塗料や接着剤は使用しない
④ 廃棄後は自然界に還る

これらの条件を満たすものが、自然素材とされているものです。
自然素材は生き物です。生き物には便利さなどは無く、
人間が面倒を見てあげることが必要な素材を自然素材と言います。

F☆☆☆☆とは

「F☆☆☆☆は取れているのですか?」
この質問も自然素材のメーカーの当社には、よくお問合せ頂きます。

F☆☆☆☆ってどういった場合に付くのかご存知ですか?

F☆☆☆☆とはシックハウス症候群を引き起こすと言われている
有害物質ホルムアルデヒドの発散率を表しているものですね。

その中でもF☆☆☆☆は、発散率が一番低いものに対してつけられます。
「一番低いことを証明している」という事は、「0」ではないという事です。

ここの理解を間違えてよくお問合頂く事があります。

F☆☆☆☆がついていれば、ホルムアルデヒドが「0」で、安心という事
では絶対にありません。

先にご案内しているように自然素材の建材はそもそも自然界からの
贈り物です。その自然素材に対しては本来ならば、F☆☆☆☆は
必要ないのです。

イメージとしては、無垢フローリングの1枚物はF☆☆☆☆は必要
無いですが、ジョイントさせて1枚にしている無垢材フローリングは、
そのジョイント部分に使用した接着剤が、ケミカルなものならば、
F☆☆☆☆をつけるというイメージです。

表記や数字に惑わされない

表記や数字に惑わせれては、本物の自然素材には出会えません。
表記や数字はあくまでも表記と数字です。

自然素材を自分たちの家づくりのこだわりにするのであれば、
F☆☆☆☆を取得しているのかではなく、どんな環境で育ち
私たちの生活で使われている建材なのかを見極める事に
こだわりを持つことが大切ではないでしょうか。

ヒノキなどは日本の自然素材の代表ですね。

そのヒノキはどんな環境で育ち私たちのもとへ送られて
きているのか、そこを理解し、勉強する事で正しい知識となり、
数字や表記に惑わされる事も無いのでしょうか。

自然素材と身体に良い家

身体に良い家をつくりたい。

誰しもが初めにこだわるところです。

現代の情報があふれている中では何が良い物なのか
の判断は、私たち自身でしなければなりません。

中途半端な知識を得る事に時間を費やしても、
納得のいく家づくりにはなりません。

細かなことを調べて頭を大きくするのでは無く、
シンプルな素材、自然素材を採用するという事にこだわる事で、
安心と身体に良い家を得ることにつながります。

こだわりを整理する

こだわりは大切です。

しかし、あれもこれもこだわると先が見えなくなってしまいます。
注文住宅はお施主様のこだわりありきです。

だからこそ注文住宅は魅力的なのですが、家づくりは、
作って終わりではありません。そこからが長い長い家族の変化
と共に育ててくことが家づくりです。

家づくりをする際にお施主様側でやるべき事は、
譲れない点と変化に臨機応変に対応できる点に
分けて、こだわりを整理しておくことが大切ですね。

いかがでしたか

こだわりは時に誤った知識となり、せっかくの家づくりが
台無しになってしまうという事があります。

信頼できる家づくりのパートナーを見極め、
正しい知識の元、こだわりを持つ事が大切ですね。

当社には「べっぴんハウス」という商品があります。
心も身体もべっぴんさんの家づくりを応援します。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 家づくり こだわり 知識 | タグ: , , | 家づくりのこだわりと知識 はコメントを受け付けていません。

家づくり 建材とインテリアの相性は?

投稿日:2017年06月02日 作成者:


家づくりの建材を選ぶ時、やっぱりインテリアとの相性
のことを考えますよね。

「こういう風にしたい」

そんな思いが家づくりを乗り切る為の原動力になっている
お施主様も多いはず。

訪れたことのある場所や雑誌、写真などに憧れ、ちょっとした
小物を少しずつ増やす。そして家づくりを始めたら、基軸になるのは、
今、囲まれているインテリアがより映えるような建材を使いたい。

どういった建材を合わせると自分の思い描くインテリアになるのか?

そんな建材とインテリアの相性についてご案内してみたいと思います。

家づくり、どのタイミングでインテリアを考える?

建材とインテリアの相性って?

自然素材の内装メーカー、アトピッコハウス小倉です。

家づくりも大よそ進むと今度は、家の中のインテリアを
考える方が多いですね。

ベッドやテーブル、ソファなどの大型家具に加え、カーテンや
ラグなどの小さいインテリア、また最近では家電もインテリアの一つ
として考えられる方もいらっしゃいますね。

お施主様によく伺うインテリアを考えるタイミングは、家の大よその
間取りが出来上がり、使う建材などが決まった後です。

でも、そのタイミングで、インテリアを家に合わせる事は、
なかなか高度なんです。

何故か?

間取りや使用する建材などがおおよそ決まっていると、
調和するインテリアの色調や材質の選択肢が、
限られてくるんですね。

ですから、私はインテリアを考えるタイミングって、
家づくりと同時進行して頂くことをお勧めしています。。

資金計画にインテリア部門も設けてみましょう

多くの方は家自体を建てるのに、お金を使います。

そうすると、後から中のインテリアを考えたときに
予算がなくなってしまい、せっかく選んだ建材で建てた
家なのにアンマッチなインテリアになってしまいがちですね。

なので、せっかくの家づくりのタイミング。
資金計画をする際にぜひインテリア部門を設けてみませんか?

そしてぜひ、一つ一つ建材を選ぶ際にインテリアも
同時進行で揃えてみてください。

憧れのイメージと手持ちのインテリア

いざ、家のイメージと憧れのイメージを合わせながら
インテリアを考えても、思い描くだけではなかなか難しい。

家づくりといっても、家の中のすべての家具やインテリアを
変えられる方というのは、少ないです。

お手持ちの家具やインテリアを有効に再利用しつつ、
新しく入れる建材にも合わせていきたいですね。

まずは、「再利用するインテリア」を決めることです。

新しい家に何を持っていき、何を新しくするか、
ここが、大切ですね。

再利用したいインテリア、まだ使えるから再利用するインテリア、
再利用の理由は様々だと思いますが、「憧れのインテリア」にするには
思い切って選別することも必要です。

憧れのインテリア、どんな建材を合わせる?

「こんなイメージが好きでなんですが、どんな建材を
合わせたらいいですか?」

なんていうご質問も少なくありません。そうすると

「新しい家へ持っていく家具やインテリの小物はどんな素材で
どんなお色味ですか」とお伺いします。

建材も色味や表情がそれぞれ違います。性能を気にされるのであれば、
比較して頂ければ選ぶ事は難しくはないのですが、建材の色や表情は、
合わせる家具やインテリアによっては調和しません。

しっかり選別して頂いたお手持ちの家具やインテリアをベースに
選ぶ事が第一です。

ナチュラルなカントリーテイストが好きなのであれば、床はパイン材。
北欧調のデザイン性に優れた家具の中にポップなテキスタイルを合わせる
のであれば、床はオーク材。

アジアンなリゾートのイメージが好きなのであれば、床はアカシア。
アースカラーの中にアイアンなどを合わせるJunkyなイメージならば、
床はウォールナット。

まずどういったテイストが好きで家に集めているのか?
お手持ちの家具の材質や色味はどんなテイストか?
そこから合わせてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか

ご自身のイメージする家づくりと建材がぴったりな
インテリアにするには、残すものと捨てるものをはっきりさせる
事が第一ですね。

そして、家づくりのスタートから同時進行でインテリアを
考えてみて下さい。一つ建材を決めるときに立ち止まる。
中々話が進まなそうですが、残すものが決まっていると、
案外建材を選ぶ事に悩まず、スムーズです。

はじめから全てが完璧に揃っているインテリアは、面白くありません。
生活しながら、生活の変化や季節の変化などに合わせて、
一つ一つ増やしたり、減らしたり。

家本体が出来上がり、「住む」という家づくりがスタートしたら
ぜひ選んだ基本の建材を生かしてインテリアを楽しんでみてください。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 家づくり 建材 インテリア | タグ: , , | 家づくり 建材とインテリアの相性は? はコメントを受け付けていません。

家づくりのきっかけは理想から?現実から?

投稿日:2017年05月25日 作成者:


家づくりのきっかけって、誰かの為を思って考え始める事が
多いんですよ、と聞いたことがあります。
「そうだ。家を建てよう」

どこかで聞いたようなフレーズ…
そんな思いってどこから生まれるんだろう?

住宅展示場、雑誌、インターネット、情報は様々なところから
得ることができますが、それは、「家づくり」という淡い思いが、
漠然と自分の中に生まれてから、手や目にとる事ですね。

家づくりのきっかけって、やっぱり
結婚や子供を育てる過程で、この家族とこういう風に、あんな風に
暮らしたい…そんな淡い思いが「家づくり」のスタートなのでしょうか。

念願の家づくり、思いは膨らむ

家づくりは理想から?

自然素材の内装メーカーアトピッコハウスの小倉です。

いつかは?実現したいな…「家づくり」。そんな淡い思いの中で、
目に入ってくるものは、やっぱり雑誌やネットから入ってくる
素敵な生活を送っている方々の情報ですよね。

パイン材フローリングに白い壁、それにぴったりなナチュラルな家具たち。
ウォールナットの床にかっこいい黒をポイントにしたアイアンの家具。
オーク材の少しきれい目な床に、北欧テイストのテキスタイルを・・・

そんな理想の生活に思いを膨らませ、ああしてみたい、こうしてみたい。
そういう思いはこれでもかという程、溢れ出し、夢は膨らみますよね。

私も、自分の家を持つとき…いや、実現する前から、
こういうフローリングを使って、壁はこうして、
この家具をここに置いて…そんな理想で頭はパンパンでした。

理想から?現実から?何から始める?

さあ。家づくり。何から始めようか…。

一級建築士事務所の設計士を探す?
安心の大手ハウスメーカーを探す?
それとも地元に根付いている工務店を探そうか…

自分たちの理想を叶えてくれるところを決めることからなのか?

多くの方々がまずは、「家づくりを頼む」という姿勢で
スタートさせる方が多いかもしれん。

プロに出逢えて、依頼すれば、プロが、全てを教えてくれる。
そう思いますよね。
でも、実際はそんなプロは多くはありません。

我が家が家を建てる時の話を少しすると、
私…いえ、我が家の旦那様がしたことは、まず「現実」を
私に示すことでした。

我が家の現実とは、頭金の額と旦那さんが「支払える」ローンの総額と
月々の支払可能額。それは、私の知らないうちに旦那さんが
確認していた事でした。

私には、「この予算の中で好きなようにしていいよ」という、
素敵な言葉と、現実=堅実という家族を、子供達の成長へのレクチャー。

理想で頭がパンパンだった私にも納得のスタートでした。
理想だけでスタートしてしまっていたら…きっと妥協や諦め・・・

マイナス要素の家づくりのスタートになってしまっていたかも・・・

そんな後ろ向きの「家づくり」はしたくないですよね。
では「家づくりの」スタートには何が必要なのでしょうか・・・?

ライフプランからの資金計画

家づくりのスタートはまずはライフプランの「理想」から入る事です。
「ライフプラン」て聞いたことがありますか?

ご自身、ご夫婦、ご家族とどのような生活を送っていきたいのか。
3年後、5年後、10年後こんな風になっていたいなぁ、という
「理想」の計画を立てる事です。

あくまでも計画なので、予定変更があるかもなんていう事は、大前提です。

「こんな風に・・・」という漠然とした計画を立てると、そこからお金の問題も
大体は計算が出てきますね。そうするとご自身が生涯「家」に対して
支払っていける「現実」的な計算がおおよそで出てきます。

ここが、「家づくり」のスタートです。

この「理想」と「現実」をスタートの時点でしっかりご自身で把握されていると、
自ら「選択」ができます。

「選択」とは「現実」の予算の中で、ご自身が「理想」とする「家づくり」
設計や建材は何が使えるか?どこの工事業者様に
依頼することができるのか、という事もはっきりします。

よく、当社へも建材と金額の問合せをお施主様自身から頂きます。
しかし、残念ながら商品の良さと金額をご案内すると
採用にならない事が多々あります。

お話を聞いていると、「当社の建材を使用したい」という「理想」が先立ってしまい、
まだ、どこの業者様へ頼むのか?業者様は決まっているけど…
これから資金計画をするというお答えも少なくありません。

まずは、「あきらめ」の「家づくり」にならない為にも、しっかりしと
ライフプランから資金計画を立てられることが大切ですね。

やっぱり身の丈にあった家づくり

ローンが組める金額とご自身が支払えるローン金額は全く違うものです。
月々の負担が少なくても、完済時が75歳・・・想像しただけで・・・

一世一代の「家づくり」

手放すことを考えて「家づくり」をする方は少ないと思います。
手放さなければならないような事が現実的に起こらない為にも、

まずはしっかりしたライフプランと資金計画、
そしてその中で身の丈に合った「家づくり」を自ら選択し、採用する。

それこそが満足度の高い「家づくり」になるのではないでしょうか。

いかがでしたか?

「理想」と「現実」

「家づくり」にはどちらも必要です。
しかし、スタートの時点で、両者の計画を間違わない事が大切ですね。

「家づくり」のゴールが「憧れ」たもので囲まれていたら、
「家に住む」スタートがどんなに幸せで、満足度が上がるのでしょうか。

諦めの「家づくり」スタートにならない為にもしっかりした
「計画」と「準備」が必要ですね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 家づくり 現実 理想 | タグ: , , | 家づくりのきっかけは理想から?現実から? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー