はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 寒いのブログ記事

無垢材フローリングも冬は寒いんです!

投稿日:2017年12月27日 作成者:


アトピッコハウスは今日が仕事納めです。

暖かい日と寒い日の差が厳しい鎌倉ですが、
移転して2回目の冬、無垢材フローリングも
特に大きく暴れる事も無く、床暖房ぬくぬくで過ごしています。

この季節、冬に向けてお問合せで多くなるのが、
無垢材フローリングの「不具合」です。

自然素材を取り扱うアトピッコハウスとしては、
「不具合」というと語弊があるように感じますが・・・

無垢材フローリングとしては決して「不具合」では
ないのですが、隙間やズレなどに馴染みが無く、ぴったり、綺麗が
当たり前の現代人の私たちには、「不具合」と
捉えてしまうのかもしれません。

今年の夏以降に無垢材フローリングを施工したお宅では、
今年は無垢材フローリングが大きく伸縮して、
びっくりしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

気候に左右される無垢材フローリング、
もちろん夏と冬の施工方法も異なりますし、
起きてしまう症状も異なります。

今回は無垢材フローリングに生じる冬のトラブルと
施工方法についてご案内します。

無垢材の特徴を理解しましょう

無垢材フローリングも冬は寒いんです!

自然素材の内装メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

無垢材とは合板や集成材ではなく、
使用する形状で丸太から切り出した木材です。

天然木本来の風合いを持ち、
室内の湿度を調整する働きもあるものを無垢材といいます。

無垢材フローリングとはその木材をフローリング
乾燥させ、加工している建材です。

だから、自然の持つ力を私たち与えてくれるのです。

無垢材をフローリングにするという事

生きている無垢材を私たちの生活に取入るには、
私たち自身も無垢材が自然から生まれているという事を
理解した上で、取扱い、受け入れなければいけませんね。

ぴったり、不具合無し、
綺麗が当たり前の私たちの生活環境。

だからちょっとした隙間やイレギュラーはトラブルに分類される。

でも本当のところ、ぴったり、不具合無しをあたり前に
思っている方には、無垢材フローリングの採用は残念ながら、
ハードルが高いです。

自然素材はその自然素材の持つ力で私たちに
心地よい生活を与えてくれますが、私たちの「普通」に
合わせてくれるわけではありません。

冬場の無垢材フローリングに起きる事

冬の無垢材フローリングは縮みます。
無垢材フローリングも寒いんです。

もちろん工事前に開梱しただけでも縮みますし、
気温が急激に下がっても縮みます。

気候の安定している春先や秋口に施工した場合は、
その現象にびっくりしてしまう方も少なくありません。

それが無垢材フローリングというものです。

無垢材フローリングの冬場の施工

冬に向けての無垢材フローリングの施工は、
無垢材フローリングが収縮するという事を前提に
施工しなければなりません。

施工方法は冬場乾燥での縮みを考慮した「意図的に隙間」を
設けて施工する事です。長さ方向のつなぎ目部分については
長さ方向のつなぎ目を設ける必要はございません。

スペーサーを使用するのも一つの方法ですが、
名刺1枚分のクラランスで十分でしょう。

動じない事、まずは様子をみる

無垢材フローリングを施工した後1年~2年は
温暖期と寒冷期に無垢材は左右されます。

膨張と収縮を繰り返し、その環境に合った仕様に合わせようと
無垢材は変化する努力をしてくれます。

冬場の無垢材フローリングに生じるトラブルは、
大半が隙間です。

隙間は、無垢材の伸縮から生じます。

これは、無垢材が生きているという証なので、
無垢材そのものに不具合という事に
直ぐに結論付ける必要はありません。

まずは、春夏秋冬を過ごしてみましょう

数年はこの動きを繰り返す場合もあるし、
落ち着いてしまう場合もあります。

施工直後はどんなにうまく張っても、無垢材は生きています。
小さかれ、大きかれ、必ず動きます。

動いて盛上りや隙間が生じてしまっても、慌てず、
まずは季節が変わるごとに元に戻るかどうか様子を
みましょう。

それでもトラブルが解決しないようであれば、
その時に相談してみましょう。

いかがでしたか

自然素材の無垢材フローリングは、
私たちの「ぴったり、きっちり、綺麗」の当たり前感覚には、
少々遠い材料です。

でも、生きている自然のものを上手く取り入れ、
向き合う事が出来るのも私達次第です。

これからお正月を迎え、さらに寒さも厳しくなりますね。
無垢材フローリングも少し隙間が空いてくるかもしれません。

そんな時は慌てず、暖かくなる春を待ってくださいね。

アトピッコハウスにも「ごろ寝フローリング」という、
無垢材フローリングをご用意しております。

無垢材のメリットはもちろんの事、職人さんにも扱いやすい
と太鼓判を頂いているフローリングです。
資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢材フローリング 冬 寒い  | タグ: , , | 無垢材フローリングも冬は寒いんです! はコメントを受け付けていません。

暖かい無垢のフローリング

投稿日:2015年02月20日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

先日、伊藤博文の別荘を見学しに行きました。

旧伊藤博文金沢別邸

伊藤博文というと、思い浮かぶのが千円札。
野口英世に変わってからもう10年になりますが

初代内閣総理大臣の立派な肩書きより
お札でお世話になった人として身近に感じます。

わたしが見学に行ったのは
横浜の金沢区にある
旧伊藤博文金沢別邸といわれる別荘です。

目の前には東京湾が広がる好立地にあり
立派な茅葺屋根が印象的です。

金沢別邸が建てられたのは明治31年です。
当時金沢区は東京から近い海浜別荘地として
注目をされていました。

その後に大磯や葉山などの湘南地方が別荘地として栄えて
金沢地区はその役割を終えるのですが

金沢別邸はかつての別荘地の貴重な建築遺構なのです。

建物の老朽化から、平成20年の解体調査を経て
創建当時の姿に復元されました。

台所棟、客間棟、居間棟からなる建物は
細い廊下でつながっています。

畳の間が4つあり
晴嵐(せいらん)、帰帆(きほん)、秋月(しょうげつ)、夕照(ゆうしょう)
とそれぞれに名前が付けられています。

その名前からも、海の側で自然を愛で
つかの間の安らぎをえる伊藤博文の姿を想像してしまいます。

わたしも趣あるこの別荘で
明治に思いをはせてのんびり鑑賞しよう!と思ったのですが
そうはきませんでした。

とにかく寒いのです!

とくに足が冷たくて冷たくて、
廊下の板張りなどは
つま先立ちで早歩きになってしまいました。

ところどころ明治の創建当時の建材が使われ
ピカピカに磨き上げられています。
見た目はとても素敵な別荘なのです。

ですがとても長居はしていられません。

寒くてここではとても暮らせないなあと
いらぬ心配をして帰りました。

アトピッコハウスには
暖かくて温もりのある床材があります。
無垢床の、ごろ寝フローリングです。

無垢材は空気を含むのでその空気が断絶材となります。
断熱効果を持つ無垢フローリングは
合板のものに比べて暖かいのです。

また、無垢の中でも柔らかい樹種ほど多く空気を含むので
より断熱効果が期待できます。

ごろ寝フローリングの中で柔らかい樹種は
尾鷲ヒノキヴォルドーパインです。

柔らかい樹種の床は素足で歩いても気持ちが良く
ヴォルドーパインは海辺のリゾート地で
使用されてきました。

柔らかい樹種は空気を含むので温もりがある
その一方で傷がつきやすく
湿度によって伸縮しやすい面もあります。

床暖房を使用しないで暖かさを期待する方
ある程度の傷や隙間も無垢の味と思える方には
お勧めの温もり満点の樹種です。

床暖房が使いたい、傷はつきにくい方が良い
それぞれのご希望にあった床暖房用の商品もあります。

アトピッコハウスの床暖房用は
尾鷲ヒノキナラオーク三層の三種類です。

尾鷲ヒノキは柔らかい樹種ですが
床暖房にも使えるのです。

ナラは反対に硬くて丈夫な樹種で
高級な家具にも使われるほどの
美しい木目も特徴です。

オーク三層はオーク材を張り合わせることで
伸縮による隙間や反りなどの欠点を軽減する安定した商品です。

足元から暖かくなるごろ寝フローリングです。

ごろ寝フローリング

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 暖かい 無垢 フローリング | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 暖かい無垢のフローリング はコメントを受け付けていません。

古民家リフォームには自然素材が合う

投稿日:2014年11月28日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、工務店のためのブランディングコンサルタント ごとうひろ美です。

古民家は大変です

キョンキョン主演のドラマの影響で、
家賃10万ぐらいの鎌倉古民家を探すOLさんが多いんです~。

アトピッコハウスの無垢の床

と、由比ヶ浜にある不動産屋さんが教えてくれました。
でも都会のマンション暮らしに慣れた方には覚悟が必要です。
まず、寒い。

暖かいイメージがありますが、鎌倉は昔の避暑地。
湘南という地域名からは想像し難いようですが、意外と涼しい。
昼間は灼熱の太陽を感じる真夏でも、
夜になると気温がぐっと下がり、
お蔭様で寝苦しさとは無縁の夜が続きます。

都内より夏が楽なのは、
夜、温度が下がるお蔭ですね。

がしかし、その寒さが冬にこたえます。

ドラマでもキョンキョンが「寒い、寒い…」と
ホカロンを買いに行くシーンがありました。

私も以前、北鎌倉のかなりの古民家に住んでいましたが、
冬が本当に辛くて、逃げ出しました(笑)
水分が残った状態で寝てしまうと、

頭が凍っている!

空気のきれいなオイルヒーターなんて使い物になりません。
ガスヒーターや石油ストーブを使っても、
部屋が温まりません。

都内のマンションに慣れた人が
気軽な気持ちで引っ越してくるのは危険なのです。

そして古民家は使い勝手も良くありません。

現在のアトピッコハウスは築70年の建物を借りています。
コンクリートブロック住宅の先駆けで、
モダンな作りの中に障子や襖がありますが、

電気の配線が、変です。

入居する時のリフォーム時に、配線も手を入れましたが、
スイッチの位置は不思議な場所にあるし、
コンセントも不足しているから、
現在の家電製品中心のライフスタイルに合わせるのは一苦労。

そして先月、蛇口が腐り(笑)、
なんとか交換してもらったと思ったら、

ただ今、漏水中。

キッチンも古いタイプなので、
蛇口交換だけでも、部品を取り寄せて1か月近くかかりました。

さすがに水道管は古民家と同い年はないと思われますが、
どこで漏水しているのか、
1週間経過しても、みつからず…。

水道屋さん、苦労しています。

敷地内には石像なども設置されていて、
それを動かすとなるとクレーン車が登場し、
掘削作業をして…。

いや~、賃貸で良かった!

敷地内の作業は地主の負担。
クレーン車が登場したら、
その作業費っていくらかしらん。

ま、大家さんはお金持ちだから心配することないですけどね。

そんな大変な古民家ですが、
アトピッコハウスの自然素材とは相性がバツグンにいい。

合板フローリングのない時代の古民家です。
当然床は無垢フローリング。

この古民家は70年前の無垢フローリングが、
使える状態で残っているところが、素晴らしいんです。
最近はリフォームでヴィンテージ加工を施す手法も確立されていますが、

正真正銘のヴィンテージ。
部分的に素人補修した箇所がわかりますが、
そのキズがヴィンテージ。本物は格が違います。

無垢床の補修跡

当然、床はキシキシ鳴りますが、
合板フローリングが70年経過していたら使い物になりません。

無垢フローリングだから、現役で使えているのです。

抜け落ちた床の部分は、
現代の無垢フローリングでリフォームしました。
高度成長期に、石油性のクッションフロアでリフォームされたキッチンよりも
70年前の無垢フローリングに、
確実に馴染んでいます。

入居前、カビだらけだった壁。

ビニールクロスで隠してしまえば簡単です。
賃貸ですから、
適当にリフォームすることもできます。
だから、古民家は残念なリフォームで仕上げられてしまうのです。

でも、この建物は、
ボロボロのカビだらけの状態を、
アトピッコハウスがお金を出してリフォームをしました。

朽ち落ちたペンキを剥がし、入念に下地処理を施して、
本物の塗り壁で仕上げています。
珪藻土に漆喰、
建具には布製の襖を使っています。

仕様は進化していますが、
70年前に存在していた材料に近い素材たち。
だから、まったく違和感がないのです。

まるで70年前の建物を、
そのまま使っているようにも見えますが、

入念な計画の元、
本物の自然素材でリフォーム済の古民家なのです。
鎌倉には、古い建物がたくさん残っています。

建物は人が住むこと、
使うことで耐用年数が増えていきます。

古民家caféでもいい。
地震や台風に負けずに残っている建物を、
アトピッコハウスの本物素材を使って、

どんどん最適な状態に、復活させていきたいですね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 古民家 リフォーム | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 古民家リフォームには自然素材が合う はコメントを受け付けていません。

自然素材の魅力

投稿日:2014年11月07日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

自然素材の家って、どんなイメージがありますか?

アトピッコハウスの無垢の床

こだわりの注文住宅?
高級な邸宅?
ログハウス?

はたまた、扱いづらい?
手間がかかる?

「自然素材」という単語、一昔前と比べると、
あちらこちらで目にするようになりました。

とっつきやすくなったとも思います。

週末に新聞の折り込みにどっさり入っている
物件情報のチラシを見ていても、

「自然素材の家」という言葉を
見かけないことの方が珍しいように思います。

「自然素材 家」で検索すると、
全国、たくさんの施工業者が出ていきます。

もはや、「自然素材」の言葉だけでは
差別化もできない時代に入りつつあるのでしょうか。

そうは言っても、新建材と比べると費用がかかるのは
変わらぬ事実です。

それに、「自然素材」と言っても、
その言葉で品質が保障されるわけではありません。

それでも、
フローリングと言えば合板フローリング、
壁と言えばビニールクロス、
といった選択肢しかないのが「普通」だったことを思うと、

一人でも多くの方に、自然素材のやさしさを
感じて頂きたいと考えているアトピッコハウスとしては、

喜ばしい傾向にあるとも思います。

さて、自然素材を選ぶ方が増えてきたのは事実ですが、

やはり、新建材の扱いやすさに慣れているので、
自然素材の扱いに対して、不安に感じている方からの
お問い合わせも、まだまだたくさん頂きます。

一番多いのは、フローリングのお問い合わせです。

ペットを飼われている方や、小さなお子様のいるご家庭では、
キズや食べこぼしによるシミを気にされる方が多いです。

おっしゃる通り、無垢の床は、
ものを落とせばキズは付きますし、シミだって残ります。

ですが自然素材には、それを考慮しても余りある魅力があるのを、
私はアトピッコハウスに入ってから毎日のように実感しています。

なぜなら、
新建材の自宅と、自然素材のアトピッコハウスを往復しているので
一日の間で、たくさんの比較ができてしまうからです。

私が毎日感じている魅力。

一つは、見た目のかっこよさ。

補修による色ムラも素敵です

この写真、補修してある箇所すら、かっこよくないですか?

自宅のクッションフロアや合板フローリングは、
「本物」を知ってしまった今では
私には、どうしても安っぽく見えます。

対して、「本物」の床材のアトピッコハウス本社は、
経年変化と70年分の傷がついているのに、かっこいい。

そこから「安っぽさ」という単語は、まったく連想できません。
豪華です。

次に、お手入れのしやすさ。

これ意外ではありませんか?

合板フローリングやクッションフロアって、
夏場は特になのですが、
朝、拭き掃除をしても、
夕方には、ベタついてしまったなんて経験、ありませんか?

一方で、無垢の床を裸足でどんなに歩きまわっても、
べたつくことはありません。

それは、呼吸をしていない合板フローリングと、
呼吸をする無垢フローリングの違いです。

合板フローリングは
撥水性が高い代償として、
汗や皮脂やちょっとした汚れもはじくため、

汚れが汚れとして表面にいつまでも残ってしまうのです。

そして、無垢の床では、
足の裏の汗や脂は、ワックス効果を発揮して
馴染んでしまうのです。

ですから、夏場も、お掃除シートでささっと済みます。

もう一つは、ぬくもり。

最近すっかり寒くなりましたね。
寒い寒い築70年の日本家屋の室内温のわりに、
無垢の床は、さほど冷たくなってはいません。

二種類の実験サイズのフローリング

以前、専務に商品知識にと見せていただいた実験で、

合板フローリングと無垢フローリングを冷蔵庫に入れたことがあります。

冷蔵庫に入れたことを忘れて過ごすこと数日間、

はっと思い出して、中から取り出してみると、

合板フローリングは、
ひんやりと芯まで冷たくなって表面が結露していたのに対し、

無垢フローリングは、
冷たくなり過ぎずに、表面もさらっとしていたのです。

見た感じも、触った感じも、良い。
別段、お掃除も手間がかからない。

私が家を建てるなら、
無垢の床、絶対に取り入れたい要素です!!

ちなみに、ペットのお粗相ですが、
汚れたらすぐに拭けば大丈夫です。

最近、寒さのせいか、お年のせいか、
アトピッコハウスの看板わんこが、
たまにお粗相をして、突然実験を始めてくれます。

実験結果としては、
大概は5分以内には気づいて拭き取るので、シミになりませんでした。

危険地帯はコピー機の前!

ここが、お粗相多発地帯なのですが、
顔を近づけて調べても、シミがあるのか無いのか
よく分かりません。

シミや経年変化や、木目などが、いっしょくたになって
「あじ」のある床になってしまうものなのですね~。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 魅力 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材の魅力 はコメントを受け付けていません。

岩手県盛岡市の建替えなら あっとホームがいい

投稿日:2014年02月04日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、ごとうひろ美です。

岩手県盛岡市あっとホームの斎藤宮子常務のブログが
本になりました。

あっとホーム、斎藤宮子さん

あっとホームの看板娘宮子ちゃんの人柄に好かれて、
契約される人が行列しています。
私が取材させていただいたOBの方も、

こういう方がいる工務店なら大丈夫。
そう思って契約させていただいた。」とおっしゃっていたんです。

私も宮子ちゃんの大ファン。
いつも笑顔で優しく、そしてしっかり者。
ニッポンのお母さん、そのものです。

岩手県盛岡市は、
古い家を残そうか、建替えにしようか悩むケースが多い地域。

古い家は寒くて使い勝手が悪い。

でも先祖代々守ってきた家を、簡単に壊すのは忍びない。
そんな状態の時、
あの笑顔で話を聞いてもらうと、

それだけで気持ちが整理できる。

話して良かった、
思い切って相談したから一歩前進できた。

多くのユーザーが、
宮子ちゃんに会って、ホットする。
そして宮子ちゃんに興味を持ってブログを開いたら、

なんてステキな女性!と納得し、
手書きの絵手紙が届いて、大ファンになっちゃうのですよ。
宮子チューリップ

建替えるかリフォームか。
それは金額だけの問題で解決できないことも、多い。
柱のキズに思い出があり、
お帰り!と声をかけてくれたお祖母ちゃんの部屋も残したい。

それでも古くなったキッチンは使い難いし、
昔の家は寒いから暖房費もバカにならない。

リフォームより建替えの方が簡単なことはわかっている。
だからこそ信頼できる人に相談したい。
気持ちの整理を一緒にしてもらいたい。

きっと、多くの人が思っているから、
宮子ちゃんと出会った時に、ステキな方と出会ってなーと嬉しくなるのだと思う。

どこと契約するか決めかねている時、
「こういう方がいる工務店なら大丈夫」

こんな風な視点を持って検討している人、
どれぐらいいるだろう。

SPECや価格、
工事期間などなど、条件で比較することはあっても、

誰と契約するのか

を真剣に考えている人は、そんなに多くない。
あっとホームのOBさんは、
50代以上の方が多いからだろうか。

豊かな人生経験の中で、
SPECや価格以外で見極める「目」を持っている。

専門用語の多い、小難しい家づくりだからこそ、
信頼できる人に任せることの重要性を知っているように思う。

契約した工務店が信頼できないから自分で調べる

そんな寂しい建替えは、
岩手県盛岡市のあっとホームでは、あり得ない。

宮子ちゃんのお客様だったら、
「工務店と一緒に、色々と調べているんです。」
きっと、そんな風に言いながらアトピッコハウスに問合せしてくると思う。

笑顔は、幸せを運んでくる。

岩手県盛岡市の建替えでも、リフォームでも、
その先に幸せがあることを願って、
宮子ちゃんは、今日もお客様と会っているに違いない。

久しぶりに私も、宮子ちゃんに会いたくなったなー。

(株)あっとホーム 斎藤宮子常務
岩手県盛岡市北飯岡2-1-11
電話:019-635-6000

イーハトーブの夢見る乙女 斎藤宮子著

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 岩手県盛岡市 建替え | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 岩手県盛岡市の建替えなら あっとホームがいい はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー