はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 新築のブログ記事

新築の内装 ビニールクロスは嫌なんです

投稿日:2017年12月20日 作成者:


新築で一番ワクワクするのが内装選び。
家づくりの中でも、
一番楽しい部分です。

白っぽいフローリングにするのか
深い色を選ぶのか。

ピンクや黄色の壁紙の他、
花柄も、ストライプも選び放題。
最近は塗り壁も多種多様。

インテリアを引き立たせるのか、
インテリアをシンプルにするのか、

それこそお金さえ出せば、
どんな色柄でも手に入るのが日本ですから
選び放題です。

でも色柄だけを気にする家づくりで、
本当にいいのでしょうか。
100円ショップだって、多様な色柄が選べる時代。

一生に一度の新築で、
それは、ちょっと勿体ないと思うんです。

なぜビニールクロスを勧められるのか

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

アトピッコハウスには
「すっぴんクロス」という布クロスがあります。

布クロスとは、
綿や麻などで作られた壁紙のこと。
仕上がりのイメージは、
洋服の生地が家全体を包み込んでくれている
感じです。

でも新築の内装の90%以上が、
ビニールクロスということを考えると、

そんなクロス、
いったい誰が、どこに使っているのか、
不思議ですよね。

布クロスは主に、
高級ホテルや神社仏閣で使われていますが、

アトピッコハウスの布クロス「すっぴんクロス」は
発売して20年。
もちろん新築住宅の内装を中心にお使いいただています。

本来は高級ホテルで使われるようなグレードを
デザインをシンプルにすることで
新築住宅の内装にも使える価格帯を実現させました。

もちろんビニールクロスと比較すれば
高級品となりますが、

ビニールクロスからの仕様変更が簡単なことから、
注文住宅の新築内装にお使いただいています。

そして20年という時間が、
実際にお使いいただいた方の
声を運んでくれるようになりました。

自宅をおよそ10年前 すっぴんクロスを貼りました。
クロスを貼る業者は布クロスはほつれるし
だんだん見栄えが悪くなるからやめた方がいいと言いましたが
2階全室と階段廻りすべて貼りました。
10年経った今 貼り具合も見た目も
何も変わらす、もちろん静電気の黒ずみもなく
きれいなままです。
ビニールクロスだと10年経ったらもう汚くなっているだろうなと思います。

10年使ってみて、
黒ずみもまったくないという
嬉しい声をいただきました。

このお客様のお話からすると、
施工業者の方は、
ビニールクロスなら

(1) ほつれないし
(2) 見栄えが悪くならない

思っていたようでしたが、
本当でしょうか。

(1)ビニールクロスは、ほつれません。

布クロスである「すっぴんクロス」がほつれるのは、
洋服の生地と同じ、
綿や麻でできているからです。

新しい化学繊維は、ほつれない素材も出ているようですが、
生地がほつれてくるのは、一般的です。

当然、ビニールクロスはほつれたりしません。

ビニールクロスのイメージは食品用のラップ。
裂けることはあっても、
カット面がボロボロとしてくることがないのと同様、

ビニールクロスもほつれることはありません。

ほつれるのは、布クロスの特徴の1つですが、
「すっぴんクロス」はほつれ止め加工を施しているので、

よほど施工技術に問題がなければ、
10年経過しても、美しい状態をキープすることができるのです。

(2)ビニールクロスは、見栄えが悪くならないのか?

築40年ぐらいの古い家をイメージした時、
壁がベタベタしたり、黒ずんでいる光景が浮かぶ方は
多くいらっしゃいますよね。

居住年数が短い場合は、
その汚れが気にならないかもしれませんが、

それなりの年数のお住まいでは、
壁の汚れが気になるケースが少なからずあります。
新築内装の90%以上がビニールクロスということを考えると、

つまりそれは
ビニールクロスの見栄えが悪くなる、ということになります。

ビニールクロスの壁は、
全体にベタベタして、
ホコリが貼りついているようになります。

その汚れの原因は、
静電気とホコリと湿気と脂です。

ビニールクロスは静電気を持ちやすいアイテムです。

その静電気に部屋中のホコリが吸い寄せられます。
吸い寄せられたホコリに、
湿気が含まれ、ペタっと貼りつきます。

キッチン周辺であれば、
脂も含まれベタっとするのです。
壁の汚れた水拭きで綺麗にならないのは、

こんなロジックがあるからなのです。

ではなぜ布クロスを否定するのか

すっぴんクロスの家に暮らして10年の方は、

貼り具合も見た目も何も変わらす、
もちろん静電気の黒ずみもいとおっしゃっています。

糸がボロボロして来ないし、
黒ずみもないのに、
なぜ布クロスを嫌がるのでしょうか。

ビニールクロス全盛期の前、
日本のほとんどの家は、布クロスが貼られていました。

当時の布クロスは確かに、
みすぼらしくなってしまいお客様(建て主様)の評判も悪かったのです。

それを知っている業者の方は、
布クロス=みすぼらしくなる

と親切でアドバイスをしてくれています。

アトピッコハウスは、
布クロスがみすぼらしくなってしまった理由を解明し、
その原因を取り除き、
「すっぴんクロス」として20年前に発売をしたのです。

もちろん「すっぴんクロス」が布クロスの欠点を
100%解消はしていません。

だから繋ぎ目が目立つし、
ビニールクロスと比較すると、
施工は、けっして簡単ではありません。

そして、その仕上がりは
施工の腕に左右をされる。

つまりは施工者責任が大きい。

逆に言えば、
責任ある仕事をしっかりとしたい方は、

「すっぴんクロス」を喜んで施工してくれます。

だって腕に自信がある証拠。
それはお客様へのPRポイントになるからです。

「すっぴんクロス」を使いたいお客様(建て主)と、
施工業者とのやりとりをマンガで説明をしてみました。
より詳しく、ご理解いただけるサイトになっています。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 新築 内装 ビニールクロス 嫌 | タグ: , , , | 新築の内装 ビニールクロスは嫌なんです はコメントを受け付けていません。

新築アフターフォロー 大手だから大丈夫の間違い

投稿日:2017年09月05日 作成者:


洗濯機の修理を依頼しました。

ここ数か月、
誤魔化しながら使ってきましたが、
雲行きの怪しい東芝製品なので、

アフターフォロー体制がある間に
修理をお願いした方がいいな、と考えたんです。

サザエさんの東芝が、
おかしなことになるなんて
子供の頃には予想すらできなかったこと。

TVコマーシャルをしていようが、
昔からある企業だろうが、

絶対大丈夫、は今の時代ありません。

揺らいでいる時代ということを理解した上で、
どこと新築契約をするのか、
見極めていきたいですね。

大手だから安心は間違っています

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

大手のアフターフォローは、
専門のグループ会社が担当することが少なくありません。

施工した時期はもちろん、
同じグループ会社ですので、図面も共有できるし、
施工方法にも詳しい。

だから会社が変わる不安よりも、
専門部署が担当してくれる安心感が勝る、かもしれません。

もちろん定期メンテナンスも、
忘れられることはありませんし、
大手ですからスタッフも教育をされています。

でも、動きが遅いんです。

それは容易に想像ができますが、
大手は個人に決裁権がありません。

現場確認した状況を
上司に報告し、
決済を仰ぐ‥。

ハウスメーカーとしては
修繕が少なければ利益が増えますから、

できることならやりたくない。

のらりくらりの手法を取っている訳ではないでしょうが、
回答が出るまでに
2週間なんて、当たり前です。

日々不満を抱えながら暮らしていて、
伝える時を待っていたのだから、
すぐにやってもらいたい。
でもそうはいかないのが、大手です。

完全に施工ミスであることが明らかであれば、
対応は違いますが、

家は人が暮らせば
色んな部分が汚れてきたり、壊れてくるもの。
どちらに非があるのかを、

見極めるのに、
時間がかかります。

だいたい確認に来る人が、
現場を知らないケースも多々あり、
ガッカリすることも少なくありません。

小さい建築会社は、決済が早い。

ここでいう小さい建築会社とは、
年間10棟ぐらいをスタッフ7人ぐらいで
建てている会社です。

それぐらいの規模だと
事務スタッフは別にして、
すべてのスタッフが建築に詳しい人となり、
安心感があります。

アフターフォローにきた人が、
一級建築士の社長であることもあるし、
その時の現場監督の場合もありますが、

状態を見て、
どこに原因があり、
何をどうすれば改善できるのかが、
その場で判断ができるからスピードが速いんです。

大手は怒ったもん勝ち

新築マンションを購入した知人の実話ですが、

1年点検で伝えていた不具合が、
2年点検の時に
改善していなかった問題を、
どうするのかの答えが出るまで3か月かかったとか。

しかも音沙汰がないので、
連絡して、やっと慌てて動き出す始末で、
ちょっと強く言ったら、
すぐ動いてくれたのだとか。

確かに、たくさんの案件を抱えている大手は
順番に処理していたとしても、
1つ1つに時間がかかれば、
どんどんズレ込みます。

でも、ちょっと怒鳴ってくる人がいれば、
何度も怒鳴られたら溜まったもんじゃないから、
その人から処理をしていく。

ふーん、そういうことをしているから
モンスターカスタマーが増えているのかもしれません。

怒鳴った人から早く処理する仕事をしている人は、
自分が顧客になって時に、
とりあえず怒鳴ってみるようになります。

その方が有利に動くと、
自らの経験で学んでいるからです。

動きの遅い小さな建築会社もある

小さい大きいの基準はそれぞれですが、
例えば年間1-2棟の会社は、
社長が一人で動いているので、

アフターフォローは忘れられがちだし、
他の現場が入っていれば、
すぐに動けないので、リアクションが悪くなりがちです。

逆に50棟以下の会社は、
組織としてマネジメントが出来上がっていないし、
スタッフ教育にも手が回らず、
人材不足であることも少なくなく、

動きが遅かったり、
対応が悪かったりします。

アトピッコハウスはあらゆる規模の会社と付き合いがある

アトピッコハウスは鎌倉の小さな建材メーカーですが、
不思議なことに
大手から、一人工務店まで、

色々な会社とお付き合いがあります。

その中で、
向こう側の様子が伝わってくるのと

お客様(お施主様)からも、
毎日たくさんのお問い合わせや相談を承るので、
なるほど、そういうことか、

と見えてくるのです。
さらにお客様(お施主様)との話から見えてくるのは、

大手だから大丈夫

という今の時代に
まったく根拠のない理屈です。

大手であっても
アフターフォローがダメな会社はあるし
小さくても、
アフターフォローがしっかりした会社もある。

東芝のように、
歴史ある企業も風前のともしびとなる時代。

しっかりと自分の目で見極めていかねばなりません。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 新築 アフターフォロー 大手 | タグ: , , | 新築アフターフォロー 大手だから大丈夫の間違い はコメントを受け付けていません。

新築する時のクロスの選び方

投稿日:2017年09月04日 作成者:


家を新築するというのは、一生に一回あるかないかといった
極めて経験を積むチャンスの少ない体験です。

したがって、クロスの選び方に限らず、
どんな内装にしたらいいのか、

どんな家にしたら満足度が高くなるのか、
熟知している素人の方は多くないと思います。

しかし、床は合板フローリングで、壁、天井は、ビニールクロスといった
どこにでもあって、楽しくない家づくりというのは、
お勧めしたくありません。

クロスと言えば、黙っていると95%がビニールです。
色柄が豊富で、価格も安い。それにメンテナンスも、し易いと思われている。
しかし、調湿性はないし、5年もすると、みすぼらしくなるので、

せっかく新築するなら、ビニールクロス以外の
選択肢を考えてみては、いかがでしょうか?

種類は少なくした方がいい

布クロスという選択肢

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
ビニールクロスにしろ、他の素材のクロスにしろ、
新築する際のクロスの選び方で、

外してはならないのは、種類を少なくするということです。

クロス工事には、「ロス」という使えない部分が発生します。
部屋毎にクロスの品番を変えたりすると、

ロスも、より一層多くなりますので、
品数は絞った方がいいのです。

水回りと、居室を分けるとか、1階と2階を分ける
程度にして、あとは、同じクロスでも、いい位だと思います。

もちろん、台所などの内装制限を受ける箇所には、
防火性能のあるクロスを貼る必要がありますが、

それ以外の場所は、防火性能のあるクロスを貼る必要も
ないですし、自由に何でも貼っていい訳です。

柄は無い方がいい

新築する際、クロスの種類を多くしないということのほかに、
大きな柄とか、目だった柄とかを選択するというのも、

避けた方がいいと思います。

大きな柄とか、目立つ柄のものは、他のクロスとの
釣り合いをとるのも大変だし、

部屋のインテリアが整えにくくなります。

色は、白とかベージュ、柄もないか、あっても、細かいものにしておくと、
部屋の用途が変わった際にも、模様替えがしやすく、

便利です。

ビニール以外の選択肢を考える

新築する際、好んでビニールクロスを選んでいる
人は多くないと思います。

また、そもそもクロスはビニールが中心で、
それ以外のものがあると知っている方の方が少ないと思います。

しかし、壁紙のことをクロスというように、
そもそもクロスは、布で出来ていた訳です。

糸を織って作った「布(クロス)」に、裏打ちの紙を貼って、
壁紙にしたのが最初なので、

クロスとは、布のことだった訳です。

そして、ビニールクロスは、布クロスを真似て作った
製品ということなのです。

クロス以外の選択肢を考える

新築する際、壁にクロスを貼るという選択肢でもいいと思いますが、
クロスにも、ビニールのほか、布や、紙もあるということです。

そして、紙や布といった天然素材のクロスは、調湿性という働きもあるし、
目にも肌にも優しいし、豪華です。

ただ、普通に家を建てると90%以上が、普通にクロスを貼ってしまいますが、
それも勿体ない気がします。

板を貼るのも格好いいし、塗り壁なんかにするのも、
格好いいし、快適です。

塗り壁にすると、壁がボロボロするという印象を持つ人も
いると思いますが、製品次第では、ボロボロしないし、

格好いいです。

予算と、理想の暮らしで考える

せっかく新築するなら、ビニールクロスありきの選択肢ではなく、
塗り壁や、自然素材クロスの選択肢も含めて、

内装材を検討されてはいかがでしょうか?

もちろん、布クロスや紙クロス、そして、漆喰や珪藻土といった
塗り壁は、ビニールクロスよりも、

材料代も高いし、工事が面倒ですから、
工事費は高くなりますが、

家を新築すると、20年、30年、50年と、
いわば一生そこに住む可能性がある訳です。

どんな暮らしを実現させたいと考えるか?
そして、予算は、いくらまでなら投資できるのか?

それを基準に考えていいかも知れません。

いかがでしょうか?

新築する際、クロスありきで選び方を考えるのではなく、
どんな暮らしがしたいのか考える。

また、内装材にどんな選択肢があるのかを知った上で、
素材選定を考えてみることの楽しさを

ご理解頂けたでしょうか?

自然素材クロスにしろ、塗り壁にしろ、
自然素材の家は、快適で気持ちいいです。

そして、豪華です。
せっかく新築するなら、年々愛着が深まっていくような
家作りが理想ではないでしょうか?

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 新築 クロス 選び方 | タグ: , , | 新築する時のクロスの選び方 はコメントを受け付けていません。

新築で成功する秘訣

投稿日:2016年12月19日 作成者:


家を新築するのは、大事業かも知れません。
多くの人にとっても一生に一回の大きな買い物だし、
経験がないことだから、成功させようと考えても、

何に注意すれば、新築で成功できるのか、
皆目見当がつかないという話になる訳です。

アトピッコハウスは自然素材の内装材メーカーです。
自然素材を取り入れた家を希望する沢山の
ユーザーの方から、日々お問合せを頂きます。

その中で感じたことを書いてみたいと思います。

予算が最も肝心

新築で成功する秘訣

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
新築で、成功するために、最も重要だと思うことは、
「予算」です。

自然素材の内装材は、合板フローリングやビニールクロスといった
新建材より、材料費も施工賃も高くなります。

だから、新建材と同じ金額でやってほしいというのは、
始めから無理です。

商品の種類や品質によって、
値段の高い安いはあっても、それでも、
新建材より、高いです。

だから、自然素材を希望していて、
新築で成功したいと思えば、

最初に、「自然素材にする」予算を確保しないとならない訳です。

誰に頼むかも重要

新築で、成功するに当たって、
次に大事なことが、

誰に頼むかということです。

「餅は、餅屋」という通り、自然素材の家づくりにおいても、
得意不得意があります。

もし、不得意な人に任せたら、納得の仕上がりとは、
ならない筈です。

自然素材を取り入れた家と言うのが、
新築で成功する条件なら、

慎重に「相応しい専門家」を選ぶべきだと思います。

誰に頼むかで、成功、不成功が分かれてしまいます。

優先順位を決定する

新築で成功するためには、予算の確保が最も大切だといいましが、
優先順位を決定することも、

それと同様に大切です。

予算に制約がなければ別ですが、
大抵は、限られた予算の中で、

取捨選択していく訳です。

全部の希望を叶えて、予算も抑えるというのは、
不可能だと思います。

もちろん品質は度外視だというのであれば、
「本物に見えるコピー商品」で揃えられるかも知れません。

しかし、合板のフローリングは、5年ほどで、
色があせたり、表面がめくれてきたりします。

特に、縁側の直射日光が当たるあたりは、
目も当てられません。

結露水の影響で、変色して、端のほうから、
剥がれてきます。

ビニールクロスなども、5年、10年で、
端のほうから剥がれてきます。

これは、糊が剥がれるということではなく、
原料の塩ビシートそのものが、

収縮することによる影響なのです。

家族で話し合う

家を新築して、成功させるためには、
「どんな家にしたいのか?」

家族で話し合う必要があると思います。
家族全員の希望条件を確認し、

優先順位を設定し、納得の上で、予算を使うのです。
家だけ立派でも、旅行にも行けない、
外食にも行けないでは、

何のために家を新築したか分からなくなります。

家だけ立派でも仕方ない

せっかく新築するのだから、立派な家にしたいと
誰でも思うと思います。

しかし、「限界予算」と「安心予算」という考え方があります。

無理のない予算を組んで、その予算の範囲内で、
やりたいこと、叶えたいことを実現させる、

そんな家作りが、新築で成功する方法だと思います。

年収がいくらだから、幾らまで借入出来ますというのは、
「絵に描いた餅」で、現実と、かけ離れています。

まずは、「払える金額」から逆算して、
いくらまでの借入なら可能だと判断すべきです。

予算は、自己資金と、無理のない借入れ、
そして、もし親の援助が期待できるなら、

以上の合計金額です。

それ以上の無理はすべきではないと思います。

いいがでしょうか?
新築で成功するためには、
無理のない予算を組んで、その予算の範囲内で、

やりたいことを実現させる。

そして、家族で話し合って、やりたいことの
優先順位を設定しておく。

家だけ立派でも、たまの旅行にも行けない、
外食も出来ないでは、

幸せな家庭生活は送れなくなります。

もし、新築成功の要素の中に、無垢フローリングや
珪藻土、漆喰といった自然素材を取り入れるという

項目も入っているなら、まずは、「予算を確保」することです。

アトピッコハウでは、自然素材の家「べっぴんハウス」を商品化しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 新築 成功 | タグ: , | 新築で成功する秘訣 はコメントを受け付けていません。

新築の見積もりは何社からとるべきなのか?

投稿日:2016年06月23日 作成者:


買い物をする時、
相場がわからないと高いのか、安いのかの判断ができません。

だけど今の時代、相場ってあってないような気がします。

価格差が大きな違いであれば、
判断がしやすいですが、
スペックが細かく違う家電品なんて、悩みます。

毎日買うタマネギでさえ、
普通のタマネギと、有機のタマネギ、そしてブランドタマネギ。

どれも同じタマネギだし、
日本は流通規格が厳しいから形も整っています。
普通のタマネギが不味いわけでもありません。

となると最終的にはお財布の残高と、
自分の好みです。

価値がわからないままブランドタマネギを買っても無駄なように、
ただ漠然と
見積もりを取り続けているだけでは、

新築は成功しないんです。

新築の見積もりは素人では判断がし難い

アトピッコハウス ごとう ひろ美建築会社をカッコよく変身させる

アトピッコハウス ごとうひろ美です。

ポータルサイトから一斉に資料請求をして
数社から新築の見積もりをとる。

新築の見積もりは数社から取得することを
推奨しているポータルサイトや専門家も多数いらっしゃいますが、
本当にそうかな、と疑問に感じることが多々あります。

新築の見積もりを素人が読み解くことは、すごく難しいです。

建築用語は多いし、、
その使い方も各社によってマチマチです。

新築の見積もりのフォーマットもバラバラだから、
細かく詳細を記載している会社もあれば、
ザックリ一式という会社もあります。

細かく詳細を記載している会社が親切だ、
という専門家もいらっしゃいますが、

判断する知識がなければ、読み解くことも難しい。

結局、釘の数が違うとか、
自分が理解できる文字に注目してしまったり、
金額だけで判断せざるを得ないケースも少なくありません。

でも新築って、金額だけで単純に判断できる買い物ではないですよね。

例えばパソコンを買う時、
メーカーによって、機種によってできること、
できないことが違ってきます。

お値段は安くても、
ソフトをすべて入力しないと使えないパソコンもあれば、

値は張るけれど、
ワードもエクセルも入っていて、
電話サポートが無料でついていて、
今日から使えるパソコンが、私には有難いです。

だからヨドバシカメラに行くと、
パソコンで何がしたいのか、どれぐらいの知識レベルがあるのか、
担当の方が、
たくさん質問をしてきてくれます。

その上で、出せる予算を聞いて、
適切な機種を提案してくれる。

10万円程度のパソコンですら、
スペックから判断するのに、

一生に一度の高い買い物である新築を、

なんとなくとった見積の
金額だけで判断するなんて、ものすごく勿体ないことなんです。

1円でも安い家が良いのなら建売がいい

基本性能が整っていれば、
新築は安ければ安い方がいい。

ということであれば建売やマンションがオススメです。

すでに出来上がっている建売や
自由度の少ないマンションは、
パソコンを購入することと同じ感覚で判断ができます。

新築注文住宅は、
平米面積から自分で選べるから見積もりにバラつきがでてしまいますが、
建売は平米面積が決まっています。

大きさが決まっているだけでも、判断材料が1つ固定されます。

画面が大きいTVは高い、
という理屈が納得しやすいのと同じですよね。

建売とはいえ、
パソコンよりも高額だし、高付加価値商品です。

平米面積と、スペックを比較しながら、
自分にとってピッタリの新築と、きっと出会えますよ。

低価格で個性を出したいのなら量産ハウスメーカーがいい

不二家のケーキと
パティシエのケーキ。

どちらが高いかといえば当然パティシエが作ったケーキ。
不二家は工場でつくり、
パティシエは1つ1つ手作りをしているから、ですよね。

パティシエが作るケーキ

新築も同じです。

ハウスメーカーが量産できるのは、
工場で作った部屋を運んで、組み立てているからです。

不二家のケーキと似てますね。

スポンジを工場で焼いて、
お店でデコレーションする。
お誕生日用のプレートや、
イチゴやクッキーはお店でのせます。

クッキーも工場で焼いています。
その種類も色々あるから選べます。

量産ハウスメーカーは、
上にのせるクッキーの種類を、
たくさん用意してくれています。

だから、しっかり個性的な新築になりますから安心してくださいね。

見積もりつくるって大変な作業なんです

ポータルサイトで数社に新築の見積もり依頼をする。

依頼する側は、
クリック1つで済みますが、
見積もりをつくるのは、相当な時間と労力を使います。

たくさんの時間というエネルギーを使った見積書が、
数社から届くんです。

友人関係でも、
お互いの熱量が同等の方が良い関係が継続できるように、
新築も、人と人のご縁。

特に注文住宅は、やりとりが長く続くから、
良好な友人同士の関係のように、
お互い同じ熱量で接することができると、新築が成功します。

実は、ずっと謎だったんです。

新築の見積もりを数社からとっている人で、
幸せになっている人が少ないなぁと…。

アトピッコハウスには、
ハウスメーカーや設計事務所、建売や新築マンションを購入した方、
そしてリフォームやDIYなど、

あらゆる方からの相談をたくさんいただきます。

その方々は、
アトピッコハウスの素材をまったく買っていないんだけど、

建てた新築や、リフォーム工事に納得がいかなくて、
まぁ、愚痴を聞いて欲しい半分、
解決策を模索したい半分な感じで連絡されてきている方も多数。

そういった方々に共通していることの1つが
見積もりをたくさんとって検討したのに…、ということ。

仕事だから建築会社は、
ものすごい時間をかけて見積もりを作ったハズ。

それだけの熱量をもった見積書を、
新築するのだから当然、
高い買い物だから当然、
話し聞いてくれて当然、

と思って軽い気持ちで受け取っていたら火傷しますよね。
人間関係はエネルギーの交換でもあります。

そして見積書というお金は、
膨大なエネルギーを持つと言われています。
たくさんの新築の見積書をもらうということは、

相当なエネルギーを受け取るということ。
それだけの体力と覚悟をもって、
新築の見積もりを数社に依頼した人が、

最高の暮らしを手に入れることができるんです。

価格だけでが重要じゃない。
家は幸せになるためのツールで、
その先の暮らしを大切にしたい。

という方にお薦めの建築会社が、
アトピッコハウス認定店。

ものすごいエネルギー量で、
お見積りしますので、覚悟をもって受け取って下さいね。
べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 新築 見積もり | タグ: , | 新築の見積もりは何社からとるべきなのか? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー