はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 本漆喰のブログ記事

本漆喰と、今の漆喰壁との違い

投稿日:2017年12月21日 作成者:


人気の高い塗り壁の中でも一番耳にしたことがあるのは
漆喰ではないでしょうか。

白鷺城と呼ばれる姫路城でも有名ですね。
寺社で使われることも多くあります。

漆喰には「本漆喰」と漆喰風があるのをご存知でしょうか。
現在のお家づくりに「本漆喰」が使われることは
少なくなっています。

「本漆喰」とはどのようなものなのでしょうか。

本漆喰とは

本漆喰とは?

自然素材の内装材専門メーカーアトピッコハウスの内藤です。
最近見かける漆喰は漆喰風のものが多かったりします。

昔の漆喰は「本漆喰」と呼ばれ、消石灰が主原料となります。
つなぎには麻スサ紙スサや海藻糊が使われたまさに自然素材です。

左官屋さんが自分で調合し、作っていたものなのです。
海藻糊を炊き、麻スサをほぐして混ぜ入れ、少しずつ
消石灰を練り込んでいく。

職人さん自らが丁寧に材料から作っていたのが
「本漆喰」なのです。

手間をかけ、大事に作られてきたのが分かりますね。

本漆喰の歴史

歴史をたどると平安時代の初期には壁材として
漆喰が使われるようになりました。
しかし、当時は大変貴重で高価な材料でした。

その為日本ではお城や寺社など使われることが主でした。
漆喰が火に強いため防火材としても大きな役割を
していました。

漆喰壁が昔から使われるのには耐火だけでなく、
防水、調湿、抗菌、防虫などの効果が高いためです。

江戸時代に入ると海藻などを使った安価な糊が使われるようになり、
漆喰は経済力のある商人の土蔵などに使われるようになりました。

それと同時に左官職人のサインでもある鏝絵の華麗な技術も
開花していきました。
鏝絵はいわば左官職人さんが描くアートです。

また魔除けなどの意味合いも入っていたと言われています。

本漆喰は調湿しない?

調湿するから漆喰を使いたいというお話をよく聞きます。

そもそも漆喰は防火対策の為に室内の壁に塗られるようになったの
ですが、壁の下地は土でした。

土壁の上に消石灰で出来た漆喰を薄塗りしたのです。
土壁そのものはかなりの厚みがありましたから、土壁の上に
漆喰を薄塗りしてもそれだけで調湿したのです。

つまり土壁+漆喰の条件で初めて調湿できるということです。

しかし、現代で使われている下地はほとんどが石膏ボードです。
石膏ボードには調湿性がないため、その上に漆喰を塗っても
調湿しないのです。

本漆喰の色

漆喰の色は白に代表されます。
それは原料が消石灰であるからです。

消石灰は石灰岩を原料とした白い粉です。
これに水を加えて壁に塗るので白い壁が一般的となります。

色の付いた漆喰もありますが、それは着色成分が混ざっている
漆喰ということになります。

着色には「顔料」が使われます。
岩や金属の微粉末です。
着色するというよりも原料の間に色の付いた微粉末が
分散し、着色したように見えるというわけです。

ということは均等に分散することが難しいので
色ムラが起こりやすいということです。

漆喰に色を付けることが難しいと言われるのには
色ムラが起こりやすいということも要因の一つです。

本漆喰と漆喰風の違い

「本漆喰」は先に書いたように天然の海藻や麻などを
使って作っていました。

現代では天然の物のみで作られる「本漆喰」の需要は
少なくなりました。

材料としての自然素材が入手困難であったり、
高価だったりする為です。

そのかわりに化学樹脂を接着剤として使ったり、
化学繊維で出来たスサを混ぜた、新建材の漆喰が
生まれています。

これは「本漆喰」とはほど遠いものです。

いかがでしたか

「本漆喰」は昔ながらの自然素材です。
素材も自然のもので作られています。

でも漆喰風で売られている物には
自然素材といえないものも含まれていたりします。
素材選びをきちんとして気持ちの良い家づくりをしたいですね。

アトピッコハウスでは、調湿性の良い漆喰風の
塗り壁漆喰美人をご用意しています。

本漆喰のようなツルツルな仕上げは難しいですが、
キメ細かくツヤのある美しい塗り壁です。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 本漆喰 漆喰風 違い | タグ: , , | 本漆喰と、今の漆喰壁との違い はコメントを受け付けていません。

本漆喰と漆喰調の塗り壁はどう違う?

投稿日:2016年03月23日 作成者:


塗り壁のニーズが高まるにしたがって
世の中にはありとあらゆる塗り壁商品が溢れています。

中でも「漆喰」は、昔ながらの塗り壁として
憧れている方も多いと思います。

でも、本漆喰だけでなく「漆喰調」のものもある。

本漆喰と漆喰調の塗り壁は何がどう違うのか?
詳しく解説していきます。

そもそも本漆喰ってどんなもの?

本漆喰と漆喰調は色んな点に違いがあります

アトピッコハウス㈱、名古屋出身・スタッフの平野 亜矢子です。

昔ながらの本漆喰は、どんなものかというと
お城やお蔵などの壁や内装に使われる
白くてツルっとした質感が特徴の塗り壁で、

材料に消石灰・麻すさ(植物繊維)・海藻のり・川砂
などが使われています。

しかし、漆喰は現代の住宅では
すっかり衰退してしまいました。

それは、安くて手軽な新建材が台頭したから。

施工に技術の必要な漆喰は、
現代の「安さ」と「スピード」が重視される家づくりには
馴染まないものとなってしまったのです。

本漆喰から漆喰調への転換

漆喰の塗り壁に代わって台頭してきたのが
ビニール製の壁紙。

安くて簡単で豊富な色柄が選べるビニールクロスは
洋風化の進む住宅事情も手伝って、
爆発的に普及していきました。

しかしビニールクロスの家が
ほぼ日本全国に行きわたると
今度は、昔ながらの塗り壁に
回帰するブームがやってきました。

そこで登場するのが、「漆喰調」の塗り壁です。

本漆喰の欠点を改良し、さらに様々な効能をプラスし
現代の住宅事情やニーズに応えた
新しい塗り壁と言えます。

本漆喰と漆喰調では材料が違う

漆喰「調」の塗り壁の多くは「漆喰」という
名前を付け販売されているものが多いですが、

その多くが、本漆喰とは原材料が違います。

製品の元となる「消石灰」そのものをやめて、
別の材料を取り入れている商品もあれば、

ツナギとして使用する麻スサや海藻のりなどに代わって
化学樹脂(接着剤)を採用している商品も出回っています。

材料を代えているのは、本漆喰よりも
より「良い」ものにするために他なりません。

ただし、何を自分にとって「良し」とするのかは
人それぞれ違います。

施工のしやすさを優先した商品なのか
機能性を優先した商品なのか
価格を優先した商品なのかによって
材料の内容も違ってきますので

選ぶ際には自分が何を重視するのかを
見極めることが大切です。

本漆喰には無い「色」が漆喰調には有る

本漆喰の大きな特徴として、
輝くような白さがあります。

姫路城の外壁が塗り直され、
「白鷺城」とあだ名されるのにふさわしい
真っ白な城に生まれ変わったのは記憶に新しいと思います。

漆喰の白の美しさは、昔から憧れの的。

でも、個性が大切にされる現代では
色んな色が選びたいという声が多い。

そのため、塗り壁メーカーは競って
様々な色の漆喰調塗り壁を開発しています。

本漆喰には無い、「色」のある塗り壁なんて、
素敵ですよね。

本漆喰にはない調湿性を備えた、漆喰調塗り壁

本漆喰は「調湿する」というイメージを
持っている方は多いと思います。

でも実は、「本漆喰」自体は、ほとんど
調湿性は備えていないのです。

昔の家は、下地が「土壁」でした。

実は調湿していたのはこの土壁であって
本漆喰ではなく、壁全体で調湿していた
というのが正しい理解です。

現代の住宅はほとんどが石膏ボード。
塗り壁の場合はそのボードの上に1~2mmの
塗り壁を塗るというパターンになるため、
本漆喰では調湿性を発揮することはできないのです。

アトピッコハウスの漆喰調塗り壁「漆喰美人」は
それ自体が調湿することを目的に開発されています。

だから、下地が土壁でない現代の住宅でも
調湿性を発揮することができるのです。

その調湿性能は、本漆喰の2倍。

憧れの漆喰に調湿性能もプラス。
色も20色から選べて、消臭効果もある。

こんなに良いことづくしなのに
接着剤などは使わず全て天然素材でできています。

目に入ると失明の恐れのある消石灰は使わず、
化粧品にも使われる材料を使っているので
DIYでも安心です。

本漆喰のようにツルツルの仕上はできませんが
キメの細かいツヤのある美しい塗り壁です。

資料請求は、こちら

いかがでしたか?

今流通している漆喰の多くは、古来の本漆喰とは異なる
「漆喰調」の塗り壁がほとんどと言えます。

多くのものが現代の住宅事情に合うように工夫されています。
その中から、ご自身の譲れないポイントに合う
漆喰調の塗り壁は必ず見つかります。

アトピッコハウスの漆喰美人なら、
きっとそのお役に立てるはずです!

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 本漆喰 漆喰調 | タグ: , | 本漆喰と漆喰調の塗り壁はどう違う? はコメントを受け付けていません。

壁リフォームで自然素材を使う方法

投稿日:2015年11月27日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

リフォームの壁材で悩む方は多い

リフォームでも自然素材の壁材は使えます

最近立て続けに、リフォームで
自然素材の壁材を使いたいがどれにしようか、
そもそも施工店が使ってくれないかも
…とお悩みのお問い合わせを受けました。

一般的に難しいと思われがちな
自然素材でのリフォームを実現するためには
考え方に少しコツが必要です。

そこで、アトピッコハウスの推奨する
「自然素材でのリフォームを実現するステップ」
を、ご紹介します。

(1)まずは予算決め

なぜなら、「予算」そっちのけで
夢だけどんどん膨らませる家づくりは
膨らむだけ膨らんだ大きな夢をどんどん「削っていく」
という、残念なものにしかならないからです。

だからアトピッコハウスでは、
まず最初に予算を決めてしまうことを
お勧めしているのです。

リフォームに幾らなら出せるのか。
見積もりを見て差額があるようなら
プラス幾らまでなら上積みできるのか?

予算内で実現できることを考えるのが
幸せリフォームへの第一歩です。

(2)自然素材を扱える業者探し

次に大切なのは、使いたい建材は何かを考え
それが施工できる業者さんを探すこと。

「えっ、もう建材のこと?!」と考える方が多いと思います。

もちろん、建材には特にこだわらず
今最も出回っているビニールクロスでも
全く気にしないという方ならいいのですが

自然素材の壁材にリフォームしたい
と思っている方は話が別です。

世の中のリフォーム会社がどこでも
塗り壁や布クロスを使ってくれる
…と思ったら大間違いです。

壁材選びの悩みを抱えてお問合せ下さった方は
いずれも大手リフォーム会社と契約済みの方でした。

大手は大量仕入れの大量販売で
コストを削減しています。

だから流通経路の限られた、特殊な素材とみなされている
自然素材は使いたがらないケースが多いのです。

また、新建材と比較して施工の手間のかかる
自然素材は効率化に反するし、
施工に経験と勘が必要とされるので
できれば避けて通りたいというのが本音。

だから、施工店と契約してから
「自然素材を使いたい」と言っても、
断られてしまったり

何だかんだ言いくるめられて
結局採用できないケースも後を絶たないのです。

だからこそ、最初に施工店が「自然素材」施工の実績がある
もしくは「自然素材」を使って施工してくれるということを
確認することがとても重要なのです。

(3)壁材選び

予算が決まり、自然素材を扱える施工店を見つけたら
いよいよ壁材選びです。

施工店に予算を伝え、布クロス、珪藻土、漆喰など
候補になっている壁材の施工見積もりを依頼します。

一般的に、材料費・施工費とも予算の高いほうから
漆喰>珪藻土>布クロスの順になると思いますが
見積もりの中から自分の予算に合うものを候補に残します。

そうすれば明快で簡単です。

<予算が潤沢な場合>
予算に余裕があり、どの壁材でも可能な場合は
塗り壁にするのがお勧め。

塗り壁を選ぶ場合は、
●調湿性重視=珪藻土の「はいから小町
●見た目重視=ザラッと粗目なら「はいから小町」
上品にサラリときめ細やかなら「漆喰美人

と考えると早いです。

<予算が少ない場合>
布クロスが一番リーズナブルです。

しかも一般的な施工店の標準仕様は
ほとんどがクロス(ビニールクロス)なので
塗り壁に比べて引き受けてもらいやすいです。

ただし、注意点があります。

既存の壁がビニールクロスの場合
それを剥がした後、かなり丁寧な下地処理が必要です。
下地の凸凹(はがした後で残る裏紙の不陸)が、
仕上げに響いてしまう可能性があるからです。

そのため、リフォームで布クロスにする場合は
厚みのある品番の中から選んでくださいね。

★予算不足だけど塗り壁が諦められない!
…という方。

その場合は、全ての部屋に使わず
自分の予算でどのくらいの面積なら塗り壁にできるか
施工店さんに相談してみて下さい。

皆が一番集まるリビングだけ、
気持ちよく眠るために寝室だけ、
子供優先で子供部屋だけ、など。

また、アトピッコハウスにはコストパフォーマンス重視の
パーフェクトウォールという塗り壁もあります。

はいから小町や漆喰美人ほどの調湿性はありませんが
本漆喰の1.5倍程度は調湿し
パターンは付けられないけれど
43色のカラーバリエーションから選べます。

資料請求は、こちら

いかがでしたか?

まずは予算を立てることで
その中で最大限の希望を叶える方法を
スムーズに見つけることが可能です。

アトピッコハウスでは、それぞれのご予算に合う
品質の高い壁材をご用意しています。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 壁リフォーム 自然素材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 壁リフォームで自然素材を使う方法 はコメントを受け付けていません。

これぞ機能美。塗り壁がかっこいい。

投稿日:2015年07月17日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、手島 ふみ子です。

高機能で、見た目が美しい内装材?
答えは、塗り壁です。

下田で見かけたなまこ壁

伊豆の下田で「なまこ壁」を見つけました。

古い町並みなどで見かけるこの外壁、
黒い部分は、平らな瓦で、
つなぎ目の部分には、
漆喰をかまぼこ型に盛り上げて塗っているそうです。

風雨に弱い土壁を瓦で守るために考えられたそうですが、

風雨や、防湿、耐久性に非常に優れているとのこと。

こんなにも均一で美しい外壁が、
意匠性だけでなく、実用に基づいていることに、
驚きました。

高温多湿な日本の住文化は、
湿度との戦いの歴史でもあったのですね。

そして、
その戦いに、古くから、塗り壁は一役買っていたのです。

本漆喰の目的は、防火性能などもありますが、
主に意匠性です。

外気を遮断する現代の家とは異なり、
昔の家は、木と土壁でできていましたから、
通気性は抜群。
(冬寒いとも言いますが。)

土壁が通す空気を遮断しないように、
意匠性のある本漆喰が仕上げに塗られていました。

ちなみに、漆喰が調湿するというイメージは、
この時代にできたものです。

調湿性能はさて置いたとしても、
(アトピッコハウスの塗り壁の調湿性能はスゴイですが)

塗り壁にした部屋の、見た目の美しさは、
安っぽいビニールクロスとはわけが違います!

と、このように述べても
なかなか想像というのは付きにくいもの。

それは、
ビニールクロスが主流の現代に生まれ育った私たちにとって、
塗り壁があまり身近ではないせいだと思います。

私も入社するまで、塗り壁なんて
お寺くらいでしかお目にかかったことがありませんでした。

・・・そう、お寺です!

アトピッコハウスには、
日々、塗り壁に関する様々な質問があります。

「カビますか?」
「調湿性能はどのくらい?」
「ヒビは入りますか?」
「キズは?」
「汚れは?」

全ては、日常的なことに関する疑問です。

実物を目にしたことがなければ、
当然気になる疑問点ですよね。

そこで、身近な塗り壁の施工事例として、

ご近所の神社やお寺を覗きに行ってみては
いかがでしょうか?

近所のお寺。外壁にヒビがありますね~

「漆喰はカビない」なんて、
ネット上で書かれていることもありますが、

お堂の裏などを覗けば、
苔むしていたり、カビていたりする箇所があるはず。
※カビは条件が揃えば、どんなところにも発生します

逆に、日当たり、風通しが良ければ、
美しい漆喰の白が維持されていることでしょう。

また、
「ヒビや傷が入ってしまうからやめた方がいい」という
ご意見もあるでしょうから、

実際に、ヒビの入った様子をご覧になるのも、
良いと思います。

許容できる範囲というのは、個人差がありますから、
やめた方がいいと思えるラインも、

人それぞれだと思います。

以外に
「あ、この程度なら味があっていいじゃない」
と思えてしまうような短所もあるはず。

やはり、出どころ不明の噂に惑わされず、

実物を見て納得するのが一番だと思います。

何より、
これらの、いわばマイナス要素を許容してでも、

塗り壁のもたらす効果というのは、大きいです。

まず一つ、呼吸する建材につつまれるって、
気持ちがいいものです。

「何となくだけど、とっても気持ちがいい空間」にいることを
実感することができます。

それは、調湿性能に優れているせいなのかは
私個人が、無意識に感じていることなので、
定かではありませんが・・・

ビニールクロスの部屋にいるような、
密閉された閉塞感を
自然素材の塗り壁では、感じることがないのです。

そして、見た目がかっこいい。
とにかく、かっこいいです。

かく言う私は仕事中、
何度も事務所内の塗り壁に見入っています。

※事務所内にははいから小町が塗られています

日中、太陽の光を浴びている姿も
すがすがしくて美しいですし、

夜、照明をつけると、
陰影がくっきりと浮かび上がって、
雰囲気があります。

とっても贅沢な気分になれます。

こんな風に、
ふとした瞬間に、美しい塗り壁に癒される。
ふと気づくと、空間が気持ちいい。

そんな何気ないことの積み重ねは、
つもり積もれば、大きな差になります。

もしも、
「どうしてもキズが気になって」という方なら、

日常、壁を傷つけないかストレスになり、
かえって塗り壁にしない方がいいかもしれません。

一方もしも、部屋で寛ぐたびに、
「ああ、やっぱりかっこいい。気持ちがいい。」と
塗り壁を愛せる方なら、

絶対に塗り壁にすべきです!

と、強くおすすめしてみましたが、

こんなにかっこいい壁があるなんて、
私はアトピッコハウスに入社するまで知りませんでした。

家づくりをしている時期に、
塗り壁の存在を知らずにいたら、

ほとんどの人は、
業者さんに提案されるがままに、
壁紙はビニールクロスから選ばされることになります。

ですから、お問い合わせがあるたび、

「内装材に対して、意識(美意識)が高い方が
 たくさんいらっしゃるのだな~」

と、入社当初はびっくりしていました。

家づくり、お金のかけどころが、
「塗り壁にする」って、かなりかっこいいです!

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | これぞ機能美。塗り壁がかっこいい。 はコメントを受け付けていません。

塗壁の調湿効果とは?

投稿日:2015年05月29日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、手島 ふみ子です。

調湿性能の効果はどのくらい続くの?

調湿ダントツNo.1!!

こういったご質問、時折見かけます。

結論から申しますと、何十年と持ちます。

夏は高温多湿で、冬は乾燥する日本で、
やっぱり気になるのは、湿度です。

最近、テレビ番組でも見ましたが、

壁に調湿性能を求める方が
結構いらっしゃるようですね。

調湿とは、
室内の湿度が高いときは吸い、
低いときは吐く、ということ。

このような呼吸の量が
JIS規格の定める規定をクリアすると、
「調湿建材」と謳えるのです。

アトピッコハウスでも、
珪藻土塗り壁はいから小町の調湿性能を気に入って
資料請求を頂くことが多いです。

塗壁の代表といえば、本漆喰。

昔からある素材ですね。

漆喰にも調湿性能があるといった情報も見かけますが、
実はこれ、

漆喰が塗られている下の壁が土壁だった頃のお話なんです。

土壁、こんな感じです。

土壁は呼吸をしますから、
その呼吸を阻害しない漆喰を上から塗ることで、

調湿性能が維持されていました。

「漆喰は調湿してくれる」という方程式は
こうして出来上がったのです。

しかし現在の住宅のほとんどの壁は、
石膏ボードが下に貼ってあります。

石膏ボードは呼吸をしませんが、
気密性が高く、現代のニーズに適しています。

外部との空気の流れをシャットアウトする代わりに、
室内の湿気がこもってしまうのですね。

ここで問われるのが、
室内の壁に、厚さ2㎜程度で塗られる塗り壁材
そのものの調湿性能です。

本漆喰自体の調湿性能はあまり無いので、
下地が石膏ボードだと調湿効果は期待できません。

そこで、現代の塗り壁の主役、珪藻土の出番なのです。

ネットで検索すると、
たくさんの珪藻土塗壁商品があるかと思いますが、

是非、こちらのグラフで比較してください。

はいから小町の調湿性能

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁はいから小町の調湿性能は、
1㎡当たり241gです。

きっと他社さんでも、
同じようなグラフを提示されていることかと思います。

ちなみに、
先ほど述べたJIS規格が定めた調湿建材の規格は、
1㎡当たり70g。

そうなんです、
なんとJIS規格の3倍以上あるのです。

イメージとしては、

肺活量すごいね!!

といったところでしょうか?

ちなみにここで、私の体験談をお話しますと、
去年の夏、
はいから小町の塗られたアトピッコハウスの事務所で、
冷房がなくとも、滞りなく業務を遂行できました。

鎌倉の湿度は、本当にすごいです。

前方を海に、後方を山に囲まれていますから、
町全体がモワッとこもってます。

正直、さらっとまではいきませんが、
一般的な住宅の室内に比べたら、
はるかに快適でした。

暑がり屋の私が、
冷房なしで鎌倉の夏を乗り越えることができたなんて!
とびっくりしたことを覚えています。

何より不快なのは、湿度。
これを壁が勝手に吸ってくれるのは本当に助かりますね!

「でも、吸い切っちゃったら効果がなくなっちゃうの?」

いいえ、大丈夫です。

吸うだけなのは、吸湿・除湿です。

調湿とは、湿度を吸って吐くということ。
湿度が低いときには、吸った湿気を吐きます。

吸いすぎて効果が数年しかもたないなんてことは、
ありえないのです。

自然素材は呼吸します。

はいから小町は、大きく呼吸をしてくれます。

20年、30年と呼吸をし続けてくれる壁に囲まれて
毎日快適に過ごせたら、

とても幸せですね!

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗壁 調湿効果 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 塗壁の調湿効果とは? はコメントを受け付けていません。
12

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー