はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 歴史のブログ記事

珪藻土の歴史

投稿日:2017年08月04日 作成者:


近頃自然素材が人気ですね。
自然の力には人の力、科学の力を持っても敵わないものが
たくさんあります。

その中で神秘的な自然素材、珪藻土について
考えてみたいと思います。
珪藻土はどのように活用され、どのような歴史を歩んできたので
しょうか。

珪藻土ってなに?

おすすめの珪藻土の塗り壁とは

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。
実は私は恥ずかしながらこの業界に入るまで
珪藻土というものを知りませんでした。

そもそも珪藻土って何なのでしょうか。

珪藻土とは海底や湖底に住む珪藻という藻の一種の
植物性プランクトンが
死滅したものが沈積し長い年月をかけ、
化石化したものだそうです。

珪藻には何万種類もあり、地球上に最も早く誕生した原生生物の
一つで珪藻の光合成により地球上に大量の酸素を作り出して
他の生物の誕生に一役買ってくれたようです。

というより今のこの世界があるのも珪藻のおかげかもしれませんね。

珪藻土の歴史

珪藻土が初めて登場するのは今から2000年ほど前に
ギリシャで軽くて水に浮く建築材料として使用されたことだそうです。

歴史を紐解くと火に強い特性を生かし
耐火レンガに使われたり、遺跡から珪藻土の釜が見つかったりと
古くから重宝されていたようです。

かなり昔から珪藻土は人の生活の一部として活躍していたんですね。

現在日本でも人気の塗り壁材としての歴史はどうでしょうか。
まだ塗り壁としての歴史は浅いようです。
色々な資料がありますが、20年ほどのようですね。
それにしては急激に人気が出たようですが何故でしょうか。

珪藻土の特徴

エコロジーが叫ばれ始め、自然素材が見直されたことも
関係があるようですが、やはり、珪藻土の持つ
性能が大きいのだと思います。

まず、調湿効果と消臭効果。

珪藻土には小さな穴がたくさん開いています。
その穴で悪臭物質を吸着し、分解します。
ホルムアルデヒドなどの有害な化学物質も除去すると言われています。

また、自身の無数の穴に湿気を取り込み吸い取ってくれます。
乾燥した時期には蓄えていた湿気を吐き出し、調湿をするのです。

結露対策、カビ対策にも有効です。

そして耐火。
先に書いたように、火に強いため燃えにくいです。
ビニールクロスや合板などは燃えると有害物質を発生させ、
火事になった時の被害が大きいのはこの有害物質による
ものが多いようです。

対し、珪藻土は燃えませんし、自然素材の為
有害物質も出ません。

壁材としての珪藻土のデメリット

上記で記載した特徴は実に壁材として適していますよね。
調湿し、消臭し、耐火性もある。
デメリットは無いのでしょうか。

壁材の素材としての珪藻土はまれに触ると白くなったり
物がぶつかったりするとボロボロすると言われているようです。

また、珪藻土自体に固まる成分が無いため、固めるための
つなぎが必要になります。
このつなぎの材料に何が使われているかによっても
珪藻土の活躍を左右します。

その他どんなものに使われている?

珪藻土は意外と私たちの身近なところで活躍をしているようです。

最近では珪藻土の持つ調湿性を生かしてコースターや、
お風呂のバスマットでも一躍有名になりましたね。

また、プールや温泉の循環装置は何となく想像が付きますが、
なんと、身近なところではビールや日本酒、ワイン、清涼飲料水などの
料飲分野のろ過材にも使われているんです。

料飲にも使われる程、珪藻土の安全性は高いということですね。

いかがでしたか?

メリットしか無いように感じる珪藻土。
ただ、珪藻土といっても色々あります。
珪藻土の含有率が低くても珪藻土と謳っている商品も
あります。

せっかく自然素材の珪藻土と生活を共にするのなら
質の良いものを選んでくださいね。

当社では自信を持ってお勧めできる珪藻土をご用意しています。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 珪藻土 歴史 | タグ: , | 珪藻土の歴史 はコメントを受け付けていません。

自然素材の塗り壁、メリットとデメリット

投稿日:2016年01月26日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

自然素材ならではのメリットがあります。

自然素材ならではのメリットがあります

塗り壁のメリットは何ですか?
こんなお問い合わせをいただきました。

塗り壁、最近よく聞きますよね。

塗り壁にどんなイメージを持ちますか?
いいイメージでしょうか。
悪いイメージでしょうか。

わたしが子供の頃に住んでいた家は
和室が塗り壁でした。

緑と灰色を混ぜたような色の砂壁で
落ち着いた感じの雰囲気

当時は“落ち着いた”ものの良さがわからず
古臭いなあと思っていました。
他の部屋のビニールクロスの壁の方が
かっこいいとすら思っていたのです。

あれから20年

レトロという言葉を知ったり
伝統的なものに惹かれたり

今や、塗り壁=おしゃれ、かっこいい、高級感がある、
と、プラスのイメージを持つようになりました。

塗り壁とは、
ずばりそのまま
塗り壁の材料で仕上げた壁です。

砂や土や泥などの自然素材を用いて
古くから日本の住宅によく使われてきました。

聚楽漆喰などの歴史があるものから、
セメントに水と砂を混ぜたセメントモルタル
粉末の鉱物で作るプラスター
植物の化石を主原料とした珪藻土など

様々な種類が出ており
見た目や強度、性能、予算に合わせて選ぶことが出来ます。

塗り壁のメリット
まずは見た目の良さでしょうか。

塗り壁は左官職人がコテを使って塗る伝統的な工法です。

職人が塗りながら仕上げていくので
いわば、手作りの1点ものの壁です。

工場で作られたものを貼るクロスの壁とちがい

左官職人の技によって
継ぎ目のない一体感のある壁面を作ることができます。

部屋の壁一面に統一感が生まれ
それはまるで一枚の作品のようでもあります。

見た目だけではありません。
機能面でも
塗り壁を選ぶメリットは沢山あります。

まず、塗り壁には耐火性があります。

天然の土や砂、泥などを主な原料とするために燃えにくいのです。
漆喰は武家屋敷に広く使われましたが
その優れた耐火性が武士に好まれた理由の一つだったのです。

そして、調湿性能が優れています。

自然素材を使った塗り壁ならではの特徴です。
湿度が高くジメジメとしているときは
塗り壁が湿気を吸い

反対に
湿度が低く乾燥したときは
湿気を吐き出し

部屋の湿度を快適に保つよう
コントロールしてくれるのです。

寒い今の季節は暖房による結露が気になりますが
調湿性能のある塗り壁を使えば
結露対策にもなります。

湿度をコントロールすることは
カビやダニの発生条件を減らすことにもつながります。

四季があって、湿度も高い日本の家に
身近な自然素材を用いた塗り壁は
ピッタリなのです。

そして、わたしが塗り壁の一番のメリットだと思うことは

なんとなく気持ちがいい、なんとなく空気がおいしい
ということ。

具体的な言葉にも数値にも出来ないのですが

自然素材の壁に囲まれていると
ビニールクロスの部屋にはない
心地よさを感じるのです。

天然の成分を浴びられるからか

昔から人間が付き合ってきた
自然の素材に感じる安心感からかもしれません。

見た目よし、中身の機能面もよし!の塗り壁

しかし、メリットがあればデメリットもあります。

塗り壁に関するお問い合わせで多いのが、
ボロボロ崩れませんか?
メンテナンスは大変ですか?
というもの。

長い歴史がある塗り壁
今はボロボロと崩れにくいものも出ていますし、
メンテナンスは驚くほど簡単です。

塗り壁は拭き掃除が出来ませんが、
静電気が発生しません。
そのため、ホコリや油などの汚れを、そもそも寄せ付けにくいのです。

最近人気の塗り壁、価格帯もピンキリですが

自分が重視するメリットを叶えられる
塗り壁を選びたいですね。

アトピッコハウスの
はいから小町漆喰美人
ボロボロと崩れにくいように開発した塗り壁です。

資料請求は、こちら

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 メリット | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材の塗り壁、メリットとデメリット はコメントを受け付けていません。

冬に感じる自然素材の優しさ

投稿日:2015年12月14日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

冬になると身に染みる、自然素材の温かさ

人に優しい自然素材。

冬至を目前にして、すっかり冬本番になってきました。
日に日に重ね着する服の枚数は増え
我が家も暖房機器を引っ張り出してきました。

気温の低下だけが冬の予感ではありません。

指先がカサカサし始めたり、
洋服を脱ぐときにパチッと静電気を感じると
「あぁ冬だな~」と思います。

特に女性にとって、
冬はストレスフルな季節です。

指先だけでなく、肌の乾燥が目立ってきたので
寝る前にはボディクリームを塗ってから
布団に入るようにしているのですが、
先日、踵にクリームを塗った後で
やり忘れた事があるのに気付き、布団から出ました。

靴下をはくのが面倒だったので、素足のまま
我が家のクッションフロアを歩くと
塗ったばかりのクリームで何とも言えない
いや~なヌルッと感。

水分も油分も吸わないビニールでできた床だから
それは当然のことです。
でももし我が家の床が無垢フローリングだったら、
こんなに嫌な感じはしなかったはずです。

もちろん、無垢フローリングだとしても
全ての油分を完璧に吸うわけではないし、
踏んだところはクリームの足跡が残ります。

でも、無垢フローリングならだんだんと馴染んで
時間を経て吸収されていくはずです。

我が家のようなクッションフロアの場合、
その後拭き取り掃除をしない限り、
跡はそのままベットリと残ってしまうだけです。

資料請求は、こちら

この季節の自然素材に特別な気持ちよさを感じる例は
これだけではありません。

そろそろ大掃除を始めるご家庭も多いと思いますが
我が家もビニールクロスの汚れにうんざりする季節です。

特に、家電製品の近くやスイッチ・コンセント回りが
黒く汚れてしまっていることが多いのですが

実はこれ、「静電気」が原因なんです。

静電気がホコリを呼び寄せ、そこに
油汚れなどが堆積していき、頑固な黒ずみになってしまうんです。

冬になると、空気の乾燥のせいもあって
静電気が発生しやすい季節ですが、
その静電気が汚れにも関係しているとあっては
見過ごせない問題です。

これがもし、ビニールクロスではなくて
布クロスだったらどうでしょうか?

アトピッコハウスの事務所に貼られている
布クロス「すっぴんクロス」は
施工してから約7年が経過しようとしていますが
とても綺麗で、ほぼノーメンテナンスなのに
みすぼらしく汚れたりしていません。

事務所という場所柄、日々スタッフの手に触れ、
しかも荷物や物がぶつかったりなど
ハードな環境にあるにも関わらず、です。

自然素材の糸で織られた布クロスは
静電気が発生しません。
だから静電気由来の汚れが付きにくい。

透湿性がある素材だから、適度に湿気を含むことも
静電気が発生しない要因の一つだと思います。

資料請求は、こちら

これらの例は、自然素材が「呼吸する素材」とか
「生きている素材」と言われるゆえん。

自然素材の内装材の材料は、当然ながら人工物ではなく
自然界に「生きて」存在していたものです。

珪藻土は、珪藻という海の中の植物が
長い時間をかけて体積し、化石となったもの。
無垢フローリング布クロスの糸、
表のいぐさ・畳床の稲わら、
これらはいずれも木や植物からできています。

自然素材は、私たちととても近い存在。
だから、何とも言えない優しさを感じるのです。

水も通すし、空気も通す。
これは「受け入れてもらえる」という安心感と似ています。
触れた部分が私たちの身体から発散される
水分や体温を吸収したり、逆に与えられたり。

そんな目に見えない優しい交流が、
「生命感」を感じさせてくれて
親近感が生まれるんです。

だからついつい、アトピッコハウスの事務所では
内装材を触ってみたくなってしまう。

主にビニールでできている
「新建材」といわれるものは便利な反面
なんだか私たち人間との間に一線があるような
隔たりを感じてしまうことがあります。

それもそのはず、ビニールをはじめとした石油製品は、
誕生してからまだ1世紀も経っていない歴史の浅いもの。

悠久の歴史に育まれてきた自然素材と比較すれば
どちらが私たち人間と近い存在であるかは
言うまでもありません。

現代に生きている私たちにとって
石油製品は切っても切れないものであることは確かです。

だからこそせめて家の内装は
私たちが親しみのある、優しい自然素材を使って
気持ちよく快適に過ごすことができたら
何にも代えがたい、価値ある家になるはずです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 冬 自然素材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 冬に感じる自然素材の優しさ はコメントを受け付けていません。

塗り壁の最大の魅力は「陰影」

投稿日:2015年10月08日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

塗り壁が作り出す陰影の美しさは
ビニールクロスには出せません

櫛引き仕上げされた珪藻土塗り壁は、陰影が美しい

先日のシルバーウィークに旅行した長野では
予定外の大雨に見舞われました。

思いがけない楽しみもありましたが
簡易的な雨具でしのいだためずぶ濡れになり
すっかり疲れ切ってしまいました。

そんな私たちを癒してくれたのが
ホテルの部屋でした。

私たちが宿泊したホテルは
ホテルが立ち並ぶ一帯の中でも
最も古い歴史を持つという老舗でした。

数年前に内装をリフォームしたばかりとのことで
興味深く館内を探索しました。

館内は、廊下もお手洗いも各部屋全て
珪藻土の塗り壁で仕上げてありました。

そして所々に柔らかい光のランプや
素敵な雑貨類で飾られていました。

壁は部屋ごとに櫛引き、ランダムの
パターン付けで仕上げられていて
ランプの光が、優しい影を作り出していました。

照明が当たるとその魅力が一層深まる、珪藻土塗り壁

塗り壁の魅力は、その陰影の美しさだと私は思います。

今では一般的になりつつあるビニールクロスは
最近ではその進化が目覚ましく、
塗り壁調のものは本物と見紛うものさえ存在しています。

けれど、どれだけ本物に似せても
隠せないところが一つだけあります。

それは、ビニール素材特有のテカリ感。

特に日光が当たるところや照明が当たる部分では
その傾向がハッキリと現れます。

テカテカした無機質な光り具合は
その影も美しくはありません。

自然素材の塗り壁は、陽の光も照明の光も
優しく受け止めて、まろやかな雰囲気を
作り出してくれます。

そんな暖かい空間を生み出してくれる
塗り壁の内装は、インテリア小物も
素敵に引き立ててくれる優れものです。

ホテルのそこかしこに散りばめられている
絵や照明器具、オブジェ、植物や小物、
全てが「絵になる」という言葉がぴったり。

照明の加減で様々な表情を見せる塗り壁

これならば、自分なりのこだわりのインテリアを
実現させたくなるというものです。

柔らかな光の魔術師・塗り壁と素敵なインテリア。
それがあれば毎日はやく家に帰りたくなりそうですね。

疲れ切った心身を癒すためには
柔らかい空気感は必要不可欠なものです。

家は仕事や家事で疲れた心と体を癒し
リラックスする空間であってほしい。

それを実現するために、塗り壁という選択肢を
ぜひ家づくりに加えてみてください。

アトピッコハウスでは、
はいから小町漆喰美人パーフェクトウォール
と、個性の違う3種の塗り壁をご用意しています。

塗り壁の選び方にお悩みの方には
全7回のメール講座をご用意しています。
ぜひご活用下さいね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 魅力 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 塗り壁の最大の魅力は「陰影」 はコメントを受け付けていません。

物に歴史を刻んで愛おしむ喜び

投稿日:2015年09月16日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

20年モノのファイルのリフォーム

20年もののファイルをリフォームして生まれ変わりました

アトピッコハウスの事務所で
いつも通りの業務をこなしている中で、
先日ふと気づいたことがあります。

書類をまとめているファイルの
表紙を覆っているビニールが破れ、
醜く剥がれていることが気になりました。

リフォーム前のボロボロのファイル

棚に収納するときに、他のファイルが
引っかかったりして使い勝手も悪くなってきたので
さすがにもうお役御免かと思い、
ひろみ専務に声をかけました。

「このファイルもすっかり年季が入って
みすぼらしくなってきたので、新しい物にしますか?」

すると専務。

「う~ん、そうだねぇ。確かにボロボロだけど
使えることは使えるんだよね?」
「これ、創業当時から使ってるから、
実は20年モノになるんだよね。」

「え~~~~?!20年間
ずっと使い続けているんですか?」

その場にいたスタッフ全員、
驚愕と感嘆の叫び声をあげたのは
言うまでもありません。

アトピッコハウスは、おかげさまで
設立から20年を迎えようとしています。

設立当初は狭い事務所なのにがらんとしていて、
注文が全くない日が続くこともあったそうです。

そんな苦難を、ああでもないこうでもないと
紆余曲折を経て乗り越えて、

今では多くの施主様に支持していただき
ありがたいことに、毎日注文が絶えることがないほどに
アトピッコハウスも成長しました。

そんなアトピッコハウスの誕生・苦難・成功
そして現在に至る道のりを全て見てきた、
いわば「歴史の証人」ともいえるこのファイル。

その場にいる全員、ファイルに愛おしさが湧いてきて
すっかり捨てる気を失ってしまいました。

すると、また専務。

「可愛い紙があるから、リフォームしてみる?」

可愛いイラスト入りの紙と
マスキングテープを駆使して…

なんということでしょう!
ボロボロだったファイルが
素敵に生まれ変わったではありませんか。

リフォームで素敵に生まれ変わったファイル

モノがあふれている今の時代。
買い替えようと思えば安いものはいくらでも
手に入ります。

ましてや、ファイルなんて
今は世の中にごまんとあふれています。

けれど、そんな中で「歴史を知る」古いものを、
こうやってリフォームして大切に使うということが
私たちにはとても新鮮で、素敵なことに思えたのです。

それは、家づくりでも同じこと。

安くてそれなりのものは
今はいくらでも手に入ります。

けれど、何十年も先まで
大切にメンテナンスをしながら
一緒に歴史を重ねていけるなんて素敵です。

ただ、どうせ年を重ねるなら、
醜く劣化してボロボロになっていくものよりも

年を経て熟成し、円熟味を増して
価値が上がっていくものを選んだほうが良いことは
誰が見ても明らかですよね。

無垢フローリングや、塗り壁は
先程のファイルのように
醜くボロボロになることはありません。

傷やシミがついても、素敵に風化されて
味わいを深めていきます。

アトピッコハウスの築70年になる
無垢フローリングの床は
年代もののブランデーのような
使い込まれた革製品のような
歴史の重みを帯びた輝きを放っています。

70年の歴史を刻んだアトピッコハウスの無垢床

一つのものを長く大切に
愛情をこめて使っていく嬉しさを
ぜひ皆さまにも味わっていただきたいと
アトピッコハウスは考えています。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 物 歴史 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 物に歴史を刻んで愛おしむ喜び はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー