はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 漆喰のブログ記事

漆喰の塗り方を学んでも塗れない

投稿日:2017年03月15日 作成者:


漆喰をDIYしたいということで、
塗り方のお問い合わせを頂くこともありますが、

本物の漆喰の塗り方を学んでも、
素人の方が、簡単にDIY施工できるようなものでは
ありません。

では、漆喰の塗り方とは、どんなものでしょうか?

本物の漆喰は、素人には塗れない

漆喰は、施工が難しい

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
原料の意味で言うと、本物の漆喰は、
消石灰に糊などを加えたものです。

下地を含めて、漆喰と考えている人も
多いと思いますが、

漆喰とは、土壁の上に塗られた
白い「仕上げ材」です。

大した厚みは、ありません。

しかも、平滑な下地を作らないと、
平滑に仕上がらないし、

漆喰調と呼ばれる平滑(フラット)な仕上がりに
しようと思うと、

ちょっと塗り方を学んだ程度では、
上手く仕上がりません。

問題は塗り方ではなく、施工の技術の問題なのです。

塗れないのは、技術的な問題

素人には、この平滑に仕上げるというのが
とても難しいので、

もし、平滑に仕上げたいなら、
塗り方を学ぶよりも、

プロに工事を依頼した方がいいと思います。

本物の漆喰は、DIYで施工できるほど、
簡単な素材ではありません。

もし、仕上がりの品質は兎も角、
本物の漆喰が塗りたいという場合は、

大らかに取り組めば、多少ヘタクソに
仕上がっても、「味」だと思えるし、「思い出」だと
思えると思います。

しかし、もし、それなりの仕上がりを期待するのであれば、
素人では、無理だと思います。

と言うのも、いくら塗り方を学んでも、
平滑とかフラットと呼ばれるレベルにしようと思うと、
技術力が必要だし、腕がよくないと、

無理だからです。

養生や下準備は解説出来ても、
コテの動かし方などは、

実際にコツを掴まない限りは、
右利きの人は、左の上隅から塗り始めてください
といった程度のことしか言えないし、

さっと全体に軽く塗って、その後仕上げてください
といった程度のことしか言えません。

漆喰を塗りたいなら、漆喰風

もし、DIY施工で、漆喰を塗りたいのであれば、
本漆喰の塗り方を学ぶのではなく、

漆喰調の塗り壁を塗ればいいと思います。

漆喰調に仕上がる塗り壁の方が、
本物の漆喰よりも、施工が簡単です。

漆喰の扱い難さが解消されていますから、
施工も簡単で、それなりの仕上がりにも
なると思います。

そして、漆喰調の塗り壁を施工する場合でも、
本漆喰を仕上げる時のように、

平滑とかフラットという仕上げを希望しない方が
いいと思います。

多少「コテ跡」は残ってもいいとか、
はっきりとした仕上げパターンをつけると、
決めておいた方が、

工事が簡単です。

そもそも漆喰に何を求めるか

漆喰の塗り方を学ぶ前に、
そもそも漆喰に何を求めているのかを
考えた方がいいと思います。

本物の漆喰であることが重要なのか、
漆喰風の壁に仕上がることが重要なのか?

そして、漆喰の塗り方を学んで、
自分で塗ることに、意味があるのか?

等といった問題です。

もし、消石灰を原料とした「本物の漆喰」である必要がない
のであれば、

もっとお手軽に、漆喰風に仕上がる塗り壁にされた
方が、いいように思います。

昔の漆喰と今の漆喰は違う

本物の漆喰は、消石灰を原料とした「白い壁」ですが、
表面に塗られている部分は、1mm、2mm程度の
厚さしかありません。

現代の漆喰調塗り壁も、表面の仕上げという意味では、
やはり本物の漆喰同様に、

1mm、2mmの塗り厚です。

しかし、昔の漆喰と、今の漆喰は、
根本的に下地が違います。

昔の漆喰の下地は、厚みが15cmも、20cmもある
土壁でした。

しかし、今の漆喰は、下地が石膏ボードです。
つまり、調湿性能がないので、

本物の漆喰を塗る場合でも、
現代は、下地が石膏ボードになるので、
調湿性能は期待できないのです。

もし、調湿性能を期待して、漆喰を塗りたいというのなら、
現代の漆喰調塗り壁の方がいいと思います。

いかがでしょうか?

漆喰の塗り方を学ぶといっても、
本物の漆喰を塗りたいのか、漆喰調の塗り壁でいいのか、
それによって選択肢が変わると
ご理解頂けたでしょうか?

本物の漆喰の施工は難しいです。

目的にもよりますが、漆喰の塗り方を
学ぶよりも、プロに工事を依頼した方が
いいと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 漆喰 塗り方 | タグ: , | 漆喰の塗り方を学んでも塗れない はコメントを受け付けていません。

漆喰の下地は、石膏ボード?

投稿日:2017年01月27日 作成者:


一言に「漆喰」といっても、
今の漆喰と、昔の漆喰は違います。

その一番違うものが「下地」なのです。

また、漆喰そのものも、昔の漆喰と、今の漆喰では、
原料も違うし、使い方も違います。

漆喰に何を求めるかにもよりますが、
漆喰の下地を含めて解説してみたいと思います。

昔の漆喰と、今の漆喰は違う

漆喰の下地は、石膏ボードです

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
漆喰は、消石灰に糊や接着剤を加えた塗り壁です。
消石灰の原料は、生石灰(きせっかい)と呼ばれるもので、

生石灰は、石灰岩から作られます。

漆喰は、炭酸ガスを吸収するから、
環境に優しいといった言い方をしますが、

実は、漆喰を作る過程で、大量の燃料を使うので、
環境に優しいという話は眉唾ものなのです。

それは兎も角、まず、石灰岩を焼いて、
生石灰を作り、それに水を加えて、

消石灰を作ります。

これが漆喰の原料になる訳です。

本物の漆喰は、この「消石灰」を原料にしたものですが、
扱いは危険だし、難しいです。

本物の漆喰は、素人の方が、DIYで塗るような
代物ではありません。

一番違うのは、漆喰の下地

今の漆喰と、昔の漆喰の一番の違いは、下地です。

昔の漆喰は、下地の壁が土壁でした。
竹木舞(たけこまい)と言って、竹を編んで、下地を作り、

そこにワラを混ぜて、発酵させた土を塗って、
下地を作る訳です。

その土の発酵にも、昔は、半年も1年も掛けていました。
だから、現代のように、

チャチャと「家が建つ」ということが無かったのです。
キチンとした家は、完成するまでに1年も2年もかかりました。

しかし、今は、そんな家の作り方をしていません。
それは、本格的な家であってもです。

よほどこだわって指定しない限り、土壁の下地の家なんて、
ほぼありません。

それは、田舎であっても同じです。

漆喰風と、本漆喰

漆喰というと、ツルっとした感じに仕上がった
白い壁をイメージする方が多いと思います。

まさに、漆喰のイメージは、あれだと思います。

だから、「漆喰風」に仕上がった塗り壁でいいのか、
あくまで、消石灰を原料にした「本漆喰」がいいのか?

そこをはっきりとさせるべきだと思います。

今はどちらの漆喰も、下地は石膏ボード

ただし、漆喰風の塗り壁にしても、
本漆喰にしても、今は、下地は、全て、石膏ボードです。

また、石膏ボードには調湿性能はないので、
下地が壁の調湿性能を補ってくれるということはありません。

もし、塗り壁に調湿性能を期待するのであれば、
それは、仕上げ材そのものに調湿性能があるかどうか、

また調湿性能の高い仕上げ材を塗らないとならないと
いうことです。

もともと本漆喰は、調湿性能に優れた素材ではありません。
昔の漆喰が調湿したのは、

下地が「土壁」だったからです。

漆喰に何を求めるか?

内装の仕上げに漆喰を塗る場合、
何を期待して、漆喰にするのかを

スタートの前に、キチンと描いておく必要があると思います。

もし、漆喰調の仕上がりを希望していて、
調湿性能も求めているのなら、

調湿性能が「担保」されている「漆喰風」に仕上がる
塗り壁がいいと思います。

本漆喰にしても、漆喰調の塗り壁にしても、
下地は、石膏ボードです。

調湿性能の良し悪しは、仕上げ材料の
性能で決まります。

いかがでしょうか?

漆喰の下地に関して書きましたが、
昔の漆喰も、今の漆喰も「下地」は、

同じく、石膏ボードです。

もし、調湿性能を期待しているのなら、
下地の石膏ボードには期待できません。

漆喰調に仕上がるだけでいいのであれば、
本漆喰を選ぶ必要はないと思います。

でも、やはり「消石灰」を使った
「本漆喰」がいいということであれば、

調湿性能は、期待されないことです。

アトピッコハウスでは、漆喰調に仕上がる
「漆喰美人」という塗り壁を作っています。

こちらは、粘土の化粧品などとしても使われる
モンモリロナイトを主原料にしていますので、

消石灰を使った「本漆喰」ではありません。

しかし、一般的な漆喰の2倍以上の調湿性能があります。

もちろん調湿性能だけに限ったら、
珪藻土系の塗り壁の方が、性能が良い可能性があります。

といっても、調湿性能は、JIS規格で、キチンとした
評価基準があるので、

JISに基づき、どの程度の性能があるのかを
調べておかれるといいと思います。

漆喰美人の調湿性能は、94g/㎡/24hです。

また、下地に関しては、漆喰美人も、普通に「石膏ボード」です。

アトピッコハウスの漆喰調塗り壁「漆喰美人」のことを
詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 漆喰 下地 | タグ: , | 漆喰の下地は、石膏ボード? はコメントを受け付けていません。

新築も地産地消が理想です

投稿日:2016年10月28日 作成者:


食材の地産地消が声高に言われていますが、
新築も、同じです。

地元で育った木材を使って建築することができれば、
樹木への負担も小さく、
建築後、安定しやすいと言われています。

さらには南側には、南斜面で育った木材を使う。

なんて贅沢!と今なら思いますが、
森林に囲まれた国だからこそ、
それが理想の地産地消なのですよね。

地産される資源がなければ地消もできない

アイスランドを旅してきました。

4848c1ac5624c6916fa88b556b134378_s

建築会社をカッコよく変身させる
アトピッコハウス ごとうひろ美です。

アイルランドではなく、アイスランドです。
北極ではないので白熊はいません。
「アイス」「ランド」ですが、氷の国ではなく、

夏は涼しいですが、
冬はベルリンやニューヨークの方が寒い、らしいです。

というような程度の予備知識のアイスランド。
聞いてはいましたが、
岩ばっかりで「木」がありません。

b59304989818ef0a03f5ccd2165b27a6_s

北海道の広がる大地、とも違います。

だって岩なんですもの、岩。
土と岩って違うんです。
やっぱり岩は、硬いっていうか
アイスランドは荒野に近いような印象でした。

だから建物はコンクリートが中心。
昔は岩や石で作っていたようです。
それがアイスランドの地産地消とういことになります。

日本の地産は木材だけど‥。

樹木もなくて、草も少ない。
当然、花も少ないという景色は、新鮮でした。

でも、あまり長く荒野を見続けていると、
飽きるというか、
ちょっと脳が疲れてくる、ような気がしました。

それはトランジットでロンドンに立ち寄って、確信に変わりました。

ロンドンの空は曇っていますが、
中心部には公園がたくさんあって、
大きな木がたくさんあります。
レンガや石の建物が続く景色の向こうに、

樹木が見える。
公園の中を歩いてみる。

ea5851ef8abaff2d4c682d6e4d4f0718_s

なんか、ほっとしました。

多くの日本人が好きなハワイにも、
樹木がたくさんあります。
だから日本人はハワイが好きなのかもしれません。

森林国ニッポン、ですよね。
でも輸入材よりも国産材の方が高いことも多く、
なかなか地産地消とはいきません。

最近は、地域の建築会社と、
製材屋さんが協力して使いやすく工夫したり、
国としても国産材を使用することでポイント割引を適用させたり、

様々な取り組みが始まり、
以前よりは地産地消を選べるチャンスが増えてきました。

地産地消のメリット・デメリット

木材は20年、30年の期間をかけて成長します。
場所を移動する訳ではないので、
その土地の気候風土に、当然馴染んでいます。

自然素材は生きています。

生きやすいようにサポートしてあげれば、
安定しやすく、長持ちします。

また、配送距離が短いので、
エネルギー消費が少なくなります。
地球全体の環境で考えれ、ものすごいメリットです。

そしてデメリットとしては
樹種が選べないことが、一番大きいかもしれません。

日本の植林は針葉樹が中心です。
フローリングとして伐採できる樹種も限られるため、
どうしても杉、檜が中心となり、

家のイメージと合わない、というケースも出てきてしまいます。

輸入品は、遠い国から輸送されているわけですから、
エネルギーの消費量は大きいですが、
必ずしも全体コストを考えると安いわけでもありません。

これが、国産木材の地産地消が進みにくい理由かな、と考えています。

建築会社も地産がいい

新築を考えた時、
住宅展示場に足を運びます。

住宅展示場に出展しているのは、
ほとんどが東京に本社のある会社。
都内在住の方であれば地産と考えることもできますが、

アトピッコハウスのある神奈川から考えれば、
それは違う土地の会社です。

地産の建築会社のメリットは、
土地の気候風土をよく理解していること。
代々、その土地で営んできた建築会社であれば、
過去の実績から、
色んな知識を持っています。

このエリアは湿度が高いんだよね。
高台で風が強いから、こういう建て方がいい。

そういう経験があるから、

地元の木で家を建てようと考えたり、
逆に、ここは輸入品を使う方がいいかもしれない。
そんな発想が生まれてきます。

それは都内の本社から指令を出し、

工場で材料を生産している
量産ハウスメーカーにはできないことです。

食事は毎日のことだから地産地消がいい。
そう考えるのであれば、
毎日暮らす、大切な睡眠場所である家こそ、

地産地消で考えてもいい。

日本には木の家づくりが似合っています。
そして、日本人は樹木が大好き。
それはDNAに刻まれていること。

バイキング出身のアイスランド人とは、やっぱり違うようです。

アトピッコハウスは「ハウス」とついていますが、
新築工事はしていませんが、地産地消の家づくりが得意な会社はご紹介ができます。
11

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 新築 地産地消 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , | 新築も地産地消が理想です はコメントを受け付けていません。

漆喰の特徴、他の塗り壁に無い魅力とは

投稿日:2016年07月28日 作成者:


自然素材の塗り壁の中でも、珪藻土と漆喰は人気があります。
どちらにするか迷っている方からのお問い合わせで多いのは、
「珪藻土の方がおすすめなんですか?」というもの。

調湿性能が優れた珪藻土の方が
メリットが目立ってしまうのかもしれません。
では、漆喰の特徴とはどのようなものでしょうか?

艶のある真っ白な意匠が漆喰の特徴

ツヤのある滑らかな質感は漆喰壁の特徴です

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

数年前、姫路城の塗り直しで話題になりましたが、
漆喰は日本のお城によく塗られていました。

お城の壁を想像するとわかりますが、
漆喰は、真っ白な色とペンキのようなフラットな仕上がりが特徴です。

肌質はきめ細かく、ツルっとしていて、
珪藻土には無い質感。

対する珪藻土は粗いザラっとした仕上がりなのです。

漆喰の見た目を好むかどうかが、
塗り壁選びのポイントのひとつになります。

漆喰の原料の特徴、石灰石と自然素材

漆喰の原料は石灰石です。
石灰石を焼いて、水を加えて消石灰にしたものを使用します。

さらに、消石灰に糊の役目をするものを混ぜ
壁に塗りやすいようにペースト状にします。

昔は糊の役目に海藻のりが、
つなぎの役目にはワラなどの自然素材が使われてきました。

自然素材を使っているので
漆喰の特徴に調湿性をあげる方もいますが、
実は、漆喰自体にはほとんど調湿性はありません。

昔ながらの漆喰に調湿性能は無い

昔は漆喰を土壁の上に塗りました。
漆喰は当初、その特徴のひとつでもある耐火性を高めるために
仕上げ材として塗られていました。

下地の土壁は15センチから20センチもの厚みがあり
調湿の役割を果たしていたのは、
漆喰ではなく、下地の土壁だったのです。

ところが、現代の下地は
ほとんどが石膏ボードです。
石膏ボードには残念ながら調湿性能がありません。

その上に1ミリ2ミリの漆喰を塗っても、
調湿性能は期待できないのです。

漆喰の意匠性と調湿性の両方が特徴の新しい漆喰

調湿性能だけを重視すれば珪藻土を選んだ方が
高い性能を期待できます。

ですが、
ザラっとした珪藻土の質感よりも
漆喰の特徴である
ツヤっぽい滑らかな肌質を好まれる方も多い。

そこで、石灰石を使わずに
別の原料で作られた新しい漆喰が開発されています。

調湿性能のある建材というには、
JIS規格の最低基準70g/㎡/24hの
数値を上回る必要があります。

昔ながらの石灰石を使った漆喰の数値は
40g/㎡/24hで、調湿建材とは言えません。

アトピッコハウスの漆喰は
原料にモンモリロナイトという天然の粘土を使った
新しい漆喰ですが、調湿性能は94g/㎡/24hあり
昔の漆喰の2倍以上です。

漆喰の見た目と調湿性能を求める方に
おすすめできる塗り壁です。

いかがでしたか?

漆喰ならではの見た目の特徴と、調湿性能の両方を兼ね備えた漆喰は
昔ながらの漆喰が本漆喰と言われるのに対し、
漆喰調と呼ばれ、販売されています。

漆喰の見た目だけを重視するなら、
本漆喰で十分ですし、
その方がリーズナブルです。

調湿性も求める方には
新しい漆喰調の塗り壁を選ぶことをおすすめします。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 漆喰 特徴 | タグ: , | 漆喰の特徴、他の塗り壁に無い魅力とは はコメントを受け付けていません。

色のついた漆喰調の塗り壁

投稿日:2016年03月02日 作成者:


色塗り壁にもいろいろな種類がありますが、ツルっとした漆喰調の風合いを好まれる方は多いと思います。本漆喰では白色しか選べませんでしたが、漆喰調のものならカラーバリエーションも豊富。本漆喰との違いなども説明しながら、色のご紹介をしていきます。

色の印象、大事です

色でも春らしさを感じます

アトピッコハウス(株)スタッフの尾崎奈苗です。

刻一刻と春が近づいてきています。
先日デパートへ買い物に行くと、
ちょうどお雛様がたくさん売られていました。

昔ながらのキリっとした顔立ちのお雛様もあれば、
現代っぽく目が大きなお雛様もいて、
それぞれ個性があって、見ているだけで楽しめます。
小道具も、扇子がきちんと紙でできているもの、

プラスチック製のもの、お値段によっても様々でした。

細かく見れば見るほど違いが分かるのですが、
やはり第一印象は、衣装の色で決まると思いました。

大きなものになると部屋の大半を占めることになるのですから、
衣装の色が鮮やかだと部屋全体がハッキリした印象、
優しい色だと、部屋もしっとりとした印象になります。

壁の色は部屋の印象を左右する

ひな人形は季節ものなので一時だけですが、
壁は、常にその部屋にあるものです。
ひんぱんに変えられるものではないので、
壁の色で悩むお客様は多いです。

いざ、塗り壁にしようと決めても、
次は色で迷ってしまうのですね。

部屋には家具やカーテンを置くので、
壁は基本的に白に近いものが一番無難です

ただ、やはり真っ白ではつまらなかったり、
寝室はちょっと落ち着いた色を、とか
子ども部屋は明るい色を、と思われる方も多いかと思います。

本漆喰は白色のみ

ツルっとした風合いを好まれて
漆喰にしたい、というお問い合わせがありますが、
アトピッコハウスの漆喰美人は、本漆喰ではありません。

本漆喰は、もともと防火性に優れているため
お城の外壁などに使われていたのですが、

有害である消石灰が原料となるため、
現在はあまり使われることがありません。

調湿の面から見ても、
漆喰自体には調湿性能がほとんどないため、
現代の家の呼吸しない石膏ボードに塗るだけでは
漆喰の長所も感じることができません。

しかも、本漆喰は、基本的に白色のみ。

カラーバリエーションが豊富

漆喰美人は、漆喰調でありながら、
調湿性能は本漆喰の2倍。
消臭効果もあるので、ペットがいるお家でも安心です。

主原料はモンモリロナイトという天然の土で
化粧品の原料にも使われているミネラル成分なので
安全性もばっちり。

さらに、20色のカラーバリエーションがあります。

色の名前は、
真っ白な夕顔に始まり、
ブルー系の忘れな草やつゆ草、

パープル系の藤や萩、
イエロー系のすいせんややまぶきなど、

全てに花の名前がついています。

天然の色土や、ベンガラという天然の顔料で
着色してあるので、
どの色も自然界にある色です。

どれもマット感のある落ち着いた色味なので、
和室、洋室、どちらにも合います

あとから家具を置くことを考えて、
壁の色はなるべく個性的でない色味のほうがいいです。

漆喰美人の20色は、
落ち着いていて
決して奇抜ではないけれど、
しっかり自分の好みが出せる色が揃っています。

11

せっかく漆喰調の壁をご希望でしたら、
漆喰調がプリントされた壁紙ではなく、

調湿性能も消臭効果も高い、
触り心地も気持ちいい漆喰美人
ご検討くださいね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 色 漆喰調 塗り壁 | タグ: , , | 色のついた漆喰調の塗り壁 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー