はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 無垢の家のブログ記事

無垢の家と、新建材の家の違い

投稿日:2017年04月03日 作成者:


無垢の家に興味のない人は、
無垢の家と、自然素材の家の違いと言われても、
意味が分からないと思います。

しかし、「自然素材」が好きな人にとっては、
無垢か、新建材かといったことが、

とても、気になる。

週末、近所で開催していた「住宅現場見学会」に
行ってきました。

そこでの感想も踏まえて、無垢の家と、自然素材の家
について、解説してみたいと思います。

今でも、シックハウス?

無垢の家は、気持ちいい

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
シックハウス問題は、2003年に法律で規制されたので、
大方の人にとっては、解決済みの問題だと思います。

しかし、あれから15年近くたっているのに、
この週末は、とても、驚きました。

見学させて頂いた住宅は、古い家を
フルリフォームしたもので、

外観も、内装も、設備も、全部真新しくなっていました。
しかし、玄関を開けた瞬間、

「うっ」となってしまいました。

「今時、こんなに臭うんだぁ~」と思いました。

シックハウス問題は、住宅の気密性が上がったことと、
建材に使われる「化学物質」が揮発することで、

発生しました。

そして、換気設備の設置が義務付けられ、
1部の化学物質の使用が禁止されたり、

制限されたりしました。

しかし、それで問題が解決するとは、到底思えませんでしたが、
あれから15年経っても、

新建材の家は、「まだ、こんなに」臭いんだと、
ショックを受けた訳です。

貼りものに魅力を感じない

その家を設計された方にとっては、
どんなところにこだわったという話はしてくださいましたが、
話の中心は、「耐震」とか「気密」といったことが多く、

内装材に関しては、あまり話が出ませんでした。

壁も天井もビニールクロス貼り、
家具類も、全て、シート貼りの製品。

表面が、ピカッ、テカッとして、
見るからに「貼り物」。

まったく魅力を感じませんでした。
でも、無垢の家に関心がない人であれば、

内装材に自然素材を採用するという選択肢は、
ないのでしょう。

なんといっても、本物がいい

無垢の家が好きな人も、新建材の家でいい人も、
どちらもいらっしゃると思います。

しかし、「無垢の家」が好きな人は、
無垢フローリングとか、塗り壁といった

自然素材のことを知っていて、
「新建材の家」でいい人は、

そもそも内装材に関心はなくて、
設備とか間取りとか、色柄に関心があるように思う。

週末、見学に行ったお宅でも、
自然素材と呼ばれる内装材は、

一切使われておらず、私にとっては、
魅力のない家でした。

「化学物質臭」で、臭いというのは別にしても、
床も壁も天井も、パリバリの新建材で、

家具もシート貼りだと、
3年、5年で、みすぼらしくなると思うのです。

それに反して、無垢の家は、経年変化で、
味わい深くなります。

価値を感じない人には意味がない

とはいえ、無垢の家に価値を感じない人にとっては、
無垢フローリングや塗り壁といった

自然素材の内装材と言われても、
魅力も関心も持たれないと思うし、

「新建材」の何が、悪いんだと思うと思います。

新建材が「普通」だと思っていて、
無垢の魅力や価値を知らない人であれば、

一生そのままがいいと思います。

建てた後で後悔しても、そんなに簡単に
建替えられる訳でもありません。

知らなければ、一生、それでいいと思うのです。

どこにお金を使うか?

キッチンやお風呂といった設備に価値を感じて、
そこにお金を使いたいという人にとっては、

豪華なお風呂やキッチンが自慢ということになるのだと思います。

しかし、私は、無垢フローリングとか、
塗り壁といった自然素材の内装材に関心があります。

もちろん、家の断熱性は高くするべきだし、
気密性も高い方が、暑さ、寒さをしのぎやすいし、

冷房も暖房も効きやすい。

耐震性が高いのも当然に必要な性能だと思う。

しかし、私は、設備に、100万、200万といった
費用をかける位なら、

無垢フローリングや塗り壁にしたりといった
自然素材の内装材にお金を使いたい。

いかがでしょうか?

無垢の家に興味も関心もない人は、
内装材よりも、豪華なキッチンとか、お風呂に

魅力を感じるかも知れません。

しかし、お風呂やキッチンを普通のものにすれば、
同じ予算で、内装材を自然素材に出来ます。
新建材の家ではなく、無垢の家を検討してみては、

いかがでしょうか?

アトピッコハウスでは、自然素材の家「べっぴんハウス」を商品化しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢の家 新建材の家 違い | タグ: , , | 無垢の家と、新建材の家の違い はコメントを受け付けていません。

無垢の家のメンテナンスは合板フローリングよりも簡単

投稿日:2016年03月04日 作成者:


無垢の家に憧れはあるけれど、
メンテナンスが大変そうと諦めてしまう人がいます。

無垢のフローリングに繊細なイメージを抱いていたり
あるいは、工事をお願いしても、
手入れがとても大変だからと業者に反対されるケースもあります。

でも本当は、無垢のメンテナンスは簡単!
それを知らずに諦めてしまうのは、もったいないと思うのです。

無垢の家に特別なお掃除は不要

無垢の木の家なら、美しい経年変化も楽しめます。

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの元岡です。

無垢フローリングのお掃除方法は
合板のフローリングとほとんど変わりません。

お掃除シートでさっと拭くだけでも十分ですが、

掃除機をかけることだって、水拭きだって出来ます。

無垢フローリングは
水拭きがタブーだと思っている方も多いのですが
雑巾掛けがしたい場合も問題なく出来るのです。

考えてみれば、
自然の中で雨にも負けず風にも負けずに育った木なのですから、
丈夫なのは当たり前。

腫れ物に触るような扱いは不要なのです。

無垢の家はワックス掛けが面倒というのは嘘

「無垢はどれくらいの頻度でワックス掛けが必要ですか?」

このようなお問い合わせをよくいただきますが、
特に決まりはありません。

お掃除の頻度が各ご家庭によって異なるように、

ワックス掛けの頻度も
それぞれの生活スタイルや
見た目の好みに合わせてすればいいのです。

ワックスメーカーの多くは
半年ペースでの塗り直しを奨めていますが

それに習う必要はありません。

艶々とした感じが好きであれば
半年に一度のペースでもいいと思いますが

好みに合わせ
1年、3年、あるいはそれ以上に間を空けてもいいのです。

ツヤが欲しいなあと思ったタイミングで
塗り直すのもいいと思います。

無垢の家はメンテナンスフリー、キズも味わいになる

無垢のフローリングは合板フローリングと比べて
キズが付きやすいというイメージを持たれやすいですが、
これはちょっと違います。

無垢でも、キズが付き難い丈夫な樹種はあるのです。

広葉樹と針葉樹で木を大きく分けることが出来ますが
広葉樹は硬くてキズが付き難く
反対に針葉樹は柔らかくてキズが付きやすい。

キズが心配な方は
最初から硬い樹種を選べばいいし、

木目が沢山あって
キズが付いても目立ちにくい樹種を選ぶということも出来ます。

そして無垢のフローリングなら、
キズの付き方も美しい!!

合板のフローリングとはキズの付き方が違います。

無垢の家は時を重ねるごとに味わいが深まる

無垢のフローリングが
自然の木をそのまま使っているのに対して

合板のフローリングは
表面に薄くスライスした天然木か
木目をプリントしたシートを貼って作られています。

表面だけをお化粧して綺麗に見せているのですね。

ですので、キズが付くと表面が剥がれて
下の合板部分が見えてしまいます。

すると下地が表面とは違う素材の為
キズが余計に目立ってしまうのです。
一番きれいなのは新品の時です。

対して無垢のフローリングは経年変化が楽しめます

新品の時もいいですが、
時を重ねた良さもある。

神社などにすっくと立つ老木には
町の若い街路樹には無い味わいがあります。

無垢の家ならキズすら味わいになり、
家族の思い出となるのです。

いかがでしたか?
無垢の家だからといって、特別なメンテナンスは不要です。

むしろ、5年や10年で張替えが必要な合板よりも耐久性があるといえます。

そうは言っても、自然の素材で出来たものだから
割れたり反ったりするのではないかと心配な人もいると思います。

でもそれは、品質のいい商品を選ぶことで対処できるのです。

アトピッコハウスのごろ寝フローリングは、
品質が自慢の商品です。

キズの付き難いものや、温もりを感じられるものなど
好みや生活スタイルに合った
樹種や塗装を幅広く揃えています。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢の家 メンテナンス フローリング | タグ: , , | 無垢の家のメンテナンスは合板フローリングよりも簡単 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー