はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 珪藻土のブログ記事

珪藻土と季節の良い関係

投稿日:2017年09月07日 作成者:


アトピッコハウスのお手洗いには珪藻土が塗られています。

冬から夏にかけてどのような変化があるのか?
お手洗いを使用するたびに、その変化を気にかけてみました。

今年は酷暑と言われていましたが、酷暑でも湿気の多い夏でしたね。
夏場のお手洗いは、むんむんと暑いのかと思いきや、さほど暑さは無く、
湿気がこもるような事も一切ありませんでした。

また、一番の変化を感じたのは、ここ最近の涼しさでの変化。
お手洗いがすーっと涼しくなっています。

珪藻土の壁は季節が変わっても、熱を持ったりはしません。
この夏も、お手洗い自体は少し夏の暑さを感じましたが、壁はひんやり?
とした感じがしていました。

調湿性があるという事は、こういう事なんでしょうか。

珪藻土は調湿性を含め、季節に順応する材です。
今回はそんな珪藻土と季節の良い関係についてお案内します。

珪藻土の調湿性

珪藻土と季節の良い関係

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

珪藻土=調湿性

最近では周知されてきている事ですね。
その仕組みは、簡単。

珪藻土そのものに「吐く力と吸う力」が備えられています。

それは珪藻そのものに穴があり、その穴と水蒸気の粒の良い関係の
元に成り立っている性能です。

目に見えない水蒸気が珪藻土の穴によって吸収し、乾燥してくると
吐きだしてくれるという相乗効果が、私たち人にとっては心地良い
ものとなっています。

季節に順応する珪藻土

珪藻土は私たちの生活する環境に順応します。

高温多湿、春夏秋冬がある私たち日本人にはとても向いている
建材だと思います。

北は北海道、南は沖縄。私たちの住む日本の気候は様々です。
様々な気候に合わせて住まいのあり方も様々に工夫されています。

珪藻土には珪藻土そのものに自然と備わっている調湿性があります。
自然に備わっているのであれば、どの環境にも順応すると
考えらるのではないでしょうか。

珪藻土の施工に向いている季節

珪藻土は自然素材です。

パンを作るのに夏場は向きません。それは生地がだれてしまったり、
発酵過多になってしまったり。

それと同じで、珪藻土の塗り壁材にも施工に向いている
季節があります。

一番施工するのに良い季節ですね~と言われるのが、
4月~11月あたりでしょうか。
反対に言えば、左官材は冬が得意ではありません。
左官材には水を使用します。

水は気温が下がれば冷たくなるし、さらに下がれば凍る。
気温が高くなれば蒸発する。

その塩梅が一番適しているのが春秋ですね。

人もその季節が一番心地よく感じると言われています。
人が心地良く感じる季節が左官材、自然素材にも心地よく
適してくれるのではないでしょうか。

だから職人が必要

珪藻土は自然素材。

だからこそ職人が必要な建材だと私は思います。
季節や気候に左右され、「良い塩梅を判断する」事は、
素人には出来ません。

先日、長野県の若手パン職人をクローズアップした特集が、
テレビで放映されていました。

クロワッサンが一日500個売れるパン屋さんです。

朝一番で師匠がクロワッサンの生地をその日の気候を
確認しながら成型。

その後、修行中の窯担当が焼成させますが、
仕上りを見て、師匠がすべて破棄…店頭には出せないと。

若干黒いか?ぐらいのことでいた。

ですが、その仕上がりでは、お客様の口に入った時の味、触感、
またすぐ食べなかったときの保存状態の違いなどがすべておかしく
なってしまう、何よりプロとしてそんなものはお客様に提供できない
という事でした。

全て師匠がその日の気候や経験から計算され、成型したものです。
ちょっとの加減間違いは許されない。

珪藻土も同じです。

季節や気候に左右される。だから、塩梅の判断が必要なのです。
その判断を間違えると仕上がりは全く異なるものになります。

だから左官屋さんは職人と言われるのです。

季節の変化を心地よく感じる珪藻土

季節の変化に順応してくれる珪藻土。
それが、身体にやさしいのであれば何よりですね。

春夏秋冬、上手に生活を送りたいものです。
寒暖の差が感じられる、9月。

ふと気づくと心地よい空間に包まれていたら、
気持ち良い生活を送れることに間違いないでしょう。

季節の変化を楽しめる珪藻土。
季節の変化に順応してくれる珪藻土。

自分たちの生活の一部に出来たら何よりです。

いかがでしたか?

珪藻土は、季節の変化に順応してくれる自然素材です。
また、そんな自然素材だから、
珪藻土そのものにも向いている工事時期があります。

日本には春夏秋冬があります。
珪藻土のように、季節の移り変わりに一緒に順応してくれる
建材を家づくりにとりいれつつ、心地よく暮らしたいものです。

アトピッコハウスには「はいから小町」があります。
豆腐を作る要領で作られた「はいから小町」。
自然素材の珪藻土そのものの性質を生かしている左官材です。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 珪藻土 季節 | タグ: , | 珪藻土と季節の良い関係 はコメントを受け付けていません。

珪藻土の塗り方で、注意すべき点

投稿日:2017年08月21日 作成者:


珪藻土塗り壁は、比較的簡単な塗り壁材の
部類に入ると思います。

しかし、最近はDIY向きに開発された商品も多いので、
性能重視なのか、施工性重視なのかによって、

製品の選択肢も変わります。

また、かける予算によっても、選択肢が変わると思います。
ここでは、標準的な塗り方の手順に関して、解説してみたいと思います。

仕上げパターンは、比較的自由

珪藻土の塗り方

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
珪藻土の塗り壁材は、比較的、自由に
仕上げパターンを付けることが出来ます。

逆に、フラットかと平滑といったペタッとした仕上げは
得意としていません。

コテやハケといった塗り壁工事に使われる
普通の道具で、色々な「模様」が付けられる訳です。

塗り壁工事において、仕上げ塗りは、一番のハイライトですが、
ここは技術とセンスが要求されますし、

好みに大きく左右されますので、DIYをやる場合で、
ある程度技術力もあるのなら、

好みの仕上げパターンを付けられると思います。

また、プロに依頼する場合は、施工日に現場に立ち会い、
テスト塗りしてもらい、パターンを確認することと間違いないと思います。

まずは、下準備が大変

塗り壁工事というと、仕上げパターンを付ける部分を
想像しがちですが、

実は、下準備と、後片付けといった地味な作業が
結構大切です。

また、別の職種の工事業者の方が入っていると、
塗り壁の工事ができないので、工程管理も重要です。

養生、マスキング、下塗り

まずは、床とか、柱とか、扉とか、
珪藻土を塗る場所以外を汚さないよう、

カバーします。
このことを「養生」といいます。

そして、次に、壁の周辺部とか、建具廻りといった
見切り箇所にマスキングをして行きます。

この時、仕上げ材の「塗り厚」分だけ、
下地から離して、マスキングテープを貼っていきます。

このマスキングテープは、仕上げ材を塗ったら、
直ぐに剥がしますが、周辺部を綺麗に仕上げようと
思うと、欠かせない作業です。

追っかけ2度塗りがお勧め

いよいよ、珪藻土の塗り方の話ですが、
珪藻土を一発で塗って仕上げようと考えるのではなく、

1壁ごとに、まずは、全体に薄く塗っておいて、
その後、既定の厚みに塗り重ねながら、

パターンを付けて行くというのが、良いように思います。
これを「追っかけ2度塗り」といいますが、

プロの塗り壁職人さんなら、普通にやっている
作業です。

この方が、確実に、綺麗に仕上がります。

マスキングの除去、清掃

珪藻土の塗り方の最終段階が、不要になった
マスキングテープを除去し、

周辺部を整えることです。

コテで押さえて行く場合もありますし、ハケに水を含ませて、
整えていく場合もあります。

そこまでが、珪藻土を塗る手順です。

その後は、珪藻土が乾いたら、床とか、建具といった、
汚れ防止のために「養生」したものを

撤去して、清掃すれば、珪藻土塗り壁の完成です。

いかがでしょうか?

珪藻土の塗り方がご理解頂けたでしょうか?
これは、珪藻土の塗り方に限らず、

塗り壁材全般に共通することです。

ただし、珪藻土に限らず、塗り壁材の種類によっては、
仕上げパターンが付けられない製品というのもあるので、

どんな仕上げが出来るか確認した上で、製品選びをされる
ことをお勧め致します。

また、調湿性能等の性能を重視して、
珪藻土を選択されるとしたら、

プロ用の製品を選んで、プロに工事を依頼した方が、
間違いがないと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 珪藻土 塗り方 | タグ: , | 珪藻土の塗り方で、注意すべき点 はコメントを受け付けていません。

珪藻土の歴史

投稿日:2017年08月04日 作成者:


近頃自然素材が人気ですね。
自然の力には人の力、科学の力を持っても敵わないものが
たくさんあります。

その中で神秘的な自然素材、珪藻土について
考えてみたいと思います。
珪藻土はどのように活用され、どのような歴史を歩んできたので
しょうか。

珪藻土ってなに?

おすすめの珪藻土の塗り壁とは

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。
実は私は恥ずかしながらこの業界に入るまで
珪藻土というものを知りませんでした。

そもそも珪藻土って何なのでしょうか。

珪藻土とは海底や湖底に住む珪藻という藻の一種の
植物性プランクトンが
死滅したものが沈積し長い年月をかけ、
化石化したものだそうです。

珪藻には何万種類もあり、地球上に最も早く誕生した原生生物の
一つで珪藻の光合成により地球上に大量の酸素を作り出して
他の生物の誕生に一役買ってくれたようです。

というより今のこの世界があるのも珪藻のおかげかもしれませんね。

珪藻土の歴史

珪藻土が初めて登場するのは今から2000年ほど前に
ギリシャで軽くて水に浮く建築材料として使用されたことだそうです。

歴史を紐解くと火に強い特性を生かし
耐火レンガに使われたり、遺跡から珪藻土の釜が見つかったりと
古くから重宝されていたようです。

かなり昔から珪藻土は人の生活の一部として活躍していたんですね。

現在日本でも人気の塗り壁材としての歴史はどうでしょうか。
まだ塗り壁としての歴史は浅いようです。
色々な資料がありますが、20年ほどのようですね。
それにしては急激に人気が出たようですが何故でしょうか。

珪藻土の特徴

エコロジーが叫ばれ始め、自然素材が見直されたことも
関係があるようですが、やはり、珪藻土の持つ
性能が大きいのだと思います。

まず、調湿効果と消臭効果。

珪藻土には小さな穴がたくさん開いています。
その穴で悪臭物質を吸着し、分解します。
ホルムアルデヒドなどの有害な化学物質も除去すると言われています。

また、自身の無数の穴に湿気を取り込み吸い取ってくれます。
乾燥した時期には蓄えていた湿気を吐き出し、調湿をするのです。

結露対策、カビ対策にも有効です。

そして耐火。
先に書いたように、火に強いため燃えにくいです。
ビニールクロスや合板などは燃えると有害物質を発生させ、
火事になった時の被害が大きいのはこの有害物質による
ものが多いようです。

対し、珪藻土は燃えませんし、自然素材の為
有害物質も出ません。

壁材としての珪藻土のデメリット

上記で記載した特徴は実に壁材として適していますよね。
調湿し、消臭し、耐火性もある。
デメリットは無いのでしょうか。

壁材の素材としての珪藻土はまれに触ると白くなったり
物がぶつかったりするとボロボロすると言われているようです。

また、珪藻土自体に固まる成分が無いため、固めるための
つなぎが必要になります。
このつなぎの材料に何が使われているかによっても
珪藻土の活躍を左右します。

その他どんなものに使われている?

珪藻土は意外と私たちの身近なところで活躍をしているようです。

最近では珪藻土の持つ調湿性を生かしてコースターや、
お風呂のバスマットでも一躍有名になりましたね。

また、プールや温泉の循環装置は何となく想像が付きますが、
なんと、身近なところではビールや日本酒、ワイン、清涼飲料水などの
料飲分野のろ過材にも使われているんです。

料飲にも使われる程、珪藻土の安全性は高いということですね。

いかがでしたか?

メリットしか無いように感じる珪藻土。
ただ、珪藻土といっても色々あります。
珪藻土の含有率が低くても珪藻土と謳っている商品も
あります。

せっかく自然素材の珪藻土と生活を共にするのなら
質の良いものを選んでくださいね。

当社では自信を持ってお勧めできる珪藻土をご用意しています。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 珪藻土 歴史 | タグ: , | 珪藻土の歴史 はコメントを受け付けていません。

珪藻土の価格は、高いか安いか

投稿日:2017年05月09日 作成者:


珪藻土の塗り壁にしたいという希望を持ちながら、
価格で断念しましたという方もいると思います。

しかし、考え方次第では、あきらめる必要は
ありません。

では、珪藻土の価格は、高いのか、安いのか?
どうやれば、珪藻土の塗り壁を実現できるのか、

書いてみたいと思います。

価格そのものは、クロスの3倍

珪藻土の価格は高いの?

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
まず、珪藻土は、塗り壁ですから、
クロスを貼るような訳には行きません。

材料代も高いし、なによりも、工事に手間暇がかかります。
価格でいうと、珪藻土の塗り壁は、

クロスの3倍はすると思います。
ひょっとしたら、もっと高くなるかも知れません。

最低3倍と考えるが、妥当なのかも知れません。

しかし、価格と価値という問題がありますので、
3倍の費用を払ってでも、珪藻土にする価値を感じられる
とするならば、単純に「高い」とは、言えなくなる訳です。

塗り壁比較なら、漆喰よりも安い

珪藻土の価格は、クロスと比較すると、最低3倍という話を
しましたが、漆喰風の塗り壁と比較すると、

同じ金額か、多少、珪藻土の方が安いと思います。

では、なぜ、漆喰よりも、珪藻土の価格の方が、
安くなるかというと、「下地の処理」の問題があるからです。

珪藻土系の塗り壁は、下塗りを必要としない製品が、
比較的多くありますが、

漆喰系の塗り壁は、下塗り必須となっているケースが
多いのです。

つまり、下塗りの材料代と、手間暇というのが、
仕上げ材とは別にかかってくるので、

漆喰の方が、高くなるという訳です。

何に価値を感じ、何を求めるか

内装の壁を珪藻土にしたいといった場合、
なぜ、珪藻土にしたいのかによって、

選択肢も変わるし、費用も変わります。

もし、珪藻土風のテクスチャーが気に入っていて、
見た目が「珪藻土ふう」であればいいと言うのであれば、

珪藻土クロスを貼るという選択肢でもいいかも知れません。

しかし、珪藻土クロスは、しょせんクロスなので、
90cmごとに、ジョイントと呼ばれる継ぎ目が現れますし、

調湿性能などは、ほとんど期待できません。

もし、調湿性能や消臭性能といった機能を求めて、
珪藻土の塗り壁にしたいということであれば、

費用を捻出して、本物の珪藻土塗り壁にした方がいいと思います。

DIYという選択肢もあるけど、仕上がりはそれなり

費用を抑えるために、珪藻土をDIY施工するという
選択肢もあると思います。

しかし、準備も、後片付けも、想像以上に大変です。

しかも、仕上がりは、どう頑張っても、
それなりにしかなりません。

家族の想い出づくりのために、DIYに挑戦したいという場合は、
職人さんに準備も、片づけも全部やってもらって、

コテを動かして、塗る作業だけやらせてもらえばいいと思います。

それでも、仕上がりは、それなりにしかなりません。

「味があっていい」とか「家族の想い出」と考えられる
場合は、問題ありませんが、

お客様の眼に触れる場所は、それなりに
気を使いたいものです。

ただ、あとは、価値観次第です。

予算確保が、先決

珪藻土の塗り壁は、最低クロスの3倍の価格ですから、
まずは、予算を捻出しないとなりません。

価格が高いのは、仕方ありません。

そこは、調整できません。
いいものは、高いのです。

しかし、それだけの価値はあります。

もし、高いのを承知の上で、珪藻土にしたいということであれば、
どこか他の予算を削って、珪藻土に廻すことです。

キッチンやお風呂やトイレといったものは、
ちょっと型が古くなったら、

格段に値段が安くなりますし、

メーカーを変えるだけで、50万、100万といった費用は、
捻出できます。

あるいは、家を1坪小さく作るということでも、
費用を捻出できます。

無限の予算を持っているという方は居ない訳ですから、
どこに「予算」を使いたいかを考えて、

もし、珪藻土にしたいということであれば、そこに
費用を掛ければ、良いのです。

いかがでしょうか?

珪藻土の価格は、最低でもクロスの3倍はします。
決して安くないです。

もし、クロスの予算しかないのなら、
他を削って、予算を確保して頂くか、

珪藻土は、諦めた方がいいです。

珪藻土の価格が高いのは、材料代のほかに、
手間暇が、クロス仕上げの何倍も面倒だからです。

もし、珪藻土塗り壁の価値が、価格以上であれば、
まずは、予算を捻出するところから、

準備を始めたらいいと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 珪藻土 価格 | タグ: , | 珪藻土の価格は、高いか安いか はコメントを受け付けていません。

新築も地産地消が理想です

投稿日:2016年10月28日 作成者:


食材の地産地消が声高に言われていますが、
新築も、同じです。

地元で育った木材を使って建築することができれば、
樹木への負担も小さく、
建築後、安定しやすいと言われています。

さらには南側には、南斜面で育った木材を使う。

なんて贅沢!と今なら思いますが、
森林に囲まれた国だからこそ、
それが理想の地産地消なのですよね。

地産される資源がなければ地消もできない

アイスランドを旅してきました。

4848c1ac5624c6916fa88b556b134378_s

建築会社をカッコよく変身させる
アトピッコハウス ごとうひろ美です。

アイルランドではなく、アイスランドです。
北極ではないので白熊はいません。
「アイス」「ランド」ですが、氷の国ではなく、

夏は涼しいですが、
冬はベルリンやニューヨークの方が寒い、らしいです。

というような程度の予備知識のアイスランド。
聞いてはいましたが、
岩ばっかりで「木」がありません。

b59304989818ef0a03f5ccd2165b27a6_s

北海道の広がる大地、とも違います。

だって岩なんですもの、岩。
土と岩って違うんです。
やっぱり岩は、硬いっていうか
アイスランドは荒野に近いような印象でした。

だから建物はコンクリートが中心。
昔は岩や石で作っていたようです。
それがアイスランドの地産地消とういことになります。

日本の地産は木材だけど‥。

樹木もなくて、草も少ない。
当然、花も少ないという景色は、新鮮でした。

でも、あまり長く荒野を見続けていると、
飽きるというか、
ちょっと脳が疲れてくる、ような気がしました。

それはトランジットでロンドンに立ち寄って、確信に変わりました。

ロンドンの空は曇っていますが、
中心部には公園がたくさんあって、
大きな木がたくさんあります。
レンガや石の建物が続く景色の向こうに、

樹木が見える。
公園の中を歩いてみる。

ea5851ef8abaff2d4c682d6e4d4f0718_s

なんか、ほっとしました。

多くの日本人が好きなハワイにも、
樹木がたくさんあります。
だから日本人はハワイが好きなのかもしれません。

森林国ニッポン、ですよね。
でも輸入材よりも国産材の方が高いことも多く、
なかなか地産地消とはいきません。

最近は、地域の建築会社と、
製材屋さんが協力して使いやすく工夫したり、
国としても国産材を使用することでポイント割引を適用させたり、

様々な取り組みが始まり、
以前よりは地産地消を選べるチャンスが増えてきました。

地産地消のメリット・デメリット

木材は20年、30年の期間をかけて成長します。
場所を移動する訳ではないので、
その土地の気候風土に、当然馴染んでいます。

自然素材は生きています。

生きやすいようにサポートしてあげれば、
安定しやすく、長持ちします。

また、配送距離が短いので、
エネルギー消費が少なくなります。
地球全体の環境で考えれ、ものすごいメリットです。

そしてデメリットとしては
樹種が選べないことが、一番大きいかもしれません。

日本の植林は針葉樹が中心です。
フローリングとして伐採できる樹種も限られるため、
どうしても杉、檜が中心となり、

家のイメージと合わない、というケースも出てきてしまいます。

輸入品は、遠い国から輸送されているわけですから、
エネルギーの消費量は大きいですが、
必ずしも全体コストを考えると安いわけでもありません。

これが、国産木材の地産地消が進みにくい理由かな、と考えています。

建築会社も地産がいい

新築を考えた時、
住宅展示場に足を運びます。

住宅展示場に出展しているのは、
ほとんどが東京に本社のある会社。
都内在住の方であれば地産と考えることもできますが、

アトピッコハウスのある神奈川から考えれば、
それは違う土地の会社です。

地産の建築会社のメリットは、
土地の気候風土をよく理解していること。
代々、その土地で営んできた建築会社であれば、
過去の実績から、
色んな知識を持っています。

このエリアは湿度が高いんだよね。
高台で風が強いから、こういう建て方がいい。

そういう経験があるから、

地元の木で家を建てようと考えたり、
逆に、ここは輸入品を使う方がいいかもしれない。
そんな発想が生まれてきます。

それは都内の本社から指令を出し、

工場で材料を生産している
量産ハウスメーカーにはできないことです。

食事は毎日のことだから地産地消がいい。
そう考えるのであれば、
毎日暮らす、大切な睡眠場所である家こそ、

地産地消で考えてもいい。

日本には木の家づくりが似合っています。
そして、日本人は樹木が大好き。
それはDNAに刻まれていること。

バイキング出身のアイスランド人とは、やっぱり違うようです。

アトピッコハウスは「ハウス」とついていますが、
新築工事はしていませんが、地産地消の家づくりが得意な会社はご紹介ができます。
11

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 新築 地産地消 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , | 新築も地産地消が理想です はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー