はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 自然素材のブログ記事

自然素材のお手入れについて

投稿日:2017年09月07日 作成者:


自然素材の内装材を扱っているアトピッコハウスには
日々色々なお問い合わせをいただきます。

その中の一つが自然素材で施工した部分の
お手入れ方法です。

自然素材のお手入れはどんなことに気を付けたら
良いのでしょうか。

今回はそこについて考えてみたいと思います。

自然素材はお手入れが大変?

ボロボロしないから、お掃除らくちん

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

自然素材を使った家は時間が経っても
味わい深い趣きへと変化していきます。

ただ、そう思えるまでには長い時間が
かかります。

誰だって施工して直ぐの汚れやキズには
敏感になってしまいますよね。

自然素材を使いたいのはやまやまだけど
お手入れが大変などと聞くと敬遠してしまったり。
それはもったいないです。

アトピッコハウスの事務所も天井、床、壁全て
自然素材ですが、特別なお手入れなどしていません。

無垢フローリングの場合

無垢フローリングを敷いてあるアトピッコハウスの床掃除は
毎日、床拭きのワイパーでササッと拭き取る程度です。

時々クリーナー『こめっとさん』で拭き取ればツヤも出て
ワックス効果も期待できます。

ワックスだって入居前に一度かけていただいて、あとは
年末の大掃除に家族総出で楽しくやっていただく程度で
いいのです。

塗り壁の場合

ビニールクロスに比べ静電気を帯びにくい性質なので
静電気による埃の吸着が少ないです。

当社でもはいから小町を使っていますが、
事務所ということもあるのかもしれませんが
埃が溜まったりという汚れは見受けられません。

ただ、お問合せでいただくことがあるコーヒーなどを
こぼしてしまった場合は、薄めたキッチンハイターなどで
ポンポンとたたいてみて下さいね。

最初はまず目立たないところから試してみて下さい。

ちょっとした黒ずみなどは消しゴムが役に立ちますので
お試しください。

落書きなどは軽くサンドペーパーなどでやさしくこすり
落としてください。

布クロスの場合

布クロスは洋服と同じ要領ですが、
水や洗剤は染み込んでしまうので使わないようにしましょう。

ブラシを付けた掃除機やハタキなどで埃をとることが
主なお手入れの方法となります。

鉛筆などの汚れは消しゴムでこする、埃や泥などはガムテープを
使ってペタペタと軽くつけてみて下さい。

まとめ

お手入れ方法を色々挙げてみましたが、
どれもそんなに大がかりなことは無いと思います。
普通の家とほとんど変わらないですよね。

身構えず、自然素材という選択肢を
見直していただきたいと思います。

出来上がった時が一番きれいな人工素材と違って
自然素材は住んでいる人の生活と共に一緒に成長を
していくもの。

使い込んでいく、一緒に歴史を刻んでいくという
未来を楽しみに選んでいくことが大切ですね。

いかがでしたか?

汚れやキズだって味になります。

せっかく手に入れたからと汚さないように気を使って
生活するのはなにか違う気がします。

『自然』の素材を使わせてもらっているのですから
こちらもおおらかに共存していきたいものですね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 お手入れ | タグ: , | 自然素材のお手入れについて はコメントを受け付けていません。

自然素材と調湿について

投稿日:2017年07月27日 作成者:


やっと待ちに待った梅雨明け宣言!
ですが、すっきりしない天候が続きますね。

湿度計を見ても日々60%70%がザラです。
湿度が高いと体も疲れやすくなりますよね。

ジメッとした季節を快適に過ごすのに
一躍かってくれる自然素材の調湿に
ついて考えてみたいと思います。

湿度によっての体感とは?

よしずの設置だけでも暑さををかなりカットできますね!

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

湿度とは空気中の水分の割合です。
同じ温度でも湿度が違うと感じ方が違います。
湿度が高ければ暑く感じますし、湿度が低ければ
涼しく感じます。

温度が高いと体は体温を下げるため汗をかこうとします。
汗が蒸発するときの気化熱により体内の熱を逃がして体温が
下がります。

でも湿度が高いと汗がなかなか蒸発せず、
不快な状態になってしまうのです。

機械で調湿が出来なかった時代、どのように
暑さ、寒さをしのいでいたのでしょうか。

昔の人の調湿の知恵

現代は文明の利器であるエアコンを使って
湿度を調節できる時代です。

でも先人たちの知恵も現代に生かされているんです。

例えば自然素材の土壁。

土壁には調湿作用があり、湿度の高い時には吸湿し、
乾燥時には放出するという性質があります。
これは漆喰や珪藻土にも言えることです。

また、床材に使われる無垢のフローリング、これも
調湿するんです。
生きている木ですから呼吸をします。

昔は無垢フローリングなんてかっこいいものではなかった
と思います。

でも自然の恵みをそのまま生活に取り入れ、素材の特徴を
生かして生活していたのではないでしょうか。

よしずを付ける、打ち水をする、または風鈴で風を感じるなどの
ことも昔から現代へ受け継がれている涼しさを呼ぶ一つの知恵ですね。

調湿と除湿と自然素材

除湿はその名の通り湿度を取り除く、です。
部屋の中かから湿度を取り除くということですから
除湿をするには機械の手を借りないと難しいと思います。

対して調湿、こちらは湿度を調整するということですね。
もちろんエアコンなどで調整することはできます。

でも例えば自然素材の塗り壁珪藻土、こちらは塗り壁で
ありながら自身が持っている小さな穴に湿度が多い時は取り込んで
冬などの湿度が低い時期にはそれを放出してくれるという
機能を兼ね備えています。

ということはエアコンを付けなくても少なからず
室内の調湿をしてくれているということです。

自然素材での調湿に必要なもの

自然素材は実に優秀です。
でも、それには新鮮な空気が必要なんです。

空気が滞った状態の部屋は調節できません。
空気の入れ替え、風の通り道を作ってあげることが
必要です。

いくら自然素材の調湿性がいいと言っても
過信してはいけません。
締め切った部屋では調湿もキャパオーバーをしてしまい
かびてしまったりといったことが起こりえます。

風の通る家

自然素材に限らず、風の通る家造りが快適な生活に必要になると
思います。

風が通ればカビなども防げますし、体感も涼しく感じます。
湿気が抜けずジメッとした家より風の通るサラッとした
家の方が暮らしやすいということは誰しもが思うことだと思います。

そこに自然素材が加われば調湿も期待でき、
さらに快適な生活になることでしょう。

いかがでしたか

自然素材との生活は日本の春夏秋冬に合った快適さを
もたらしてくれます。

適度にクーラーをつけて体をいたわりながら、小さなところから
先人の知恵も取り入れてこれからの暑い夏を乗り切っていきたいですね。

皆さんのお家作りが理想に近いものになりますように。
当社では調湿性の良い塗り壁を3種ご用意しております。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 調湿 | タグ: , | 自然素材と調湿について はコメントを受け付けていません。

自然素材でDIYは出来るのか

投稿日:2017年07月14日 作成者:


ちまたではDIYが盛んですね。

家を一棟購入してリフォームをされる有名人の方や
工務店を立ち上げられた方もいるようです。

テレビで見る限りみなさん簡単そうにやられていますね。
インターネットでもDIYで検索をかけると大量の情報が
出てきます。
実際DIYってどうなのでしょうか。
今回は自然素材でのDIYについて考えてみたいと思います。

DIYって?

間取りが大事?素材が大事?
自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。
DIYとはDo It Yourselfの略です。
専門職ではない人がお金を払って業者に頼むのではなく
自分で何かを作ったり、リフォームしたりすることです。

一昔前は日曜大工なんて単語もありましたね。

お父さんが日曜日に棚を作ったり縁側に
台を作ったりといったイメージがありますが、
DIYはそれよりも簡単に女性でも若い方でも
取り組める身近なものになっているようです。

お金がないからというより、唯一無二のものを作りたい、
思い出づくりにという気持ちで取り組まれる方も
多くいらっしゃるのではないでしょうか。

DIYをするとしたら?

アクセサリーや棚といった小物から、
棚やベンチ、テーブルなどといった大型なものまで
色々挑戦される方がいらっしゃるようですね。

ホームセンターに行けばプロ顔負けの工具や道具、
材料など簡単に手に入ります。

さて、当社は自然素材の建材メーカーなのですが、
お問合せをいただくお客様の中でも
DIYを希望される方が少なくありません。

せっかくだからいいものをと自然素材を求め
られる気持ちはよく分かります。

棚やベンチを作るように家をDo It Yourself
出来るものなのでしょうか。

DIYなにから始めよう

まず、リフォームする部屋の平米数を出すところから始まり、
何を準備し、どういう手順で作業し、何がどれだけ必要なのか
といった計算から始める必要があります。

失敗しない為には、出来る限り細かく採寸し、部屋の構造を
認識することが大切になります。

また、フローリングや遮音材を運んだり、カットしたり、
塗り壁材の撹拌など力のいる作業になります。

マンションなどでのリフォームをお考えの方は
禁止事項など規約があったりするので確認が必要になります。

DIYは根気がいる作業

中には壁の下地材を塗ったところで面倒になってしまったので
そのままにしているなんて方もいらっしゃるようです。

下地材はその名の通り下地材として作られています。
上に仕上げ材がのることが前提となりますので、
下地材むき出しのままだと、カビが生えてしまったり
壁をいためてしまったりする原因となります。

時間がない、材料が足りないなど時間が空いてしまわない
ようにきっちりスケジュールを立てることが必要になります。

自然素材でのDIYは難しい?

自然素材のDIYははっきり言って難しいと思います。

壁にアクが染みだしてきたり、フローリングが
突き上げてきてしまったりということが起きないように

塗り壁ではアク止め、下塗り材などの下地作り、
フローリングでは季節ごとに伸縮する木材の特徴を理解して
敷き詰める必要があるなど、細かな気配りが求められます。

まずは棚作りなど小規模なDIYから素材の特徴を
理解して腕慣らしをするのもいいかもしれませんね。
少しでも難しいと感じたらプロの方にご相談ください。

いかがでしたか?

お時間と根気がある方で、
せっかくDIYを決意されたのであれば
施工要領書を読み解きつつ、
失敗してもご愛嬌!ぜひ楽しんで作業して下さいね。

アトピッコハウスの自然素材はプロ仕様としてお作りしております。
プロの方に頼まれる方、是非ご利用くださいね。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 DIY | タグ: , | 自然素材でDIYは出来るのか はコメントを受け付けていません。

アトピッコハウス、海外へ行きます!

投稿日:2017年04月01日 作成者:


なんとなく海外で生きていくと思っていた。

だから海外と繋がりそうな貿易事務をしていた。
航空便ではなく、船便を選んだのは、
小さい頃から、横浜のコンテナ船を眺めていたからだと思う。

なんとなくだからだろうか、
いまだに実現していないのけれど、
貿易事務をしていたことが、
ここにきて役立っている。

今年、アトピッコハウスが海外へ旅立つことになった。
念願だった輸出がスタートする。

国内市場に行き詰まりを感じてのことでは、ない。
市場から考えれば、
アトピッコハウスなんて、ニッチもニッチ。
アリンコ程度のシェアだ。

ただ、チャンスは活かしたい。
たくさんのオファーはあった。
日本製への信頼は、
まだまだある、と実感する。

今回は日本の商社が
手を上げてくれたからスムースだった。

海外で受け入れられるのか、
あと何を準備するべきなのか、
課題は残されているが、

満を持しての海外展開に、
ワクワクが止まりません。

場は整いました!

今日は冷え冷えとしたエイプリールフールでした。
雨降って地固まる、
ですね。

カテゴリー: アトピッコハウス 海外 | タグ: , , , | アトピッコハウス、海外へ行きます! はコメントを受け付けていません。

自然素材の内装でイメージアップ

投稿日:2017年02月24日 作成者:


自然素材の家と人工的な素材の家。
それぞれにどんなイメージをお持ちでしょうか?

もちろん家具や照明なども家の印象を決める大切な要素ですが
家全体から出る空気感に大きな影響を与えるのは
内装の素材。

エコで優しい感じのする自然素材、
都会的でクールな感じにも出来る人口の素材・
どちらも個人の感じ方、好みにもよりますが、
長い時間を過ごすのだから、過ごしやすさを
最優先したいものです。

家の第一印象ってどこから受けますか?

自然素材の内装材

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの井上です。

人のお家に招かれた時、最初に気になるのはどこですか?

私はまずそのお家の香りを気にしてしまいます。
家によってそのお家独特の匂いがありますが、
それが芳香剤ではなく、ナチュラルな香りだったら素敵ですね。

人が部屋に入って最初に視線がいくのは奥の隅の壁だと
以前聞いたことがあります。
家具や照明も同時に目に入ってきますが、まず感じるのは
全体の雰囲気や色味。
そして時間が経って落ち着いてきた頃には細部が気になりだします。

そこで目につくのが壁の感じや床の色。
壁がのっぺりとしたビニールクロスなのか、味のある
塗り壁なのか。
木目の揃い過ぎている合板のフローリングなのか、木目は
バラバラだけど自然な無垢のフローリングなのか。

イメージを裏切る

その人が持っている個性・雰囲気から
何となくその人の家が想像できることがありませんか?

ナチュラルな感じの人がコンクリート打ちっぱなしの
人工的な部屋に住んでいることは想像し難い。
自然素材で暖かみのある家に住んでいるイメージ。

温かそうな人柄が窺えて、安心できそう。
壁は塗り壁で、床は無垢のフローリング、家具も無垢材で
ほっとくつろげる感じ。

都会的でスタイリッシュな感じの人がコンクリート打ちっぱなしで
黒と白のモダンなインテリアに囲まれているのも想像通りで
素敵ですが、そういうクールな感じの人が自然素材の家に住んでいたら・・・
その意外性が逆に好感度を上げることも。

自然素材風、も出来るけれど

今の世の中、とても便利でモノがたくさん溢れています。

自然素材って憧れるけど、高いよね。だったら無理して
本物じゃなくても○○風でいいんじゃない?
見た目が自然素材のイメージになればOK,っていう
考え方もあります。

確かにビニールクロスは値段もお手頃です。
汚れたら貼りかえることも出来るし、種類も豊富。
その反面、耐久性がない、カビが発生しやすい、シックハウスを
引き起こす可能性大、などのデメリットもあります。

見せかけだけの自然素材風、を装っても
却って安いイメージを与えてしまうかもしれません。

本物の自然素材が与えてくれるのは

では本物の自然素材の内装が与えてくれるものは
何かというと
快適さ、だと思います。

もちろん見た目の美しさや重厚感もありますが、
人が暮らしを続けていく上で大切なのは
いかに快適に日々を過ごすか。

日本の暑い夏、寒い冬をどう過ごすか。
塗り壁の調湿機能で湿度の高い夏を乗り切り、
乾燥しがちな冬の空気には適度な湿度を与えてもらう。

足元のフローリングは素足で歩くとさらっとしていて
気持ちもよく、脚の脂で適度な光沢も出る。
まさに自然の理にかなっている素材。

家全体の高級感を上げる自然素材

家の外観や構造が素敵で高級感があっても
中の内装が安っぽかったり、暮らしにくかったら
そこに住む人のイメージをダウンさせてしまいます。

そして何よりもその家にこれから何年、何十年と
住むご本人の暮らしが快適ではありません。

せっかくのマイホーム、本物の自然素材の内装で
快適に過ごせたら、自分はもちろん家族の笑顔も
増えることでしょう。

いかがでしたか?

選択肢の多すぎる現代だからこそ、人々の目は肥えており、
本物を見極めることが出来るようになってきています。

うわべだけの自然素材ではなく、本物の自然素材を使うことで
外観だけでなく、お家全体のイメージもきっと上がります。

納得のいく素材をご予算内で決めていくには多くの
決断が必要になってきます。
迷ったときにはプロに聞くのが一番です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 イメージ | タグ: , | 自然素材の内装でイメージアップ はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー