はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 色のブログ記事

塗り壁の色の選び方

投稿日:2017年11月02日 作成者:


塗り壁というとくすんだ色や白など地味な色を思い浮かべる
方も多いのではないでしょうか。

アトピッコハウスにも、部屋の雰囲気を
明るくしたいということで
古い塗り壁からのリフォーム、DIYでの
お問合せを多くいただいています。

塗り壁の色の選び方はどのような事に
気を付けたらよいのでしょうか。

塗り壁の色

壁の色どうやって選ぶ?
自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

先に書いたように塗り壁というと地味なイメージが
ありましたが今では様々な色を選べるようになりました。

リビングや寝室は白い色を好まれる方が多いですが、
お子様のお部屋には桃色や水色、黄色などを
選ばれる方も増えてきました。

一言で白といっても、純白、クリームがかった白、
ピンクにも見える白など多数あります。

純白の塗り壁は部屋を明るく見せてくれますが、
太陽光が多く入る部屋では逆に眩しくて
疲れてしまうということもあるようです。

部屋に合った塗り壁選びが大切ですね。

色の決め方

色はメーカーによりそれぞれ違ってきます。

カラー見本を見て色を決めることになりますが、
小さなサンプルでは色が濃く見えます。

それを広い範囲で塗った場合、サンプルで見るより
明るい色は明るめに、暗い色はさらに暗い印象に見えます。

なので、明るい色を塗りたい場合はワントーン暗めの色を
暗い色が塗りたい場合はワントーン明るい色を
選ぶといいですね。

光の作用

同じ色であっても太陽や照明の具合で色の感じ方が
変わってきます。

色は太陽光の下で見るときと蛍光灯の下で見るときで
見え方が違い、太陽光の下で見た方が明るく見えます。

その為、実際に施工する壁に当てて見てみること、朝、昼、夜と
時間を変えて見え方を確認してみることが大切です。

壁に当てて見るのと、テーブルの上で見るのとは光の当たり具合が
違ってきます。

飽きのこない選び方

柄物のビニールクロスにはインパクトはありますが、
インパクトがあるものほど、その時の好みや
流行りの影響を受けやすいと思うのです。

柄の好みよりは色の好みの方が変わりにくいように
思います。

壁を好みの塗り壁で上品に仕上げて、家具などのインテリアで
アクセントを入れてみるのも楽しいですね。

飽きがこないような冒険をするならぜひ塗り壁で
お部屋の色を楽しんでみて下さい。

塗り壁の魅力

塗り壁は左官の職人さんが手作業でコテで塗るため、
毎回違った表情、オンリーワンの仕上がりが醍醐味といえます。

コテの仕上げ表現は同じものは作れません。
唯一無二のものとなるわけです。

また、塗り壁で多く知られているのは調湿機能や消臭機能ですね。

湿気が多い時期には吸湿し、乾燥してくると放湿してくれるのです。

ただ、質の良いものでないと効果が期待できないので
素材選びは大切です。

いかがでしたか

以前は暗い色のイメージが強かった塗り壁ですが、
塗り壁の特徴として知られる調湿機能、消臭機能での
人気に加え、カラーバリュエーションが増え、
選びやすくなりました。

上手に色を取り入れて安らげるオリジナルな空間を
作ってくださいね。

アトピッコハウスでは43色ものカラーバリエーションが
自慢のパーフェクトウォールをご用意しています。

是非ご自身のお気に入りのカラーを見つけてくださいね。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 色 選び方 | タグ: , , | 塗り壁の色の選び方 はコメントを受け付けていません。

塗り壁の色の選び方

投稿日:2016年09月01日 作成者:


塗り壁の色というと、ねずみ色やうぐいす色など、
和室などによく使われていた地味な色を思い浮かべるかもしれません。
お城や武家屋敷などの漆喰の白色も塗り壁の定番ですが、

いまや塗り壁の色は白や地味な色に限りません。
淡いパステルカラーや、目の覚めるような鮮やかな色など
各メーカーから多彩な色展開の商品が販売されています。

塗り壁の色は土の色がベースだった

落ち着いた印象の塗り壁の色

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

塗り壁の色というと濁ったような
くすんだような印象を浮かべる方も多いと思いますが
それは塗り壁の原料の土の色が影響しています。

地味だから、暗いからと遠ざけがちですが、

天然の土の色がベースになっていると思うと
何ともいえない味わい深さも感じられます。

それでも、部屋の雰囲気を明るくしたい、
古い塗り壁を綺麗な色に塗り替えたいと希望される方は多いです。

最近では、各種の明るい色の塗り壁も
作られるようになっています。

漆喰の塗り壁の色、いまや白だけではない

漆喰の定番カラーといえば白色です。
眩しいくらいの白と艶のある仕上がりが特徴的です。

漆喰は原料に石灰を使用しています。

白以外の商品を作ろうとしても
昔は原料の石灰が白いために淡い色しか作れませんでしたが、

石灰とは別の原料を使うことで
漆喰の塗り壁の色も、
鮮やかな発色のものが作られるようになりました。

漆喰は、他の塗り壁にはない
フラットな仕上がりやツヤのある仕上がりが人気です。

そのような仕上がりで、白以外の塗り壁を希望される方には
漆喰調の塗り壁がおすすめです。

白い色の塗り壁のメリット、デメリット

塗り壁を希望する方からのお問合せは
「塗り壁の色は白がいいです!」
という方と、
「白以外の色で探しています」
という方と、同じくらいいらっしゃるように感じます。

塗り壁以外の壁材にもいえることですが、
白い色の壁にはメリットとデメリットがあります。

メリット
・光を反射するので部屋が明るくなる
・膨張色なので部屋が広く感じる
・インテリアに合わせやすい

デメリット
・眩しくて目が疲れる場合がある
・汚れが目立ちやすい

同じ白色の塗り壁でも、
淡い白、より白が際立った真っ白なものなど
各メーカーによって異なります。

サンプルなどで確認をしたいですね。

塗り壁の色のサンプル、実物とは見え方が違う

メーカーのホームページでは
各塗り壁の色のバリエーションを紹介していますが
パソコンの画面の色と実物とではやはり異なります。

そこで手にしてほしいのは実物のサンプルや見本帳です。

しかし、所詮はサンプル。
大きさは、名刺や葉書サイズのもの、A4サイズのものです。

小さなサンプルで見るのと、
実際に大きな壁一面に塗るのとでは
同じ色でも印象が変わってきます。

一般には小さい面積だと、暗く濃く見えて
広い面積だと、膨張して明るく薄く見えると言われています。

色の感じ方は個人差がありますが、

小さなサンプルではちょっと濃いかなと思うものを選べば
広い面積で塗られた時にちょうどよく見えるということになります。

サンプルと壁に塗った時の印象が変わってくることを
頭に入れておくのも
塗り壁の色選びのポイントです。

いかがでしたか。

塗り壁の色は地味な茶系統の色や白が定番でしたが、
今ではパステルカラーや鮮やかな色が販売されています。

アトピッコハウスの塗り壁、パーフェクトウォールは
43色のカラーバリエーションが自慢の商品です。
色選びの参考になるカラーガイドもご用意しています。

11

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 色 | タグ: , | 塗り壁の色の選び方 はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングは色で選ぶべきなのか?

投稿日:2016年06月18日 作成者:


無垢フローリングを選ぶときの判断材料として
「色」を挙げる方は多い。

確かに、インテリアに与える色の影響というのは大きく
しかも壁と並んで広い面積を占める床の色となれば
部屋の雰囲気を決める大きな要素となるため
「色」にこだわりたくなるのもうなずけます。

でも、たくさん種類のある無垢フローリングの種類。
どうやって選んだらいいの?!という疑問にお答えします。

無垢フローリングの色の系統

無垢フローリングの色は様々、その変化も様々です。

アトピッコハウス㈱、名古屋出身・スタッフの平野 亜矢子です。

無垢フローリングは樹種や産地によって、数え切れないほど
たくさんの種類があります。

山のようにある無垢フローリングの種類を
色という観点でざっくりと分類すると
「淡い色」「中間色」「濃い色」となります。

<淡い(明るめ)色>
パイン、メープル、ヒノキ、カバ、ヴォルドーパイン など
<中間色>
ナラ、ホワイトオーク、ホワイトアッシュ など
<濃い(暗め)色>
ウォールナット、チェリー など

同じ系統の色でも、節や斑、木目など「柄」の出方によっても
見え方がそれぞれ違ってきます。

インテリアの観点から選ぶ無垢フローリングの色

一般的に、リビングなどの家族みんなが集まる団らんの部屋は
明るく淡い色合いの床にするのが好まれます。
圧迫感がなく、部屋が広く見えるからです。

逆に、寝室や書斎などは濃い色味のもので
落ち着きと重厚感を出すのも素敵ですよね。

中間色の無垢フローリングは、どんなインテリアにでも対応しやすく
カーテンや家具がどんなものでも合わせやすいのが特長です。
だから、どんな用途の部屋でも使いやすいのです。

このように、無垢フローリングの色は
お部屋の用途や好みのインテリアに合わせて選べますが
気を付けたいポイントは、建具の色味です。

無垢フローリングの色と全く切り離して選んでしまうと
ちぐはぐでバラバラな印象になってしまいます。
逆に、建具までトータルでコーディネートすると
スマートでおしゃれな上級者のお部屋に仕上がります。

汚れが目立ちにくい無垢フローリングの色

インテリア的な観点だけで無垢フローリングの色を選んでしまうと
毎日の生活の中で「気になる点」が出てきてしまうことがあります。

それは、「汚れが目立つ」ということ。

汚れといっても色々ありますが、それぞれの色味で
目立つ汚れの種類が違うのです。

例えば、明るく白っぽい色味の無垢フローリングでは
髪の毛や糸くず、調味料などの食品の食べこぼしなど、
色のついた汚れが目立ちやすくなります。

逆に、色の濃く暗めの色味の無垢フローリングでは
ホコリや、パンくずのような白っぽい汚れが目立ちます。

そしてここでも、中間色の無垢フローリングは
どちらの汚れも目立ちにくいという優秀さがあります。
明るい色や濃い色のフローリングに比べて個性はうすいですが
毎日の生活のことを考えると、とても便利な色といえます。

当たり前のことを言っているようですが、
無垢フローリング選びをするときに、汚れの見え方まで
気が回る人はそれほど多くはありません。

ですが、日常生活の習慣にかかわってくることなので
床の色選びのときには頭の片隅に置いておいた方がいいポイントです。

どの部屋にどんな汚れが発生しやすいか、
そんなことをイメージしながら色選びをする
というのも一つの方法です。

無垢フローリングは経年変化で色が変わる

ただ、無垢フローリングで気を付けなければいけないのは
時間の経過とともに、「色が変化していく」ということ。

いわゆる「経年変化」と言われるものです。

主な変化の原因としては紫外線の影響が大きく
それぞれの木に含まれる成分によって、
変化の度合いが大きかったり小さかったりします。

それぞれの樹種によってどんな変化をするか、その傾向は違いますが
明るい色味の樹種はおおむね「あめ色」「褐色」に変化します。
時を重ねるごとに、深く濃く、味わい深い変化を見せます。

大きく劇的に色合いが変化する樹種としては、
ウォールナット、ブラックチェリーがあります。

ウォールナットははじめは紫がかった黒味ですが、
紫みが抜けて明るめの赤茶色に変化します。
薄い色から濃い色に変化する樹種が多い中で
濃い色から淡めに変化していく珍しい樹種です。

ブラックチェリーはさらに大きく変化します。
はじめは薄桃色(薄オレンジ色)だったものが
濃い深みのある褐色、琥珀色へと劇的に変化します。
その変化のスピードも、他の樹種よりも早いです。

ただ、無垢フローリングの色の変化は、
紫外線の影響だけがすべてではありません。

生活していく中で蓄積されていく脂分やシミ、
人が通ることによる摩耗などによって
色も様々に変化していきます。

だから、変化する色は目安であって、
施工される環境によって大きく違い、
誰も予想することができないのです。

無垢フローリングの色選びは、それゆえ
日の光と、生活の影響で施工した時とは大きく色が
変化していくことを念頭において選びたいですね。

いかがでしたか?

アトピッコハウスでは、無垢フローリング「ごろ寝フローリング」を
塗装の種類や厚みも含めて30種類以上のラインナップを
厳選して取り揃えています。

資料請求は、こちら

加工の精度も高い、高品質の製品ばかりなので
無垢フローリングで心配される狂いや暴れが少なく
自信をもっておすすめできます。

無垢フローリングの色選びは、インテリアに大きく影響する
大切な段階だと考える方は多いです。

でも、時間の経過とともに変化していくことを頭に置いて
「どんな変化をするのかな?」と大らかに考えて
楽しんでその「色」と付き合っていくのが一番です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 色 | タグ: , | 無垢フローリングは色で選ぶべきなのか? はコメントを受け付けていません。

色のついた漆喰調の塗り壁

投稿日:2016年03月02日 作成者:


色塗り壁にもいろいろな種類がありますが、ツルっとした漆喰調の風合いを好まれる方は多いと思います。本漆喰では白色しか選べませんでしたが、漆喰調のものならカラーバリエーションも豊富。本漆喰との違いなども説明しながら、色のご紹介をしていきます。

色の印象、大事です

色でも春らしさを感じます

アトピッコハウス(株)スタッフの尾崎奈苗です。

刻一刻と春が近づいてきています。
先日デパートへ買い物に行くと、
ちょうどお雛様がたくさん売られていました。

昔ながらのキリっとした顔立ちのお雛様もあれば、
現代っぽく目が大きなお雛様もいて、
それぞれ個性があって、見ているだけで楽しめます。
小道具も、扇子がきちんと紙でできているもの、

プラスチック製のもの、お値段によっても様々でした。

細かく見れば見るほど違いが分かるのですが、
やはり第一印象は、衣装の色で決まると思いました。

大きなものになると部屋の大半を占めることになるのですから、
衣装の色が鮮やかだと部屋全体がハッキリした印象、
優しい色だと、部屋もしっとりとした印象になります。

壁の色は部屋の印象を左右する

ひな人形は季節ものなので一時だけですが、
壁は、常にその部屋にあるものです。
ひんぱんに変えられるものではないので、
壁の色で悩むお客様は多いです。

いざ、塗り壁にしようと決めても、
次は色で迷ってしまうのですね。

部屋には家具やカーテンを置くので、
壁は基本的に白に近いものが一番無難です

ただ、やはり真っ白ではつまらなかったり、
寝室はちょっと落ち着いた色を、とか
子ども部屋は明るい色を、と思われる方も多いかと思います。

本漆喰は白色のみ

ツルっとした風合いを好まれて
漆喰にしたい、というお問い合わせがありますが、
アトピッコハウスの漆喰美人は、本漆喰ではありません。

本漆喰は、もともと防火性に優れているため
お城の外壁などに使われていたのですが、

有害である消石灰が原料となるため、
現在はあまり使われることがありません。

調湿の面から見ても、
漆喰自体には調湿性能がほとんどないため、
現代の家の呼吸しない石膏ボードに塗るだけでは
漆喰の長所も感じることができません。

しかも、本漆喰は、基本的に白色のみ。

カラーバリエーションが豊富

漆喰美人は、漆喰調でありながら、
調湿性能は本漆喰の2倍。
消臭効果もあるので、ペットがいるお家でも安心です。

主原料はモンモリロナイトという天然の土で
化粧品の原料にも使われているミネラル成分なので
安全性もばっちり。

さらに、20色のカラーバリエーションがあります。

色の名前は、
真っ白な夕顔に始まり、
ブルー系の忘れな草やつゆ草、

パープル系の藤や萩、
イエロー系のすいせんややまぶきなど、

全てに花の名前がついています。

天然の色土や、ベンガラという天然の顔料で
着色してあるので、
どの色も自然界にある色です。

どれもマット感のある落ち着いた色味なので、
和室、洋室、どちらにも合います

あとから家具を置くことを考えて、
壁の色はなるべく個性的でない色味のほうがいいです。

漆喰美人の20色は、
落ち着いていて
決して奇抜ではないけれど、
しっかり自分の好みが出せる色が揃っています。

11

せっかく漆喰調の壁をご希望でしたら、
漆喰調がプリントされた壁紙ではなく、

調湿性能も消臭効果も高い、
触り心地も気持ちいい漆喰美人
ご検討くださいね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 色 漆喰調 塗り壁 | タグ: , , | 色のついた漆喰調の塗り壁 はコメントを受け付けていません。

内装選びの基準から「掃除のしやすさ」を除く試み

投稿日:2016年01月07日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

掃除の簡単さがウリでも、実際にやる人は少ない

掃除のしやすいはずのビニールクロス、本当に毎日掃除しますか?

これは、ビニールクロスのこと。

ビニールクロスは、掃除のしやすさがセールスポイントの一つですが
実際にどのくらいの方が、毎日の掃除のメニューに
クロスの拭き掃除を加えているでしょうか?

私の周囲の聞き込み状況では、多くても月に1度程度、
少ない方は「やった事がない」か、年末大掃除のときだけ。

働く女性が増えた昨今では、後者が大多数ではないでしょうか。

私もご多分に漏れず、気が向けば
使い捨てのハンディワイパーをサッと滑らせる程度で
しっかりと拭き掃除をするのは年末大掃除のときだけです。

昨年末の大掃除は、一度しっかりと壁の汚れに向き合ってみようと思い、
割と本格的に掃除をしてみました。

汚れが目立たない部分は、固く絞った布で水拭きし、
キッチンなど黒ずみや汚れが気になる部分は、
洗剤を使って拭き掃除を試しました。

そこで気づいたことがあります。

掃除しやすいはずのビニールクロスも、
掃除は意外と大変だということに。

なぜかというと、ビニールクロスはほとんどの場合
エンボス加工といってポリ塩化ビニール樹脂のシートに
凹凸で模様を作る加工をしてあります。

この凹凸が実はくせもので、最表面に出ている凸部分は
水拭きで綺麗になったとしても
へこんだ凹部分に汚れが移動してしまうのです。

その凹部分に移動した汚れを取るのは至難の業。
私は布と爪楊枝を駆使して格闘してみましたが
その労力に見合った成果は上げられませんでした。

それに、ビニールクロスは塩化ビニル樹脂に
柔らかくする成分(可塑剤)を混ぜてあるので
非常に傷つきやすい素材です。

だから爪楊枝やブラシなど先端の尖ったものを使った掃除は、
一歩間違えると穴をあけたり破ったりしてしまう恐れがあるので
とても気を遣う作業です。

果たしてこれが、本当に「掃除しやすい素材」
と言えるでしょうか?

アトピッコハウスで作っている布クロス、
すっぴんクロス”について「拭き掃除はできますか?
という質問をよくいただきます。

すっぴんクロスは糸を織って作った「布」ですので
確かに水拭きはできません。

けれど、どんな壁材にしたとしても
実際に水拭き掃除をする頻度や
掃除をしたときの成果を考えた時に
いかほどの違いがあるのかと考えると

「掃除のしやすさ」だけで壁材を選ぶのは
あまり現実的では無いように思います。

それに、布クロスの魅力はその「丈夫さ」にあります。
物をぶつけても爪をひっかけても、
めったなことでは破れたり穴があいたりしません。

クロスの破れや穴あきは汚れをも誘い込みます。
破れた部分に汚れやホコリが溜まるし、
めくれた部分が擦りやすいから
黒ずみも発生しやすくなるからです。

そういう点も考え合わせると、
そもそも掃除のしやすさよりも
汚れの「予防」的な意味でも
布クロスを選択される価値はあります。

アトピッコハウスの事務所に貼られたすっぴんクロスは
施工から約7年が経過していますが、

物をぶつけたりスタッフの手に触れたりなど
クロスにとっては過酷な環境にありながら、
特に何も掃除をしていませんが、とても綺麗です。

それでもやっぱり汚れが気になる…という
綺麗好きな方には、汚れが目立ちにくい色と織りの
キッズ」シリーズもご用意しています。

また、汚れの発生しやすいキッチンには
コンロ周りやシンク周りだけ、
タイルや不燃化粧板(キッチンパネル)にして
残りの部分を撥水性・耐火性のある「キッチン」シリーズを
貼っていただくという選択肢もあります。

汚れの目立ちにくいものも多数。すっぴんクロスのラインナップ

それでもついてしまった汚れも
そんなに気に病む必要はありません。

自然素材の布クロスなら、シミや汚れも
ビニールクロスよりもホンワリと周りと馴染みます。

掃除をしても大した成果を上げられないどころか
さらに傷や汚れを広げてしまう恐れのあるビニールクロスより
ノーメンテナンスでも味わいある変化をする布クロス。

私なら断然、布クロス=すっぴんクロスを選びます!

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 内装選び 基準 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 内装選びの基準から「掃除のしやすさ」を除く試み はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー