はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 違いのブログ記事

本漆喰と、今の漆喰壁との違い

投稿日:2017年12月21日 作成者:


人気の高い塗り壁の中でも一番耳にしたことがあるのは
漆喰ではないでしょうか。

白鷺城と呼ばれる姫路城でも有名ですね。
寺社で使われることも多くあります。

漆喰には「本漆喰」と漆喰風があるのをご存知でしょうか。
現在のお家づくりに「本漆喰」が使われることは
少なくなっています。

「本漆喰」とはどのようなものなのでしょうか。

本漆喰とは

本漆喰とは?

自然素材の内装材専門メーカーアトピッコハウスの内藤です。
最近見かける漆喰は漆喰風のものが多かったりします。

昔の漆喰は「本漆喰」と呼ばれ、消石灰が主原料となります。
つなぎには麻スサ紙スサや海藻糊が使われたまさに自然素材です。

左官屋さんが自分で調合し、作っていたものなのです。
海藻糊を炊き、麻スサをほぐして混ぜ入れ、少しずつ
消石灰を練り込んでいく。

職人さん自らが丁寧に材料から作っていたのが
「本漆喰」なのです。

手間をかけ、大事に作られてきたのが分かりますね。

本漆喰の歴史

歴史をたどると平安時代の初期には壁材として
漆喰が使われるようになりました。
しかし、当時は大変貴重で高価な材料でした。

その為日本ではお城や寺社など使われることが主でした。
漆喰が火に強いため防火材としても大きな役割を
していました。

漆喰壁が昔から使われるのには耐火だけでなく、
防水、調湿、抗菌、防虫などの効果が高いためです。

江戸時代に入ると海藻などを使った安価な糊が使われるようになり、
漆喰は経済力のある商人の土蔵などに使われるようになりました。

それと同時に左官職人のサインでもある鏝絵の華麗な技術も
開花していきました。
鏝絵はいわば左官職人さんが描くアートです。

また魔除けなどの意味合いも入っていたと言われています。

本漆喰は調湿しない?

調湿するから漆喰を使いたいというお話をよく聞きます。

そもそも漆喰は防火対策の為に室内の壁に塗られるようになったの
ですが、壁の下地は土でした。

土壁の上に消石灰で出来た漆喰を薄塗りしたのです。
土壁そのものはかなりの厚みがありましたから、土壁の上に
漆喰を薄塗りしてもそれだけで調湿したのです。

つまり土壁+漆喰の条件で初めて調湿できるということです。

しかし、現代で使われている下地はほとんどが石膏ボードです。
石膏ボードには調湿性がないため、その上に漆喰を塗っても
調湿しないのです。

本漆喰の色

漆喰の色は白に代表されます。
それは原料が消石灰であるからです。

消石灰は石灰岩を原料とした白い粉です。
これに水を加えて壁に塗るので白い壁が一般的となります。

色の付いた漆喰もありますが、それは着色成分が混ざっている
漆喰ということになります。

着色には「顔料」が使われます。
岩や金属の微粉末です。
着色するというよりも原料の間に色の付いた微粉末が
分散し、着色したように見えるというわけです。

ということは均等に分散することが難しいので
色ムラが起こりやすいということです。

漆喰に色を付けることが難しいと言われるのには
色ムラが起こりやすいということも要因の一つです。

本漆喰と漆喰風の違い

「本漆喰」は先に書いたように天然の海藻や麻などを
使って作っていました。

現代では天然の物のみで作られる「本漆喰」の需要は
少なくなりました。

材料としての自然素材が入手困難であったり、
高価だったりする為です。

そのかわりに化学樹脂を接着剤として使ったり、
化学繊維で出来たスサを混ぜた、新建材の漆喰が
生まれています。

これは「本漆喰」とはほど遠いものです。

いかがでしたか

「本漆喰」は昔ながらの自然素材です。
素材も自然のもので作られています。

でも漆喰風で売られている物には
自然素材といえないものも含まれていたりします。
素材選びをきちんとして気持ちの良い家づくりをしたいですね。

アトピッコハウスでは、調湿性の良い漆喰風の
塗り壁漆喰美人をご用意しています。

本漆喰のようなツルツルな仕上げは難しいですが、
キメ細かくツヤのある美しい塗り壁です。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 本漆喰 漆喰風 違い | タグ: , , | 本漆喰と、今の漆喰壁との違い はコメントを受け付けていません。

無垢の家と、新建材の家の違い

投稿日:2017年04月03日 作成者:


無垢の家に興味のない人は、
無垢の家と、自然素材の家の違いと言われても、
意味が分からないと思います。

しかし、「自然素材」が好きな人にとっては、
無垢か、新建材かといったことが、

とても、気になる。

週末、近所で開催していた「住宅現場見学会」に
行ってきました。

そこでの感想も踏まえて、無垢の家と、自然素材の家
について、解説してみたいと思います。

今でも、シックハウス?

無垢の家は、気持ちいい

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
シックハウス問題は、2003年に法律で規制されたので、
大方の人にとっては、解決済みの問題だと思います。

しかし、あれから15年近くたっているのに、
この週末は、とても、驚きました。

見学させて頂いた住宅は、古い家を
フルリフォームしたもので、

外観も、内装も、設備も、全部真新しくなっていました。
しかし、玄関を開けた瞬間、

「うっ」となってしまいました。

「今時、こんなに臭うんだぁ~」と思いました。

シックハウス問題は、住宅の気密性が上がったことと、
建材に使われる「化学物質」が揮発することで、

発生しました。

そして、換気設備の設置が義務付けられ、
1部の化学物質の使用が禁止されたり、

制限されたりしました。

しかし、それで問題が解決するとは、到底思えませんでしたが、
あれから15年経っても、

新建材の家は、「まだ、こんなに」臭いんだと、
ショックを受けた訳です。

貼りものに魅力を感じない

その家を設計された方にとっては、
どんなところにこだわったという話はしてくださいましたが、
話の中心は、「耐震」とか「気密」といったことが多く、

内装材に関しては、あまり話が出ませんでした。

壁も天井もビニールクロス貼り、
家具類も、全て、シート貼りの製品。

表面が、ピカッ、テカッとして、
見るからに「貼り物」。

まったく魅力を感じませんでした。
でも、無垢の家に関心がない人であれば、

内装材に自然素材を採用するという選択肢は、
ないのでしょう。

なんといっても、本物がいい

無垢の家が好きな人も、新建材の家でいい人も、
どちらもいらっしゃると思います。

しかし、「無垢の家」が好きな人は、
無垢フローリングとか、塗り壁といった

自然素材のことを知っていて、
「新建材の家」でいい人は、

そもそも内装材に関心はなくて、
設備とか間取りとか、色柄に関心があるように思う。

週末、見学に行ったお宅でも、
自然素材と呼ばれる内装材は、

一切使われておらず、私にとっては、
魅力のない家でした。

「化学物質臭」で、臭いというのは別にしても、
床も壁も天井も、パリバリの新建材で、

家具もシート貼りだと、
3年、5年で、みすぼらしくなると思うのです。

それに反して、無垢の家は、経年変化で、
味わい深くなります。

価値を感じない人には意味がない

とはいえ、無垢の家に価値を感じない人にとっては、
無垢フローリングや塗り壁といった

自然素材の内装材と言われても、
魅力も関心も持たれないと思うし、

「新建材」の何が、悪いんだと思うと思います。

新建材が「普通」だと思っていて、
無垢の魅力や価値を知らない人であれば、

一生そのままがいいと思います。

建てた後で後悔しても、そんなに簡単に
建替えられる訳でもありません。

知らなければ、一生、それでいいと思うのです。

どこにお金を使うか?

キッチンやお風呂といった設備に価値を感じて、
そこにお金を使いたいという人にとっては、

豪華なお風呂やキッチンが自慢ということになるのだと思います。

しかし、私は、無垢フローリングとか、
塗り壁といった自然素材の内装材に関心があります。

もちろん、家の断熱性は高くするべきだし、
気密性も高い方が、暑さ、寒さをしのぎやすいし、

冷房も暖房も効きやすい。

耐震性が高いのも当然に必要な性能だと思う。

しかし、私は、設備に、100万、200万といった
費用をかける位なら、

無垢フローリングや塗り壁にしたりといった
自然素材の内装材にお金を使いたい。

いかがでしょうか?

無垢の家に興味も関心もない人は、
内装材よりも、豪華なキッチンとか、お風呂に

魅力を感じるかも知れません。

しかし、お風呂やキッチンを普通のものにすれば、
同じ予算で、内装材を自然素材に出来ます。
新建材の家ではなく、無垢の家を検討してみては、

いかがでしょうか?

アトピッコハウスでは、自然素材の家「べっぴんハウス」を商品化しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢の家 新建材の家 違い | タグ: , , | 無垢の家と、新建材の家の違い はコメントを受け付けていません。

工務店とハウスメーカーの違いと選び方

投稿日:2016年04月21日 作成者:


注文住宅を建てるとき、いろいろな悩みが出てきます。
予算内に収まるのか、どこに頼めばいいのか、
どんな間取りがいいのか・・。
理想の家づくりの実現のためには、誰に頼むのかが重要となります。

工務店とハウスメーカーと迷う方もいらっしゃいますが、
どちらが良い悪いということはありません。
どのような家を建てたいかで、ベストな業者が変わってきます。
ハウスメーカーと工務店の特徴を比較しながらご紹介します。

工務店とハウスメーカーの家づくりはどう違う?

工務店とハウスメーカーの家はどう違う?

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

家を建てる予定が決まったら
誰に家造りを依頼するのか、業者探しがスタートします。

業者を探すとき、
ハウスメーカーの展示場巡りから始める方も多いのではないでしょうか。

ハウスメーカーは有名タレントも使ってたくさんの広告宣伝をしています。

初めての家造り、名前をよく知っている
規模も大きなハウスメーカーに安心感
得る人もいます。

一方の工務店のイメージは描き難いかもしれません。
ハウスメーカーと違い大々的な広告も出せませんし
展示場や営業マンもいません。

地域密着型が工務店の大きな売りともいえます。

地元での施工事例も多く、見学会に行くことも出来ます。

最初の家づくりの相談からアフターフォローまで
同じ担当者が対応してくれます。

工務店とハウスメーカーの価格の違い

業者選びの決め手ともなるのが、
希望の予算内に収められるかということ。

工務店とハウスメーカーでは価格にどのような違いがあるのでしょうか。

ハウスメーカーは材料も自社の設備で作るものなので、
大量生産が出来て工期も短く済み、本来は価格を抑えることができます。

しかし、広告費や展示場の経費、
営業マンの人件費が上乗せされます。

ハウスメーカーの家造りには欠かせない経費ですが、
その経費は材料費を安く抑えた分でまかなえるとは限りません。

一方で工務店はハウスメーカーと違って
立派な展示場も派手な広告も出せませんが
その分、家造り以外に余計なお金を使っていません。

例えば、工務店とハウスメーカーが同じ仕様の家を建てれば、
工務店の方が安く抑えられると思います。

工務店とハウスメーカー、品質はどう違う?

工務店によってバラつきがあるのも事実ですが、
多くが地域密着型のため
地元での評判を大切にしています。

同じ金額を出すなら工務店に頼む方が
家造りそのもの以外に余計な経費を使っていない分
金額と品質のバランスがとれた家になります。

ハウスメーカーの場合は工務店と違い
品質の管理も徹底してマニュアル化されているので
一定の水準以上の品質は得られるといえます。

また、日々新しい技術開発に取り組んでいるので
最新の技術が詰まった家を建てることが出来ます。

工務店とハウスメーカー、プランの違いは?

ハウスメーカーは決められた間取りやデザイン
プランから選びます。

建材も自社の設備で作られた商品や
いつも使っているメーカーの新建材を使うことになります。

無垢のフローリングを使いたい、
塗り壁にしたい、
などの要望がある場合は仕様変更が必要となりますが、

単純にいつもと違う商品を扱いたくなかったり、
流通経路が確保できずに断られるケースが多々あります。

比べて工務店の方が比較的自由が効きますが、

一概に工務店といっても
デザインに特化している
工法に力を入れている
自然素材にこだわったているなど、工務店によっても特色は違ってきます。

いかがでしたか?

ハウスメーカーと工務店では
売りにしているものが違います。

大手の安心感が欲しい、工期を短くしたい、
決まったプランから選びたいという方には
ハウスメーカーの方が向いています。

地元密着であり、自由も効きやすい工務店は、
家造りにこだわりを持っている方
担当者のきめ細かなアフターフォローを求める方に向いています。

自然素材の家を理想とする方には、工務店をおすすめします。

アトピッコハウスは自然素材の注文住宅
べっぴんハウス」を商品化しました。

家中丸ごと自然素材を使えるヒミツが詰まっています。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 工務店 ハウスメーカー 違い | タグ: , , | 工務店とハウスメーカーの違いと選び方 はコメントを受け付けていません。

自然素材のダメージは美しく変化する

投稿日:2016年01月20日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

無垢床や塗り壁のダメージを心配する声は多い

アトピッコハウスの塗り壁は品質が高く、経年変化も美しい

傷や汚れ、シミは使っていれば
どんな製品にも付くものです。

当たり前のことのはずですが、
自然素材の内装材は、ことさら
その点を気にされる方が多いように思います。

自宅と会社で、新建材と自然素材、
毎日それぞれの環境にいる私としては
傷つきやすさとか汚れやすさに対して
さほどの違いを感じないのですが

そのような質問が相次ぐということは
いかにイメージが先行しているかということを
感じずにはいられません。

ビニールクロスや合板フローリングの場合
そのような質問をされる方は
どのくらいいらっしゃるのでしょうか?

おそらく、それほど多くは
いらっしゃらないと思います。

それは「安いから汚れやキズは仕方ない」という諦めなのか
「ビニールクロスや合板フローリングは
掃除がしやすいから汚れない」という認識なのか

はたまた「リフォームが簡単だから」という安心なのか
理由は定かではありませんが

今の「普通」といえば
「ビニールクロスに合板フローリング」が
定番となっているから、そのまま受け入れて
聞くまでもないだけかもしれません。

しかし、先程も書いたように
自然素材だからといって
特別に汚れやすかったり傷つきやすかったり
ということは、私はさほど感じません。

そこで、とてもハードな環境である
アトピッコハウスに施工されている
自然素材の経年変化の様子をご紹介します。

まずは、おそらく事務所で最も
ハードな環境に塗られている
珪藻土塗り壁・はいから小町

固い物を頻繁にぶつけている「はいから小町」の出隅も、欠けはさほど目立ちません。

ここは、シュレッダーが置いてあるため
裁断済みのゴミを溜めるプラスチック製の
ダストボックスを出し入れする際に、
出隅にぶつけてしまうことが頻発する箇所。

また、倉庫もすぐそばにあるため、
段ボール類や掃除道具、
フローリングの大きいサンプルなども
よくガツンガツンぶつかっています。

なのでよーく目を凝らしてみると
確かに角が欠けている部分が見えます。

しかし、言われてみないとそれほど気にならないし、
クッキリとしたパターン付けをしてあるので
そのパターンの延長のように見えなくもない。

ビニールクロスの場合も
出隅は物をぶつけたり日常の摩擦で
破れたりめくれたりします。

ビニールクロスの場合は
塗り壁よりも薄いことがほとんどなので
破れた場合は下地がすぐに現れて
かえってみすぼらしく見えてしまいます。

ビニールクロスは薄いので、こすれや破れですぐに下地が見えてしまう

次に、お手洗いに塗ってある
漆喰美人

火鉢の真横に塗ってある漆喰美人も、ノーメンテナンスで7年。綺麗さを保っています。

アトピッコハウスは築70年の古民家を
リフォームして使っているので
冬場のお手洗いは極寒です。

そのため、冬は火鉢に木炭を焚いて
暖を取っています。

木炭を焚けば、当然灰が舞います。
毎日のトイレ掃除では
漆喰美人が塗られた場所以外は
念入りに水拭き掃除をしますが
当然真っ黒になります。

そんな環境にありながら、
漆喰美人の壁はノーメンテナンスなのに
ほとんど黒ずんでいません。

最後に、無垢フローリング

施工後約70年経過する無垢フローリングは傷もシミも味わい深い。

アトピッコハウス事務所では
サンプル作成の作業があるし、
セミナーがあるときは、机や椅子を引きずったり
大人数が押し寄せることも日常。

また、南向きの大きな窓があるので
日当たりは超良好と、建材にとっては
かなりの過酷な環境といえます。

おまけに、アトピッコハウスには
元気な看板犬が2匹、毎日駆け回ったり
時に粗相をしてしまったりして
消臭スプレーをバンバンかけられたりもしています。

けれど、そんな環境も何のその。

傷やシミ、摩耗や日焼けも
もちろんしていますが

みすぼらしさはこれっぽっちもありません。
むしろ自慢したいくらい、
味わい深い輝きに満ちています。

いかがでしたか?
皆さんが心配されるほど、自然素材も
傷や汚れ、シミなどは
新建材と比べて大きく気になるということも
無いということがお分かりいただけたかと思います。

新建材も自然素材も、
ぶつければキズになるし
物をこぼせばシミになります。

けれど、どちらが素敵に変化するか?

それを考えれば、自然素材の内装にする価値は
とても高いと思えるのです。

もちろん、自然素材と言っても
ピンからキリまであるので、注意が必要です。
値段だけで選んでしまうと
みすぼらしく変化してしまうものもあります。

だから、アトピッコハウスでは、
質の高い素材を厳選して提供しているのです。

それに、キズや汚れに特に敏感な方は
汚れや傷が目立ちにくい色や種類、塗装を
選んでいただくことも大切です。

決して安くはない新築やリフォーム。
だからこそ、内装材は長い目で見て価値のあるものを
選んでいただきたいのです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 ダメージ | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材のダメージは美しく変化する はコメントを受け付けていません。

塗装で考える、床の選び方

投稿日:2016年01月15日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

フローリングの塗装、違いは分かりますか?

すべりにくい床なら、ペットも喜びますね

無垢フローリングの選び方、
色々あるかと思いますが、

大きく分けると、木の種類、塗装の種類だと思います。

木の種類は、
硬さ、やわらかさの好みや、
風合いの好みで選びます。

そして、塗装の種類は、
ライフスタイルに見合っているかどうかで選びます。

アトピッコハウスの無垢フローリング
「ごろ寝フローリング」の塗装の種類は3つ、

無塗装、自然塗装、ペット用UV塗装です。

無塗装は、そのままの意味です。
木の肌がむき出しの状態ですので、
木の持つ本来の温もりを感じられます。

ただ、触り心地は非常に良いのですが、
イメージとしては、保湿をしていないお肌と同じ状態。

大切に使っていくために、
施工後必ずワックスがけをして、表面を守ってあげます。

次に、自然塗装
いわゆるオイル塗装です。

すでに表面が保護されていますので、
施工後のワックス掛けは必要ありません。

オイルですから、強い膜をはることなく、
木の本来の肌触りをしっかりと味わえます。

無垢フローリングの触り心地を好まれる方は、
とても多いですので、

ごろ寝フローリングの樹種のラインナップのほとんどに
自然塗装品のご用意があります。

そして、今回ぜひともお伝えしたいのが、
ペット用UV塗装

UV塗装とは、ウレタン塗装のこと。

ウレタン塗装とは、
一般的な合板フローリングの表面を覆っている、
ペタッとしたコーティングの事です。

無垢の豊かな表情を味わいたいけど、
何かこぼしてシミを作ったり、ペットが粗相をしないか心配…
という方にオススメです。

そして何と言っても、
ごろ寝フローリングのペット用UV塗装は、

わんちゃんが駆け回っても、すべりにくい!

この、「すべりにくい」という特徴をもつ無垢フローリングは
なかなか無いようで、

たくさんの飼い主さんから、お問い合わせを頂いています。

ちなみに、我が社の看板犬くるみちゃんは、
よくずっこけます。

ずっこけ担当くるみちゃん

事務所の床は、年代ものの無垢フローリングです。
長年の摩耗で、表面はツヤツヤしています。

表面に引っかかりがないので、
元気でおてんばなくるみちゃんは、すべってしまうのです。

室内で犬や猫を飼うのが当たり前になっていますが、
お掃除しやすい滑らかな床は、

動物たちの足腰には、負担がかかってしまいます。

家族同然のペットたちが、健やかに過ごせ、
なおかつ、飼い主は無垢の美しい風合いを楽しめるのが
このフローリングなのです。

ちなみに、よくある合板フローリングと比べると、
表面は比較的マットな仕上がりですので、

安っぽいフローリングように
テカッとしたものとはまったく別物です。

現在のバリエーションは5種類。
ホワイトオーク・メープル・ホワイトアッシュ・チェリー・ウォルナットです。

こちらから写真をご覧いただけますが、
色味や風合いは様々ですので、

お好みの樹種がきっとあるはず。

無垢のフローリングにハードルを感じている方も
まだまだ多いようですが、

ライフスタイルに合わせて塗装を選べば、
無理なく取り入れることができるのではないでしょうか?

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗装 床 選び方 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 塗装で考える、床の選び方 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー