はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 選び方のブログ記事

新築する時のクロスの選び方

投稿日:2017年09月04日 作成者:


家を新築するというのは、一生に一回あるかないかといった
極めて経験を積むチャンスの少ない体験です。

したがって、クロスの選び方に限らず、
どんな内装にしたらいいのか、

どんな家にしたら満足度が高くなるのか、
熟知している素人の方は多くないと思います。

しかし、床は合板フローリングで、壁、天井は、ビニールクロスといった
どこにでもあって、楽しくない家づくりというのは、
お勧めしたくありません。

クロスと言えば、黙っていると95%がビニールです。
色柄が豊富で、価格も安い。それにメンテナンスも、し易いと思われている。
しかし、調湿性はないし、5年もすると、みすぼらしくなるので、

せっかく新築するなら、ビニールクロス以外の
選択肢を考えてみては、いかがでしょうか?

種類は少なくした方がいい

布クロスという選択肢

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
ビニールクロスにしろ、他の素材のクロスにしろ、
新築する際のクロスの選び方で、

外してはならないのは、種類を少なくするということです。

クロス工事には、「ロス」という使えない部分が発生します。
部屋毎にクロスの品番を変えたりすると、

ロスも、より一層多くなりますので、
品数は絞った方がいいのです。

水回りと、居室を分けるとか、1階と2階を分ける
程度にして、あとは、同じクロスでも、いい位だと思います。

もちろん、台所などの内装制限を受ける箇所には、
防火性能のあるクロスを貼る必要がありますが、

それ以外の場所は、防火性能のあるクロスを貼る必要も
ないですし、自由に何でも貼っていい訳です。

柄は無い方がいい

新築する際、クロスの種類を多くしないということのほかに、
大きな柄とか、目だった柄とかを選択するというのも、

避けた方がいいと思います。

大きな柄とか、目立つ柄のものは、他のクロスとの
釣り合いをとるのも大変だし、

部屋のインテリアが整えにくくなります。

色は、白とかベージュ、柄もないか、あっても、細かいものにしておくと、
部屋の用途が変わった際にも、模様替えがしやすく、

便利です。

ビニール以外の選択肢を考える

新築する際、好んでビニールクロスを選んでいる
人は多くないと思います。

また、そもそもクロスはビニールが中心で、
それ以外のものがあると知っている方の方が少ないと思います。

しかし、壁紙のことをクロスというように、
そもそもクロスは、布で出来ていた訳です。

糸を織って作った「布(クロス)」に、裏打ちの紙を貼って、
壁紙にしたのが最初なので、

クロスとは、布のことだった訳です。

そして、ビニールクロスは、布クロスを真似て作った
製品ということなのです。

クロス以外の選択肢を考える

新築する際、壁にクロスを貼るという選択肢でもいいと思いますが、
クロスにも、ビニールのほか、布や、紙もあるということです。

そして、紙や布といった天然素材のクロスは、調湿性という働きもあるし、
目にも肌にも優しいし、豪華です。

ただ、普通に家を建てると90%以上が、普通にクロスを貼ってしまいますが、
それも勿体ない気がします。

板を貼るのも格好いいし、塗り壁なんかにするのも、
格好いいし、快適です。

塗り壁にすると、壁がボロボロするという印象を持つ人も
いると思いますが、製品次第では、ボロボロしないし、

格好いいです。

予算と、理想の暮らしで考える

せっかく新築するなら、ビニールクロスありきの選択肢ではなく、
塗り壁や、自然素材クロスの選択肢も含めて、

内装材を検討されてはいかがでしょうか?

もちろん、布クロスや紙クロス、そして、漆喰や珪藻土といった
塗り壁は、ビニールクロスよりも、

材料代も高いし、工事が面倒ですから、
工事費は高くなりますが、

家を新築すると、20年、30年、50年と、
いわば一生そこに住む可能性がある訳です。

どんな暮らしを実現させたいと考えるか?
そして、予算は、いくらまでなら投資できるのか?

それを基準に考えていいかも知れません。

いかがでしょうか?

新築する際、クロスありきで選び方を考えるのではなく、
どんな暮らしがしたいのか考える。

また、内装材にどんな選択肢があるのかを知った上で、
素材選定を考えてみることの楽しさを

ご理解頂けたでしょうか?

自然素材クロスにしろ、塗り壁にしろ、
自然素材の家は、快適で気持ちいいです。

そして、豪華です。
せっかく新築するなら、年々愛着が深まっていくような
家作りが理想ではないでしょうか?

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 新築 クロス 選び方 | タグ: , , | 新築する時のクロスの選び方 はコメントを受け付けていません。

クロスの選び方

投稿日:2017年08月10日 作成者:


壁紙って一言で言っても色々な種類があるのを
ご存知ですか?
安価で施工が早いビニールクロスや自然素材の布クロス、
紙クロス、塗り壁風クロスなど。

それぞれどのような特徴があって、どのように
使われているのでしょうか。

今回はクロスの選び方について考えてみたいと思います。

壁紙の歴史

自分の生活に合った壁紙選びを

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

壁紙の発祥は中国だと言われています。
この頃のクロスは紙が主流で、その後中国を訪れた宣教師に
よってヨーロッパに広く伝わりました。

それまでの壁の主流はフラスコ画や革壁でしたが高価だった為
教会など限られた施設でしか使用できない装飾材料でした。

対し、当時最先端であった紙に印刷などの加工をした壁紙は
比較的安価で大量生産が可能だった為広まったようです。

日本国内でのクロスの普及

日本では中国から紙を加工する技術が伝わりますが、
ふすまや、屏風で使われることが多かったようです。

明治時代に洋風文化が入ってきたことによりおそらく壁紙も
身近な存在になったかと思います。

戦後の復興建築でクロスに麻布を使ったことで布クロスが
普及し、盛んになったということです。

クロスの種類

クロスにはどのような種類があるのでしょうか。

◆ビニールクロス
施工が早く簡単、量産性が良いということで安価なため低コスト住宅や
大手ハウスメーカーでは標準品として
採用されていることが多いようです。

模様、柄、カラーバリエーションは無限といってもいいほど
たくさんあります。

◆布クロス
もともとクロスとは布を意味していました。
本来壁紙というのは織物(布)だったのです。

麻や綿、レーヨンなどの自然素材が主な原料になっています。

価格が高い、施工に時間がかかるということが難点ですが、
それを上回る優しい風合い、高級感そして自然素材特有の
調湿性能などが魅力となっています。

今でもホテルや結婚式場などに使われる高級品です。

◆紙クロス
日本の伝統和紙などを使ったまさに壁紙ですね。

こちらも自然素材になりますので通気性があり、カビが生えにくい
という利点があります。

水や火に弱い、などの弱点がありますが、最近では
対応されている物も多くあるようです。

◆珪藻土クロス
塗り壁で人気の珪藻土をクロスにしたものです。

塗り壁の風合いを持ちながら、コストと施工時間をおさえる
クロスになります。

塗り壁に比べ調湿性などは劣ります。

どのような壁が理想?

お掃除がしやすいもの、ニオイ対策が出来るもの、結露対策が
出来るもの、とにかく豪華に華やかにしたい。

色々あると思います。

これらは選んだ壁紙によってある程度叶えられる
物になります。
ビニールクロスでも抗菌や耐久性、消臭性などを
特化したものが出ているようです。

壁紙の選び方

上記をふまえて、どのように壁紙を選んだらいいでしょうか。

まず、お部屋全体のイメージをしてみましょう。

床の色、身の回りの家具や雑貨にどのような色味が合うのか。
調湿性、消臭性、防火、吸音、汚れにくいものなど譲れないものはなにか。

また、忘れてはいけないのが、予算ですね。
ご予算に合った素材を選ぶことが大事になります。

いかがでしたか?

一言でクロスといってもかなりの種類がありますね。

好みだけでなく、生活面、健康面なども考えて
自分の生活に合った居心地の良いクロスを選んでくださいね。

皆さんのお家作りが理想に近いものになりますように。

アトピッコハウスでは質の良い布クロスを取り扱っています。
ビニールクロスに比べ調湿性もあり、吸音性もあります。
ぜひご検討下さいね。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: クロス 選び方 | タグ: , | クロスの選び方 はコメントを受け付けていません。

内装の選び方の新しい考え方

投稿日:2016年05月21日 作成者:


新築の家やリフォームするときの内装選びは
家づくりの夢や楽しみであると同時に、
どなたにも共通する悩みの種だと思います。

色々なサンプルの中から、あれでもない、これでもない…と
選び出していく時間は、始めこそ楽しくワクワクしていたのに
内装選びがだんだんと苦痛な作業に陥りがちです。

それもそのはず。
建築会社から渡される見本帳やサンプルは、とても分厚く数も多い。
いったい、自分はどんなものが良かったのかわからなくなり、
混乱してしまう方が続出するのです。

そこで、自分の希望にピッタリの内装に出会うにはどうしたらいいか、
内装の選び方について考えていきましょう。

内装材は選択肢が無限にある?!

山のように種類がある内装材の選び方のポイントとは?

アトピッコハウス㈱、名古屋出身・スタッフの平野 亜矢子です。
今、世の中にはたくさんの内装材であふれかえっています。

壁なら最も普及しているビニールクロスだけでなく
紙のクロス、布クロス、塗り壁、砂壁…

床なら最近主流になりつつあるクッションフロアの他に
合板フローリング、タイル、コルク、無垢のフローリング…

ここには書ききれないほどの種類があります。
さらにそれぞれに様々な色や柄、機能がついたものなど
それこそ選び方は無限にあります。

そして家づくりが始まると、ほとんどの場合は
契約したハウスメーカーや工務店の担当者が
分厚い見本帳やサンプルをドサッと持ってきて
その中から施主さんが選ぶという流れになると思います。

色とりどりの様々なサンプルを前に、最初はワクワクしながら
一つ一つ手に取ったりめくったり。
けれど、だんだんと自分がどんなものが欲しかったのか
目移りを繰り返すうちに分からなくなり、「選び方がわからなくなった」
…という施主様の話を非常によく耳にします。

内装材の選び方に迷うのは受け身だから?

そもそも、「選び方がわからない」というのは、
「自分の希望が明確になっていないから」というのも
大いに考えられます。

その上、どっさりと持ってこられた見本やサンプルが
建築会社が選んだものなのですから、
どれもが自分の趣味・希望と合わないという可能性もあります。
その場合、どれだけ見本帳のページをめくっても、
選べないのは当然といえば当然ですよね。

なぜならその中に自分が欲しい物がそもそも無いのですから。

だったらここは思い切って視点を変えて、
受け身の選び方を辞めてみるという方法もあります。

「こういう内装材にしたい」という希望を明確にして
自分で探したものを、建築会社に逆提案するのです。

内装材を自然素材にするという選び方もできる

例えば、ポップな柄や豊富な色から選びたいとか
汚れを付けないようにしたい、というのが主眼の方は

新建材と呼ばれる合板フローリング、クッションフロア、
ビニールクロスなどの石油製品(樹脂製品)の中から
内装選びをした方がいいかもしれません。

でも、こうした新建材から卒業して自然素材に目を向けてみると
新たな世界が広がります。

自然素材は、内装に気持ちの良さやナチュラルな美しさを求める方に
うってつけの内装材です。

例えば、壁を珪藻土の塗り壁にすると、
これから迎えるジメジメした梅雨の季節でも、
快適な湿度の空気で過ごすことができます。

初夏の爽やかな風を部屋に入れる季節は、
気持ちの良い床でゴロンとしたくなるなるもの。

床を無垢フローリングや本物のイグサで出来た畳にすれば
その心地よい肌触りと、木や草の癒しの香りに包まれながら
思う存分、ゴロゴロする至福の時間が過ごせます。
これは、ビニール製のクッションフロアや
合板フローリングでは味わえない贅沢です。

そして、これら自然素材の内装材は
時間の経過とともに、美しく味わい深く変化していきます。

そんな素敵な内装材を、受け身ではなく施主様が自分で動くスタイルならば
実現することも夢ではないのです。

建築会社に受け入れられやすい自然素材の内装の選び方

アトピッコハウスは自然素材の内装材を豊富に取り揃えています。

壁は、珪藻土塗り壁の「はいから小町」に、
漆喰調塗り壁の「漆喰美人
さらに、糸を織った布で作った織物壁紙「すっぴんクロス」を
ご用意しています。

床は、30種類以上のラインナップを揃えた「ごろ寝フローリング」と
本物の国産イグサと稲わらで作った「ほんものたたみ」を。

建築会社に仕様変更をお願いしやすい「施工要領書」も
ホームページで公開していますので、無料の資料を請求していただき、
施工要領書とあわせて建築会社に渡してみてください。

内装の選び方も、建築会社からの提案を待つのではなく、
施主様自らが主導権を取って動けば、スムーズに楽しく
希望通りの内装が手に入るはずです!

アトピッコハウス認定工務店の「べっぴんハウス」なら
より簡単に、ご希望の自然素材を使った家づくりが可能です。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 内装 選び方 | タグ: , | 内装の選び方の新しい考え方 はコメントを受け付けていません。

塗り壁の選び方とその種類

投稿日:2016年04月04日 作成者:


家づくりをするとき、
壁の仕様は、一般的にビニールクロスという壁紙になります。
でも、せっかくだから壁紙ではなく
塗り壁にしてみたい、と思う方もいらっしゃると思います。

一概に塗り壁といっても、様々な種類があります。

そもそも壁紙ではなく塗り壁を選ぶ理由はどこにあるのでしょうか。
塗り壁にはどういった種類があるのか。
選び方についても、分かりやすくご紹介していきます。

塗り壁の選び方:壁紙よりも塗り壁?

塗り壁は気持ちいい

アトピッコハウス(株)スタッフの尾崎奈苗です。

内装材の壁は一般的に、壁紙か塗り壁です。
構造がむき出しになっているものや
板張りのものもたまに見かけますが、

だいたいの家や店舗は壁紙か塗り壁が施工してあるはずです。

壁紙が最も一般的な壁材で、
普通の家やマンションの内装は大抵ビニールの壁紙が貼られていますが、

最近は自然素材に目を向ける人も多くなり、
塗り壁も注目され始めました。

塗り壁の選び方:塗り壁の特徴

塗り壁を選ぶ理由にはどんなものがあるでしょうか。

まずは、健康面

壁そのものが呼吸をすることにより、
湿度の高い時には湿気を吸い込み、
乾燥しているときに放出されます。

また、消臭性能を備えた塗り壁もあるので、
空気清浄器や加湿器、除湿機に頼らなくても

常にさわやかな空気が
室内に保たれるのです。

また、見た目も豪華です。

機械で印刷されただけの壁紙とは異なり、
職人ひとりひとりの気持ちがこもった、手作り感があります。

同じ家具を置いても、
バックが塗り壁になるだけで
部屋全体の高級感がグッと増しますね。

塗り壁の選び方:塗り壁の種類

さて、一概に塗り壁といっても、
どんな種類があるのでしょうか。

日本の古くからの家で使われていたのは
土壁や砂壁です。
和室にはこういった壁がしっくりきますが、

土や砂がボロボロ落ちてきて掃除が大変だったり
ぶつかった時に服に白い粉が付いたりするので
現代の家では、もうあまり見られません。

戦国時代に
お城の外壁として用いられていた漆喰は、
重厚感があって、日本人の憧れです。

現代では、原料に消石灰を使わず、
人体に害のない安全な漆喰調塗り壁もあります。

最近になって注目を浴びているのは
珪藻土塗り壁

珪藻土には無数に小さい穴が開いているので
なによりも調湿性能に優れています。

壁だけでなく、バスマットやコースターなど
水気があるところに使われています。

塗り壁の選び方:優先度で決める

それでは、どの塗り壁を選べばよいのでしょうか。

それは、塗り壁に何を求めているのか、
優先度で決めるのがベストです。

調湿性能を一番に求めているのであれば、
やはり珪藻土です

珪藻土はいから小町は、
独自の作り方により
珪藻土塗り壁の中でも断トツの調湿性能を誇っています。

ボロボロしたり、割れやすいという珪藻土の欠点をカバーし、
耐久性の強い塗り壁として、
根強い人気があります。

11

また、見た目の意匠性を重視されるのであれば、
漆喰調の塗り壁、漆喰美人がオススメです

ざらっとした感触の珪藻土とは異なり、
ツルっと滑らかな感触がとても美しく、
本漆喰では出せなかったカラーバリエーションも豊富です。

11

いかがでしょうか。

せっかくの家づくり、
壁がビニールじゃ、もったいない。

長い時間を過ごす「家」という空間を
いかに快適に、気持ちよく過ごすか、

それを手にいれるために、
塗り壁という選択肢を、ぜひ取り入れてみてくださいね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 選び方 | タグ: , , | 塗り壁の選び方とその種類 はコメントを受け付けていません。

業者の選び方、どうすればいい?

投稿日:2016年01月29日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

先日、天気の良い土曜日の朝に、
突然、外から「ガガガガーーー」という大音量が聞こえてきました。

家づくり、誰に任せたらいいの?

何事かと思って、窓の外を見てみたら、
売出し中の、お隣の中古物件の工事が行われていました。

駐車場のコンクリート部分をドリルで壊していたので、
隣接する我が家は、音どころか、振動もします。

楽しみにしていた、朝ドラの一週間分の再放送は、
音量を上げてもぜんぜん聞こえないので、
泣く泣く字幕にして見ました。

なぜ「突然」と表現したかと言うと、

工事が始まることについて、
何の連絡も貰っていなかったからです。

よく、工事が始まる前に、
「近隣挨拶」といって、タオルを手に回ってくるやつです。

別に、タオルが欲しいのではありません。

事前に知らせておいて欲しかったのです。

突然の大音量はびっくりしますし、

コンクリートを壊している間は、粉塵が上がり、
工事現場に面している唯一のベランダでは、

洗濯物も布団も干せません。

予め聞いていれば、
洗濯機は回さなかったですし、
こんなに嫌な気持ちにもなりませんでした。

とは言うものの、
現場の工事業者さんにとっては、
依頼された現場で、
依頼された仕事をしに来ているのでしょうが、

仕事の性質上、どうしても音や振動は起こります。

それに対して、不快感を抱かれても、
現場の工事業者さんも困りますよね。

こういうときにちゃんとすべき立場なのは、
元請け業者です。

施主から依頼を受けた、
元請け業者(ハウスメーカーや工務店)が、
気をまわすべき部分なのです。

もしも、新築や大きなリフォーム工事をする場合、
施主である自分たちより先にご近所づきあいをするのは、

元請け業者と、工事業者です。

お互い様とは言えど、
何か月もかかる工事期間中に、

ご近所さんには、

工事の騒音、振動をはじめ、
大きな車両が道をふさいだり、道路が汚れたりするのを
我慢してもらわなくてはなりません。

それを、
挨拶なく工事を始めれば、本当に迷惑ですし、
万が一、工事期間中に近所の人とトラブルを起こしてしまえば、

施主の自分が越してくる前のこととは言え、
大変申し訳ないですし、こちらも悲しい気持ちになりますよね。

何故なら、その元請け業者を選んだのは、
自分だからです。

ちなみに、
今回の工事の施主が、不動産屋だと知っていたので、
業者の質も、今回の工事にかける労力も
「こんなもんなのだろう」と思っていましたが、

家づくりにおいて、業者選びがいかに大切かを
再確認するきっかけになりました。

どこと契約すれば安心?

では、どうしたら、
安心してお任せできる業者を選べるのでしょうか?

たとえば、
大手ハウスメーカーで建てる場合、

どのハウスメーカーに依頼しても、
しっかりと近隣挨拶を済ませてくれることでしょう。

なぜなら、
家づくりの一連の流れの作業の1つとして、
「近隣挨拶」はしっかり組み込まれているからです。

ただし、
工事をするのは、
気に入ったハウスメーカーの営業マンではなく、

地元の下請け業者ですので、

どのような人が実際に家を建ててくれているのかまでは、
分かりません。

下請け業者に依頼するという意味では、
設計士と契約しても同じことが考えられます。

もちろん、
信頼できる会社や設計士に依頼すれば、
それなりの下請け業者と提携しているかとは思いますので、

そこまで心配することは無いかと思いますが。

次に、もし工務店に依頼して家を立てた場合。

ここでは、
アトピッコハウスがお勧めする工務店、
はなまる工務店の方々を例えにしますが、

もちろん彼らにとって、近隣挨拶なんて、当たり前。

はなまる工務店でなくとも、
きちんとしている工務店は、必ず近隣挨拶をしてくれます。

ちなみに言うと、
アトピッコハウスは、この挨拶をもっと素敵にできないかと、
こんな素敵な封筒をプロデュースしてみました。

真っ赤な封筒、素敵ですよね~

そして、更に言うと、

多くの工務店は、
家族経営なり、少人数体制です。

だから、会社の考えは、
しっかりと社内で共有できていますし、

現場の職人さんたちと工務店との信頼関係は、
ばっちり築かれており、

実際に施主と会って話をする担当者と、
現場で働く人たちとの距離は、とても近い。

これには、
連絡の行き違いや、伝達不足によるミスが
大手と比較して起こりにくいというメリットがあります。

「あれ?伝えていた希望と違う。」
「あれ?書いてあったことと違う。」

こういった単純なミスって、
家づくりでは本当に多くあります。

例え大手ハウスメーカーと契約をしたとしても、
必ずあります。

その原因は、

・施主と担当者の意思疎通がきちんと出来ていなかった。
・担当者と現場の意志疎通がきちんと出来ていなかった。

この二つがほとんどだと思います。

よく確認すれば防げることとは思いますが、

家づくりは決める事がたくさんありますし、
多くの人が関わってきますので、
簡単なようで意外と難しい、というのが実際のところ。

だから、先に挙げたメリットは、
スムーズな家づくりには欠かせないほど、

大きな影響を持っているのです。

もちろん、
アトピッコハウスが工務店をおすすめするのは、
自然素材を扱っている工務店が多いことにも一因はあります。

ただ実際に、
優良な工務店で家を建てるメリットは、
本当に大きいと思っていますので、

施主の方が希望を叶えてくれて、
スムーズに笑顔で家づくりをできるよう
応援したいという気持ちがとっても強いのです。

もしも、
現場見学会を見てみて、
工務店の人と会ってみて、

いいな、と思ったその直感は、きっと正解かもしれません!

スムーズな家づくりを始めることができるはずです。

逆に、
あれ?話がかみ合ってないな?と思ったら、
ちょっと考え直した方がいいかもしれません。

相手がハウスメーカーであろうと、工務店であろうと、設計士であろうと、
こちらの意思がしっかり伝わること、
それが現場まで反映されることが、一番大切なことなのです。

建材メーカーとして、
建築業界の様々な立場の方から
日々たくさんのお問い合わせを頂いていますが、

やはり、
ちょっとおかしいな?と思った業者の人や、その関係業者が、
トラブルを起こして、「ああ、やっぱり…」なんて思うことも、

正直言って、あります。

挨拶しかり、意思疎通にしかり、

基本的なことですが、
これを基準に考えることは、
相性を見極めるうえで、重要な手掛かりになると思います!

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 業者 選び方 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 業者の選び方、どうすればいい? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー