はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 選び方のブログ記事

家づくり素材の選び方

投稿日:2017年11月17日 作成者:


新築、リフォーム、どんなお家を作りたいですか。

ピカピカときれいな合板フローリング?
種類の多さで選べるビニールクロス?

それとも木目や節など不ぞろいだけど味のある無垢フローリング?
施工する職人さんのコテ模様によりオンリーワンの表情になる
塗り壁?

自然素材はよさそうだけど高いんじゃないのかな...。

素材選びにはどのような面があるのでしょうか。

素材選びにはサンプルがたくさん必要?

どんな素材が自分に合っているのでしょうか?

自然素材専門の内装材メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

とりあえず資料を下さいと言われることが
あります。

確かに右も左も分からない状態だととりあえず
資料を集めたくなりますよね。

でも、資料やサンプルをたくさん集めても、
予算や方向性が定まっていないと、情報ばかりが増え、
逆に混乱してしまうという事が起きえます。

一番大切なのは予算

特に大切なのは予算組です。

サンプルなどは実際に見てしまうと、いい!使いたい!と
なります。

ただ、どんなに良い商品であってもどんなに採用したくても
予算が合わなければ夢で終わってしまうのです。

どうしても使いたい商品と出会ったなら、
そこを基準にしていくらまでなら出せるのかを
知った方がいいと思います。

例えばキッチンのグレードを下げるなど、
他の部分での妥協が必要になると思います。

絶対譲れないものから始めることが
無理のない家づくりのスタートだと思います。

自然素材にしたいけど、ハードルが高い?

せっかくなら自然素材を使ってお家を作りたいという方は
多くいらっしゃいます。

どうしても自然素材がいい!という方でなくても、
条件が合えば自然素材にしたい方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。

でも自然素材はハードルが高そうと感じる方も。

実際はどうなのでしょうか。

ビニールクロスや合板フローリングを選べば安い?

条件が合えば自然素材にしたい。
その条件として最初に考えるのは予算ではないでしょうか。

ハウスメーカーなど、大量生産によるコストダウンを
している会社と比べると確かに金額は上がります。

ビニールクロスではなく、塗り壁、合板フローリングや
塩ビタイルではなく無垢フローリングなどを使った住宅は
高額になります。

ですが、新建材(ビニールクロスや合板フローリングなど)は
一見安いですが自然素材に比べ寿命が短く、10年~15年ほど経つと
ビニールクロスの変色や剥がれ、合板フローリングの
塗装の剥がれなどが目立つようになります。

当然、張替えにはリフォームが必要となりますね。
リフォームにはお金がかかります。

新建材を使う場合に、住んでから15年ほどでリフォームが必要になる
なんてことは意外と知られていないことだと思います。

自然素材は高いもの?

新建材は作られた時が一番美しく、強度もあると言われています。

逆に自然素材(珪藻土、漆喰などの塗り壁や布クロス、無垢フローリングなど)
は使い込むほど味わい深く美しく変化して行きます。

無垢のフローリングなどは施工仕立ては真新しく、眩しいようですが
家族と共に年を重ねながら、生活による傷や汚れを風合いと変えてくれるのです。

自然素材の寿命は50年とも80年とも言われています。

最初にお金がかかってもその後のメンテナンスや
リフォームが必要のない自然素材は果たして高いものなのでしょうか。
長い目で見て素材選びをしたいですね。

いかがでしたか

年を経るほど味わいを増していく自然素材は長く使っていけるものです。

20年、30年と使っていくからこそ、今だけの美しさ、
目先の価格にとらわれず、長い目で見て本当にいいと思ったものを
選んでいただきたいと思います。

アトピッコハウスでは良質な無垢フローリングをご用意しております。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 家づくり 素材 選び方 | タグ: , , | 家づくり素材の選び方 はコメントを受け付けていません。

塗り壁の色の選び方

投稿日:2017年11月02日 作成者:


塗り壁というとくすんだ色や白など地味な色を思い浮かべる
方も多いのではないでしょうか。

アトピッコハウスにも、部屋の雰囲気を
明るくしたいということで
古い塗り壁からのリフォーム、DIYでの
お問合せを多くいただいています。

塗り壁の色の選び方はどのような事に
気を付けたらよいのでしょうか。

塗り壁の色

壁の色どうやって選ぶ?
自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

先に書いたように塗り壁というと地味なイメージが
ありましたが今では様々な色を選べるようになりました。

リビングや寝室は白い色を好まれる方が多いですが、
お子様のお部屋には桃色や水色、黄色などを
選ばれる方も増えてきました。

一言で白といっても、純白、クリームがかった白、
ピンクにも見える白など多数あります。

純白の塗り壁は部屋を明るく見せてくれますが、
太陽光が多く入る部屋では逆に眩しくて
疲れてしまうということもあるようです。

部屋に合った塗り壁選びが大切ですね。

色の決め方

色はメーカーによりそれぞれ違ってきます。

カラー見本を見て色を決めることになりますが、
小さなサンプルでは色が濃く見えます。

それを広い範囲で塗った場合、サンプルで見るより
明るい色は明るめに、暗い色はさらに暗い印象に見えます。

なので、明るい色を塗りたい場合はワントーン暗めの色を
暗い色が塗りたい場合はワントーン明るい色を
選ぶといいですね。

光の作用

同じ色であっても太陽や照明の具合で色の感じ方が
変わってきます。

色は太陽光の下で見るときと蛍光灯の下で見るときで
見え方が違い、太陽光の下で見た方が明るく見えます。

その為、実際に施工する壁に当てて見てみること、朝、昼、夜と
時間を変えて見え方を確認してみることが大切です。

壁に当てて見るのと、テーブルの上で見るのとは光の当たり具合が
違ってきます。

飽きのこない選び方

柄物のビニールクロスにはインパクトはありますが、
インパクトがあるものほど、その時の好みや
流行りの影響を受けやすいと思うのです。

柄の好みよりは色の好みの方が変わりにくいように
思います。

壁を好みの塗り壁で上品に仕上げて、家具などのインテリアで
アクセントを入れてみるのも楽しいですね。

飽きがこないような冒険をするならぜひ塗り壁で
お部屋の色を楽しんでみて下さい。

塗り壁の魅力

塗り壁は左官の職人さんが手作業でコテで塗るため、
毎回違った表情、オンリーワンの仕上がりが醍醐味といえます。

コテの仕上げ表現は同じものは作れません。
唯一無二のものとなるわけです。

また、塗り壁で多く知られているのは調湿機能や消臭機能ですね。

湿気が多い時期には吸湿し、乾燥してくると放湿してくれるのです。

ただ、質の良いものでないと効果が期待できないので
素材選びは大切です。

いかがでしたか

以前は暗い色のイメージが強かった塗り壁ですが、
塗り壁の特徴として知られる調湿機能、消臭機能での
人気に加え、カラーバリュエーションが増え、
選びやすくなりました。

上手に色を取り入れて安らげるオリジナルな空間を
作ってくださいね。

アトピッコハウスでは43色ものカラーバリエーションが
自慢のパーフェクトウォールをご用意しています。

是非ご自身のお気に入りのカラーを見つけてくださいね。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 色 選び方 | タグ: , , | 塗り壁の色の選び方 はコメントを受け付けていません。

新築する時のクロスの選び方

投稿日:2017年09月04日 作成者:


家を新築するというのは、一生に一回あるかないかといった
極めて経験を積むチャンスの少ない体験です。

したがって、クロスの選び方に限らず、
どんな内装にしたらいいのか、

どんな家にしたら満足度が高くなるのか、
熟知している素人の方は多くないと思います。

しかし、床は合板フローリングで、壁、天井は、ビニールクロスといった
どこにでもあって、楽しくない家づくりというのは、
お勧めしたくありません。

クロスと言えば、黙っていると95%がビニールです。
色柄が豊富で、価格も安い。それにメンテナンスも、し易いと思われている。
しかし、調湿性はないし、5年もすると、みすぼらしくなるので、

せっかく新築するなら、ビニールクロス以外の
選択肢を考えてみては、いかがでしょうか?

種類は少なくした方がいい

布クロスという選択肢

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
ビニールクロスにしろ、他の素材のクロスにしろ、
新築する際のクロスの選び方で、

外してはならないのは、種類を少なくするということです。

クロス工事には、「ロス」という使えない部分が発生します。
部屋毎にクロスの品番を変えたりすると、

ロスも、より一層多くなりますので、
品数は絞った方がいいのです。

水回りと、居室を分けるとか、1階と2階を分ける
程度にして、あとは、同じクロスでも、いい位だと思います。

もちろん、台所などの内装制限を受ける箇所には、
防火性能のあるクロスを貼る必要がありますが、

それ以外の場所は、防火性能のあるクロスを貼る必要も
ないですし、自由に何でも貼っていい訳です。

柄は無い方がいい

新築する際、クロスの種類を多くしないということのほかに、
大きな柄とか、目だった柄とかを選択するというのも、

避けた方がいいと思います。

大きな柄とか、目立つ柄のものは、他のクロスとの
釣り合いをとるのも大変だし、

部屋のインテリアが整えにくくなります。

色は、白とかベージュ、柄もないか、あっても、細かいものにしておくと、
部屋の用途が変わった際にも、模様替えがしやすく、

便利です。

ビニール以外の選択肢を考える

新築する際、好んでビニールクロスを選んでいる
人は多くないと思います。

また、そもそもクロスはビニールが中心で、
それ以外のものがあると知っている方の方が少ないと思います。

しかし、壁紙のことをクロスというように、
そもそもクロスは、布で出来ていた訳です。

糸を織って作った「布(クロス)」に、裏打ちの紙を貼って、
壁紙にしたのが最初なので、

クロスとは、布のことだった訳です。

そして、ビニールクロスは、布クロスを真似て作った
製品ということなのです。

クロス以外の選択肢を考える

新築する際、壁にクロスを貼るという選択肢でもいいと思いますが、
クロスにも、ビニールのほか、布や、紙もあるということです。

そして、紙や布といった天然素材のクロスは、調湿性という働きもあるし、
目にも肌にも優しいし、豪華です。

ただ、普通に家を建てると90%以上が、普通にクロスを貼ってしまいますが、
それも勿体ない気がします。

板を貼るのも格好いいし、塗り壁なんかにするのも、
格好いいし、快適です。

塗り壁にすると、壁がボロボロするという印象を持つ人も
いると思いますが、製品次第では、ボロボロしないし、

格好いいです。

予算と、理想の暮らしで考える

せっかく新築するなら、ビニールクロスありきの選択肢ではなく、
塗り壁や、自然素材クロスの選択肢も含めて、

内装材を検討されてはいかがでしょうか?

もちろん、布クロスや紙クロス、そして、漆喰や珪藻土といった
塗り壁は、ビニールクロスよりも、

材料代も高いし、工事が面倒ですから、
工事費は高くなりますが、

家を新築すると、20年、30年、50年と、
いわば一生そこに住む可能性がある訳です。

どんな暮らしを実現させたいと考えるか?
そして、予算は、いくらまでなら投資できるのか?

それを基準に考えていいかも知れません。

いかがでしょうか?

新築する際、クロスありきで選び方を考えるのではなく、
どんな暮らしがしたいのか考える。

また、内装材にどんな選択肢があるのかを知った上で、
素材選定を考えてみることの楽しさを

ご理解頂けたでしょうか?

自然素材クロスにしろ、塗り壁にしろ、
自然素材の家は、快適で気持ちいいです。

そして、豪華です。
せっかく新築するなら、年々愛着が深まっていくような
家作りが理想ではないでしょうか?

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 新築 クロス 選び方 | タグ: , , | 新築する時のクロスの選び方 はコメントを受け付けていません。

クロスの選び方

投稿日:2017年08月10日 作成者:


壁紙って一言で言っても色々な種類があるのを
ご存知ですか?
安価で施工が早いビニールクロスや自然素材の布クロス、
紙クロス、塗り壁風クロスなど。

それぞれどのような特徴があって、どのように
使われているのでしょうか。

今回はクロスの選び方について考えてみたいと思います。

壁紙の歴史

自分の生活に合った壁紙選びを

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

壁紙の発祥は中国だと言われています。
この頃のクロスは紙が主流で、その後中国を訪れた宣教師に
よってヨーロッパに広く伝わりました。

それまでの壁の主流はフラスコ画や革壁でしたが高価だった為
教会など限られた施設でしか使用できない装飾材料でした。

対し、当時最先端であった紙に印刷などの加工をした壁紙は
比較的安価で大量生産が可能だった為広まったようです。

日本国内でのクロスの普及

日本では中国から紙を加工する技術が伝わりますが、
ふすまや、屏風で使われることが多かったようです。

明治時代に洋風文化が入ってきたことによりおそらく壁紙も
身近な存在になったかと思います。

戦後の復興建築でクロスに麻布を使ったことで布クロスが
普及し、盛んになったということです。

クロスの種類

クロスにはどのような種類があるのでしょうか。

◆ビニールクロス
施工が早く簡単、量産性が良いということで安価なため低コスト住宅や
大手ハウスメーカーでは標準品として
採用されていることが多いようです。

模様、柄、カラーバリエーションは無限といってもいいほど
たくさんあります。

◆布クロス
もともとクロスとは布を意味していました。
本来壁紙というのは織物(布)だったのです。

麻や綿、レーヨンなどの自然素材が主な原料になっています。

価格が高い、施工に時間がかかるということが難点ですが、
それを上回る優しい風合い、高級感そして自然素材特有の
調湿性能などが魅力となっています。

今でもホテルや結婚式場などに使われる高級品です。

◆紙クロス
日本の伝統和紙などを使ったまさに壁紙ですね。

こちらも自然素材になりますので通気性があり、カビが生えにくい
という利点があります。

水や火に弱い、などの弱点がありますが、最近では
対応されている物も多くあるようです。

◆珪藻土クロス
塗り壁で人気の珪藻土をクロスにしたものです。

塗り壁の風合いを持ちながら、コストと施工時間をおさえる
クロスになります。

塗り壁に比べ調湿性などは劣ります。

どのような壁が理想?

お掃除がしやすいもの、ニオイ対策が出来るもの、結露対策が
出来るもの、とにかく豪華に華やかにしたい。

色々あると思います。

これらは選んだ壁紙によってある程度叶えられる
物になります。
ビニールクロスでも抗菌や耐久性、消臭性などを
特化したものが出ているようです。

壁紙の選び方

上記をふまえて、どのように壁紙を選んだらいいでしょうか。

まず、お部屋全体のイメージをしてみましょう。

床の色、身の回りの家具や雑貨にどのような色味が合うのか。
調湿性、消臭性、防火、吸音、汚れにくいものなど譲れないものはなにか。

また、忘れてはいけないのが、予算ですね。
ご予算に合った素材を選ぶことが大事になります。

いかがでしたか?

一言でクロスといってもかなりの種類がありますね。

好みだけでなく、生活面、健康面なども考えて
自分の生活に合った居心地の良いクロスを選んでくださいね。

皆さんのお家作りが理想に近いものになりますように。

アトピッコハウスでは質の良い布クロスを取り扱っています。
ビニールクロスに比べ調湿性もあり、吸音性もあります。
ぜひご検討下さいね。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: クロス 選び方 | タグ: , | クロスの選び方 はコメントを受け付けていません。

内装の選び方の新しい考え方

投稿日:2016年05月21日 作成者:


新築の家やリフォームするときの内装選びは
家づくりの夢や楽しみであると同時に、
どなたにも共通する悩みの種だと思います。

色々なサンプルの中から、あれでもない、これでもない…と
選び出していく時間は、始めこそ楽しくワクワクしていたのに
内装選びがだんだんと苦痛な作業に陥りがちです。

それもそのはず。
建築会社から渡される見本帳やサンプルは、とても分厚く数も多い。
いったい、自分はどんなものが良かったのかわからなくなり、
混乱してしまう方が続出するのです。

そこで、自分の希望にピッタリの内装に出会うにはどうしたらいいか、
内装の選び方について考えていきましょう。

内装材は選択肢が無限にある?!

山のように種類がある内装材の選び方のポイントとは?

アトピッコハウス㈱、名古屋出身・スタッフの平野 亜矢子です。
今、世の中にはたくさんの内装材であふれかえっています。

壁なら最も普及しているビニールクロスだけでなく
紙のクロス、布クロス、塗り壁、砂壁…

床なら最近主流になりつつあるクッションフロアの他に
合板フローリング、タイル、コルク、無垢のフローリング…

ここには書ききれないほどの種類があります。
さらにそれぞれに様々な色や柄、機能がついたものなど
それこそ選び方は無限にあります。

そして家づくりが始まると、ほとんどの場合は
契約したハウスメーカーや工務店の担当者が
分厚い見本帳やサンプルをドサッと持ってきて
その中から施主さんが選ぶという流れになると思います。

色とりどりの様々なサンプルを前に、最初はワクワクしながら
一つ一つ手に取ったりめくったり。
けれど、だんだんと自分がどんなものが欲しかったのか
目移りを繰り返すうちに分からなくなり、「選び方がわからなくなった」
…という施主様の話を非常によく耳にします。

内装材の選び方に迷うのは受け身だから?

そもそも、「選び方がわからない」というのは、
「自分の希望が明確になっていないから」というのも
大いに考えられます。

その上、どっさりと持ってこられた見本やサンプルが
建築会社が選んだものなのですから、
どれもが自分の趣味・希望と合わないという可能性もあります。
その場合、どれだけ見本帳のページをめくっても、
選べないのは当然といえば当然ですよね。

なぜならその中に自分が欲しい物がそもそも無いのですから。

だったらここは思い切って視点を変えて、
受け身の選び方を辞めてみるという方法もあります。

「こういう内装材にしたい」という希望を明確にして
自分で探したものを、建築会社に逆提案するのです。

内装材を自然素材にするという選び方もできる

例えば、ポップな柄や豊富な色から選びたいとか
汚れを付けないようにしたい、というのが主眼の方は

新建材と呼ばれる合板フローリング、クッションフロア、
ビニールクロスなどの石油製品(樹脂製品)の中から
内装選びをした方がいいかもしれません。

でも、こうした新建材から卒業して自然素材に目を向けてみると
新たな世界が広がります。

自然素材は、内装に気持ちの良さやナチュラルな美しさを求める方に
うってつけの内装材です。

例えば、壁を珪藻土の塗り壁にすると、
これから迎えるジメジメした梅雨の季節でも、
快適な湿度の空気で過ごすことができます。

初夏の爽やかな風を部屋に入れる季節は、
気持ちの良い床でゴロンとしたくなるなるもの。

床を無垢フローリングや本物のイグサで出来た畳にすれば
その心地よい肌触りと、木や草の癒しの香りに包まれながら
思う存分、ゴロゴロする至福の時間が過ごせます。
これは、ビニール製のクッションフロアや
合板フローリングでは味わえない贅沢です。

そして、これら自然素材の内装材は
時間の経過とともに、美しく味わい深く変化していきます。

そんな素敵な内装材を、受け身ではなく施主様が自分で動くスタイルならば
実現することも夢ではないのです。

建築会社に受け入れられやすい自然素材の内装の選び方

アトピッコハウスは自然素材の内装材を豊富に取り揃えています。

壁は、珪藻土塗り壁の「はいから小町」に、
漆喰調塗り壁の「漆喰美人
さらに、糸を織った布で作った織物壁紙「すっぴんクロス」を
ご用意しています。

床は、30種類以上のラインナップを揃えた「ごろ寝フローリング」と
本物の国産イグサと稲わらで作った「ほんものたたみ」を。

建築会社に仕様変更をお願いしやすい「施工要領書」も
ホームページで公開していますので、無料の資料を請求していただき、
施工要領書とあわせて建築会社に渡してみてください。

内装の選び方も、建築会社からの提案を待つのではなく、
施主様自らが主導権を取って動けば、スムーズに楽しく
希望通りの内装が手に入るはずです!

アトピッコハウス認定工務店の「べっぴんハウス」なら
より簡単に、ご希望の自然素材を使った家づくりが可能です。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 内装 選び方 | タグ: , | 内装の選び方の新しい考え方 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー