アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

自然素材ってどうして高いの?

  • 27
  • 2月
  • 2009

新井建設で開催されたDIY体験会
リフォーム現場をたった1時間だけ、
70戸のマンション住民限定で公開。

さらに希望者はコテも持てますよ!
という企画に8組もの方がご来場いただけました。
結局、
どなたもコテは持たれませんでしたけど‥。

でも、
色々なご意見を頂戴しました。

珪藻土ってみてみたかったんだけど、
工務店さんに行くのは敷居が高くって‥。
ご近所さんの家だから安心してお邪魔できました。

ビニールクロスの上に塗ってるの?
—-性能は変わらないし産業廃棄物が出ないから安上がりなんですよ。

床暖房にしたの?
—-いいえ、無垢フローリングに張り替えただけですよ。
日差しがあるからかしら、暖かいわね~。

塗り壁って結露しないのよね。
いいわね~。

こんな、会話があちこちでされて、
ほんとうに賑やかな1時間でした。

リフォームをするとき、
新井建設って信用できるの?
値段はどれぐらいするんだろう‥、

というのは、
どこのご家庭も同じ悩み。

新井社長は会えばその人柄がわかり、
話せば、
誠実さが伝わる方。

本物素材は、
無理なく手に入ることを丁寧に説明されていましたが、

どうして自然素材は高いの?
という率直な疑問もいただいていたので、
自然素材が+500円分高い理由を改めて解説いたします。

■理由1)小ロットだからです

はなまるエコ建材のすっぴんクロスは布でできています。

鶴の恩返しを思い出してください。
羽を抜いて糸を一本一本紡ぎ、
そして織っていく。

アレ、です。

さすがに鶴の羽は使っていませんが、
糸を紡ぎ、染め、
カシャカシャ、バッタンと織っていきます。

だから生産量に限界があります。
大量生産ができないのです。
1年熟成した醤油と、
100円均の醤油では1000円ぐらい差が出てしまうのと似ています。

■理由2)ベテラン職人でないと工事ができません

ビニールクロスは今日職人になった人でも施工ができますが、
すっぴんクロスはキャリアを積んだ方でないと工事ができません。

はいから小町は、
DIYでも施工できますが、
左官職人は、掃除して2年、材料を捏ねて3年だったかな、
一人前になるまでに10年以上かかると言われていました。

でも最近は、
そんなことしていると若い世代が育たないので、
もうちょっとスピードアップされていますが‥。

美容院で、
スタイリストさんにカットしてもらうのと、
インターンに担当してもるのだと料金が違うことと同じ。
新人さんはそれなりにしか仕上がりません。

■理由3)工事期間が長い

ペンキなら1日で工事が終わるところ、
はいから小町は下地の処理に1日、
仕上げに1日、
最低2日かかります。

本物の左官材は『待つ』のも仕事。
気温、風、湿度を計算して、
じっくりと待つ。
それが左官の仕事です。

日数が増えれば、
それだけ職人さんへの支払いも増えてしまうのは仕方のないこと。

すっぴんクロスも、
ビニールクロスなら1日で仕上がる面積も、
あと半日多くかかります。

それを無理に1日で仕上げれば、
その出来栄えに満足ができないハズ。

■工夫できるところは、まだある。

一般的な織物クロスは3000円/mぐらい。
すっぴんクロスは850円/mからご用意しています。

派手な広告宣伝費をしていないし、
種類も30種類と少なめ。
(他社は何千種類もあります)
だから最低限のコストでつくることができています。

逆に輸入品のごろ寝フローリングは、
もっと大量に輸入ができれば、
1坪分に換算した送料をおさえることができるので、
価格が下げられる可能性があるのです。

自然素材をもっと多くの方に知っていただければ、
価格面で有利になる部分もあることも事実。

だから、
高い広告宣伝費をかけずに、
認知度を高める。

まだまだ力、及ばず‥
というところも正直ありますから、
脳ミソをフル回転させて、
日々アイデアを捻出してまいります。

さて、こんな内容のメルマガを不定期で発行中。
購読は無料ですので、こちらからお申込ください

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら