アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

転職 鎌倉 アトピッコハウスが、求める人材はこんな人

  • 05
  • 12月
  • 2013

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、ごとうひろ美です。

アトピッコハウスでは、現在、スタッフを募集しています

鎌倉で求める人材はこんな人
アトピッコハウスの鎌倉での仕事は同じことの繰り返しです。
お問い合わせに対応して、
資料を発送して、商品のご注文をいただく。

ご注文いただいた商品を、
滞り無く配達していただけるように配送会社にバトンを渡します。

この他に、築70年の建物を掃除したり、
お届けするサンプルを作ったりしています。
そうなんですよ~、サンプルも自分たちで作っているのです。

無垢材カットサンプル

自分が作った物を、
お客様に差し上げた経験が過去になかったので、
自分が可愛いと感じている気持ちも
お届け出来るように心を込めて作りたい。

スタッフの小林が、
こんなことを言ってくれました。

毎日数十件もある資料発送。
ともすれば作業となってしまいますが、視点を変えると、
こんな風に捉えることも出来るんですね。

仕事とプライベートを割り切る方法もあります。
人生で仕事をする時間は、睡眠時間よりも長い。

その長い時間、作業をして過ごすのか、
自ら考える仕事をするのかで、
人生の質が大きく変わっていきそうです。

アトピッコハウス事務所

もう一つ、
スタッフ小林が、アトピッコハウスで学んだことがあると教えてくれました。

苦手だった電話対応。
だけど自分は悪いことはしていない。
知っている範囲は小さいかもしれないけれど、
誠意のある対応をすれば、理解してくれる人はいる。

それで相手が不愉快になるのなら、
そういう人だと考えてみたら気が楽なった。

だから苦手意識が減ったんだそう。
確かに、スタッフ小林の成長は著しいと私も常々思っていたのですが、
こんな風に言ってくれると、

こちらが感動します。

斎藤一人さんが、
仕事に呼ばれるとお話されています。

就職活動をしていた昔、
自分に合うとか合わないということを、選択の1つにしていましたが、
今から思えば笑っちゃいます。

 

仕事もしたことがないのに、
合う、合わないもない。まずは自分が仕事に合わせてみることで、

初めて仕事を通して成長ができる。
成長できる職場を探していると、転職を繰り返すだけで、
スキルアップにならないことが多い。

そんなことが、
20代でわかっていたらなーと残念に思いますが、

いくつになっても気付けない人がいるんだから、
まだまだ間に合う!と考えるのが、
一人さん流、ですよね。

アトピッコハウスは、建築業界の異端児と思われています。

それは、
建材店や問屋が、アトピッコハウスの製品を商流に乗せてくれなかったから、

独自に工夫して販路を開拓してきただけ。
そして、その独自の販路に見合うパンフレットや見本帳を揃えていったら、
今のスタイルになった。

最初から亜流を目指したのではありませんが、
結果的に、ちょっと変わった建材メーカーという立ち位置に立っています。

採用情報を説明する時に、ちょっと困る。

建材メーカーだから受発注がメインだけど、
コトバにできない、
もっと大きなモノを一緒に探しに出掛けられるスタッフを求めています。

受発注やサンプルづくりは、そのための手段。
いわゆるVISIONというものを、
具現化できるようになると、
同じバスに乗車する乗員を集めやすい。

縁あって、小林がアトピッコハウスのバスに乗ってくれました。
空有はあとアラフォー女子用が1つ。

アトピッコハウスへの応募をご検討頂ける方は、
こちらをご確認ください。

採用情報 鎌倉 求める人材はこんな人