アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

シックハウス症候群 新たな広がり

  • 05
  • 6月
  • 2005

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

規制されてもシックハウスは解消していない

昨日NHKで11:00より、30分番組でシックハウス問題が報道された。

番組は

地球だい好き 環境新時代
シックハウス症候群 新たな広がり
2005.06.04 11:00~11:30

シックハウス規制の法律が出来、シックハウスの原因となる2種類の化学物質が規制されたが、シックハウスは解消されていない。
シックハウスの原因となる化学物質は沢山あり、2物質のみの対策では不十分というものだった。

また家具やカーテンなど、ユーザーが持ち込むもので、シックハウスが起こる場合があると丁寧に報道され、一般への啓蒙に役立つ内容だった。

金沢の築8年の家に住む家庭で、子供3人全員が原因不明の頭痛等におそわれ、
シックハウス症候群にかかったと判明した事例が紹介された。
原因は、最近買ったソファーから揮発する「ホルムアルデヒド」によるものと推測された。
直ぐにソファーは撤去したが、子供さん達は少量の化学物質にも反応するようになり、教科書なども天火乾ししてからでないと使えない等、不便な生活をしいられている。

植物が化学物資を吸着してくれることに着目し、植物を使った「シックハウス対策」の試みも紹介されていた。

シックハウス対策の根本は、「シックハウスの原因となる化学物質」そのものを使わない。
もしくは使用量を減らすことだとはであるに間違いありません。

「予防原則」ってご存知でしょうか?
化学物質対策の最先端を行く考え方です。

・有害だと分かっているものは使わない
・因果関係は証明されてなくても、有害と思われるものは使わない
といった考え方です。

アトピッコハウスが推奨する「安全対策」の根幹をなす考えです。
現在我々は極日常的に100,000種類もの化学物質を使っています。
そのうち毒性試験等がされた化学物質は4,000種類しかありません。
怖いと思いませんか?

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら