アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
大切な家族のために、快適な空間づくり

ハッピーな家づくりのために

  • 23
  • 4月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

プロ野球が開幕してから1カ月が経ちました。

父の影響で、小さい頃から中日ドラゴンズの大ファンだった私。
鎌倉に来た今でも、試合のチェックは欠かせません。
実家にいた頃には、よく球場にも観戦に行ったものです。

観戦に行くと、よく一緒に見に行く友人たちは
「ホームランがバンバン出ないと面白くない!」と言います。

だけど私は、ジリジリするような投手戦も嫌いじゃないんです。

ピッチャーの手を離れたボールが、キャッチャーミットに吸い込まれる。
微妙な軌道で「判定は?」と息を飲んだ瞬間、
「ストラーイク!」とアンパイアが叫んだときの爽快感。

あの緊張感と開放感の繰り返しがクセになるんです。

ところでこのストライクゾーンというのは、
野球規則で詳細な判定基準が決められています。

ただ空間の判断というのは微妙なもので、実際は
アンパイア個人の裁量にゆだねられている部分が大きいんです。
だから、それぞれのアンパイアによって、また日によって
ストライクゾーンというのは微妙に違ってきます。

野球に興味がない人にとってこのストライクゾーンという言葉は
異性の好みなんかで使われますよね。

顔の好み、性格、センス、収入、価値観などなど
人によって許容範囲が変わってきます。

おそらくこのストライクゾーンというものは、
その人の元々の性格に加え、過去の様々な体験から
作られていくのだと思います。

これは人間関係だけに限りません。
家づくりの建材選びでも同じことが言えるのではないでしょうか。

塗り壁「パーフェクトウォール」

かつてアトピッコハウスは、健康志向、シックハウス対策をメインに掲げ
狭い狭いストライクゾーンにボールを投げ続けてきました。

だけど今は違います。
もっとストライクゾーンを広く取って投げることにしたのです。

「こういう建材を使わないと健康を害するよ」ではなくて

「こういう建材を使うと、気持ち良くて豪華で長持ち!」
というように。

ピッチャー(会社)も、投げているボール(商品)も
以前とは何も変わっていません。

けれど、ストライクゾーンの広いバッターに投げよう、
と方向転換したのです。

なぜか?

家づくりは、幸せな生活のための、人生の一大事業です。

その家づくりがハッピーなものになるためには
「ポジティブ」で「前向き」な姿勢でいることが大切。

アトピッコハウスの製品も
「好きだから」「使いたいから」

という姿勢で選んでもらいたいからです。

そういう気持ちで選んだものは、使えば使うほど愛着がわき、
愛着がわくからもっと大切にしようと思える。

そうしてハッピーサイクルができあがるんです。
アトピッコハウスは、そういうハッピーな家づくりのお手伝いをしたい。

「これしかないから…」「色々心配だけど…」
と、消去法で仕方なく選んだものには、いつまでも不安がつきまとい
何か少しでも思いがけぬ事態に直面すると
「ほらやっぱりこうなっちゃったじゃない!」とネガティブな感情に陥ります。

だから、今持っているご不安が多いお客様には
当社よりももっとストライクゾーンを絞って投げ続けている
他社をおすすめすることもあります。

アトピッコハウスの商品はかつてと変わってはいません。
けれども、お客様の持っているストライクゾーンと
アトピッコハウスの投げているストライクゾーンが違ったのでは
お互いがハッピーになれないからです。

ご縁が結べないのはとても残念ですが、

選択権は常に施主様にあるのです。

家づくりはどの施主様にとっても、一世一代の大プロジェクト。
だからこそ、求めるものと与えられるものが一致する
ハッピーサイクルを作ってほしい。
たとえ、当社のものではない建材を選択されたとしても。

アトピッコハウスは、たくさんのハッピーハウスのために
ひろーく、ゆるーく、気持ち良く投げ続けていきたいのです。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら