アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
注文住宅を建てたいなら・・・?

自然素材の家の実現はスタートが肝心

  • 28
  • 5月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

「工務店の人って、
怖そうなおじさんばかりじゃないんだぁ」

先日、何名かの「はなまる工務店」の社長さんに
お会いする機会がありました。

タカハシ建築工房、高橋専務

失礼な話なのですが、工務店というとどことなく
「いかつい」「ぶっきらぼう」な頑固オヤジばっかりという
イメージがありました。

けれど実際に皆さんにお会いしてみると
身なりはスッキリと小奇麗。
ちょっとシャイな方も中にはいるけれど、
人柄は温厚で、お話しやすい方ばかり。

中には立て板に水のごとく、
次から次と面白いお話が飛び出す方や
ステキな奥様と二人三脚で、誰もが入りやすい
工務店を目指して奮闘中の方も。

私にとって自宅を購入…はまだまだ先の話ですが、
もし「家を新築する」という話になったとき、
この業界に入っていなければ

真っ先に思い浮かぶのはきっと
大手ハウスメーカーだったと思います。

オフィスは綺麗でおしゃれそうだし、
今はやりの最新デザインと設備にしてくれそうだし
誰もが知ってる大手だったら、
いい加減なこともないだろうからきっと安心。

「工務店」=「いかつい」「怖そう」
「ハウスメーカー」=「おしゃれ」「安心」

…と、完全にイメージだけにとらわれていました。

けれど、時代は変わりました。

大手だからって安心という保証はどこにもない。
逆に小さい工務店だからって、
古臭いガンコおやじばかりじゃない。

何より、「自然素材をどうしても使いたい!」
という強い希望がある場合
大手ハウスメーカーが必ずしもふさわしいパートナーとはいえません。

大手は独自の流通ルートがあり、
オリジナルのいつもの決まった材料を使うことで、
工事期間を短くする努力をしている会社です。

それはつまり、他社製品をできれば使いたくない、
という言葉に置き換えられます。

他社製品を使うということは、
自社製品の売上が下がるわけだし
何せ、やったことが無いものを施工するのは
仕上りも保証できないし、リスクが高くなります。

「施工業者はもう変えられないけれど、
アトピッコさんの自然素材をどうしても使いたい。
なのに、業者さんが自然素材を使ってくれない!」

という嘆きのお問合せが
最近増えているのもうなずけます。

なぜなら、「自然素材を扱ってくれる」という前提で
施工業者を選んでいないからです。

大手ハウスメーカーさんに限らず、
自然素材を取り扱ったことのない施工業者さんは
自然素材には手を出したがらないケースが多いです。

そう。自然素材の家が叶うかどうかは
スタート時点ですでに勝負が決まってしまうのです。

そこで出番になるのが、「はなまる工務店」。

「自然素材の家が建てたい!」という大きい志のもと
集まってきているのが「はなまる工務店」。
当然、自然素材が得意分野です。

大手ハウスメーカーと比べれば
施工できる棟数も多くありません。

けれどだからこそ、お互い「顔の見える」お付き合いになるし
一棟一棟、お客さんの要望を直接聞きながら
進めていくことも得意なんです。

「新築工事が終わって引き渡した後も、
施主さんにはもっと頼ってほしい。
水周りにトラブルが起きたとか、ボルト1つ締めるとか
どんなに小さいことでも、僕は飛んでいくよ」

とは、はなまる工務店のある社長さんのお言葉。
何て心強い!

書類を介したお付き合いだけじゃなく、
もっとあったかくて家族みたいな関係性。

それも、「はなまる工務店」の魅力です。

工務店は怖いおじさんばっかり…なんて誤解していて
ごめんなさい!

はなまる工務店、日本全国に広がっています。
皆さんもお近くに見つけたら、まずは一度
怖がらずに扉を開けてみて下さいね。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら