アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

得意を伸ばす

  • 17
  • 7月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの小林真実です。

人には得意なことと不得意なことがあります。
男女によってできることと、できないことがあります。

後藤社長とひろみ専務

男女平等に働くこと・・・
私は不可能だと思っています。

どちらが優秀だとか、劣るとか
そういったことではありません。

できること、得意なことが異なるからです。

私が初めて就いた仕事は、技術職でした。
男性と肩を並べて働きたいと思っていたからです。

深夜残業や、徹夜は当たり前。
女だからって特別はありませんでした。
それは覚悟の上だったから、不満はありませんでした。

でも、お客さんが来ると
「お茶2つ」
と言われました。
女だからって理由でお茶出しを指示されることに、
すごく腹を立ててました。

数年後、女性上司につくことになりました。
彼女も「男性と対等に」と思っていたと思います。
その通り、技術力も高くまさに「バリバリ」仕事されていました。

客先で設置作業がありました。
営業の男性もいたのに、
重たい機械を彼女は一人で運ぼうとしていて・・・

その姿を見たときに、
頑張るところが違うのではと思ったのです。

男だから、女だからって頑張ることはない。
どちらも人間なのだから、
それを得意とする人がやったらいいだけのこと。

アトピッコハウスの社長と専務はこのバランスがとても取れています。
ここは社長が専門だから、これは専務に任せているから・・・

男だから女だからってことではなく、
お互いにお互いを尊重されているのを感じます。

だから「できないことを数えるより、できることを数える」
ように言われるのかなと思います。

その人の良い部分を認め、それを伸ばす。

アトピッコハウスは「はなまる工務店」の応援をしています。

はなまる工務店の中には、
社長の奥様が、仕事を手伝っていらっしゃるところがあります。

奥様だからできること。
主婦の目線での情報発信を促したり、
女性ならではの文章の柔らかさを
メールで活かせるようアドバイスしています。

女性だからこそできること。
それは男女平等とか対等ではなく、人としての尊重なのだと思います。

建材も、それぞれに得意なことが異なります。
その特異なこと、長所にフォーカスをあてて考えようというのが
アトピッコハウス流。

人の脳はネガティブな方にフォーカスされるものだそう。

でもネガティブなところから楽しさは生まれない。
良いところを探せば、きっと楽しい家づくりが、
そして幸せな暮らしができると信じています。

男だけでも女だけでも人類は成り立たない。

お互いを大切に思えば、
女性議員に対しての野次なんて出ないのではないかな~
と思います。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら