アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

インテリアデザインのバランス

  • 01
  • 9月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

インテリアデザインは、バランスが大事だと思います。

織物壁紙「すっぴんクロス」

私は、インテリアコーディネーターの資格も持っています。
しかし、資格とセンスは別物ですね!

柄物の壁紙や、濃い色の床を上手に組み合わせて、
チンドン屋にならないようにしようと思うと、

卓説したセンスが要求される。

しかも、奇抜なコーディネイトというのは、
好みが大きく分かれる。

私の妻が夢中になるファッションブランドも、
私の目から見ると、

そんな奇抜なもののどこがいいの?
といった感じで、価値が理解できない。

住宅の場合も、個人の好みなのだから、
壁紙にどんなものを貼ろうと、

インテリアデザインとしては成立するのだと思う。

ただ、人の好みは変化するし、成長するので、
あまり奇抜なインテリアデザインにするのは、

どうかと思います。

奇抜な柄の壁紙を選んだり、
ダイナミックな塗りパターンをつけた塗り壁よりも、

落ち着いた感じにしておいた方が、
長期にわたって、気持ち良く過ごせるように思う。

壁紙なら無地がお勧めだし、
あっても折り柄程度とし、シンプルなものが
いいと思う。

色も、白とか淡い色といった単調なものが
いいと思う。

床・壁・天井の内装材といった
大きな面積を占め、

かつ簡単に仕様変更が出来ないものは、
あまり主張しないシンプルなものがいいと思う。

そして、カーテンとか家具とか、
家電とか植栽といった「可動物」で、

インテリアデザインを整えるべきだと思う。

飽きたら変える。
季節に応じて変える。

スチュエーションによって変える。

そんな感じで自由度を高くしておく方が、
末永く気持ち良く、快適に過ごせると思う。

数年単位でクロスを張り替える人も多くないし、
というか、ほとんど10年も20年も
張替えはしないので、

子供が大きくなった時のことも考えて、
壁紙選びをした方がいいと思う。

インテリアデザインに精力を注いでいる方にとっては、
内装をシンプルにしましょうと言うと、

オシャレの楽しみを奪われて、
ショックかも知れませんが、

インテリアを楽しむのは、カーテン、家具、家電、
グリーン、置物等々、可動物にしましょう。

シンプルが一番です。

もし、壁紙の色柄にこだわっても、
家具やカレンダーやポスターや、洋服等々で
隠れてしまい、

何もない状態でイメージした
インテリアデザインにはなりません。

アトピッコハウスでは、3種類の塗り壁と、
30種類の本物の織物壁紙(すっぴんクロス)を作っています。

塗り壁に関しては、目的と予算に合わせて、
選択して頂けるようにしているし、

壁紙に関しても、エコクロスで、
この品揃えは、多い方だと思います。

塗り壁に関しては、色の濃い製品もありますが、
壁紙に関しては、淡い色中心、そして、無地中心です。

多少の折り柄や、糸のバリエーションによって、
多少の違いはありますが、

それほど大きな違いはありません。

それでも、多少は選ぶ楽しみ、
迷う楽しみはあります。

洗面、トイレ等の水周りには、
ある程度の撥水性がある

パウダールームという商品。

居間や寝室に使える豪華な感じの商品。
キッチンなどの火気使用室に使える防火認定品。

そして、子ども部屋や、納戸等にも、
気軽に使えるキッズシリーズや、
ファミリーシリーズといった商品などです。

どの商品も、大柄な模様は付けていないので、
主張しすぎません。

織物壁紙なので、温もりがあって、
調湿性も期待できるのです。

すっぴんクロスの資料をご希望の方は、こちらからどうぞ

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら