アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
大掃除は計画的に!

カビは条件がカギです

  • 28
  • 11月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

皆様、大掃除の計画は立てていらっしゃいますか?

大掃除は計画的に!

まだ早いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに私が小さい頃は、年末に一斉に、
カーテンの洗濯や障子はり、窓ふきに、
ガスレンジ周りや換気扇、洗面台やお風呂場の掃除と
家の中が大忙しだった記憶があります。

(私は、ここぞとばかりに古い障子に穴を開けている子供でした。)

実は最近、
秋ごろから徐々に始める人が増えているそうです。

やはり共働きの家庭が増えていることが一番の要因でしょうか?

寒くなる前に済ませてしまう。
水が冷たくなる前に、できることはやってしまう。

そんな考えもあるそうです。

たしかに、
年末に仕事が忙しくなる方って多いですし、
忘年会も多いです。

疲労困憊、やっとの思いでたどり着いた年末年始のお休みに、

家中ひっくり返して掃除しなければならないと思うと、
ちょっとげんなりしてしまいますよね。

予定も買い物も多い年末年始、
お掃除便利グッズも先に買っていれば、
出費も分散できます。

働くお母様、
2~3か月かけて、少しずつ進めてみてはいかがでしょうか~

ちなみに私も、11月に入ってから
カーテンや窓ふきなど、手を付け始めました。

そのとき発見したのが、
窓ガラスに点々とついたカビ。

結露のせいですかね~
本当にカビってどこにでもはえますよね。

窓だって壁だって食器だって・・・

カビと言えば、
アトピッコハウスがいただくお問い合わせでも

カビははえますか?というご質問を頂くことがあります。

カビ、はえます。
★注意★決してはえやすいということではありません。
      むしろ、カビないように工夫している商品です。

カビは、条件が揃えば、
ほとんどの場所で発生してしまうものです。

●よく、「漆喰はカビがはえない」と聞きます。
→いいえ、残念ながらどんな漆喰も、条件が揃えばはえます。
お寺の漆喰の壁がカビているの、何度も見ています。

漆喰がカビにくいのは事実です。
そして、漆喰美人は、通常の漆喰の主成分である消石灰を使わない、
カビにくい漆喰調の塗り壁です。

次に、
●珪藻土は、湿気を吸ってくれるからかびやすい?
→吸ったままで、こもってしまっては、カビはえます。

ですが、はいから小町は吸って吐く性能が高いので、
塗り壁本体の中にこもってしまうことはありません。
※ただし、部屋自体がこもらないようにしていただく必要はあります。
一般的な換気の目的と同義です。

また次に、
●すっぴんクロス専用糊こむぎちゃん。小麦だからカビやすい?
→カビやすいものではありません。
完全乾燥しますので、一般的な接着剤と変わりません。

・・・と、このように細かく例を挙げていると、

やっぱり自然素材は面倒くさい

と、思わせてしまいますね。

でも、今私がこの場で挙げたこと、
実際は、新建材だって同じなのです。

私が大掃除を初めて見つけたカビ、
窓だけではありません。

ビニールクロスも、カビていました。

古い賃貸ですから、
歴代染みついた汚れや、
生活していてついた汚れが残っていて、

カビになったのだと思います。

調湿性能もない、汚れに強いと思われがちのビニールクロスだってカビるんです。

2014年現在、
カビに完全勝利した万能な壁はないのです。

伝統的な素材も、新建材も、はなまるエコ建材も

カビに完全勝利とはいかないものなのですね。
カビ、おそるべし。
(ここまでカビ、カビ…と散々書いてすみません)

私は最近、マイホームについて考えさせられる機会があり、
その際に、
やりたいことへの期待と同時に、わからないことへの不安を感じました。

知らないこと尽くしの建築業界ですから、
探せば、もっと良い、ぴったりの何かがあるはず!

でも、その「何か」が何なのかすらわからない。

ですから、
知らない世界に、より良い何かがあるはずと

神がかり的な期待をしてしまう心境は、
とても共感します。

そんなとき、ひろ美専務から、
「まずは予算をよく考えた方がいい」というアドバイスをもらい、
はっとしました。

自分にも、建材にも、できること、できないことがある。
だから、できることに目を向けて、現実的に対処していく。

つい、夢を見てしまっていたので、
とてもありがたい一言でした。

建材との付き合いい方も一緒です。
珪藻土、と聞いて、神がかり的な期待をしがちですが、

どんな製品も、言ってしまえば「ただの地球上にある物質」です。

カビにくく工夫はできても、
絶対カビないように作るのは、今のところ難しいのです。

建材との付き合い方も現実への対処の積み重ね
なのです。

では、最後に
アトピッコハウスの考えを申し上げます。

全てが都合のいいものなんてない。

全てのものには、良いところも悪いところもある。

だったら、私たちにやさしい素材がいい。

「便利は不便」て言葉、
主に年配の方からよく聞く言葉ですね。

化学物質満載の新建材は、
施工が簡単、大量生産で値段が安い、扱いが楽、
なんて、便利に思われがちですが、

20年も経ったら、ボロボロになってしまい、
何度も修繕が必要になってしまうものが、

はたして便利なのでしょうか?

それよりも、
施工してくれる業者が限られたり、初期費用が高かったりしますが、
自然素材を使って、何十年経ってもすたれない、
素敵に成長する自然素材を使った方が、

長い目で見て、便利なように思います。

レトロな扇風機、まだまだ動きます

今の家電は、10年経ったら使い物になりませんが、
昔の家電が、何十年も動き続けるし、古くなっても素敵。

新建材と自然素材も、これと似たような対比ですね。

自然素材と聞くと、不便さに目が行きがちな方が
まだまだたくさんいらっしゃるようですが、

良い面、悪い面、両方理解し、
当面の予算、向こう数十年に発生するであろう予算、
などなど、

総合的な視点で、建材を選んでみてはいかがでしょうか?

それでは、
新建材のお宅にお住いの方も、自然素材のお宅にお住いの方も、

計画的な大掃除でカビをやっつけましょう!

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら