アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

「本物」と「利便性」、両者を知る重要性

  • 07
  • 1月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

年末年始に、伝統的な本物の良さを改めて知ると同時に
新しく便利なものの恩恵にもあずかりました。

お正月といえばおせち料理

あけましておめでとうございます。

年末年始、皆さまはいかがおすごしでしたか。
私は例年どおり、両家の実家に帰省して
お正月を満喫してきました。

私の母は毎年年末になると
祖母から受け継いだ手作りのおせちで
新年を迎えるのが恒例。

私もこの季節になると、
祖母と両親と一緒に市場をまわって
材料を買いに行ったことを
懐かしく思い出します。

黒豆はちょっと贅沢に丹波産を使い
古釘と一緒に煮てツヤを出し
くわいもまるっとふとった国産のものを選んで
芽を折らないように皮をむくのがコツ。
きんとんは白いんげんで作るのが我が家流。

材料選びから下ごしらえまで
丹精込めて作られたおせちはおふくろの味。
これを食べないと年が明けた気がしません。

既製品のおせちを食べたことがありますが
味も濃いし1度食べたら飽きてしまい
正月休み中ずっと食べるには厳しいものがあります。
美味しいけれど、我が家の味には叶いません。

幼い頃にはわからなかったおせちの美味しさが
今ではすっかりなくてはならないものになりました。

慌ただしい年末に「本物」の美味しいおせちを
作って食べさせてくれた祖母、母には
感謝の気持ちでいっぱいです。

一方、年が明けて帰省から戻った我が家。
本日新年開けて7日目、「七草がゆ」の日です。
私は毎年、生の七草を買ってきて
1月7日の朝にいただくのですが

2人で食べるには量が多いことと
切るのが面倒なことが少々気になっていました。
(ズボラな主婦です…)

けれど、今年はいいものを発見したんです。
その名も「フリーズドライ七草」!

七草をほどよい大きさにカットして
フリーズドライにして密封パックしてあるもの。
焚いたお粥の火を止める3分前くらいに
そのままサッと入れれば出来上がり。

便利なフリーズドライ七草

洗い物も出さず、ムダもなく、長期保存が可能。
生の野菜の歯ごたえには及びませんが
私たち家族のスタイルにはぴったりです。

きちんとした材料と作り方をする方から見ると
邪道なやり方かもしれません。
けれど私は思うのです。

年に一度の行事だから、大切に
伝統的なやり方で迎えるのも良し。

年に一度だけなのだから、無駄が出ないように
かつ無理をしないことで続けられるようにするも良し。

要は、それぞれの価値観とその時の状況に合せて
やっていけばいいと思うのです。
がんじがらめにならず、柔軟に。

建材選びも同じことです。
アトピッコハウスは「自然素材」を扱うという事業内容から、
「オール自然素材」派、自然素材以外は却下!
と受け取られがちです。

けれどそこは意外と柔軟な考え方を持っています。
新建材も、時と場合によっては選ぶ価値があると思うし
便利な部分は最大限活かせばいいと思っています。

例えば、水周りに塗り壁布クロス
無垢フローリングを使うことで
シミができるのではないかと心配する方は
ビニールクロスや合板フローリングを使うのは
アリだと思っているし

やんちゃざかりのお子さんのいるご家庭で
ほんものたたみを採用される方には
強度の弱い純綿のヘリではなく、
化繊ベリをお勧めすることもあります。

要は、それぞれの価値観とTPOを使い分けて
取捨選択するのが吉だと思うのです。

私たちが一番残念に思うのが、
本物の存在や良さを知らないままに
本物でないものを選んでしまうこと。

両者のメリット・デメリットを知り、考えた上で選べば
どれを選んだとしてもハッピーな家づくりができる
というのがアトピッコハウスの考え方です。

建材選びは生き方選び。
生き方選びは住まい方選び。

新たな年に、改めて
「自分の住みたい家はどんな家か?」
「どんな生き方がしたいのか?」考えてみて下さい。
すると自ずと、選びたい建材が見えてくるはずです。

今年も、素敵な家づくりができますように!

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら