アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
塗り壁のDIYは楽しく、前向きに

DIYは楽しく、前向きに

  • 10
  • 4月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

楽しくないと続きません。

塗り壁のDIY

ここ数年、町でランニングしている人を
よく見かけるようになりました。

わたしもこのランニングブームに乗って
走り始めた一人です。

社会人になってから、
運動らしい運動はほとんどとしてきませんでしたが、

スニーカーを履いて、とりあえず走ってみました。

途中で脇腹が痛くなり、
息絶え絶えになりながらも
とにかく足を前に出して走り続けました。

走距離は約4.5km

久しぶりに流した汗と、走った距離に満足をして
その日は気持ちよく眠りました。

翌日は全身筋肉痛に襲われましたが、
久しぶりに体を動かしたので、これは予想の範囲内でした。

その後、週に2回走ろうと目標を立て
何度か走りましたが

やはり走るのは苦しい。

学生時代からランニングを日課にしている友人に
この話をしたところ、
ランニングの基礎を一から教えてくれることになりました。

友人指導の下、
額に汗をかくほどみっちり準備運動をして走り始めます。

「足を上げる!」
「膝を前に出して、車輪のように回すイメージで!」
「手は、振り子のように横に振ると楽だよ!」

まずはフォームを直され、
次は走るペースの指導です。

私はそれまで1キロ5分強で走っていましたが
なんと、1キロ7分にペースを落として走れというのです。

なぜ今のペースを落とさなければならないのか
友人の意図が理解できませんでした。

そしてズバリ指摘されました。

「今のペースで走っていても苦しいだけでしょ?
楽しくないと続かないよ!」

図星でした。
そして言われた通りにゆっくり走り続けました。

自己流で走っていた時に比べてだいぶ楽になり、
途中、走っていることが楽しいなと
思う瞬間がありました。

こんなことは初めてです。

その後ランニングは週に2回のペースで続いています。

楽しくなければ続かない
という教訓を身を持って学びました。

楽しい方がいいのは、DIYも一緒です。

最近お問い合わせが増えているDIYですが、
その動機は大きく2つに分けられます。

楽しそう、家族の思い出を作りたい
といった前向きな動機と

予算がないから仕方なく・・
といった後ろ向きな動機です。

後者の場合、アトピッコハウスでは
DIYを勧めていません。

アトピッコハウスの商品でDIYが可能なのは
珪藻土塗り壁の「はいから小町」
漆喰調塗り壁の「漆喰美人」です。

わたしも職人さんに習って体験させてもらいましたが、
塗り壁を塗るって結構大変です。

なかなかコテは動いてくれないし、
思っていた何倍もの厚みがついて
ぼてっとしてしまう。

頭で思い描いていたコテ模様は
とてもじゃないけどつけられません。

けれども、前向きな動機のDIYなら、
そんな大変な工程も楽しめて
世界で一つの素敵な塗り壁に仕上げられるはずです。

ムラや凸凹も楽しい思い出や味として
受け入れられるからです。

DIYではプロが仕上げたような
綺麗な仕上がりを望めません。

スタート地点が後ろ向きだと、
仕上がりに満足がいかない場合が多くなります。
辛い思い出の刻まれた壁になる可能性だってあります。

せっかく作った予算で、辛い思いをして
満足のいかない塗り壁をつくるのは残念です。

もし、予算の都合で仕方なくというのなら、

ホームセンターで売っているような
DIY専用の塗り壁材の方が
リーズナブルで施工も簡単です。

どうしても自然素材がいいのなら、
予算が貯まってからでもいいと思います。

塗り壁のDIYはランニングと違って
苦しくても途中でやめられません。

施工要領書はこちらで紹介しています。
「はいから小町」施工要領書
「漆喰美人」施工要領書

DIYを考えている人は、楽しく出来そうか、
プロに頼んだ方がいいのか
じっくりを目を通して検討してくださいね。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら