アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
クッション性があるから、小さな子どもにも安心

ほんものたたみ、すごいです

  • 27
  • 6月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、手島 ふみ子です。

皆さんの家に、和室はありますか?

ごろごろ転がると気持ちがいい!

和室がない家、結構ありますよね。

つまり、畳に馴染みのない環境で育つ人が増えているということ。

私が住んでいた賃貸アパートにも和室はあったのですが、

賃貸なので、表面に傷を付けたくなくて、
上にカーペットを敷いていました。

そこで育ったわが子にとっては、
畳は馴染みがないのかと思います。

しかし、そんなわが子が先日、
私の趣味に付き合わされ、

鎌倉の大きなお寺に行った際、

広~い畳の部屋を見た瞬間、
楽しそうにごろごろと転がり始めていました。
(お行儀が悪くてごめんなさい)

フローリング等、板張りではない床を見ると、
転がって遊べる場所だと認識するのかもしれません。

そんな3歳児の行動を見て、
畳でごろごろは、本能なんだな~と感心していました。
(ちなみにフローリングではスライディングしてます)

畳が減っている原因は、
やはり、
手間がかかること、ランニングコストがかかること。

たしかに、
畳は日焼けしたり、ささくれたりと、
劣化が目に見えて分かりますし、

ダニが発生すると、痒くて悲惨です。
(私も経験あります)

5年に1度は表替えをしなければなりませんから、

その都度、費用もかかります。

しかし、畳の良さは、
ほとんどの人が知っていると思います。

例えば、
踏みしめる音が懐かしかったり、
適度なクッション性が心地よかったり、
イグサの香りに癒されたり、
見た目が美しかったり・・・

私たちの様々な感覚を、心地よく刺激してくれるのが畳。

靴を脱いで寛ぐ日本の文化がはぐくんだ、
究極の癒しアイテムですね!

アトピッコハウスが販売している畳は、
「ほんものたたみ」

文字通り、
古き良き製法を大切にして作っている
「本物の畳」です。

本物とは何か?

先に述べた「劣化」ですが、

まず日焼けについて。

これは、
現在流通している畳の表(表面のイグサ部分)は
ほとんどが着色されています。

青々とした、真新しいと思いがちの畳は、
実は着色された青なのです。

外国産で、もともと不揃いのイグサを
見た目だけ良くするために、着色しているのです。

それが、
日焼けや摩耗すると、
色褪せてみすぼらしくなってしまうのです。

<ほんものたたみは天然泥染め!
 自然な風合いは、
 年数がたってもみすぼらしくなりません!>

そして、表面がささくれてしまうことも、

これも同様、
強度のない、安物のイグサが
たくさん出回っていることが原因ですね。

<ほんものたたみは、丈夫な熊本県産のイグサを使用!
 鎌倉の人気ゲストハウスでも、元気に活躍しています!>

次に、ダニですが、
大抵の畳は、防虫シートで対策しています。

これは、大体2年位で効き目がなくなりますから、
ダニが発生してしまうのだと思います。

<ほんものたたみは麻シートを使用。
 麻は天然素材ですから、
 抗菌性は半永久的に続きます!>

費用については、
相次ぐ原材料の高騰でなかなか辛いところですが、
なんとか頑張って、今の値段を維持しています。
(本当に質の高いものですから、お高いのは事実です)

このように、
「本物」を追求したことで、

人工的な処理による不具合を乗り越え、

極上の気持ちよさを実現してくれる畳を
販売することができました。

畳の短所を気にすることなく、
長所を存分に楽しめる畳は、

現在、なかなか手に入りません。

「1室でも和室にしよう」と
お考えの方がいらっしゃいましたら、

差額を出して、「ほんものたたみ」にしてみませんか?
畳に掛ける費用以上の満足度が得られるはずです!

「畳の部屋で、安心・快適に過ごしてほしい。」

そんな思いで開発されたほんものたたみ。

(個人的にほんものたたみの大ファンなので)
一押し商品です!!!

資料請求は、こちら

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら