アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
すっぴんクロスのラインナップ

質が良くて、シンプルが一番!

  • 03
  • 7月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、手島 ふみ子です。

皆様は、どんなことを基準に壁材選びをしていますか?

すっぴんクロスのラインナップ

一般的に壁材選びは、

ビニールクロス、布クロス、紙クロス、
ペンキ仕上げ、塗り壁・・・etc.

などの中から、好みのテクスチャーを選び、

次に色柄などを決めていくとスムーズかと思います。

そんなとき、
「この面は、真っ青にしない?」
「ここは、ポップな柄にしない?」

など、
ちょっと遊び心を出したくなるのが
楽しい家づくり。

たしかに、
おしゃれカフェや、インテリアショップ、
ファッション雑誌に出てくるようなおしゃれな部屋には、

大胆な色柄を使っている例が、少なくありません。

実はそこに落とし穴が・・・

内装材選びまでたどり着くと、
実際の家のイメージが、だいぶ出来てくるかと思います。

そこで失念しがちなのが、
カーテンや家具のこと。

入居すると、

窓にはカーテンが、
壁にはエアコンが付き、
壁際には、テレビボードや本棚、食器棚などが置かれ、

部屋の真ん中には、
ダイニングテーブルやソファが置かれます。

シンプルだった入居前の部屋に、
引っ越しした途端、
たくさんの「模様」が加わるのです。

何を隠そう、最近引っ越しをした手島が
まさに実感しております。

あれ~?
入居前はとっても素敵だったのに、
前の家から持ってきた安物の家具のせいで
なんか、統一感がないし、微妙なインテリア…
いや、これはインテリアなんて単語は使っちゃいけないな…

なんて現在進行中で思っています。

幸い、シンプルな壁なので、
目も当てられないまでには至りませんでしたが、

これで、壁に模様や色がついていたら、
インテリアのセンスのない私には、

到底、太刀打ちできません。

そうなんです。
家具、家電は、
予想以上に部屋を雑多とさせます。

たとえすべて新調したとしても、
生活するには、たくさんの物が必要です。

物がたくさんあるだけで雑多とした印象を持たせますから、
よほど意識して統一感を持たせないと、

思い描いていたようにはならないのだということを
痛感しました。

あ~壁が真っ白で良かった~。

さてさて、話は壁材選びに戻りますが、

こんなワケで、
壁はシンプルが一番だと思います。

20年、30年と付き合っていく家ですし、

その間、なんやかやと忙しいはず。

築年数が経ったころには、
子どもが大学に入学したり、結婚したり。

出費が多くてリフォームどころじゃない!

なんて、
ありがちなケースだそうです。

30代で建てた家は、
60代になっても住んでいるはず。

時代の流行もあるでしょうし、
生活スタイルも流動的でしょう。

自分自身の好みも変わってくるかと思いますので、

はやりすたれのない、シンプルな壁にしておけば、

部屋に置く物を選びません。

そして重要なポイントはもう一つ。

質のいい、長持ちする内装材を選ぶこと!

最初に述べた、ビニールクロスにした場合、
10年経つと、古臭くなること必至です。

古くなって、味が出てきてくれればいいのですが、

ビニールクロスだと、
どうしても「すたれちゃった感」満載になってしまいがち。

先週末に旅行で伊豆へ行ったのですが、
泊まったホテルでは、
バブルの名残よろしく、

広~いカラオケ会場や、
豪華なふすま絵の宴会場、
節電中のゲームコーナーなど、

「兵どもが夢の跡」状態でした。

すべて手入れが行き届いていればいいのですが、

不景気のせいか、
修繕する予算もないようで、

当時のビニールクロスが
汚い状態でそのまま放置されていたのです。

おそらく30年前後は経過しているものかと思いますが、

継ぎ目ははがれかけ、
タバコのヤニでべったりとし、
そのヤニに埃が積もって、黒っぽく変色していました。

一般住宅でここまでの汚れ方はしないでしょうが、

やはり、ビニールクロスは、
経年変化が美しくありませんから、

10年くらいで張り替えないと、
きれいな状態を維持できません。

そんなビニールクロスだって、
無料ではありませんから、

いくらかの費用をかけて施工してもらっています。

どのみち費用をかけるなら、
差額を出して、
経年変化が美しい
本物素材を使用してみてはいかがでしょうか?

というのが、私たちの考え方です。

アトピッコハウスの壁紙(布クロス)すっぴんクロスは、
長持ちします。

20年近く前に施工した現場では、
タバコを吸う人がいる部屋にも関わらず、

キレイなままだという報告を受けています。

ちなみに、アトピッコハウスが販売しているのは、
すべて自然素材の内装材。

自然素材は、一般的に経年変化が美しく、

たとえシンプルだとしても、
ラフな仕上がりなので、
ビニールクロスのように均一すぎることもなく、

真新しいときから、古くなるまでずっと、
表情の変化を楽しめます。

質の高いものを選べば、
長持ちするだけでなく、見た目も美しく豪華。

美しい壁に包まれた暮らしは、
とても気持ちが良いことでしょう。

シンプルだから時代を選ばない。

質が良ければ見た目も良いし、長持ちする。

時代を超えて付き合っていくのが「家」です。
壁選びの瞬間の遊び心も楽しくて捨てがたいですが、

少しだけ、20年後、30年後の自分を想像してみると、
答が見つかるかもしれませんね。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら