アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
70年以上経っても現役の無垢フローリング

内装材の値段は品質の証になるのか

  • 08
  • 7月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

製品の良し悪しは値段でもある程度目星がつく

アトピッコハウスの豪華な無垢の床

先日、女性ばかりでいつもの
にぎやかなおしゃべりの華を
咲かせていたところ、
「健康に良い食材」の話題になりました。

『最近、サラダオイルよりも、
亜麻仁油とかエゴマ油とかの方が
体に良いって注目されてるんだよ』

『へ~そうなんだ。そういえば
ココナッツオイルっていうのも
流行ってるよね。』

『そうだね、あちこちで見かけるね。
でも、値段もピンからきりまであって
どれを選んだらいいのか分からないわ。』

『そうよね。安いものって
どことなく心配よね。』

食材選びも、高い・安いというのは
重要な要素ですが、
口に入れるものだけに、あまり変なものは
選びたくないというのが正直なところ。

その話を夫にすると
こんな話をしてくれました。

「そりゃそうだよ、豆腐だって
めちゃくちゃ安いのと、高いの
差が大きいでしょ?
安いのは理由があるんだから、
できることならあまり安いのは
選ばない方がいいよ」

その理由というのは、豆腐は作り方によって
幾らでも薄くできてしまうということなんです。

天然の凝固剤である「にがり」ではなく、
人工的な凝固剤を使えば
水でとことん薄めた
シャビシャビの豆乳を使っても
見た目は普通の豆腐が出来上がってしまう。

それを聞いてしまったら、
もうスーパーで1丁29円!!
…などと大安売りしている豆腐にも
飛びつく気が失せてしまいました。

安い物には理由がある。
同様に、高い物にも理由があります。

アトピッコハウスの内装材は
決して安価な商品ではありません。
けれど、長い目で見れば決して高い商品ではなく
むしろお買い得な商品と言えるのです。

アトピッコハウスの内装材の価格は
高い品質の自信の証でもあるのです。

例えば、ごろ寝フローリング
樹齢の高い「じっくり」育った原木を
しっかりと「完全乾燥」させています。
だから、施工後にひどく収縮する
ということがありません。

使えない部分がほぼ出ないため、
材料代が無駄になる
ということがありません。

ごろ寝フローリング

ほんものたたみは、
今では貴重な国産のワラを
1年かけてじっくりと自然乾燥させて
作りあげた床(とこ)と

同じく国産のイグサを使って
化学染料ではなく天然泥染めで作った
畳表でてきています。

資料請求は、こちら

貴重な自然の恵みを
ぜいたくに使った材料と、
お金では買えない時間をかけて
高い技術の職人さん、農家さんたちによって
作り上げられた逸品なのです。

これだけの高い品質のものなので
「一生モノ」として使ってもらえるのです。

簡単に破れたり剥がれるビニールクロスや
塗装が剥げて醜く劣化する合板フローリング、
クッションフロアなどと違い

日に日に美しく味わいを増す
自然素材の内装材。

結果的に見れば、決して高い買い物とは
ならないはずです。

目先の金額にとらわれることなく
長い目で見て選ぶのが得策です。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら