アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
恐竜は約2億年前から地球にいました

珪藻土って、なんか気持ちがいい

  • 07
  • 8月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

夏休み、お出かけしていますか?
わたしは先日、子どもを連れて恐竜展に行ってきました。

恐竜は約2億年前から地球にいました

恐竜の存在が人類に知られたのは、約300年前のこと。

土の中からこんな巨大な骨が出てくるなんて、
それはそれはびっくりしたことでしょうね。

恐竜大好きな小学生だった私は、
ちかくで恐竜展が開催されるたびに連れて行ってもらっていました。

今回は、鉄道一筋の息子に
他のことにも興味を持ってほしいと思い、
約20年ぶりに行ってきたのです。

私の小さい頃は、
恐竜といえば、グレー系か茶色系の模型ばかりでしたが、

研究が進んだ今では、
実は色鮮やかだったということが分かっています。

会場に置いてある模型も、
黄色やオレンジ、緑など、
色鮮やかなものばかりでした。

化石もたくさん展示されており、

土の中に埋もれていたバラバラの骨のかけらを
ひたすら地道に発掘して、骨と骨を組み合わせて、補修して、
あんなに巨大な骨格を再現するなんて!

と、小さい頃とはまた違った視点で感動できました。

発掘といえば、
この間、NHK朝の某情報番組内の「地下特集」で
石川県の珪藻土発掘現場を取り上げていました。

珪藻土とは、その名の通り、
珪藻という藻の化石が堆積した土です。

ちなみに珪藻の化石は、
古いもので1億8000年前の地層から発見されているとか。
まさに恐竜の時代ですね!

番組では、深く湿った洞窟の奥で珪藻土は採掘されていましたが、

映像を見ていて、
水分を多く含んでべったりとしている様子が分かりました。

珪藻土は水分を吸着する特徴があります。

近年、この能力に注目が集まり、

調湿を謳った珪藻土グッズが
たくさん販売されているのです。

たとえば
バスマットはすでに有名ですが、
冷蔵庫の脱臭剤や、
食べ物の保存容器まで!

水分を適度に調整してくれるって、
生活でとても役に立ちますよね。

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁はいから小町も、

施工した方から、
「置きっぱなしにしている野菜や果物が、
 前より長持ちするようになった」
といったお声を聞いたことがあります。

湿っけても乾燥しても、
食べ物はダメになってしまいますから、

水分を「吸って吐く」珪藻土は、
まさに、もってこいですね!

野菜や果物にもいいならば、
人間にもいいはず。

実は、手島家も最近、
新居にはいから小町を塗りました。

私は、鼻炎なのか朝起きてしばらくは、
季節問わず、毎朝くしゃみを連発していて、
忙しい朝に~!といつも厄介に思っていたのですが、

はいから小町の部屋で寝起きするようになってからというもの、
あの厄介な時間を一度も体験していないのです!

原因はナゼなのかよく分かりませんが、

とにかく、くしゃみが止まったことが事実。

何となくの想像ですが、
やはりビニール(クロス)で密閉された空間よりも、
珪藻土のような自然の土に包まれている空間のほうが、

体に良さそうですよね~

とりたてて病院にいくことでもないかと思っていた不調も、
改善されると、気分がいいものです。

部屋の空気が気持ちが良く、
塗った姿も美しく、

毎日眺めては、気分よく過ごせていることも、
心と体にいいのかもしれませんね。

むか~しむかし恐竜がいた頃の珪藻が、土になって、
今の家を快適にしてくれる。

かっこいいですね~

そんな素敵な出会いを、
ぜひあなたの家でも体験してみてください!

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら