アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

家を、好きな場所にする。

  • 01
  • 9月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの尾崎奈苗です。

長い休みのあとに考えること。

アサガオの種

長かったような短かったような子供たちの夏休みも無事終わりました。

ちゃんと育てられるのか心配していた我が家のアサガオは
何輪もの花を咲かせ、最終的に350個以上もの種が取れました。
大成功です!

夏休みって、たった1ヶ月ではありますが、
アサガオだけでなく、子供たちも大きく成長する時期です。

背がぐんと伸びる子もいるし、
キャンプや合宿など普段できない経験をしてたくましくなったり
毎日プールや海通いで別人のように黒くなる子もいます。

アトピッコハウス本社のすぐ近くにある鎌倉市中央図書館が
先日投稿した公式Twitterの内容が
全国的に話題になりました。

「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は図書館へいらっしゃい」
というものです。

子供たち全員にとって学校が楽しいものであれば一番いいのですが、
いろいろ事情があってそういうわけにもいかず、
そんな時に、
家でも、図書館でも、習い事の場所でもいい、
どこかに自分の「居場所」があれば、
ずいぶん救われるのだと思います。

ネットが普及して、友人関係も
「ジャイアン」と「のび太」のような分かりやすい関係性ではなく、
大人の目には見えない複雑で繊細な関係性に変わってきているので、

我が家の子供たちも今は楽しく学校生活を送っているけれど
いつどうなるか分からないのが、やはり親としては不安なところです。

そういう意味で、親である私が常に気を付けているのが、
子供たちの居場所をいろんなところに作ってあげることです。

学校がやはり一番主体ですが、
もし学校で何か嫌なことがあっても、
学校以外に楽しい空間を作ってあげること、
そして、
家に帰ってきたときにホッとできる環境を整えておくこと
(これが実は一番難しいのですが・・・)。
大事ですね。

大人でも同じ。
仕事から帰ってきて家の玄関を開けたときに
ご飯を作って待っていてくれる人がいるというのが
一番の理想ですが、

自分の部屋が、自分にとって居心地のよい空間であれば
仕事の疲れもふっと和らぎますね。

笑顔でおかえりーと言ってくれる人ほどの威力はないけれど、

アトピッコハウスの自然素材は、
無機質なオフィスで働き、満員電車に押しつぶされて帰ってきた
会社員さんにとって、
何かしらの癒し効果があると思います。

家の中が無機質だと感じている方は、家のどこか一部分だけでも
自然素材に変えてみてはいかがでしょうか。

無垢フローリングも、塗り壁も、ほんものたたみも、
どれもとても温かみのある素材です。

居心地のよい家があるからこそ
元気で学校や会社に行ける、
最近は当たり前でなくなってしまったことが、
いつかみんなにとって当たり前になるといいなと思います。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら