アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

物に歴史を刻んで愛おしむ喜び

  • 16
  • 9月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

20年モノのファイルのリフォーム

20年もののファイルをリフォームして生まれ変わりました

アトピッコハウスの事務所で
いつも通りの業務をこなしている中で、
先日ふと気づいたことがあります。

書類をまとめているファイルの
表紙を覆っているビニールが破れ、
醜く剥がれていることが気になりました。

リフォーム前のボロボロのファイル

棚に収納するときに、他のファイルが
引っかかったりして使い勝手も悪くなってきたので
さすがにもうお役御免かと思い、
ひろみ専務に声をかけました。

「このファイルもすっかり年季が入って
みすぼらしくなってきたので、新しい物にしますか?」

すると専務。

「う~ん、そうだねぇ。確かにボロボロだけど
使えることは使えるんだよね?」
「これ、創業当時から使ってるから、
実は20年モノになるんだよね。」

「え~~~~?!20年間
ずっと使い続けているんですか?」

その場にいたスタッフ全員、
驚愕と感嘆の叫び声をあげたのは
言うまでもありません。

アトピッコハウスは、おかげさまで
設立から20年を迎えようとしています。

設立当初は狭い事務所なのにがらんとしていて、
注文が全くない日が続くこともあったそうです。

そんな苦難を、ああでもないこうでもないと
紆余曲折を経て乗り越えて、

今では多くの施主様に支持していただき
ありがたいことに、毎日注文が絶えることがないほどに
アトピッコハウスも成長しました。

そんなアトピッコハウスの誕生・苦難・成功
そして現在に至る道のりを全て見てきた、
いわば「歴史の証人」ともいえるこのファイル。

その場にいる全員、ファイルに愛おしさが湧いてきて
すっかり捨てる気を失ってしまいました。

すると、また専務。

「可愛い紙があるから、リフォームしてみる?」

可愛いイラスト入りの紙と
マスキングテープを駆使して…

なんということでしょう!
ボロボロだったファイルが
素敵に生まれ変わったではありませんか。

リフォームで素敵に生まれ変わったファイル

モノがあふれている今の時代。
買い替えようと思えば安いものはいくらでも
手に入ります。

ましてや、ファイルなんて
今は世の中にごまんとあふれています。

けれど、そんな中で「歴史を知る」古いものを、
こうやってリフォームして大切に使うということが
私たちにはとても新鮮で、素敵なことに思えたのです。

それは、家づくりでも同じこと。

安くてそれなりのものは
今はいくらでも手に入ります。

けれど、何十年も先まで
大切にメンテナンスをしながら
一緒に歴史を重ねていけるなんて素敵です。

ただ、どうせ年を重ねるなら、
醜く劣化してボロボロになっていくものよりも

年を経て熟成し、円熟味を増して
価値が上がっていくものを選んだほうが良いことは
誰が見ても明らかですよね。

無垢フローリングや、塗り壁は
先程のファイルのように
醜くボロボロになることはありません。

傷やシミがついても、素敵に風化されて
味わいを深めていきます。

アトピッコハウスの築70年になる
無垢フローリングの床は
年代もののブランデーのような
使い込まれた革製品のような
歴史の重みを帯びた輝きを放っています。

70年の歴史を刻んだアトピッコハウスの無垢床

一つのものを長く大切に
愛情をこめて使っていく嬉しさを
ぜひ皆さまにも味わっていただきたいと
アトピッコハウスは考えています。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら