アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

クロスのジョイント治まっていました

  • 27
  • 4月
  • 2010

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

クロスの上から、パーフェクトウォールを塗った
鎌倉高校前の賃貸マンション

昨日浮いてきたジョイント部分を確認したら、
ほぼ分からない位に治まっていたのです。

これがジョイント箇所です。
kama01.jpg
これなら、塗り直しの必要もないかも知れません。

ただ、これは発注者の島津さんの判断次第ではありますが・・・

また、クロスのジョイント部分にメッシュテープを貼って、
下擦りをした部分は、まるで仕上がっているかのような
仕上がりでした。
kama02.jpg
これなら、最初から
仕上げちゃえば良かったと、左官屋さんも話していました。

クロスのジョイントが浮いてくることを心配して、
メッシュテープを貼った場合

テープの厚み分だけクロスより厚くなります。

それを無視して、そのまま仕上ると、
テープを張った箇所が目立つということになるのです。

しかし、今日の仕上がりをみると、
下擦りをして、そのまま追っかけ作業で塗っても、
上手く仕上がりそうな感じなのです。

作業をしている左官屋さんは、今日はこんな手順で作業しています。

①クロスのジョイントにメッシュテープを貼る
kama03.jpg
②ローラーで押さえる
kama04.jpg
③テープの上に、パーフェクトウォールを薄く擦り付ける(しごく)
kama05.jpg
④パーフェクトウォールを仕上げ塗りする
kama06.jpg
ジョイント部分は、乾いていません。

仕上がりは明日また見に行きますが、
この手順でメッシュテープが目立たなければ、

工事は、ものすごくスピーディに完了してしまいます。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

パーフェクトウォールの資料のご請求は、こちらです
塗り壁比較