アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
温もりのある無垢フローリング

家づくりのプロが自宅に使うのは、自然素材か新建材か。

  • 01
  • 10月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

その道のプロが使っている物が気になります。
家づくりのプロが選ぶのは、合板ではなく、無垢のフローリング?

雑誌やテレビで
料理家や美容家など
その道のプロの愛用品を紹介する特集をよく見かけます。

実際にプロが使っている商品と聞くと、
本当にいいものなのだろうなあと思ってしまいます。

プロであれば
その業界の沢山の商品に触れてきたはず。
そんなプロが自宅で使う商品は、
選りすぐりの中のピカイチの優良品ではないでしょうか。

プロの料理人も使っている胡麻油、
メイクアップアーティストが使うブラシ、
登山家が愛用するリュックなど…

単純にいい商品だよ~とすすめられるよりも
とても説得力があります。

アトピッコハウスは自然素材の建材メーカーです。

お施主さん以外に、
工務店やハウスメーカー、職人さんなど
家づくりのプロからお問い合わせを頂きます。

そんなプロの方から
「じつは、自分の自宅用に使います。」
と、無垢のフローリングや塗り壁などのご注文を頂くことが
たまにあります。

やっぱり自宅には良いものを使うのだな~と
しみじみ思います。

多くの物を見てきているプロは、
自然素材の無垢のフローリングや塗り壁が
良いものだと知っているのです。

でも、プロが必ずしも、
自分の自宅に使う商品をお客にすすめるとは限りません。

決して自宅には使いたくない商品を、
安価だから、クレームが少ないからといった理由で
お客に提案するケースも多いのです。

もちろん、施主側が希望していない場合は別ですが、
無垢や塗り壁にしたいと希望する施主の意見を
聞いてくれない業者もいるのです。

実際に「業者にやめた方がいいと言われた」
と嘆く施主さんの声もよくあります。

しかし、

もしすでに業者さんと契約されたのであれば、
その業者さんの反対を無理矢理に押し切ってまで
自分の希望(自然素材など)を押し通すことは

おすすめしません。

その業者が自然素材の扱いに不慣れで
仕上がりが汚くなったり、

土壇場の変更で
工期が遅れてしまう可能性もあるのです。

そして何より、

業者さんとの関係が
悪くなってしまいますよね。

家は建てて終わりではなく、
1年点検、メンテナンスなどで
業者さんとの関係は続くものです。

関係の良くない業者へは
メンテナンスの相談はしにくいと思います。

ご自身が選んだ業者であれば、
選んだ責任があります。
相手の意見は聞いた方がいいということになるのです。

だからこそ、
家づくりは最初の業者選びがとっても大事です。

どの業者さんがいいのか。

自然素材を希望する人もいれば、
ハイテクな最新建材を希望する人もいる。

好みはそれぞれ違いますから、
最適な業者もその人次第。

でも、共通していえることは、
信頼できる業者かどうかということ。

その業者自身が、
自宅に使いたいと思っている商品と
お客さんにすすめる商品に相違がないことが重要です。

家づくりを頼む業者は
ハウスメーカーや工務店です。

ハウスメーカーは全国に支店が沢山あり、
テレビのCMや立派な展示場で宣伝を沢山しているので
名前も広く知られているところが多いです。

比べて工務店は、地域密着型の
小さなところが多いです。
テレビのCMなどはできませんが、

今はホームページが充実している
ところが増えています。

そこにはその会社の社長の紹介があるはずです。
社長の理想とする家づくりが
きっと垣間見えると思います。

もしも、自然素材の内装材を希望するのであれば、
大手のハウスメーカーよりも、
希望が通りやすい地元の小さな工務店が向いています。

そして、その工務店の社長の理想の家が、
自分の理想の家と共通点があるかどうかも
大事なポイントとなります。

アトピッコハウスでは、
自分の自宅に使いたい商品を、
きちんとお施主さんに提案できる

はなまる工務店を紹介しています。

お近くに気になる工務店がありましたら、
直接お問い合わせくださいね。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら