アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
滋賀県高島市の頼れる工務店は、大地工務店!

滋賀県高島市の誠実な建築会社

  • 15
  • 10月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、ごろうひろ美です。

アトピッコハウスは建築会社のキャラクターを作っています。

建築会社から頼まれてはいません。

勝手に作っています。

滋賀県に大地工務店という小さな建築会社があります。
社長の飛弾さんは、
温厚で一般常識が通じるタイプ。

大地工務店の飛弾社長

でも「工務店」というイメージや、
建築業界全体の固定概念から、
その良さが伝わっていないような気がしていました。
もちろん飛弾社長のPR不足もあったと思います。

いい家を作っていれば理解してもらえる。

そういう驕りがあったかもしれないし、
どうPRしていいのか、わからなかったという事実もあります。

でも情報が氾濫している今、

ちゃんとした家を建てている人ほど、
PRに力を入れるべきだとアトピッコハウスでは
考えています。

それが結果、
適切な家を求める人に、適切な家を届けられることに繋がるのなら、
広告宣伝に力を入れることは、

誠実な行動、だと考えているのです。

建築業界に限らず、
腕に自信のある人は広告宣伝をしない傾向にあります。
病院や治療院など多いですが、

自分の経験や技術が役に立つと考えるのなら、
広く、伝える努力をする義務もある時代だと感じます。

マスコミに登場する建築業界は、
談合や手抜き工事、違法建築など、
あまり良い話題は聞こえてきません。

でも家づくりの現場に携わっている人の中には、

少なくとも、私が関わっている人たちは、
自分の時間を削ってまで、
いい家を作ろうと努力していう人たちの方が、多い。

一昔前、日本の家づくりは、ご近所の小さな建築会社が担っていました。
棟梁や大工は、町内会でも中心人物で、
イザという時、頼りになるオヤジ集団でした。

時代が移り変わり、
存在価値はもちろん、
その存在すら気付かれない建築会社がたくさんありますが、
家づくりの技術や知識は、

脈々と受け継がれているのです。

滋賀県高島市の大地工務店もその1社です。

家づくりの技術があるのは当然ですが、
あの飛弾社長の人柄の良さが伝わらないのは
滋賀県民にとって機会の損失です。

知らなければ問合せすることができません。

問合せしてくれなければ、
あの人柄の良さを知ってもらうことはできません。

だから、キャラクター作りを思い立ちました。

がしかし、当の飛弾さんはまったく喜ばず、
それどころか、嫁の亜谷さんには強く拒絶されましたが強行突破。

さっさとHPに設置し、
名刺や封筒まで作り、
工事中の看板を製作し、

有無をも言わさず使ってもらって約3年。

w1800xh3600_t

今では大地工務店のOB会が
「きのこ倶楽部」という名称になるほどまでに
定着してくれました。

日本人はキャラクターが大好きです。
それは今始まったことではなく、
埴輪やお地蔵さんを大切にしてきたDNAが
脈々と受け継がれているから、というのが私の持論。

Kittyちゃんが世界に羽ばたき、
snoopyやmiffyが大人気となり、
ゆるキャラがブームになるのは、当然の流れ。

ならば建築会社も、その流れに乗った方がいい。

キャラクターを作ったからといって、
家づくりのプライドは傷つけられません。
PRに力を入れているからといって、
腕が悪いわけでもありません。

それは、実際に建築した家を見学してもらえれば、
わかります。

他の展示場にはない居心地の良さに、きっと驚くハズ。
一般的な営業マンとはまったく違う、
素朴な人柄の飛弾社長に魅了されます。

もっと話を聞きたくなったら、
きのこ倶楽部へも顔を出してみて下さい。
大地工務店が建てた家に住んでいるOBさんから
直接話を聞くことができますよ。

大地工務店の良い所、
飛弾社長の欠点を
隠すことなく話してくれます。

大地工務店は、滋賀県高島市で、
構造見学会を2015年11月初旬に予定しています。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら