アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
温もりのある無垢フローリング

自然素材は、じぶんのために。

  • 20
  • 10月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの尾崎奈苗です。

褒めてもらうための自然素材?

自然素材はきもちい

突然ですが、
周りの評価をもらうだけのために、何かをすることってありますよね。
本当はあまり良くないことなのですが。

自分のためというより、
誰かに「すごい!」と言ってもらおうとすることで、
嫌なことも頑張れたりします。

先日、釣りに出かけた子供が、
アジ5匹と、
それだけで充分なのに、
ついでにサメも釣ってきました((+_+))

トチザメは目が怖い

そもそも魚自体さばくのがあまり得意でない私は、
なぜサメなんて持って帰ってくるの…と完全にブルー。

でも、当日中に捌かないと
サメ特有のアンモニア臭で大変なことになると言われるし、
帰ってきたのがすでに夜の9時近くだし、

誰にも助けてもらえそうにないので、
仕方なく自力で捌くことにしました。

もしかしてSNSがなかったら、
そのまま諦めていたかもしれません。

でも、SNSにサメの写真をあげることによって
友人からも励まされ、
大騒ぎしながらも捌いた写真をあげると
また褒めてもらえて、

誰かからの評価を得ることで、
頑張って捌いてよかった、と思えたのです。

サメさばきました

捌いているときの状況はだいぶグロテスクでしたので割愛しますが、
無事、煮付けに変身させることができ、
しかも、思っていたよりもずっと美味しくて、

子供たちは、アジフライには目もくれずに
サメの煮付けをつついておりました。

美味しそうですが、サメです。

さて、何が言いたいかといいますと、
私はサメを食べたかったのではなく
まわりに評価してもらうために捌いたといっても過言ではないのです。

ところで、家づくりに置き換えるとどうでしょう

新築の家が完成し、
あるいはリフォームが完成し、
友人を招くことがあると思います。

その時に、「広い!」とか、
「きれい!」とか、
「かっこいい!」とか、
そんなような褒め言葉を言われることが多いでしょう。

でも、あまり建築に興味がない人は、
床の材質とか、壁のクロスにまでは
目がいかないと思います

もし、少し値が張るけれど頑張って無垢フローリングにしたとして、
それに気づいてもらえなかったら、ちょっと寂しいですか?

「和室があるんだね、いいねー」だけではなく、
「この畳、もしかして本物のイグサで作ってるんじゃない?」って
言ってほしいと思っていますか?

多分、答えはYes、だと思います。

だけど、もしお客さんに気づいてもらえなくても、
住んでいるのは、貴方です。

毎日、その自然素材の気持ちよさを独占しているのは、
住んでいる人。
住んでいる人が気持ちいいと思えるだけで、
充分、自然素材を取り入れた価値はあるのです。

今の新建材は技術が発達しているので
ぱっと見には、自然素材と見紛うことがあります。

でも、使う人にとっては絶対、違いが手に取るように分かるし、
10年、20年経ったときに、
味のある「経年変化」なのか、
ただの「劣化」
なのかは一目瞭然。

ごろ寝フローリングは上面がめくれたりしないし
冬でもヒヤッとせず、温かみがあります。
すっぴんクロスは多少の衝撃では破けませんし
ビニールとは全く違う、布本来の柔らかみがあります。
ほんものたたみは、何ともいえないイグサの香りを楽しめます。

自分にしか分からなくてもいい。
自然素材にしか持ちようのない、温もりや快適さ。
これは、新建材の家では手に入れることができません。

自然素材で作った家は、
一生分の宝物になることと思います。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら