アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

マンション問題から気付く、家づくり

  • 13
  • 11月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、ごろうひろ美です。

神奈川県のマンションが話題になっています。

業界の体質を含めて、
様々な情報が出てくる中で1つ気付いたことがあります。
マンション問題を考える

マンションは住んでいる人同士も知らない人だけど、
建てている人同士も知らない人なんだ!

マンションを一人で作り上げることはできませんし、
1社だけでつくることも難しい現状があります。
マンションに限らず、
橋や商業ビルなど大型の建物はすべて同じです。

建築には、色々な専門分野が必要です。
一人ですべての専門家になることは不可能です。

分業することで、
工事期間を短縮できるし、
分業されているから、

それぞれのスペシャリストが関わることで最高の建物になります。

でも関わる人が多ければ、
知らない人が増えてしまいます。

人は知らない人には冷たい。

逆に知っている人に親切にしたくなるのが人情。
大勢の人が関わる建築現場で、
お互いに知り合うことが難しいことも想像できるからこそ、
いたたまれない気持ちになります。

分業制にはメリットもたくさんありますから、
この分業制を取り入れているのは、
建築業界以外にもあります。

たとえば鎌倉の伝統工芸品である「鎌倉彫」
木地をつくり、絵付けをし、漆を塗って仕上げる塗り物ですが、
すべての工程を一人の職人が仕上げることはしないのです。

各分野のエキスパートがいるからこそ、
鎌倉時代からの技術が現代に受け継がれ、
大勢の人の仕事ができたことで、
産業として成り立ってきたという側面もあります。

分業制は効率良く、いい物をつくるために優れた方法です。

そして個人の家も分業制で建てられています。
大工さんにはクロス工事はできないし、
電気屋さんに塗り壁は仕上げられません。

同じ分業制ですが、
違いは関わる人の人数と、
それぞれの人の関わり方、です。

関わる人が少ない方が、
風通しは良くなりますし、
少ない人数であれば、
全員と顔見知りになることも難しくありません。

知り合いになれば、
「腕が悪いと思われたくない」から丁寧に仕事をするのが人間です。」
「アイツ新人だったな。仕上げやすいようにやっておいてやろう。」

そんな声も実際の現場で聞くこともありました。
お互いの性格や得意分野を理解して補い合えば、
分業制のメリットが十分に発揮されます。

そのためにはチームリーダーの存在が不可欠です。

昔は「棟梁」がすべてを束ねるチームリーダーでした。
今、その役目を「工務店」と呼ばれる街の小さな建築会社が担っています。

お客様と直接打合せをし、
設計図を作り上げる。
その設計図を元にして、各分野のスペシャリストに依頼をする。

お客様の意向を直接聞いているから、
図面には落とし込めない、

小さな要望を職人に伝えることができるんです。

そう「図面には落とし込めない小さなこと」って、たくさんある。
もちろん、
それが伝わらなくても、ちゃんとした家を建てられますが、

小説を読む時の行間から伝わる何か、

みたいなものが、
文字や図面だけだと欠落してしまう。

アトピッコハウスの自然素材を使ってくれている工務店は、
そこを、伝えてくれているんだと思います。

逆にいえば、
その「図面には落とし込めない小さなこと」を大切にする会社を、

はなまる工務店として認定したいと思っているのです。

もしかしたら組織という単語が似合う大きな会社には、
これが一番難しいことなのかもしれません。

逆に小さな会社は、
マネジメントが、ちょっと苦手。

苦手なのを理解しているから、
それぞれの職人さんが協力し合って、お互いをフォローしています。

自然素材の家は、
入った瞬間にホワっと優しい気持ちになります。
あの感じは、

自然素材を使っているとか、
工業製品が少ないとか、
だけが理由じゃなかったんですね。

作り手の想いがダイレクトに伝わるのが注文住宅。

だからこそ知らない人同士が建てた家よりも、
知っている人同士が、笑顔で作っている家の方が、
アトピッコハウスには、似合います。

そのメリットを最大限に活かした家の見学会。
今月は名古屋のサイトウホームにお邪魔します。

斎藤さんはこんな人♪
アトピッコハウスの素材が、
どんな風にお化粧されているのでしょうか。

愉しみです!

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら